キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

ソフト闇金とは?利用した場合の対処法と完済までのコツ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金を借りる相手には銀行や消費者金融などの正規業者だけでなく、闇金と呼ばれる業者が存在します。

近年、ソフト闇金と呼ばれる業者が増加していますが、利用されている方は早期に完済されるべきです。

ソフト闇金利用者に知って欲しいポイントを解説します。

ソフト闇金とは?

最初に「ソフト闇金」と呼ばれる業者について確認しておきましょう。

ソフト闇金がどういった業者なのかを理解しておくことで、利用者への注意点や危険性が見えてきます。

闇金とは?

一般的に、個人がお金を借り入れする際に利用することが多いのは銀行や、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などとなります。

こういった金融機関は銀行法や、貸金業法といった法律にもとづき、許可・資格を得た正規業者です。

しかしながら、上記のような資格・免許を得ずに貸付を行う先として、「闇金」が存在しています。

闇金は本来必要な免許・資格を得ずに融資を行う金融業者であり、正規ではない(≒闇で行う)金融機関という意味で「闇金」と呼ばれているのです。

闇金は銀行や消費者金融などの金融機関で借入できなかった方でも利用できる可能性がある反面、多くのリスクやデメリットがあり、極力避けるべき借入先です。

闇金は正規の金融機関に断られ、審査に落ちた方を顧客として、法外な水準の金利を要求したり、返済できない方に対して、違法な取り立てなどを行います。

ソフト闇金と呼ばれる業者も、あくまで闇金の一種であり、免許・資格をもたずに貸付を行う業者です。

ソフト闇金の特徴は?

闇金と呼ばれる業者はリスクの高い融資を専門的に行うこともあり、融資先が返済できない場合には、「脅迫」に近い取り立てを行うこともあります。

また、そもそもとして、闇金は正規の貸金業者などと違い暴力団に近い組織が行っている場合もあるため、対応が威圧的であるなど、一般的に「怖い」という印象が強いのが特徴です。

一方、「ソフト闇金」と呼ばれる業者は、前述のような闇金特融の怖さが緩和されており、優しめの対応や、ソフトなあたりで接客することで、利用者に安心感を与えやすいのが特徴です。

取り立てに関しても、最初のうちは闇金ほどに怖くなく、多少の返済方法の相談であれば、取り立てに関する厳しさや脅迫行為は少ないのが特徴です。

そのため、利用者も闇金でありながら、怖い相手ではないと安心して利用しやすくなってしまいます。

ソフト闇金も危険

前述の通り、闇金のような怖さが薄いと言っても、ソフト闇金が闇金であることには留意が必要です。

ソフト闇金の融資金利は法律の規制を超える水準で違法です。

ソフト闇金を利用される方はそもそもお金に困っている方でありながら、高すぎる金利で借入を行っていては収支が改善する見込みは立ちづらく、将来的に自体が悪化して窮地に陥ってしまう可能性が高くなります。

ソフト闇金の金利は様々ですが、「トイチ」といった言葉が使われることもあります。

トイチとは10日で一割(10.0%)のことであり、法律上の上限金利(年率20.0%)をはるかに超える水準です。

さらに酷いソフト闇金では、トイチどころかトゴ(10日で5割)といったケースもあります。

また、ソフト闇金とは言っても、対応が丁寧で優しいのは当初のみであり、借金が払えなくなってきた場合には豹変することも少なくありません。

それまでの優しい態度から一変し、通常の闇金と変わらないような脅迫まがいの取り立てが行われ、闇金としての本性が現れるのです。

そのため、当初の対応に騙されて安心するのではなく、ソフト闇金も闇金であるという認識を持つ必要があります。

早期に完済した方が良い

前述の通り、ソフト闇金は違法な水準の金利で貸し付けを行っています。

ソフト闇金で借入することが、どれだけ返済負担を大きくしてしまうのかを確認しておきましょう。

違法な金利に注意

近い将来で余程の収入が見込まれるという方でなければ、ソフト闇金でお金を借入しても状況を改善することはできず、さらに厳しい状況に陥る可能性が高くなります。

例として、トイチのソフト闇金で5万円を借入する場合を考えてみましょう。

この時、借入してから10日目に利息が5千円(=5万円×10.0%)発生します。

この時、利息と合わせて5万5千円を完済できれば良いですが、利息しか払えないと元金は減らず、10日毎に5千円を払い続ける必要があります。

利息の支払い額は月に1万5千円であり、年間で18万円もの金額を払うこととなり、これでは借金を完済するどころか、さらに状況を悪化させてしまう可能性が高いでしょう。

早期に完済する方法

ソフト闇金から既にお金を借入している方は早期に完済する必要があります。

しかしながら、ソフト闇金を利用している方にとって、完済するためのお金を自力で用意することは容易ではないでしょう。

また、大部分の方は既に銀行や消費者金融などの審査に落ちており、借り換えも難しいと考えられます。

こんな時、ご家族や、友人などからの借入を相談されてみてはいかがでしょうか。

ご家族や友人でも借金の相談は行いにくいものですが、ご自身の状況を丁寧に説明し、事態を改善させたいことを伝えれば協力してもらえる可能性はあります。

しかし、そういった協力も得られない場合には、弁護士などの専門家に相談したうえで債務整理を行うという方法もあります。

債務整理は借金問題を抜本的に解決する方法です。

例えば、自己破産であれば、法律上の手続きとして借金返済を免除してもらうことができます。

さらに、債務整理を弁護士に委任することで、ソフト闇金などの債権者からの取り立て・請求を弁護士に一任することができ、ご自身に直接連絡しないようにすることも可能です。

ソフト闇金からの違法な取り立て、脅迫行為を防止するという観点からも、弁護士に依頼することは有力な選択肢となります。

ソフト闇金に引っかからない

ソフト闇金とは言っても、危険な闇金であり、利用しないこと、既に利用されているのであれば早期に完済することが大切です。

しかし、そもそもとして、ソフト闇金に引っかからず、利用しないことが重要です。

ここでは、ソフト闇金であることを見分け、利用しないための方法を解説しておきましょう。

触れ込みに注意

「ブラックリストでも融資可能」、「他社で断られた方でも即日融資可能」といった触れ込みに注意が必要です。

ソフト闇金は銀行や消費者金融などの正規業者から借入できなかった方を対象としています。

誰でも融資が受けられるという売り文句を前面に出す業者には注意が必要です。

高すぎる金利に注意

ソフト闇金の最大の特徴は高すぎる金利にあります。

前述の通り、トイチやトゴなどの違法水準で融資を行なう業者が大半です。

法律で認められた上限金利は年率20.0%であり、この水準を上回る金利を請求するのは違法な業者であると認識しておきましょう。

会社情報が不透明

融資を受けようとする会社のホームページが存在していなかったり、あっても記載されている情報が嘘といったものもあります。

例えば、ホームページ上で記載されている事務所住所に訪問してみると、営業実態が無いというケースもあります。

また、ソフト闇金のなかには、「会社」であるにも関わらず、代表の連絡先が携帯電話となっているなど、固定電話でないことも多くなります。

まとめ

ソフト闇金は優しい対応や、丁寧な接客で安心感を与えようとしますが、ソフト闇金も実態は闇金であり、高すぎる金利を請求する違法業者です。

さらに、優しい対応も当初のみであり、返済が困難になった場合には態度が一変し、闇金同様の脅迫まがいの取り立てが行われることも少なくありません。

ソフト闇金を利用されている方は、事態が悪化しないうちに完済されることがおすすめです。

高すぎる金利で借入していては収支の改善は困難であり、事態を悪化させてしまいます。

家族や友人からの借入に加え、状況によっては債務整理も視野にいれて借金問題の解決を検討されてみるのがよいでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)