プロミスの借入限度額は年収のどれくらい?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスで借り入れを行おうと考える場合、年収から見てどれぐらいの借り入れ限度額が設定されるかは、利用者にとって重要なポイントです。

また、人によっては「年収」をどのようにとらえるかが重要になる場合もあるでしょう。

そこで今回は、プロミスで借り入れる場合、年収のどれぐらいの借り入れ限度額が設定されるかや、より多くのお金を借り入れられる可能性について、説明を行っていきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • プロミスでの借り入れ可能額の目安を知りたい人
  • プロミスでの借り入れ限度額と金利の関係を知りたい人

プロミス審査通過に必要なのは「安定した収入」

プロミスの審査でもっとも重視されるのは、「安定した収入があること」です。

まずは、この「安定した収入」について説明していきましょう。

非正規社員で年収が低くても借り入れ可能

カードローン等に申し込む際に、派遣社員やアルバイトなどの非正規社員のかたは、「年収が低いから…」という理由でしり込みしてしまいがちですが、その必要はありません。

確かに、派遣社員やアルバイトといったような雇用形態の場合、正社員よりも収入は少ないケースが多いですが、重要なことはその収入が「安定しているかどうか」だからです。

派遣社員やアルバイトのかたの場合、短期で仕事を変える場合は別として、収入自体は安定していることが多いです。

そのため、プロミスへの申し込み時に、派遣社員もしくはアルバイトであることは、足を引っ張るほどの大きな減点要素にはなりません。

収入が多くても安定していないと厳しい

逆に収入は多いものの、その収入が安定していないような人のほうが、非正規社員のかたよりも審査には通りにくいと言えます。

特に自営業や個人事業主のかたの場合、景気や取引相手の動向に左右されやすく、収入がブレるケースも多々あります。

金融機関は、収入に偏りがある人の審査を行う場合、収入が下振れした場合を想定して、審査通過可能か・どれぐらい融資ができるかを判断します。

そのため、下振れした場合の収入が0に近いような場合は、審査に落ちてしまうことも珍しくありません。

年収の1/3がプロミスの借り入れ限度額

プロミスからの借り入れが、年収に対してどれくらいの金額を借りることができるのかということについて、先に答えをお伝えしておくと、「年収の1/3」までが限度となります。

プロミスというサービスを提供しているのは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社であり、この会社は関東財務局長に貸金業者として登録をしています。

貸金業者がその運営で守らなければならない法律が貸金業法であり、この貸金業法で定められている総量規制によって、個人への貸付は年収の1/3までが限度となっています。

基本的には、規制で定められている上限を超えての貸付はできませんので、プロミスからの借り入れは年収の1/3までが上限であるということが、大前提となります。

貸金業者からの総額借り入れでの上限となる

総量規制によって定められている年収の1/3までというのは、1社からの借り入れが年収の1/3を超えてはならない、というだけではありません。

プロミスなどの貸金業者から借り入れているものの総額が、年収の1/3を超えることができないということになります。

もちろん、プロミスからの借り入れだけで年収の1/3を超えることはできませんが、プロミス以外にも貸金業者からの借り入れがある場合には、その金額も含めた金額で年収の1/3を超えることができないということです。

たとえば、年収600万円の人は総量規制で借りることができる金額は200万円となり、プロミスから200万円を借りれば、その他の貸金業者からは借りることができません。

逆に、他の貸金業者からすでに100万円を借り入れているという場合には、プロミスからは100万円までしか借りることができません。

クレジットのショッピングは規制の対象外

貸金業法が適用されるのは、消費者金融や信販会社などの貸金業者として登録をしているすべての業者です。

ですので、適用されるすべての貸金業者が貸付をするものが総量規制の対象となりますが、間違えやすいのはクレジットカードの「ショッピング」と「キャッシング」です。

総量規制においては「ショッピング」は規制の対象外となり、「キャッシング」は規制の対象となります。

代金の立て替えとお金の貸付という違いから、規制の対象となるかが変わりますので、間違えないようにしましょう。

最初は少額の限度額となることが多い

プロミスからの借り入れは、総量規制によって借りられる金額が定められていますが、新規借り入れ時にいきなりその上限となる借り入れができる、というわけではありません。

ほとんどの場合には10万円や30万円、多くても50万円というような少額の借り入れ限度額でしか審査に通ることはなく、いくら年収が高くても同じとなります。

このような少額の借り入れ限度額となるのには、さまざまな理由がありますが、その理由の1つには「信用」が関係しています。

審査においては、信用情報機関にその人の信用情報を照会したうえで審査をしていますが、そこに登録されている情報だけでは、本当にその人に信用があるのかということはわかりません。

信用がはっきりとしていない人に多くの貸付を行ってしまえば、それだけリスクを背負わなければならなくなりますので、最初は少額の借り入れ限度額となることが多くなってしまいます。

借り入れ限度額内であれば追加借り入れできる

カードローンが他のローンと異なるのは、限度額の範囲内であれば「追加借り入れ」が可能という点です。

一般的なローンの場合、たとえば100万円融資可能と判断された場合、最初にその100万円をまとめて融資され、あとは返済を行っていくのみです。

しかしカードローンでは、100万円融資可能と判断されると、100万円まで借りられる「利用枠」が設定され、その範囲内であれば自由に借り入れが行えるのです。

そのため、最初に60万円借り入れたとしても、まだ40万円が借り入れ可能な金額として残っていることになるのです。

借り入れや返済によって、借り入れ可能な金額も随時変化していきますが、追加借り入れが可能というのはカードローンの大きなメリットの1つですよね。

増額で高額な借り入れ限度額にする

新規で申し込みしたときは少額での借り入れ限度額となりますが、実績を積んでいくことによって、借り入れ限度額を増額できます。

増額する際には、プロミスに対して電話で増額の申し込みをして審査を受けたうえで、審査通過となれば、増額された借り入れ限度額で借りることができます。

また、利用実績が良好であれば、プロミスのほうから増額が可能であると連絡が来て、それに応じることで増額もできます。

このようにして借り入れ限度額が高額になれば、利息制限法で定められた金利によって適用される金利は低くなりますし、プロミスの判断次第ではさらに低金利となることもあります。

同じ金額を借りるにしても、金利が低いことに越したことはありませんので、増額できる場合には増額しておくことをおすすめします。

しかし、増額の場合であっても、総量規制で定められている上限を超える金額までの増額はできませんので、注意が必要です。

年収とは「総支給額」のこと

「年収」のことを考える際に、サラリーマンのかただと「基本給だけを考えるのか?手当の分も含めていいのか?」と、悩んでしまうかもしれません。

プロミスの言う「年収」は「1年間での総支給額」なので、給料として口座に振り込まれた分の金額を、すべて計算に入れてしまってOKです。

ボーナスが支給される会社の場合は、ボーナス分も含めてしまってかまいませんよ。

融資額によっては収入証明書が必要

プロミスでは、以下の条件を満たす場合に収入証明書類の提出が必要です。

・希望する借り入れ額が50万円を超える場合
・希望する借り入れ額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

前半の条件は、プロミスにいくらの借り入れ額で申し込んでいるかだけで判断できるので、収入証明書類の提出が必要かどうかは簡単に判断できるでしょう。

後半の条件は、他社借り入れの分まで含めて考えなければならないので、収入証明書類の準備を忘れてしまうケースも多々あります。

プロミスへの申し込み金額が30万円だったとしても、他社ですでに80万円を借り入れている場合は、収入証明書類の提出が必要なので、注意しておきましょう。

プロミスに提出できる収入証明書類

プロミスに提出できる収入証明書類としては、以下のようなものが挙げられます。

・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・所得(課税)証明書
・給与明細書

給与明細書以外は最新のもの、給与明細書は直近2ヵ月分(賞与明細書があれば1年分)を提出しなければなりません。

提出する際には、審査に必要な情報(個人名・収入の額等)が鮮明に分かるような状態で提出しなければ、再提出になってしまう可能性があります。

また、個人番号(マイナンバー)が記載されている書類を提出する場合は、その箇所を見えないように加工して提出するようにしましょう。

年収の嘘はプロミスにばれる?

年収は、プロミスでの借り入れ可能額を大きく左右しますし、そもそも審査に通過できるかどうかの判断においても、重要な要素です。

そのため、申し込み時に年収をごまかして申請する人もいるようですが、その嘘は結局バレてしまいます。

上述したように、申し込み時には収入証明書類を提出しなければならないため、収入証明書類の記載されている数字と申告した数字に誤差がある場合には、プロミスが申し込み者に確認を行うからです。

自分が申告した数字が正しいと主張したい場合は、「収入証明書類として提出した書類に記載されている数字が間違っているんです!」と伝えるしかありませんが、それがどれだけ無謀なことかは考えるまでもありません。

他社借り入れ額の嘘もバレる!

プロミスは総量規制の範囲内で融資を行わなければならないため、他の金融機関での借金額も、プロミスでの借り入れ可能額に影響を及ぼします。

年収の嘘がプロミスにバレてしまうなら、他社での借り入れ額をごまかしてやろうと考えるかもしれませんが、それも結局バレてしまうことに変わりはありません。

プロミスでは、審査の際に信用情報と呼ばれる情報を参照します。

信用情報は、申し込み者の他社での借り入れ額や借り入れ状況などを確認できる状態になっているので、審査の過程で必ず嘘はバレてしまいます。

年収にせよ他社借り入れ額にせよ、嘘を付いて審査を通過しようとしたり借り入れ可能額を増やそうとしたりしても、無駄な努力どころか状況を悪くしてしまうだけです。

ありのままの自分の情報で申し込みを行って、出た結果を受け入れるようにしましょう。

例外で年収の1/3を超える借り入れもできる

総量規制では、貸金業者からの借り入れすべてが規制の対象となるわけではありません。

借りる目的などの条件を満たすことによって、「除外」や「例外」となり、年収の1/3を超える場合であっても借り入れが可能となることがあります。

総量規制における「除外」とは、規制の金額にカウントせずに借りることができることとしているものであり、住宅ローンなどのように担保を必要とする借り入れなどが該当します。

総量規制の「例外」とは、規制の金額にはカウントするものの、例外的に年収の3分の1を超える貸付を可能にできるというものであり、利用者が一方的に有利となる借り入れなどが該当します。

このように、総量規制ではすべての借り入れが対象となるわけではなく、場合によっては規制の影響を受けることなく借りられるということです。

プロミスの総量規制対象外ローン

プロミスでは、総量規制の対象外となるローンも提供しております。

1つは、個人が貸金業者などからの借り入れが複数ある場合や、すでに規制の上限を超えて借り入れている人などが利用できる、「おまとめローン」です。

おまとめローンは、総量規制の「利用者に一方的に有利となる借り入れ」という条件を満たすことで借りることができ、おまとめローンであれば年収の1/3を超えて借りることができます。

2つ目は、自営業者が借りることができる「自営者カードローン」であり、個人事業主が事業業や個人用どちらの資金であっても、1つのカードローンで借りることができます。

これも、総量規制の「個人事業主の借り入れ」という例外に該当する借り入れであり、個人事業主であれば年収の1/3を超える借り入れが可能となります。

借り入れ限度額と年収に問題がないのに審査落ちする原因

借り入れ限度額も多すぎず、年収にも問題がないのに、審査落ちになることもあります。

そのような場合には、以下のような理由が考えられます。

・年収以外の属性の要素が審査通過基準を満たしていない
・信用情報に問題がある
・過去にプロミスが保証会社のカードローンで問題を起こしたことがある

審査では、年収以外に勤務先や雇用形態・勤続年数といった情報もチェックされます。

そういった属性の要素に問題がある場合には、年収が十分であっても審査落ちになってしまう可能性も、十分考えられます。

信用情報には、過去の金融取引に関する情報がまとめられており、返済延滞などに関する情報は最短でも5年間は信用情報上に残ってしまいます。

そのため、そういった「キズ」が信用情報にある場合には、それが原因での審査落ちも考えられるでしょう。

返済延滞が短期のものであれば、信用情報機関で管理されている信用情報には登録されませんが、金融機関は独自に自社に関する信用情報を管理しています。

プロミスは銀行カードローンの保証会社を務めていることも多く、そういったカードローンで短期でも延滞してしまった場合は、その情報がプロミスの社内に残って居てしまいます。

そうなってしまうと、プロミスに申し込んだ場合にも審査通過は難しいので、カードローンを利用する場合は、保証会社もしっかり確認しておいたほうがいいですね。

プロミスの借り入れ限度額と金利の関係

借り入れを行う場合、適用される金利によって返済負担は大きく変わります。

プロミスの借り入れ限度額と金利の関係について、説明していきましょう。

借り入れ限度額に応じた金利帯がない

同じ大手消費者金融であるアコムでは、契約をする借り入れ限度額が1万円~99万円であれば適用される金利が7.7%~18.0%というように、借り入れ限度額に応じた金利帯があります。

同じく、多くの銀行カードローンでもこのような借り入れ限度額に応じた金利帯があり、それらすべての金利帯をまとめて、「2%~17%」というように表示をしています。

ですが、プロミスの場合にはこのような借り入れ限度額に応じた金利帯はなく、単に「借り入れ条件に応じて適用される金利は変わる」としか表示していません。

ですので、実際にどのような金利が適用されて契約することになるのかということは、実際に審査結果が出るまで、はっきりとはわかりません。

利息制限法で定められた上限金利がある

プロミスなどのように、お金を貸す契約をしてその対価として利息を得る場合には、利息制限法によって上限となる金利が定められています。

この利息制限法では、元本が10万円未満の場合には20%、元本が10万円以上100万円未満の場合には18%、元本100万円以上の場合には15%が上限となっており、これらの金利を超えての貸付はできないとしています。

ですので、プロミスでは適用される金利は4.5%~17.8%となっていますが、実際に借り入れる場合には、借り入れ限度額が100万円を超えると15%を超える金利にはなりません。

最高金利である17.8%が適用されるのは、100万円未満の時だけとなりますので、いくら借り入れ条件によりといっても、法律で定められている金利を超える金利にはなりません。

まとめ

プロミスは貸金業者ですので、総量規制によって申し込み者の年収の1/3までしか融資を行うことができません。

これ以上の金額を借りるとなると、おまとめローンなどのように総量規制の例外などを利用するしかありません。

また、借り入れ限度額に応じた金利というものの表示がないプロミスでは、信用が特に重要となってきますので、より高い信用であれば少額の借り入れ限度額であっても、低金利で借りられる可能性があります。

ですが、これはあくまでも予想でしかありませんので、最初に適用される金利は最高金利である17.8%であると思っているほうが、無難であるといえます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談