キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

無収入の専業主婦は銀行系カードローンは利用できる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行ローンは総量規制の対象外

銀行ローンは総量規制の対象外

キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用することが重要と言えます。

専業主婦がキャッシングを利用する場合においては、利用できる金融機関が限定されてしまいます。上記の金融機関の中で、消費者金融の商品は専業主婦では申し込むことができません。

専業主婦がキャッシングを行う場合は、銀行・信用金庫等(以下、銀行系)の商品を利用することができます。消費者金融と銀行系の大きな違いは、適用される法律が違う点です。

消費者金融は貸金業法が、銀行系は銀行法・信用金庫法が適用されます。消費者金融の貸金業法には総量規制という規制があります。総量規制とは、年収の3分の1以上は融資をしていはいけないという内容のものです。

例えば年収300万円の人の場合、総量規制が対象のキャッシングにおいては100万円が限度となり、100万円以上の融資を受けることができないことになります。消費者金融の商品は、全て総量規制の対象となります。

よって、無収入である専業主婦に対しては、総量規制の計算ができないため、申し込むことができません。一方、銀行系の商品は総量規制の対象外となります。

また、銀行や信用金庫でも消費者金融の商品を取り扱っている場合がありますが、これは消費者金融の商品であっても銀行や信用金庫から申し込むことになるので、総量規制の対象外となります。

基本的は専業主婦は消費者金融の商品を利用できませんが、配偶者貸付を取り扱っている消費者金融に限り、専業主婦でも借入をすることができる場合もあります。

配偶者貸付とは、配偶者の収入を世帯収入と加味して審査を行なう方法です。最大で年収の3分の1まで借りることができます。配偶者貸付の手続きは複雑で、まずは配偶者に同意書を記載してもらう必要があります。

また、配偶者である証明をするため、住民票や戸籍謄本などを準備しなければいけません。全ての消費者金融が配偶者貸付を取り扱っているわけではないので、利用を検討している場合、事前に取り扱いの確認をするとよいでしょう。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬 年齢:55歳 職歴:地域密着の街金を30年経営 ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、...

関連記事をチェック!

総量規制対象外とは年収の3分の1超の借入可能【銀行カードローンは?】

カードローンなどの借入額の限度は年収の3分の1までという総量規制の決まりについては、今は多くの人が理解しています。 銀行カードローンは総量規制対象外ですが、今は多くの銀行で年収の3分の1を超える...

キャッシング審査基準

キャッシング審査基準

専業主婦と主婦の違い

専業主婦と主婦の大きな違いは、収入があるか無いかという点です。主婦という集合体の中で収入がある場合を主婦、ない場合を専業主婦といいます。当然、雇用形態は問わず、収入があれば主婦となります。

融資審査を通るには

専業主婦が融資を受けるにしても融資審査は必ずあります。申込をする場合、融資審査を有利にできる状態で申し込むとよいでしょう。まずは、現在の借入状況を見直すことです。

現在は専業主婦であっても過去に借入を行なったことがあり現在も返済中である場合は、それらの返済を終えて、借入残高を無しにしておくとよいでしょう。

と言っても、お金が必要だから融資を受けるので、現在の融資を返済することは難しいと考えられます。であれば、融資利用枠を減らすことを考えましょう。

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、利用していなかったとしても、いつでも利用することができるということで、融資枠利用枠を利用している状態として審査が行なわれます。

現在利用できる枠があったとしても高利であるため、低利の商品を申し込みたいという場合は、これらの借入枠を無くして申し込むことが有効です。

関連記事をチェック!

借り入れ審査が通る基準とは【銀行融資審査員が語る】

他社借入状況の嘘はバレることを知っておこう ローンの申込時には「他社借入金額と件数」と申告する欄がありますが嘘は基本的にバレるものだと考えておきましょう。 審査には誰もが落ちたくないものです。...

審査で不利になる条件とは

融資審査で不利になる条件は、支払いに延滞がある状態です。支払いとは金融機関のローンを初め、クレジットカードの支払いや税金の支払いなどです。ここで注意しなければいけないことは、携帯電話の支払いです。

携帯電話の支払いはローンではないので遅れても大丈夫という声をよく耳にしますが、それは大きな間違いです。携帯電話の支払いは、クレジットカードを通して行なっています。

つまり、携帯電話の支払いが行なわれないと、クレジットカードの支払いが行なわれていないことと同じことになります。上記の返済に延滞があると融資審査では不利になります。

理由としては、既に返済が延滞している人は、今後融資をしたとしても同じように延滞が発生する可能性があると判断されるからです。

逆に、借入があったとしても、遅延なく返済を行なっていれば、真面目に返済を行なっている実績つまり信用力があるので、融資審査に有利となります。

関連記事をチェック!

カードローン審査に通らない人の特徴!〇〇が理由!

借り入れ審査に通らないと、カードローンの契約はできませんね。 どうしてもお金が必要だとしても契約ができない以上、お金の工面はできません。 契約する上で欠かせないのが審査ですが、どのよう...


関連記事をチェック!

カードローンの借り換えの審査は甘い?

複数の借金を抱えて、返済が苦しい。 そんな時は借り換えを検討してはいかがでしょうか? しかし、借り換えを行う際には、通常のローンと比べて審査が厳しくなる場合もあります。 借り換えのロ...

専業主婦でも即日借入できる?

専業主婦でも即日借入できる?

即日融資を受けるために気をつけること

専業主婦でも即日借入できる商品は存在します。即日借入を申し込む方法は、インターネットが主流となっています。インターネットが普及している今日、携帯電話やパソコンから手軽に融資を申し込むことができます。

また、融資審査の回答も即日で携帯電話やパソコンのメールへ連絡が来るので、非常に手軽に手続きを済ませることができます。ここで注意しなければいけないことは、「申込内容を間違えない」ということです。

申込内容が事実と違うと、融資審査に悪い影響を及ぼします。氏名や住所・生年月日等は間違えるはずのない情報です。これらに間違いがあると、全く違う人物に対して融資審査が行なわれることになります。

携帯電話やパソコンから申し込む場合は、文字の打ち間違えなどに注意する必要があります。また、融資審査を通りやすくするために虚偽の内容を申告することもご法度です。

例えば、ローンがあるにも関わらずローンなしと申告したり、過去に返済の延滞があるにも関わらず過去に延滞なしと申告したりしてはいけません。

金融機関では、融資審査においてこれらの情報が間違っていないか、個人信用情報センターに問い合わせを行ないます。個人信用情報センターでは個人の借入状況を照会することができます。

もし、これらの内容で虚偽が発覚した場合、当然融資審査を通ることができず、また今後の申込においても断られる場合があります。

更に、虚偽の内容で融資を受けることができたとしても、後日虚偽の内容が発覚した場合、現在利用している融資額を全額一括請求されます。支払いができない場合は、融資事故となり、更に大きなデメリットがでてきます。

申込においても、落ち着いて真面目に手続きを進めることが重要と言えます。

即日借入可能な金融機関を徹底比較

即日融資可能な代表的な金融機関は、ソニー銀行の「カードローン」です。

それぞれメリットと注意しなければいけない点があるので、以下にて説明していきます。ソニー銀行カードローンの金利は13.8%で、借入最高額が50万円となっております。

メリットは、金利が13.8%という点で、専業主婦が利用できるカードローンの中では一番低利です。また、借入限度額が50万円まで可能となっております(実際に利用できる借入限度額は、融資審査にて決まります)。

注意しなければいけないことは、初回の融資は振込で行なわれるため、15時前までに融資審査等を通過し、融資実行・振込の手続きを済ませておかなければいけません。

15時とは、金融機関がその日のうちに振込を受付してくれる最終の時間です。逆算すると、午前の早いうちには申込を済ませておかなければいけないことになります。

旦那に内緒で借入は可能か

旦那に内緒で借入は可能か

申込時に注意しておくこと

専業主婦がキャッシングの申込を行なう場合、配偶者の氏名や勤務先・年収等を申告する必要があります。ですが、申込内容を確認するために配偶者へ連絡が入ることは、ありません。

専業主婦の場合は、自宅の固定電話もしくは本人の携帯電話へ本人確認の電話があります。ここで注意しなければいけないことは、本人確認の電話先を携帯電話に指定することです。

固定電話にすると、万が一、配偶者がいるときに電話がかかったり配偶者が電話を取った場合、借入を知られてしまう可能性があります。申込の際に、連絡は携帯電話へと指定しておきましょう。

併せて、利用後にも注意しなければいけない点もあります。それは、毎月の返済を遅延しないことです。毎月の返済が遅延すると、携帯電話に督促の電話がかかったり、自宅へ督促状が届く場合があります。

督促状の封筒には金融機関名が書かれているため、家族にキャッシングがばれてしまう恐れがあります。

旦那に確認の電話はかかるの?

上記記載の通り、配偶者へ確認の電話がかかることは、ありません。たとえ家族内であっても個人情報のプライバシーは、しっかりと守られております。

銀行カードローンがおすすめな理由

銀行カードローンがおすすめな理由

銀行カードローンの申込むときの注意

お金を借りるというと、消費者金融や銀行を思い浮かぶ人が多いでしょう。

しかし消費者金融は、総量規制という法律で年収の3分の1以上を貸すことはできません。

したがって収入のない専業主婦は、基本的に消費者金融からお金を借りることはできません。

総量規制には例外規定として、配偶者貸付があります。

しかしこれを行う消費者金融が少ないということもあり、やはり消費者金融から専業主婦が借り入れるすることは難しいのが現状です。

一方銀行は、総量規制の対象外です。

そのため、専業主婦でも申し込みが可能となっています。

ただし2017年より銀行も、総量規制に準ずる対応をするようになってきました。

しかし、銀行カードローンの商品説明には、利用対象者についてが詳しく記載されています。

そこに、「安定した収入のある人およびその配偶者」と記載されている場合は、夫に安定した収入があれば、専業主婦でも利用ができるということです。

銀行によって異なるため、申込む前に確認をしてみましょう。

関連記事をチェック!

配偶者貸付は総量規制対象外~専業主婦も消費者金融で借入可能~

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸...

どのようなことを審査でみられる?

銀行カードローンに専業主婦が申し込みをする場合、必要となるのは本人確認書類です。

間違いなく本人が申し込んだという確認のための電話連絡は、銀行によっては対応が異なります。

場合によっては保証会社から電話がかかってくることもあります。

そして配偶者の収入については、申込書に収入を記入する欄がありますが、証明書などの提出は不要です。

これらの申込み内容の情報をもとに、銀行では審査が行われます。

審査のポイントとなるのは、本人に他社で借入がないかということです。

これは個人信用情報をもとに判断します。

ここで複数社から借入があると分かってしまうと、審査に影響することもあります。

なるべく借入件数を減らしてから申込むようにするといいでしょう。

同じ借入額でもそれが1社からなのか、あるいは複数社の合計なのかでは、全く印象が違います。

例えば1社で50万円というのと、2社でやっと50万円借りられるというのでは捉えられ方が全く違うでしょう。

関連記事をチェック!

消費者金融等で必要な本人確認書類とは

消費者金融などからお金を借りる際に、必ず必要となるのが「本人確認書類」です。 当然、本人確認書類を提出しなければ借りることができませんが、一口に「本人確認書類」と言われても、どのような書類を提出...

利用するならレディースローンがおすすめ

利用するならレディースローンがおすすめ

レディースローンのある銀行は?

女性専用のカードローン商品がある銀行や消費者金融もあり、女性が利用しやすい状況となっています。

しかし消費者金融はやはり総量規制のために収入のない専業主婦には貸すことができません。

したがって専業主婦がレディースローンを利用するのであれば、やはり銀行となります。

レディースローンは一般的なカードローンとサービスはほぼ同じです。

レディースローン自体は消費者金融での取扱いが多く、銀行では数が限られています。

口コミをみてみると、銀行の場合はレディースローンでなく、カードローンを利用する方がいいともいわれています。

つまりサービスは同じでも、提出する書類が本人確認書類だけで基本的にいいので、わざわざレディースローンのある銀行を選ばなくてもよいということのようです。

しかしレディースローンならではのサービスもあるので、レディースローンを扱う銀行を利用できる人は、検討してみてもよいでしょう。

レディースローンを利用するメリット

レディースローンを利用するメリットとは、スタッフが全員女性であることです。

借入をするときに、女性が対応をしてくれるとあらかじめ分かっていれば、ハードルも低くなり申込みをしやすくなるのではないでしょうか。

相手が男性では緊張してしまったり、また申し込みをためらったりする人も多くいます。

その点、スタッフが全員女性であることはとても利用しやすいでしょう。

限度額はどれくらい?

限度額はどれくらい?

専業主婦は夫に安定した収入があることを条件として、銀行のカードローンを利用することができます。

ただ一般的に、専業主婦の借入限度額は低く10~50万円程度です。多くは30万円という限度額が多いです。

専業主婦がキャッシングを希望する理由は、多くは生活費の不足分を賄うためであるため、限度額は低めに設定されていることが多くなっています。

家族にバレないように借りるには

家族にバレないように借りるには

キャッシングをすることを家族に内緒で行いたい人も多いのではないでしょうか。

銀行からの連絡でバレてしまうと心配になることから、銀行も要望があれば配慮します。

例えば封筒に銀行名のないものを使用したり、電話では銀行名ではなく個人名でかけてくれたりするなどの対応をしてくれます。

また本人確認書類に記載する電話番号を、携帯にすることもできます。

さらに気をつけることは、利用することで利用明細なども送付されるので、すぐに処分するなどしなくてはいけません。

消費者金融の配偶者貸付の場合は、そもそも配偶者の同意書の提出が必須です。

これは配偶者に内緒で作成することはできません。

したがって配偶者貸付を利用するときは、家族に内緒でお金を借りることは難しいです。

配偶者貸付が利用できる金融機関に申込みをする

配偶者貸付が利用できる金融機関に申込みをする

もし配偶者の同意を得られるのであれば、配偶者貸付を利用できる消費者金融や信販会社のキャッシングを利用することができます。

貸金業は総量規制によって、借入総額が年収の3分の1以上の融資をしないことが、法律で決められています。

また2017年より銀行も総量規制に準ずる対応をするようになってきました。

そのため収入のない専業主婦は収入の計算ができません。

したがい配偶者の収入が必要となります。

配偶者貸付とは収入のない専業主婦とその配偶者の年収を合わせて、借入れをすることをいいます。

その合わせた年収の3分の1まで借りることができるものです。

例えば妻の収入が30万円で配偶者の収入が420万円とすると、ふたりで450万円なので借りることができる金額は150万円となります。

もし他に借り入れをしている場合は、150万円からいま抱えている借入残高を引いたものが、借入可能額となります。

専業主婦の場合は、妻の収入が0円、配偶者の収入が300万円となれば、借り入れられる額は100万円となり、他社借入がある場合はそこから引いた残高が、借入可能額となるわけです。

なお配偶者貸付を利用するときに必要な書類は、「配偶者の同意書」「住民票」「本人確認書類」です。

パート収入などがある方は有利!!

パート収入などがある方は有利!!

パートや、アルバイトを行っている主婦の方であれば、さらに有利な条件で借入できる可能性が高くなります。

銀行カードローンでの申込では無収入から、収入ある方の申込となりますので、金利や上限金額で有利な条件を引き出せる可能性があります。

消費者金融での申込においては、ご主人との合算年収の3分の1が上限となりますので、その金額が増加します。

また、それだけではなく、収入金額、必要借入額によっては、ご自身の年収だけで借入可能となる可能性も出てきます。

なお、パート・アルバイト収入で借入が出来るかどうかのポイントは、その収入の安定性ということになるでしょう。毎月一定の収入がある、勤続年数が1年以上といった状況であれば、借りられる可能性は高くなるでしょう。

まとめ

近年、専業主婦の融資商品も普及しつつあります。キャッシングは、生活費や学費・娯楽費など急な出費にも対応できるという点では非常に便利な商品です。

キャッシングのデメリットは、金利が高く、通常返済のみではなかなか返済が終わらないという点がありますが、一時的に利用し、短期間で返済できる見込みがある場合は、金利負担も最小限に抑えることができます。

また、配偶者にも内緒で利用することができる配慮もあります。しかし、一方、借入を家族に内緒にすることは、後々家族内のトラブルの元となるので注意も必要です。

キャッシングは、テレビCMや広告でもよく目にすることが増え、私達の日常生活に馴染みつつあると言えます。金利が高いという点で良いイメージは無いかもしれませんが、メリットとデメリットを理解した上で利用すると、とても便利な商品です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)