馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

アコムの申し込みで勤続年数はごまかせるの?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンの申込審査で合否を決定する要因の1つが勤続年数です。

比較的、審査基準が甘いと言われるアコムでも、勤続年数は影響してくるでしょう。

そこで今回はアコムの審査で本当に勤続年数は影響するのか、もしするとなればごまかすことはできるのかなど、アコムの勤続年数に対する審査対応について説明します。

アコムの申込条件に勤続年数の規定はない

申込条件に勤続年数が規定されているカードローンもちらほら見かけますが、アコムの申込条件は「20歳以上69歳以下の安定した収入のある方」だけですから、条件面において勤続年数を気にする必要はないということになります。

しかし、話はそう簡単なものではありません。

杓子定規に申込条件の記載をそのまま信じて申し込めば、審査落ちとなる可能性も出てきます。

「申込条件に勤続年数の規定がないのにどうして」と思われるかたもいるでしょうが、実はアコムの申込条件の中には勤続年数を匂わせる文言が入っているのです。

よって、勤続年数が極端に短い場合は、審査基準が甘いと言われるアコムでも審査落ちとなる可能性も出てきます。

申込条件は「20歳以上69歳以下の安定した収入のある方」だけだが・・・

アコムの申込条件となる「20歳以上69歳以下の安定した収入のある方」だけ見れば、年齢と安定した収入という2点をクリアすれば申し込みできるということになります。

しかし、ここでよく理解して欲しいのは、これはあくまでも申込条件をクリアしているだけだということです。

申込条件をクリアしているからといって、必ず審査通過できるわけではありません。

審査通過するには、アコムが用意した様々な審査基準をクリアしなければならないからです。

申込条件はその審査基準の最低ラインをクリアしただけの話で、そのほかに用意された様々な審査基準が精査され、その総合評価点が合格ラインクリアして初めて審査を通過することができます。

そこで無視できないのが、今回の重要ワードとなっている勤続年数です。

アコムの審査基準は公開されているわけではないので、勤続年数が審査基準に入っているかはわかりませんが、基本的に金融機関の審査基準には勤続年数が入っているのが一般的です。

そこで重要になってくるのがその審査基準値がどうなっているかという点で、勤続年数がどれくらいの期間に設定されているかが問題となってきます。

設定されている期間が短ければ審査基準は甘くなり、長ければ厳しくなるといった具合です。

その点、アコムの審査基準に勤続年数が入っているとしても、審査基準が甘いと言われるアコムですから、銀行カードローンのような2年といった設定となっていることはないでしょう。

申込条件に勤続年数の規定がないからといって、勤続年数が審査に全く影響しないというわけではありません。

この点はよく理解しておくようにしましょう。

安定した収入に勤続年数が関係してくる!

皆さんはアコムの申込条件にある「安定した収入」とは、どんな収入なのか考えたことはありますか?

この安定した収入に対する認識がアコムと違っているならば、その時点で申込条件をクリアしていない可能性もあり、申込資格さえなかったという残念な結果に終わってしまう可能性も出てきます。

よって、アコムの考える安定した収入については、よく理解しておく必要があるでしょう。

一般的に安定した収入とは、毎月決まった収入を継続して得られている状態を指します。

お金がなくなったら働き、手元に資金が入れば働かないといった状態では、いくら一気に高額収入を得たとしても安定した収入が得られているとは言えません。

この点は間違いなくアコムも同じ認識です。

アコムは正規雇用者じゃないパート・アルバイトの申し込みも可能ですし、実際に審査に通ってカードローンを利用しているかたも数多くいます。

ですが、この場合も毎月決まった収入が継続して得られている人に限定されるのです。

公式HPにはアコムがそう考えていることを証明するいい記載が載っています。

アコムHPの「よくあるご質問」の中に「就職が内定段階ですが申し込みはできますか?」という質問があるのですが、アコムの回答は「現在アルバイトなどで安定した収入があれば可能です。」というものでした。

つまり、今現在、何かの仕事に携わって、収入を得いていることが条件ですよと言っているのです。

以上のことからも、アコムの審査基準には勤続年数が入っており、全く問題視していないわけではないことは明白ですよね。

審査通過にはどれくらいの勤続年数が必要?

アコムの審査基準に勤続年数が入っているのならば、審査を通過するためには、どれくらいの勤続年数が必要になってくるのでしょう。

審査基準には様々なものがあり、その中の1つの評価が全くダメでも、審査結果は総合評価で決められるので。

基本的にはあまり心配する必要はありません。

しかし、審査基準の中には、一発NGとなるものも存在します。

例えば個人信用情報の中の返済状況がそれに当たり、返済状況に3ヶ月以上の遅延となる延滞情報があれば、間違いなくどこに申し込んだとしても一発NG確実です。

実はこの勤続年数も審査では、それに近い性質をもつ審査基準になってきます。

先にも説明しましたがアコムの申込条件は審査を通過するための最低基準です。

これをクリアできていなければ、申し込んでも「審査通過はありえませんよ」という警告だと思ってください。

よって、安定した収入が得られていると判断材料の1つである、勤続年数はアコムの審査通過には重要なポイントとなってくるでしょう。

できれば1年以上の勤続年数が好ましい!

アコムの審査を通過したかたの口コミを見てみると、その人たちの最低勤続年数は半年でした。

それより短い勤続年数は見当たらないので、勤続年数は半年が最低基準となってくるでしょう。

しかし、このケースでは他の審査基準の評価がよく、総合評価が高いという条件が課されるので、勤続年数が半年だから審査通過できるわけではありません。

審査基準が甘いと言われるアコムでも、厳しい審査が行われると考えるべきでしょう。

そこで筆者がおすすめするのは1年以上の勤続年数です。

一般的に消費者金融カードローンは1年以上の勤続年数があれば、勤続年数自体が審査に影響することはないと言われています。

アコムの審査落ちを回避するためには、勤続年数が最低1年以上経過してから申し込むことをおすすめします。

勤続年数の短いかたが審査に通過するには?

いま説明したとおり、半年といったような勤続年数が短いかたが審査通過をするには、ほかの審査基準で高評価を得る必要が出てきます。

よって、勤続年数が半年で審査通過できないわけではありませんが、その反面、間違いなく審査落ちするかたは多く存在するでしょう。

ですが勤続年数の短いかたでも、申込時にちょっとした工夫をしてやることで、審査通過の可能性を上げることができます。

それではその方法について説明していくことにしましょう。

借入希望額を低くする

カードローン審査は借入希望額の大きさによって、審査難易度が違ってきます。

借入希望額が高いほど審査難易度が高くなってくるのです。

消費者金融カードローンの申し込みでは、下記の借入時には収入証明書の提出が求められます。

  • 50万円を超える借入希望
  • 今回の借入希望額と既存の他社借入額の増額が100万円を超える

これは貸金業法の総量規制という法律で決められている義務なのですが、法律で決められているからという理由だけでやっているわけではありません。

収入証明書から50万円、100万円という借入をして、実際に返せるだけの返済原資となる年収が得られているのかを確認しているのです。

高額借入になればなるほど確認しなければならない情報が増えることで、審査基準は自ずと厳しくなり、審査難易度も高くなってしまいます。

よって、勤続年数が短く、審査に影響が出てしまう場合には、逆に借入望額を低くして、審査難易度を低くしてやればいいのです。

借入希望額を低くすれば、返済のことを考えて申し込んでいると評価されますし、借入限度額は申し込んだ後に増額することができます。

定期的に借入れをして、確実に返済をしていけば、アコムからの評価が高くなり、向こうから増額を勧める話もやってきます。

借入限度額よりも、まずは審査通過が第一目的です。

審査通過しないことにはどうにもなりません。

この点をよく理解して、借入希望額を10万円、高くても20万円ほどに設定して申し込んでみるようにしてください。

ネット申込後に必ず電話で相談

勤続年数が短いかたの中にはキャリアアップのための転職や、ヘッドハンティングによる転職が原因という人もいることでしょう。

この転職はむしろ評価されるべきものなのですが、審査時にはそんな理由があることまでは調査しきれません。

申込時に記入した勤続年数がそのまま評価対象となってしまいます。

キャリアアップやヘッドハンティングの転職となれば、申込者の年齢もそこそこですから、そんな年齢で勤続年数が短い場合は審査で大きなマイナス評価となる可能性も出てくるでしょう。

そこでそんなことにならないためにやってもらいたいのがアコムへの電話相談です。

申込後にアコムのフリーダイヤルに電話して、勤続年数が短い理由を説明すれば、審査に影響しないどころか、好評化に繋がる可能性も出てくるでしょう。

たとえそうでないにしても、勤続年数の短さが原因で審査落ちする原因は取り除くことができます。

また、理由を説明した場合、その話が本当かどうか確認するために、前職の給与明細書の提出が求められるケースがあります。

提出を求められた時に備えて、前もって準備しておくことをおすすめします。

勤続年数はごまかせるの?

ここまでの話で勤続年数が審査に影響するならば、ごまかせばいいじゃないかと思われたかたは少なくないでしょう。

確かに勤続年数は自己申告ですから、一発で嘘だとわかる年齢でなければごまかすことは可能です。

おそらくバレることはないでしょう。

だからといって、これは決しておすすめできる方法ではありません。

もしバレた時のリスクを考慮すいれば、絶対にやめておくことをおすすめします。

無理ではないが、バレると大変・・・

おそらくバレることはないえしょうが、実際にバレてしまうと虚偽申告により、審査は一発NGとなってしまいます。

また無事に審査を通過したとしても、カードローン利用中に虚偽申告がバレたとしたら、アコムから下記のような対応が取られる可能性があります。

  • 利用限度額を引き下げられる
  • 利用停止にされる
  • 強制退会になる
  • 借入額の一括返済が求められる

筆者が銀行員時代に知り合いの貸金業者に聞いた話では、実際にバレたかたがいたそうです。

その貸金業者が勤める消費者金融では別段なんの対応もしなかったと言うので、その理由を聞くと借入や返済に問題がなかったからという返事が返ってきました。

全てがこれと同じ結果になるわけではないでしょうが、バレてもその時点の借入や返済状況しだいということなのでしょう。

しかし、バレると上記のような対応が取られる可能性がないわけではありません。

この点をよく理解して、虚偽申告だけは絶対にしないようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談