ソニー銀行カードローンは総量規制の影響を受ける?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ソニー銀行カードローンでは最大800万円もの借り入れを行うことができるため、まとまったお金を必要としている人でも利用しやすいカードローンとなっています。

しかしそれだけ大きな金額の借り入れとなると、総量規制に引っかからないかが気になりますよね。

そこで今回は、ソニー銀行カードローンでの借り入れは総量規制の影響を受けるかどうかについての説明を行っていきたいと思います。

そもそも総量規制とは?

まずは、そもそも総量規制とはどのようなものかということを簡単に説明しておきましょう。

総量規制とは、貸金業者の融資金額を制限するためのもので「申し込み者の年収の3分の1までしか融資することができない」という内容になっています。

つまり、年収600万円の人が貸金業者から受けられる融資の最高額は600万円×1/3=200万円になります。

なお、この金額はすべての借り入れ金額を合計したものになることには注意しておかなければなりません。

先ほど例に挙げた年収600万円の人が既に他の貸金業者で50万円の借り入れを行っていたとすると、新たに借り入れられる金額は600万円×1/3-50万円=150万円となります。

制度制定の背景には過剰融資の蔓延が

この規制が制定された背景には、貸金業者による過剰融資があります。

まだ「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利が厳密に取り締まられていなかった時代、貸金業者が融資希望者に対して融資する金額を制限するような決まりは(ほぼ)ありませんでした。

貸せば貸すだけ儲かっていた時代ですから、当然貸金業者は申し込み者の希望金額を貸し付けますし、何なら申し込み者が希望している以上の金額を貸し付けることもありました。

その結果、身の丈に合わない債務を抱えて返済に行き詰まり、最終的に自己破産という選択肢を選ぶ人が大量に生まれてしまい、社会問題化するまでに至ったのです。

こういった一連の流れを受けて制定されたのが総量規制であり、それと同時にグレーゾーン金利も廃止されることとなりました。

総量規制があるせいで希望している金額が借り入れられない、と邪魔に思うこともあるかもしれませんが、我々消費者が借り入れ過ぎて路頭に迷うことのないように制定されたものだということを知っておきましょう。

ソニー銀行は貸金業者ではない

前置きが少し長くなってしまいましたが、肝心の「ソニー銀行カードローンは総量規制の影響を受けるかどうか」について説明していきましょう。

結論から申し上げておくと、ソニー銀行カードローンは総量規制の影響を受けません。

その理由は非常にシンプルで、「ソニー銀行は貸金業者ではない」からです。

総量規制が融資を規制しているのはあくまで貸金業者だけであり、貸金業者以外の企業が融資業務を行っていたとしても、そちらには何の影響も及ぼしません。

総量規制がネックとなって、ソニー銀行の利用を迷っていた人にとっては朗報と言えるでしょう。

貸金業者には何が含まれる?

では貸金業者にはどのような企業が含まれるのでしょうか。

貸金業者の中で最も代表的な企業群は、消費者金融です。

カードローンを取り扱っている企業と聞いた時に、まず頭に思い浮かぶのが銀行か消費者金融であるという人も多いと思いますが、それぐらい融資においては大きな存在感を持っています。

その他にはクレジットカード会社も貸金業者に含まれ、貸金業者と言えばほぼこの2業種のことを指すと思っておいて問題ないでしょう。

そのため、消費者金融のアコムやプロミスで融資を受ける場合や、クレジットカードのキャッシング枠で借り入れを行う場合には、総量規制で定められた範囲内でしか融資を受けることができません。

ソニー銀行を利用すべき人

以上のことを踏まえて、「総量規制」という観点からソニー銀行カードローンを利用すべき人はどのような人かということを考えていきましょう。

年収の3分の1以上借り入れたい人

まずはもちろん、「年収の3分の1以上の借り入れを行いたい人」です。

例えば300万円の借り入れを行いたいと思った場合、消費者金融などの貸金業者で借り入れようと思うと300万円×3=900万円もの年収が必要ということになってしまいますが、この条件を満たせる人はなかなかいないでしょう。

その点、ソニー銀行カードローンであれば総量規制対象外なので、年収が900万円位に満たない場合でも借り入れられる可能性があります。

ただし実際に借り入れられるかは審査結果次第なので、ある程度の年収はあったほうが有利なことには間違いありませんが。

専業主婦の人

そして他には、専業主婦の人もソニー銀行カードローンを利用するべきだと言えるでしょう。

専業主婦ということは年収が「0万円」であるはずですから、消費者金融で借り入れられる金額は0万円×1/3=0万円ということになるので、実質的に利用資格がないことになります。

そのため、専業主婦の人の場合は「銀行カードローンを利用したほうがいい」というよりは「銀行カードローンしか利用できない」というのが、より正確な表現になるでしょう。

消費者金融でも「配偶者貸付」という制度を用いれば、配偶者の年収を利用して融資を受けることが可能なのですが、提出する資料が多く手続きも煩雑なので配偶者貸付が利用できる消費者金融自体がほぼ存在しないのです。

もし近所にそのような消費者金融があるのであればそちらを利用することもできますが、大半の主婦の人にとって現実的な借入先は、ソニー銀行カードローンを含む銀行カードローンということになるでしょう。

融資額が抑えられる可能性も

しかし今、銀行カードローンは逆風にさらされています。

以前から過剰な融資や反社会的勢力への融資などについて度重なる指摘を受けてきてはいましたが、とうとう2018年1月に、審査時に申し込み者の情報を「警視庁のデータベースへ照会」することが義務付けられたのです。

また、今後は銀行ごとに貸付残高を毎月公表するという可能性もあるようです。

もちろんこれらの件と総量規制が直接関係するわけではありませんが、重要なことは銀行が「過剰な融資を抑制する」という方向に動こうとしているということです。

これまで消費者金融と銀行カードローンはほぼ同じような商品を取り扱っていながら、銀行だけが「貸金業者ではない」という理由で年収の3分の1以上の融資を行うことが可能でした。

しかし、過剰融資抑制の動きがある中で、銀行も年収の3分の1以上の融資を自粛する可能性があるのです。

すでにみずほ銀行カードローンでは融資金額の上限を「年収の3分の1まで」としていますが、この動きがソニー銀行カードローンを含めた他の銀行カードローンに伝播していくのは時間の問題かもしれません。

「銀行カードローンだから年収の3分の1以上借りられる」という時代は、もうすぐ終わりを迎えるのかもしれませんね。

まとめ

以上、ソニー銀行カードローンでの借り入れは総量規制の影響を受けるかどうかについての説明を行ってきました。

現状まだ年収の3分の1以上の借り入れを行うことは可能ですが、今後の動き次第ではどうなるか分かりません。

年収の3分の1以上の借り入れを検討している場合には、関連ニュース等にはよく目を通しておいたほうがいいかもしれませんね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)