キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

「お金貸して欲しい」と言われた際に知っておきたい3つのポイント

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「お金を貸して欲しい」

もし友人や知人から、そう言われた場合あなたはどうしますか?

相手によって貸すかどうか変わってくるとは思いますが、正直あまり前向きな気持にはなれませんよね?

また友人や知人間でのお金の貸し借りは、思わぬ金銭トラブルに陥りやすいです。

そこで今回は、お金を個人間で貸して欲しいと言われた際に知っておきたい3つのポイントについてご紹介していきます。

友人にお金を貸してと言われた、、、

冒頭でもご紹介したように、お金を貸して欲しいと言われて、いい気持になる人はほとんどいないと思います。

結論としてお金を貸すこともあるかもしれませんが、ほとんどの場合、快く貸す事はできないでしょう。

またお金はトラブルの元になりやすいので、どんなに大切な人であってもこれが原因で仲違いになってしまう恐れもあります。

そのためお金を貸すときは、返ってこないでいいくらいの覚悟が必要とよく言われますね。

しかし貸したお金はどんな相手であっても、返して欲しいものです。

そこでお金を貸す際に抑えておきたい3つのポイントについてご紹介していきます。

相手の返済方法を確認する

まず1つ目の抑えておきたいポイントですが、貸す前に相手がしっかりとした返済計画、方法を考えているのか確認する事です。

基本的にお金を貸して欲しいと考えている人は、どうしても借りる事が頭の中で先行しがちです。

そのため借りる際、どうやって返済しているのかをしっかり考えている人は少ないと言えるでしょう。

しかしそんな相手にお金を貸してしまうと、返ってくる日がいつになるのかわかったものではありません。

特に借りる理由より返す理由が疎かの人は、よほどお金に切羽詰まっている証拠です。

どうにかしてお金を工面しなければならないため、冷静な判断ができていない場合があります。

ですので、お金を貸す場合は、借りる理由と返す方法をしっかり聞いた上で、その人に明確な返済計画と何より返済の意思があるのかをしっかり判断する事がとても大切です。

もし計画が疎かである場合は、一緒に考えてあげる事も重要と言えるでしょう。

利子をつける

1つ目に抑えておきたいポイントは、貸す条件をタダにしない事です

詳しく言えば、利子をつけましょう。

友人間のお金の貸し借りに利子をつけるのはやりすぎに感じる方もいるかもしれませんが、友人間のトラブルを避けるためにはとても大切な事です。

人間は自分を追い込める人は少なく、どうしても妥協をしがちです。

お金を借りに来る人というのは、本来月々の給料からやりくりしている家計が、何らかの理由によって維持が厳しくなりお金を借りに来る訳です。

その理由は様々あるとは思いますが、中には自分の不摂生が理由の場合もあるでしょう。

そんな状態の人に無条件でお金を貸しては、お金を一番に返してくれるとは考えにくいです。

ですので、借りている事が不利益となる条件をつける事で、返す意志を強くし結果的になかなか返してくれないと言ったトラブルを避ける効果があります。

利子も銀行などのような利子ではなく、何かをご馳走するとか個人で決めていいと思いますが、利子の条件を提示して友情が途絶えるくらいなら、タダでお金を借りにくる友人のことも少し考え直す必要があるかもしれません。

借用書を準備する

返済の意思を確認し、利子など借りる際のリスクを提示した最後にすべき事が、借用書を準備する事です。

友人間の貸し借りで借用書は面倒に感じると思いますが、あなたがお金を返して欲しい、または金銭トラブルで友人を無くしたくないのであれば、借用書は必ず用意する必要があるでしょう。

主に借用書には公文書と私文書があり、個人が作ったものか公的機関で作られたとなっています。

一般的に個人で用意するような私文書(借用書)には、その書類1つで相手から財産を強制的に返済に当てさせるような効力はありません。

このような借用書を用意しておく狙いとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 返済期限や返済額といった重要事実の確認、証明のため
  • もしものトラブルとなった際の裁判時に有効な裁判材料となるため
  • 相手にさらに明確な返済意思を持ってもらうため

一般的に借用書の狙いとしては、返済額や先ほどご紹介した利子や返済できない際のリスク提示などを明確にしておく事がありますが、借用書まで用意する事によって、相手に明確な返済意思を持ってもらう狙いも大きいです。

また私文書にも、借用書と金銭消費賃借契約書と種類があり、利子をとったりする場合の証明書は後者となります。

書き方のテンプレートに関しては、司法書士事務所などが公開しているので、以下のようなサイトを参考にして作成するといいでしょう。

ロイズ司法書士事務所

言われた際の断り方は?

ここまでは、お金を貸す場合に置いて、返してもらうためやトラブルを避けるために抑えておきたいポイントについてご紹介しました。

しかし知人相手にはトラブルを避けるため、絶対にお金を貸したくない方も多いと思います。

では断る場合、どのように説明するのが理想的と言えるのでしょうか?

主な断り方のパターンとしては以下の2つでしょう。

パターン例文
断固貸さない意思を示すお金の貸し借りはしない主義だから貸せない
お金を貸せない理由を説明する月々の支払いがキツイから貸す余裕がない

断り方として、貸す意思がないのであれば、トラブルの元になるから友人にはお金を貸さないと強調した方が、相手も変に期待しないで済むのでお互いメリットとなるでしょう。

ただし相手によっては、「こんなに友人が困っているのに」と逆恨みされる可能性もゼロではないため、厳しい言葉を浴びせるだけでなく、貸せないが自分にできそうなことを一緒に探すなどの配慮も必要です。

ただしあまりに逆恨みがひどいようだと、今後の友人関係を見つめ直し、距離を置く必要も。

貸す場合も断る場合も、お金のトラブルというのは人を変える可能性があることはしっかりと理解しておきましょう。

自分がお金を借りたい場合

ここまでお金を貸してと言われた場合についての説明をしましたが、中には自分がお金を友人から借りようとしている場合もあると思います。

しかしながらここまでご覧になった方ならわかるでしょうが、友人だからといってお金は簡単に借りることは不可能です。

特に大切にしたい間柄であれば、お金関係のトラブルは絶対に避けた方がいいでしょう。

そこでオススメなのが、カードローンなどの金融機関です。

個人間でお金を貸す場合に抑えておきたいポイントをご紹介しましたが、大手消費者金融などでお金を借りた方が手間も少なく便利な場合が多いです。

業者名金利金利無料期間
アコム3.0~18.0%30日
プロミス4.5~17.8%30日
レイク4.5~18.0%180日
(5万円まで)

例えば上記の表に上げた大手金融業者や新生銀行レイクで言えば、初めての利用の方であれば一定期間の金利無料期間が存在します。

また即日融資が可能な場合もあり、借入もATMにて何度でも可能ですので、再度お金が必要となった場合も対応することができます。

個人間でトラブルを避けるため、利子や借用書を用意するくらいであれば、あらかじめカードローンなどの金融商品の利用を検討することをオススメします。

個人融資掲示板は危険

お金を友人から借りようと考える方の中には、先ほどご紹介したようなカードローンでお金を借りることができない人もいるかと思います。

例えば多重債務者であったり、金融事故を起こした人がこれに当たるでしょう。

そして友人からお金を借りれなかった場合、最後に個人融資掲示板の存在に目をつけるかもしれませんが、掲示板での資金調達は危険ですので手を出すことがないようにしましょう。

そもそも個人融資掲示板では、業者のような審査をなしに見ず知らずの人間にお金を貸す、その仲介をするサイトのことです。

あなたをよく知る友人であっても、トラブルを避けるために借用書を準備することを進めるのに、知らない他人が簡単にお金を貸してくれるはずがありません。

個人掲示板の背景には、闇金やマルチ商法、アフリエイトへの勧誘など様々なトラブルが裏に潜んでいます。

もしどうしてもお金が必要で、どこからも借りられない場合は、家族や親戚などの身内に対して、一時的に融資してもらうことを1番に考えるべきでしょう。

まとめ

今回は友人や知人からお金を貸して欲しいと言われた場合、または自分が貸して欲しい場合についてご紹介していきました。

友人に利子や借用書というのは、面倒でやりすぎに感じる人もいると思います。

特に借りる側としては、個人に借りるメリットがほとんどなくなってしまいます。

しかしながらお金のトラブルは人を変えてしまう恐れがあるので、相手のことを思うのであればお互いにそれくらいの覚悟が必要と言えます。

必ず返してくれる、そう信じて貸す場合は、最悪返ってこないことも十分あり得るということをしっかり理解し、金銭トラブルには十分注意しましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談