馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

車ローンの申込で現在の借金を隠しても必ずばれる

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

融資を受ける場合、必ず融資審査があります。

融資審査は申込の内容に沿って行われますが、少しでも良い内容にしようと虚偽の申告をした場合、どのようなデメリットが発生するでしょうか?

融資をする立場に立って考えてみましょう。

虚偽の申告はご法度

虚偽の申告は、言うまでもなくご法度です。

車ローンに限らず、どのような申込や契約においても虚偽の申告を行ってはいけません。

融資を受ける場合、できることなら希望した金額をスムーズに借りたいものです。

そのために申込内容を偽った場合、金融機関には見透かされてしまいます。

何故、見透かされてしまうのでしょうか?

申込を受けた後にある融資審査では、どのようなことが行われているのでしょうか?

虚偽の申告を行ったことで発生する様々なデメリットについて、ご説明します。

心証を著しく悪くする

虚偽の申告が発覚すると融資審査に通らなくなるだけではなく、金融機関からの心証が著しく悪くなってしまいます。

よく虚偽の申告が行われる項目は「年収」・「借金の有無・内訳」です。

「年収」においては所得証明書や源泉徴収票に明確な数字が出ています。

融資商品によっては、これらの収入確認書類を提出しなくてよいものもありますが、だからといって、いい加減に申告したり実際より高い年収を申告してはいけません。

申込時は収入確認書類の提出が必要なくても、後から提出が必要となる場合もあります。

例えばカードローンにおいては、申込時には提出不要でも、融資審査の結果、借入金額が幾ら以上は契約までに提出することが融資条件となる場合もあります。

車ローンの場合は、年収を確認できる書類の提出が殆どの場合必要なので、虚偽の申告はできないでしょう。

「借金の有無・内訳」についても申込時点で申告が必要になりますが、金融機関では申告内容が正しいか確認することができます。

いずれにせよ、申込は嘘偽り無く正しく行いましょう。

以後、取引を断られる場合も

もし虚偽の申告が発覚した場合、たとえ融資の申込条件がクリアできていても申込できなくなってしまう場合があります。

一度虚偽の申告をした者に融資をすることは、金融機関としても様々な点でリスクがあるからです。

審査時に他社借入を確認されている

申込時に他社借入を申告する場合があります。

申告内容は、「借入金融機関名」・「借入件数」・「借入残高または借入極度額」についてとなります。

注意しなければいけない点は、銀行や信用金庫等以外に消費者金融やクレジットカードのリボ払いについても申告が必要となることです。

つまり、現在利用している借入全てということになります。

これらの借入情報は、個人信用情報センターという機関に履歴として残っています。

金融機関は融資の申込があった場合、個人信用情報センターへ照会を行い、借入状況を確認します。

この情報と、申込時の申告内容を照合するのです。

よって、借入を隠そうとしても、この段階で発覚してしまいます。

延滞履歴や事故歴も確認される

借入がある場合、金融機関職員から延滞や事故が無いか確認されることがあります。

いきなり疑われて嫌な気持ちになりますが、これも申込において確認しなければいけないことなのです。

全ての融資に共通していることですが、「借入における延滞や事故が無いこと」という申込条件があります。

本来、この条件を満たしていなければ、申込をすることすらできないこととなっています。

そして、これらの延滞履歴や事故歴も、個人信用情報センターにて照会することができるのです。

借入の申込において、これらの履歴があることを金融機関は酷く嫌います。

何故なら、融資審査に通りづらい上に、もし通ったとしても今後も延滞や事故が発生する可能性を考えてしまうからです。

では、延滞履歴や事故歴があると申し込めないのでしょうか?

本来は申し込めませんが、誠意を持ってその事実を伝えれば前向きに検討してくれる場合もあります。

虚偽の申告はせず、誠意ある対応を取りましょう。

必ず他社借入の問いがある

申込時には他社での借入状況について問われます。

金融機関は融資を行うにあたり、これらの状況を把握することは非常に重要なことなのです。

他社の借入状況は、融資審査にも大きな影響を及ぼします。

これらの状況から、返済可能かを算出する計算があり、融資可否の大きな判断材料にもなります。

勿論、ここでも虚偽の申告はご法度です。

複数の借入がある場合、申告漏れの可能性があります。

申告漏れを防ぐために準備する書類についても理解しておきましょう。

申込書に他社借入の申告欄がある

融資の申込書には他社借入の内容を申告する欄があります。

この欄は融資審査に大きく影響をするので、正確に記入しましょう。

改めてにはなりますが、融資審査に影響するからといって、良い内容にしようと虚偽の申告をすることは、絶対にやめましょう。

申込書を提出したら、通常、当日もしくは翌日に融資審査が行われます。

そのため、後から他社借入を追加することはできません。

上記でも説明した通り、金融機関では他社借入の照会を行います。

照会された内容と合致するように嘘偽り無く記入しましょう。

面談時に他社借入の有無を聞かれる

他社借入については、面談時に会話の中でも聞かれる場合があります。

勿論、ここでも虚偽の申告はご法度です。

複数借入がある内の1つを言い忘れることは有り得ます。

しかし、借入の有無について問われた際、借入が有るのに無いと言った場合は、訂正のしようがありません。

借入が有るということは返済も行われているということです。

もし借入があることを忘れており「無い」と言ったとしても、毎月の返済を把握していなかったのか?という話になってしまいます。

現在の借入における返済状況を把握していない人に対して融資を行うことはリスクがあります。

聞かれる内容は以下の項目です。

  • 借入金融機関
  • 当初借入日および最終返済日
  • 当初借入額
  • 借入残高または極度額
  • 利率
  • 毎月の返済額

申込をするにおいて、これらの状況を把握しておくと良いですが、全て頭に入れるのは大変です。

そこで、融資を受けると金融機関から定期的に郵送される「返済予定表」の出番です。

返済予定表には、上記の内容が全て記載されているので、返済予定表を持参すれば借入内容を漏れなく伝えることができます。

借入状況も、しっかりと把握していると見られ、心証も良くなるでしょう。

返済可能か算出する必要がある

他社借入状況が融資審査に影響すると記載しましたが、金融機関では、それらの情報を元に何を調べているのでしょうか?

それは、「返済負担比率」という比率の算出に使われます。

返済負担比率とは、年間の借入返済額が年収の何パーセントあるかという比率です。

計算は以下の公式にて行います。

返済負担比率(%)=(年間返済額÷年収)×100

返済負担比率が35%を越すと融資は難しいと言われています。

「直近の年収」と、「現在の年間返済額および本件申込により発生する年間返済額の合計」より、返済負担比率を算出してみましょう。

融資審査では人柄も見られている

融資審査では、申込内容の数字(年収や勤続年数など)以外に、申込人の印象(性格や人柄など)も加味されます。

年収や勤続年数など数値化できるものは、ありのままの数値で評価されます。

一方、申込人の性格や人柄などは、良い評価にも悪い評価にもなります。

申込人の印象は、申込内容の数字よりも融資審査に与える影響は大きいと言えます。

良い印象とは、悪い印象とは、どのようなことを言うのでしょうか?

金融機関の視点から考えてみましょう。

虚偽の申告はせず誠意ある対応を

再三になりますが、虚偽の申告は絶対してはいけません。

たとえ、申込において不利な情報があるとしても、その内容を隠そうとしたり偽ってはいけません。

特に他社での借入状況は、個人信用情報センターへの照会で見破られてしまいます。

そうなると、この顧客は誠意ある対応を取っていないと思われてしまい、悪い評価となります。

融資に限らず人と人が関わるところに「信頼」が生まれます。

もし自分が他人にお金を貸す場合、相手が嘘をついて借りようとしていたら、貸すでしょうか?

逆に、お金を借りるにあたって悪い情報を正直に話す相手なら、信頼できると思います。

誠意ある対応を行うことは、良い評価に繋がります。

人間性を見て審査を通す場合がある

融資の申込において、申込書に記載されている内容と、申込人の印象は、見方が別物となります。

申込書に記載されている内容は変化していくもの、申込人の印象は不変なものとしています。

申込書に記載されている年収を例に挙げると、年収は数年先も同じとは限りません。

昇格や昇給して上がることがあれば、降格や減給、転職で下がることもあります。

一方、申込人の印象である性格や考え方は大きく変わるものではありません。

誠意ある人に融資すれば、万が一、状況が悪くなったとしても誠意ある行動を取ってくれるでしょう。

融資審査において、数値面が多少悪かったとしても申込人の印象を加味して審査可決となる場合もあります。

それだけ融資審査において申込人の印象は重視されているのです。

まとめ

融資の申込において絶対してはいけないことは、虚偽の申告です。

虚偽の申告をして申込内容を良くしても、金融機関に様々な角度から見透かされてしまいます。

車ローンを利用する場合においても、虚偽の申告が有るか無いかは必ず確認されています。

銀行で融資を受ける場合も、ディーラーで融資を受ける場合も同じです。

悪い情報は特にしっかりと申告するように心掛け、心証を良くし、スムーズに融資を受けましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談