三井住友銀行カードローンの返済について

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三大メガバンクの一つである三井住友銀行を使っている人は多くいます。

また、テレビCMなどでもおなじみの三井住友銀行のカードローンは銀行カードローンの中で非常に多くの契約数を獲得しているカードローンですので、この記事を読んでいる人の中にも、三井住友銀行のカードローンを持っているという人も多いのではないでしょうか?

カードローンである以上は返済を行なっていかなければなりません。

三井住友銀行カードローンは返済をしやすいように様々な返済方法が用意されていますし、いくつか注意点もあります。

今回は、三井住友銀行が提供しているカードローンの返済に関してご紹介します。

この記事はこんなひとにおすすめ
  • 三井住友銀行カードローンの返済について知りたい人
  • 三井住友銀行カードローンの返済に遅れることが不安な人
  • これから三井住友銀行カードローンの利用を考えている人

三井住友銀行カードローンの返済について詳しく解説していますのでぜひご覧下さい。

三井住友銀行カードローン【返済方法】

三井住友銀行のカードローンの返済方法には、ATMを利用する方法、振込で返済する方法、口座振替を利用する方法の3種類があります。

契約時に約定返済を行う方法は、これらの中から選ぶことができます。

自分にとって一番都合が良い返済方法を選ぶことができますので、返済を行うときに煩わしく思える方法は避けるようにしましょう。

それぞれの方法に関してみていきましょう。

ATMを使っての返済

三井住友銀行のATMをはじめ、コンビニATM、ゆうちょATMと返済に使えるATMは多くあります。

ただし、ゆうちょATMを利用するためには、カードローン専用のカードを利用する場合だけです。

それぞれのATMは以下のページで検索することができます。

約定返済をATMを使って返済する契約をしている場合には、約定返済日までにカードローン口座に約定返済額を入金する事になります。

コンビニATMを利用できますので全国どこでも利用できますし、何度利用しても手数料は全て無料となっています。

また、三井住友銀行のATMを利用するときは時間外手数料も無料で利用できますので、返済するときに返済金額より多くのお金を支払う必要はありません。

振込での返済

この方法は、三井住友銀行の口座がある場合に利用できる方法となります。

三井住友銀行のインターネットバンキングサービスであるSMBCダイレクトを利用して、返済日までにローン口座に振り込みを行うことになります。

口座にお金がある場合には、外出する必要もなくインターネットを利用して返済を行うことができます。

三井住友銀行カードローンはカードローンを契約すると、そのカードローンに口座番号が設定されます。

返済の際には自分名義の口座へ振り込むだけです。

なお、振り込みの際の振込手数料は自己負担となります。

振替での返済

この方法は、毎月約定返済日に返済用預金口座から自動引き落としで返済する方法です。

お金さえ用意できていれば返済を忘れることもありませんので、仕事などが忙しい場合や返済日をうっかり忘れてしまいそうな場合には便利です。

ただし、返済をする金額を用意することは忘れないようにしないと、追加でカードローンを利用できなくなりますし、年19.94%の遅延損害金が日割り計算で加算されます。

給料を受け取っている口座を返済用口座として設定しておけば、口座の残高不足による返済忘れを防ぐことができます。

三井住友銀行カードローン【返済日】

三井住友銀行のカードローンは、約定返済日を毎月5日、15日、25日、月末日の4種類の中から選択することができます。

期日が銀行休業日の場合には、翌営業日が返済期日となります。

間違いなく返済するためには、返済期日を給料日のすぐ後に設定しておくと良いですね。

返済に遅れてしまうと、前述した遅延損害金が発生してしまうだけでなく、カードローン利用者の信用情報にも傷がついてしまうことになります。

気軽に借入ができるカードローンですが、返済に遅れた場合のリスクをしっかりと認識し、返済期日は必ず守るようにして下さい。

一般的に返済に遅れた場合のペナルティは地銀などよりもメガバンクの方が早く課してきますよ。

返済日の確認方法

三井住友銀行カードローンはいくつかの返済日から返済日を選択することができます。

このため「自分の返済日はいつだったっけ?」と忘れてしまうこともあります。

こんな時には以下のいずれかの方法で確認をすることができます。

  • 契約時に受け取った契約書の控えを確認する
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)にログインして確認する
  • カードローンプラザへ電話をかけて確認する

返済日を忘れてしまった場合には上記の方法で簡単に知ることができます。

返済日の変更はできないので注意

一度返済日を設定したら、その後変更するということはできません。

給料日が変わったなどの事情があったとしても変更には応じてもらえません。

このため、返済日を選択する時には「どの日であれば確実に返済をしていくことができるのか」ということをよくよく考えた上で返済日を決めるようにして下さい。

三井住友銀行カードローン【返済額】

三井住友銀行カードローンの返済額についてもご説明していきます。

前述したように返済する方法は3つの方法できるのですが、返済する金額はカードローンの利用残高に応じて決定することになります。

返済する金額に関して詳しく見ていきましょう。

適応される借入利率は

カードローンを利用すると、完済するまでの間に利息を払うことになります。

適応される借入利率は、利用限度額によって以下の表のように変わってきます。

利用限度額借入利率(年利)
100万円以下12.0%~14.5%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
600万円超700万円以下4.5%~5.0%
700万円超800万円以下4.0%~4.5%

利息の計算は、残高×年利率÷365日×利用日数となります。

利息は、残高の100円未満については対象以外となります。

利用日数の計算方法は、借り入れの当日は利用日数に含まれないために、初回借入日の翌日または前回返済日の翌日から返済日当日までのご利用日数になります。

例えば10万円を借りて、金利が14.5%だったて場合には、10万円×14.5%÷365日=約40円となります。

三井住友銀行カードローンの上限金利である14.5%で10万円を借りた場合には1日あたり約40円の利息が発生すると理解しておきましょう。

毎月の返済額の計算

毎月の約定返済額は、利用残高によって変わってきます。

例えば、10万円までであれば2000円で残高が2000円未満の場合には利息を含めた金額が2000円未満であれば全額、2000円を超える場合には2000円となっています。

利用残高が増えるにつれて徐々に約定返済額も多くなってきます。

カードローン利用残高に応じて元金と利息を含めた返済額の合計が一定の残高スライドリボルビング方式という方法によって返済額は決定します。

三井住友銀行カードローンの返済額は以下のように決められています。

約定返済時の借入残高約定返済金額
2千円未満の場合約定返済時のお利息金額と借入残高の合計額
(ただし、2千円を上限とします。)
2千円以上50万円以下10万円以下の場合2,000円、以後、借入残高が10万円増すごとに2,000円を増加
50万円超300万円以下60万円以下の場合11,000円、以後、借入残高が10万円増すごとに1,000円を増加
300万円超500万円以下350万円以下の場合40,000円、以後、借入残高が50万円増すごとに5,000円を増加
500万円超800万円以下600万円以下の場合60,000円、以後、借入残高が100万円増すごとに5,000円を増加

なお、返済額に関しては、以下のサイトから細かく確認することができます。

◆三井住友銀行公式サイト:「カードローンの毎月の返済額はいくらですか?」

ただし、利息の方が約定返済額よりも多くなった場合には、利息が返済額となります。

その場合、返済するのは利息のみになります。

繰り上げ返済を行う方法

約定返済額での返済は問題なく行うことができて、その月だけ少し余裕がある場合には繰り上げ返済をすると良いですね。

積極的に少額でもいいので繰り上げ返済を行っていれば、支払う金利も少なくなりますし支払い期間も減らすことができます。

繰り上げ返済は、ATM、振込、SMBCダイレクトを利用して行うことができます。

指定の約定返済期日前に返済した場合には、次回の返済期日の返済は繰り越しとなります。

ATMを利用して返済する場合、借入残高と利息を足した金額よりも多く返済した場合には、普通預金として預かることになります。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていない場合には、次回の借り入れの時に相殺されることになります。

返済方法が多彩な三井住友銀行カードローンは繰り上げ返済も簡単に利用できますので、積極的に利用するようにすると良いですね。

残高照会する方法

カードローンの残高照会をする方法は簡単です。

ATMなどの以下の3つの方法のいずれかで確認することが可能です。

  • ATMにカードを差し込み残高照会を行う
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)にログインして残高照会を行う
  • カードローンプラザへ電話を掛けて残高を確認する

ローンカードを手元に持っているのであれば、最寄りのコンビニに行きATMから確認するのが最も確実な方法です。

また、返済や借入を行うと画面上や利用明細に借入残高が表示されます。

三井住友銀行カードローンはカードローン理想残高によって約定返済額が変わりますので、利用残高の確認を怠らないようにしましょう。

例えば、利用残高が150万円の場合は20,000円の返済額ですが、利用残高が150万円を超えると25,000円になります。

残高を確認しないで20,000円だけ返済しても、利用残高が150万円を超えていた場合には約定返済額が足りていないことになってしまい、延滞になるので、利用残高が今いくらなのかという確認は絶対に怠らないようにして下さい。

3つの返済シミュレーション

三井住友銀行のカードローンでは、毎月の返済額、返済期間、返済できるお金からどのくらい借りれるのかをシミュレーションするページが用意されています。

◆三井住友銀行公式サイト:「返済シミュレーション」

借り入れをする場合には、これらのシミュレーションを利用して計画的な利用を心掛けると良いですね。

利息だけの返済になってしまうと、それ以降の返済がより長期間になってしまいますので、そのような場合には、少しでも追加で返済をするようにしましょう。

完済をする一番の近道は、少しでも多くのお金をコツコツを返済していくことです。

できればカードローン利用前に、これらのシミュレーションを利用して、返済計画を立ててから借入を行うようにしましょう。

返済に関しての注意点

返済を行う際に、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

これらの事を注意していないと、返済時に困ることになる可能性がありますし、その後の人生にも悪影響が生じてしまう可能性もかります。

返済が遅れた場合には

期日に遅れた場合には、振込かローンカードを使用してATMに入金する方法によって返済します。

口座振替を選択している人は口座残高が不足していることに気づかずに無意識に延滞をしてしまうことがありますので、口座の管理はしっかりと行うようにして下さい。

延滞をしてしまうと、その1日〜2日後に携帯電話へ督促の電話が掛かってきます。

督促電話で「いつ返済する」という約束さえしてしまえば、その日まで電話が来ることはありません。

約束した期日までには必ず振込かATMにて返済を行うようにして下さい。

返済遅延のリスク

返済に遅れると、督促の電話がくるだけでなく様々なリスクが生じます。

返済が遅れた場合には、借入金の残高に対して年19.94%の遅延損害金が日割りで加算されることになります。

ついうっかりしていて数日で返済する場合などの場合には、遅延損害金を支払うだけで良いのですが、それ以上になると信用情報に延滞記録が付く可能性があります。

また、数日の遅延でも複数回繰り返されると信用情報に延滞記録が付く可能性もあります。

返済が遅れる事のないように、計画的に返済を行うようにしておきましょう。

返済に遅れると、三井住友銀行の信用を失うことになってしまいますので、限度額を減額されてしまうこともあります。

また、限度額を増やしたいと考えた時には、増額の審査を受けることになりますが、この場合には延滞の履歴がある人は増額審査に通過することはできません。

さらに三井住友銀行カードローンの保証はSMBCコンシューマーファイナンスが行なっています。

延滞が1ヶ月を超えると、三井住友銀行は保証会社に代位弁済請求をかけて、返済金をSMBCコンシューマーファイナンスに立て替えてもらいます。

代位弁済が行われると信用情報はブラックになりますので、以後はローンの契約やクレジットカードの契約は不可能になります。

その後の人生にも大きな悪影響を及ぼすことになりますので、くれぐれも延滞はしないようにして下さい。

困った時には必ず相談

返済が苦しくなった、返済日までにお金を用意することが難しい等、返済を行っていく間に困った状況になることもあります。

そんな時には、まずはカードローン相談窓口に電話をして相談するようにしましょう。

その時には、必ずいつまでになら返済できるのか、いくらなら返済できるのかなどの情報を整理しておきましょう。

電話番号は、0120-200-442(フリーダイヤル)です。

受付時間は、12月31日~1月3日と5月3日~5日を除く平日9:00~17:00です。

三井住友銀行はどうしても返済することができないやむを得ない事情を抱えた人に対して、無理に返済しろとは言いません。

事情があるのであれば、代位弁済を行うことなく、返済できる日まで返済を待ってくれますので、黙って返済に遅れるのではなく自分から相談するようにしましょう。

Q&A:返済についての6つの質問

三井住友銀行カードローンの返済について、よくある質問をまとめました。

①三井住友銀行への返済の振込口座は?

口座振込で返済する場合には、発行されたローンカードに記載されている自分名義の口座へ振り込みを行います。

口座番号をわざわざ確認しなくても、カード記載の番号ですので、確認が簡単です。

なお、カードを無くした場合も、振り込みで返済を行いますが、この際にはカードローンプラザへ電話をすれば口座番号を教えてもらえますので、確認は簡単です。

②借入したときに返済予定表はもらえる?

返済予定表はもらえません。

そもそも、カードローンは借入と返済を限度額の範囲内で自由に行うローンですので、住宅ローンや自動車ローンのように最終返済期日までに完済できる金額を毎月返済していくローンではありません。

そのため、返済予定表を作成することがそもそも不可能です。

三井住友銀行カードローンは借入残高に応じて返済額が決定する残高スライドリボルビング方式によって返済額が決まりますので、利用残高を確認し、決められた金額を返済していくようにしましょう。

③アプリを使って返済できる?

三井住友銀行アプリでSMBCダイレクトへログインすれば、アプリから返済をすることが可能です。

アプリから残高確認を行うこともできますので、三井住友銀行カードローン取引において、アプリはかなり活用することができますよ。

④ATM返済の端数は硬貨で支払える?

端数はATMから支払うことはできません。

ATMから返済することができるのは1,000円単位ですので、1,000円未満の単位を支払いたい場合には振り込みによって返済するようにしてください。

⑤指定期日の何日前の返済からその月分の約定返済になる?

三井住友銀行カードローンは、前回の返済から次の返済日までのいつ入金しても約定返済として成立します。

このため、お金に余裕がある時には早めに返済してしまえば、約定返済時の指定額入金額のうち利息として支払う金額が少なくなり、元金返済に多くの金額が充当されることになります。

こうすると、完済までにかかる時間も短くなりますので、お金に余裕がある時にはできる限り早く返済するようにしましょう。

⑥返済完了後、解約する方法は?

契約自体を解約するためには、契約者本人がカードローンプラザへ電話をかける必要があります。

残高が0円の状態であれば、三井住友銀行は解約に応じてくれます。

その後、自宅へ解約書類が送付されてくるので、この書類に記入を行い返送すれば、解約が完了し、解約証明書が送られてきます。

解約してしまうと、これまでのように便利に借入ができなくなりますが、住宅ローン審査などでは、カードローン契約があるだけで、審査に不利になりますので、使っていないのであれば解約するようにしましょう。

まとめ

カードローンを利用する場合には、返済の事もしっかりと考えておく様にしましょう。

無理のない範囲で返済ができるように借りることが重要です。

三井住友銀行カードローンは返済をしやすいように様々な返済方法が用意されていますので、自分が最も返済しやすい返済方法や返済日を選択するようにして下さい。

なお、延滞してしまうと、遅延損害金の発生だけでなく、信用情報にかかる様々なペナルティが用意されています。

このため、返済にはくれぐれも遅れないよう十分に注意して下さい。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談