キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

無計画なカードローン利用はヤバい!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

数年前に銀行カードローン利用者の自己破産者が続出したことから、いかに無計画なカードローン利用がヤバいのかを再認識した方は多いことでしょう。

そこで今回はそのヤバい事態を避けるための判断基準を説明し、返済できなくなった時どうなるのか、その対処法を紹介します。

カードローンの借金はいくらからがヤバいの?

「ご利用は計画的に」これはとある大手消費者金融のCMで使われていた有名な決めゼリフですが、この言葉のとおりカードローンは生活に支障がなく、余裕を持って返済できる範囲であればヤバい状況に追い込まれることはありません。

計画的な利用を心がければ、本当にメリット性の高い資金調達手段と言えるでしょう。

しかし、あたかも自分の口座からキャッシュカードを使って引き出せるかの錯覚に陥りやすいため、無計画に借入を重ねるようになる方が少なくないのも事実です。

これが災いして毎月の返済が苦しくなり、返済のために他から借金を重ね、最終的にはどうにもならないヤバイ状態になることも少なくありません。

そこでそんな事態を回避するためにも、これ以上のカードローン利用はヤバイという判断基準について説明していきます。

現在カードローン利用者でヤバいかなと感じている方は、よく理解して対応策を練るきっかけにしてください。

借金返済のために他から借りることなった時

最初の判断基準としてもらいたいのが、カードローン返済のために他から借入する状況に陥った時です。

ここで立ち止まって考えを改めれば後で説明する対処法で、ダメージを受けずにヤバい状況に追い込まれることから回避することもできます。

まだ自転車操業での借金返済に踏み込んでいない方はここで立ち止まり、借金返済に専念することをおすすめします。

待っているのは多重債務で膨れ上がった借金だけ

カードローン借入の返済に他からの借入を考えるようになる時には下記のような兆候が見られます

  • 続けて返済が遅れた
  • 返済が遅れることが多くなった
  • 2カ月分の返済を滞納してしまった

上記のように決済日に返済できない懐事情になれば生活費から捻出する必要が出てくるため、生活を楽にしようと他のカードローンに申し込みを考える方は少なくありません。

しかし、ここで考えなければならないのは返済を楽にするための新規借入ではなく、生活を切り詰めてでも返済を進めることです。

カードローン1社の借入上限額いっぱいまで借りて、返済のために他のカードローン契約をすれば、再度借入枠が得られるため返済どころか借金を増やすことになり、最終的には同じことの繰り返しで多重債務者の出来上がりとなってしまうでしょう。

そうならないためにも、その兆候が見られた時には新規借入を踏みとどめて、返済手段を検討する必要があるのです。

そうすれば次のヤバい状況となる、総量規制いっぱいの借金を抱えることも回避することもできるでしょう。

総量規制いっぱいの借金を抱えた時

次の判断基準となってくるのが、貸金業法の総量規制で決められた金額いっぱいの借金を抱えた時です。

ここで踏みとどまれるかどうかが本当にヤバい状況に陥ることになるかどうか、最後の分かれ道であり最後のチャンスとなります。

この総量規制をオーバーしても尚、借金を重ねれば待っているのは最悪にヤバい状況だけです。

総量規制いっぱいまで借入が膨らんだら、返済に専念することだけをおすすめします。

総量規制を超える借金はできない!

消費者金融をはじめとする貸金業者は個人に対して、総量規制を超える貸付を貸金業法で禁じられています。

総量規制は個人への貸付を年収の3分の1までに規制した法律です。

また個人への貸付額が法律で規制されていない銀行でも、数年前の銀行カードローン利用者の自己破産者続出が社会的な問題として取り上げられたことで、現在は大半の銀行でこの総量規制を個人への貸付に適用する自主規制が敷かれています。

以前は貸金業者での借入ができなくても貸付額の法規制がなく、審査の甘い銀行カードローンで借入できたのですが、現在は総量規制を超える貸付を行う正規の金融機関は実在しないのが実情です。

となれば総量規制を超える借金を抱える人はいないということになりますよね。

しかし、これはあくまでも正規の金融業者からしか借入していない人の場合です。

次はこの状態で借金を重ねるとどうなるのかを説明します。

いかにヤバい状況に陥ることになるのかを、よく理解するようにしてください。

借りれるところは闇金だけ!

総量規制いっぱいまで借入している人は、先に説明したように多重債務者であることが大半です。

多重債務者となるのは借金返済のために複数社借入を重ねた結果ですが、多重債務者の場合、返済しなければならないという意識から、とにかく借りれるところならどこでもいいと藁にもすがる精神状態となっているケースが少なくありません。

そんな状態だと下記のような勧誘文句を得意とする闇金の手口に引っかかってしまい、通常では考えられないような金利が課せられ、返済してもしても利息は膨らむだけで一向に減らず、最終的には返済することもできずにどうにもならない状態になってしまいます。

  • 審査なしで即日融資OK
  • ブラックでも融資OK

しかも、本当にヤバいのはここからです。

返せないからといって、闇金が簡単に取立てを諦めることはありません。

元々が正規の金融業者ではありませんから、法で規制された取立てをするはずもなく、下記のような被害に遭う始末となります。

  • 鳴り止まない脅迫めいた催促の電話
  • 親や親族への催促
  • 職場への催促電話
  • 申し込み時に提出した個人情報の流出
  • 大量の知らない出前が届く
  • 救急車や消防車を呼ばれる
  • 誹謗中傷のFAXやメールが職場に届く

このような催促からくる恐怖心が原因となり、完済できもしない借金を支払い続けている被害者は少なくないのです。

正規の金融業者から借りれなくなった状態での借入先は闇金のみです。

総量規制を超える借金がいかにヤバいか納得いただけたことでしょう。

関連記事をチェック!

借金っていくらからヤバいか、教えます

借金を抱えている人はえてして、「自分の借金額ってやばいんだろうなぁ…」と考えてしまいがちです。 しかし、本当に「やばい」借金額はいくらぐらいからになるのでしょうか。 今回は、借金額の多さと...

関連記事をチェック!

闇金利用者の末路は悲惨

ヤミ金融の脅迫的、かつ非人間的な取立てにより、多くの債権者やその家族が恐怖を感じ、精神的苦痛を強いられています。 警察庁が発表した統計資料によると、平成27年の1年間で経済・生活問題が原因で自殺...

カードローン地獄に陥る人の特徴

自分はカードローンでヤバい状態に陥るような馬鹿な真似はしない、そう思っている方も多いことでしょう。

しかし、そう過信している方こそ、カードローンでヤバい状況に追い込まれる可能性が高くなります。

そこで自分は本当に大丈夫なのか、カードローン地獄に陥りやすい人の特徴を紹介しておきます。

本当に大丈夫なのか、その特徴と見比べながら自分の危険度を判断してみましょう。

危険な人の特徴はコレ!

下記が借金地獄に陥りやすい危険な人の特徴です。

  • お金の管理ができない
  • 支払いにルーズで返済期日を守らない
  • ギャンブル癖がある
  • キャバクラやクラブで飲食する回数が多い
  • お金もないのに欲しいものに手を出す
  • 何でもローンで購入すればいいと思っている
  • 分不相応な額を遊興費に使っている

とにかく手元に現金がなくても、支払を先に伸ばせば大丈夫と考える計画性のない人には、上記のような傾向が強く見られます。

当てはまる場合にはカードローン利用は慎重に行い、利用していて上記のような傾向が出てきたならば早急にカードローン利用を停止することをおすすめします。

関連記事をチェック!

お金を借りる人の特徴を100人に聞いてみた結果…

こんにちは、馬太郎です。 先日お金を貸して、と言われたことがある人100人にアンケートし、好評でした。 今回は、お金を貸してといわれた人たちに、お金を貸してほしいと言ってきた人の特...

返済できないとどうなるの?

それではカードローンの返済ができなくなったらどうなるかを説明します。

闇金から受けるヤバさに比べればまだマシですが、普通の勤め人であればヤバいと気が気ではない状況に追い込まれることになるのは確実です。

よく理解して、そのヤバさを実感するようにしてください。

返済できないときに被るペナルティー

カードローン業者は認可を受けた貸金業者、もしくは銀行となるので、闇金のように違法な取立てに遭うことはありません。

しかし、しっかりとペナルティーが課せられ、最終的には勤務先にバレてしまうことになるので甘く考えてはいけません。

延滞とならない内に返済できるのならば20%ほどの損害遅延金を支払うだけで収まります。

その後もカードローン会社から利用停止などの処分が下されるでしょうから、以降の借り入れもできなくなり借金が増え続けることもありません。

しかし、延滞となればその情報が個人信用情報に記録されるため、それ以降は金融機関からの借入やローン利用は記録が消えるまで一切できなくなります。

そして延滞をそのまま放置すればまずはカードローン会社は下記のような行動に出てきます。

  • 法律に定められた訪問時間と訪問日に準じた自宅訪問
  • 会社への督促電話

それでも支払い意思が見られない場合はカーローン会社が保証会社に代位弁済を求め、その後は保証会社に借入債権が移り、保証会社による回収が継続されます。

ここで誤解してはならないのは、これで借金が帳消しされたわけではないという点です。

その後の督促にも応じず、回収できないと判断すれば保証会社は借金返済を求めて、法的手段に出てきます。

裁判所に債権差押手続きを行い、判決が下れば保証会社は本人所有の預貯金だけでなく、勤務先へ給与の差し押さえを実行します。

この時点で勤務先に借金が返せない状態であることがバレてしまうのです。

これは勤め人にとっては大きなダメージとなってしまいます。

近年は自己管理、特にお金の管理がルーズな場合は個人査定に大きく影響するので、その人の社内での将来は閉ざされてしまうことになるでしょう。

となれば闇金のような被害はないとはいえ、決して無視できるものではありませんよね。

関連記事をチェック!

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は必ず知っておいた方が良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

関連記事をチェック!

カードローン延滞で財産,給与差し押さえ~滞納後は保証会社に借金返済~

カードローンの返済が苦しくなって、延滞したことがあるという方もいると思います。 借入先への連絡などを怠ったまま延滞を続けると、「差し押さえ」に合うことがありますので、注意が必要です。 ...

どうしようもない時の対処法

それでは無計画なカードローン利用がいかにヤバいのかを理解してもらったところで、最後にどうしようもない事態となった場合の対処法について説明していきます。

できるならばそうならないことを願っていますが、そうなった場合には放置せずに迅速な対応をすることが被害を大きくすることを防ぐ唯一の方法です。

よく理解しておくようにしてください。

その対処法は下記のとおりです。

  • 親や親族に借りる
  • 一括借り換えを利用する
  • 債務整理をする

それではこれら対処法について見ていくことにしましょう。

親や親族に借りる

ます一番おすすめなのは親や親族に借金して、それを全額返済に充てる方法です。

これはできる方とできない方がいるでしょうが、本当に一番おすすめの方法となります。

返済に必要な金額を借りて、後は負担とならない毎月の返済額を決めて返済していくのです。

借りる時はこっぴどくお説教されるでしょうから、大きく反省も促されて二度と過ちを犯さないよう改心できる効果も期待できます。

可能な方は是非、親や親族の方に相談してみるようにしてください。

関連記事をチェック!

親にお金を借りる上手な頼み方と言い訳【思わずマネしたくなるネタ帳】

親からお金を借りるには利息もかからず審査の必要もありません。 子供が親からお金を借りることはよくあることで、親も子供のためならと思って仕方なくお金を貸すことも多いです。 お金を借りる業者を...

借り換えを利用する

近年の銀行金利の引き下げで注目されているのが住宅ローンの借り換えです。

現状の低金利を利用して、毎月の返済額や総返済額の減額が可能となります。

実は金融機関からの借金も同じ乗り換えを利用することで借金の減額が可能です。

しかも、借り換えは総量規制の例外とされているので、現状どこからも借入できないという方でも利用できます。

また金利は利息制限法で適用される上限金利が借入額に応じて、下記のように定められています。

  • 元金10万円未満       上限金利20.0%
  • 元金10万円以上~100万円未満 上限金利18.0%
  • 元金100万円以上       上限金利15.0%

つまり高額になればなるほど低金利の適用が受けられるので、借入を一本化することで確実に金利引き下げができ、返済負担の軽減が実現できます。

金利は申し込み先によって違ってくるので条件がいいところであれば、この借り換えで返済可能となるケースも出てくるでしょう。

まずは申し込んでからとなりますが、検討してみるだけの価値のある対処法と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

借金の借り換えとは?メリット、デメリット

借金を借金で返すのは良くありませんが、借金を借り換えて返すのはアナタにとってメリットをもたらすかもしれません。 カードローンを利用している人ならご存知のように、適用される金利は銀行や消費者金融業...

債務整理をする

ここまでの対処法のどれも利用できないとなれば、残るは国が認めた救済措置である債務整理の利用を検討するしかありません。

債務整理には大きく分けると下記の3つが挙げられますが借金状態によって利用するタイプが違ってくるので、まずは弁護士や司法書士、専門相談員へ相談するようにしてください。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

この債務整理によって金利を免除してもらったり、元本を減額するなどの対応で、返済できる額への減額が可能になります。

自己破産では裁判所の判決が必要となりますが、借金の全額免除となるので本当に最悪にヤバい状態の人でも対応可能です。

また債務整理が始まれば借入先からの請求はストップされ督促に悩まされることもなくなりますし、闇金への対応も弁護士等が行ってくれるので、闇金被害に遭っている方には最適な対処法と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

関連記事をチェック!

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びよう...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談