馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

三井住友銀行の保証会社はプロミス【銀行と消費者金融が業務提携?】

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三井住友銀行が取り扱う融資商品には消費者金融であるプロミスが保証をしているものがあります。

銀行と消費者金融は、どの様な関係で業務提携を行っているのでしょうか?

銀行と保証会社の付き合いは長い

金融機関というくくりでは銀行も消費者金融も同じですが、それぞれ別の機関という認識が強いと思われます。

両者は融資業務において繋がりがあります。

銀行と消費者金融の関係性を紐解いていきましょう。

銀行カードローンは保証会社付き

カードローンは殆どの銀行で取り扱われていますが、カードローンの起源は大阪の貸金業者からでした。

1960年代、今よりも銀行融資が受けづらい時代に大阪の貸金業者がカードローンという融資を行ったことが普及し、今日に至ったのです。

その後、1980年頃に銀行も参入しました。

融資するにあたり重要なことは、「貸したお金を回収できるか」という点です。

万が一返済不能となった時に残りの融資金を別の人・物から回収する為に「保証人」や「動産・不動産担保」を取ることで保全を図りました。

カードローンにおいては、この点を保証会社という専門の機関に依頼し取り扱うようになりました。

このことにより、カードローンにおいては第三者へ保証人の依頼をすることや、動産・不動産担保を差し出さずに済み、手軽に利用できる商品となったのです。

保証人の依頼は、たとえ近親者であっても頼みづらいことです。

こうして、近年のカードローンは保証会社の保証が付いたものとなりました。

パンフレットや申込書に必ず保証会社名が記載されています。

保証のみを行う機関や、融資も行う消費者金融が保証会社となっている場合もあります。

金利が高い理由は保証会社が関係

カードローンは金利が高いイメージがあります。

近年では金利に幅を持たせた商品も増えています(例えば年3.0%~年14.0%など)。

その様なカードローンの金利は、申込人の属性により決定されます。

属性とは、年収・勤続年数・居住形態・借金の有無など、主に申込書に記載される項目のことです。

金利に幅があるといっても、それでも高いものです。

その理由は、金利の中に保証会社へ支払う保証料が含まれているからです。

保証料は保証会社によって異なります。

例えば金利年14.0%で保証料が年8.0%の商品としましょう。

金融機関は年14.0%の利息を得ることができますが、その中から年8.0%分は保証会社へ保証料として支払わなければいけません。

その保証料は保証会社の収益となるのです。

金利の中には銀行が得る収益と、保証会社が得る収益があることを覚えておきましょう。

よって、カードローンにおいては金利の交渉ができないことにもなります。

プロパー融資とは保証会社無しの融資

銀行では「プロパー融資」という商品があります。

プロパー融資は銀行独自の融資商品という位置付けになります。

つまり、銀行が保証会社のかわりをするつもりで融資するということです。

保証会社が付かないので、万が一返済不能となったら銀行が独自で回収しなければいけません。

その為、保証人を依頼したり動産・不動産担保を徴求することになります。

カードローンの様に保証会社が付く商品とは異なりますが、銀行が取り扱っている商品の知識として頭に入れておきましょう。

尚、プロパー融資は、属性などにもよりますが、金利の交渉が可能です。

銀行・保証会社・債務者の関係性とは

保証会社を付ける理由は分かりましたが、銀行・保証会社・債務者は、どの様な関係性になるのでしょうか?

それぞれの立場に立って分析してみましょう。

保証会社は保証人の代わり

保証会社は債務者(お金を借りる側)から保証料を得ることで、保証人の代わりを行います。

借金の返済が滞りなく全額完済されれば、保証会社は保証料を得るだけでその取引を終えれます。

しかし、債務者が返済不能となった場合、残りの融資金を融資先(お金を貸した側=銀行)に支払わなければいけません。

その為、保証会社の付いた融資を受ける場合は、銀行の融資審査に加え、保証会社の融資審査もあります。

保証会社は、その顧客が「借りたお金を返済できるか」という点に重点を置き審査します。

保証会社の審査が通らなければ、その商品は利用することができません。

保証会社はお金を融資するわけではありません。

「債務の保証をする機関」と覚えておきましょう。

保証会社は銀行に対して、銀行が持つ膨大な顧客へ自社商品を販売してもらい、保証料を得るという利点があります。

一方、万が一返済不能となった場合は補填をしなければいけないというリスクもあります。

銀行は保証会社から全額回収できる

保証会社は債務を保証する機関であることに対し、銀行は「融資をする機関」です。

プロパー融資のように保証会社を付けず保証人を徴求した融資では、債務者が返済不能となった場合、その融資の保証人にへ返済を請求します。

しかし、保証会社が付いている場合、保証会社へ返済を請求します。

銀行は融資して得た利息の一部を保証料として保証会社へ支払う代わりに、債務者が万が一返済不能となった時に残りの債務を全額回収できるという利点があります。

一方、顧客へのセールスや事務整理・期日管理をしなければいけません。

返済不可能なら代位弁済となる

返済不可能とは、保証会社が定めた延滞回数を超えた状態のことを言います。

返済不能となったら「代位弁済」という手続きにを行い、保証会社へ残りの融資金の返済を請求します。

代位弁済は債務の引渡しとも言われています。

借金を返さなくていいわけではない

例えば、銀行から100万円をAさん(債務者)が借り、30万円返済した時に返済不能となったとします。

そうなると、保証会社は残りの70万円を銀行へ支払わなければいけません。

つまり、70万円の返済義務が債務者から保証会社へ移ることになります。

この手続きが上記で説明した代位弁済です。

銀行は保証会社から70万円を回収することができます。

本来なら、まだまだ利息収入を得ることができるはずでしたが、融資した100万円は全額回収できたことになります。

債務者と保証会社の関係は、どうなるでしょうか?

代位弁済をすることにより、保証会社は残債(例では70万円)を保証し銀行に支払いました。

ここからは保証会社と債務者の話し合いになります。

勿論、債務者は保証会社へ保証してもらった70万円を支払う義務があります。

70万円を一括返済するか、分割返済するかといった話し合いが進められます。

いずれにせよ、債務者は残りの70万円を返済しなければいけないことになります。

三井住友銀行の保証はプロミス

ここまでは保証会社についてや、それぞれの関係性について説明しました。

ここからは、三井住友銀行と業務提携をしているプロミスについて理解を深めていきましょう。

プロミスは旧社名

三井住友銀行のカードローンに「SMBCコンシューマーファイナンス」という文字を目にすることがあると思います。

これは社名であり、SMBCコンシューマーファイナンスは現在、三井住友ファイナンシャルグループの子会社となっています。

サービスブランドは、旧社名であるプロミスを利用しています。

プロミスは1962年に設立した消費者金融で、2012年4月にSMBCコンシューマーファイナンスへ社名変更しました。

SMBCコンシューマーファイナンスは保証会社であり、三井住友銀行以外にもジャパンネット銀行や横浜銀行など複数の金融機関の保証業務や債権管理業務を行っています。

三井住友銀行の親会社の子会社

SMBCコンシューマーファイナンスは2012年4月に三井住友ファイナンシャルグループの子会社となった為、親会社は三井住友ファイナンシャルグループということになります。

三井住友ファイナンシャルグループは、三井住友銀行の親会社でもあり、銀行業務以外にも、リース、証券、クレジットなど幅広い事業を展開しています。

三井住友銀行もSMBCコンシューマーファイナンスも、三井住友ファイナンシャルグループの傘下にあると覚えておきましょう。

融資は銀行・保証はプロミス

上記記載の「銀行・保証会社・債務者の関係性とは」で説明した通り、銀行と保証会社の役割は異なります。

銀行はお金を融資する機関、保証会社は融資の保証をする機関です。

保証会社の付いた商品を利用する為には、保証会社の融資審査に通ることが必須となります。

その上で、銀行でも改めて融資審査を行い、審査可決となれば融資を受けることができます。

まとめ

三井住友銀行とSMBCコンシューマーファイナンスは三井住友ファイナンシャルグループの元で銀行業務・保証業務を行っている会社です。

SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスが社名変更した会社である為、銀行と消費者金融が業務提携をしていることになります。

また、SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行以外にも他の金融機関の保証業務も行っています。

近年では銀行と消費者金融が業務提携することも珍しくはなくなってきているのでしょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談