馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

皆さんこんにちは、馬三郎です。

今回は西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」について説明したいと思います。

西日本シティ銀行カードローンとは

※西日本シティ銀行公式WEBサイトより引用

西日本シティ銀行は、福岡県福岡市に本店を置く銀行です。

福岡県だけではなく、九州エリアや中国地方、関西や関東の一部にも支店があり、現在は全体で183店舗もの支店を持っています。

元々は1944年に西日本無尽を創立したところから始まり、1951年に西日本相互銀行に商号変更、1984年に西日本相互銀行と高千穂相互銀行が合併して西日本銀行へ商号変更、2004年には西日本銀行と福岡シティ銀行が合併し、西日本シティ銀行となりました。

お客様満足度向上への取り組みとして、「誠実なココロで人と向き合いベストなコタエをご提案する」というスローガンを掲げ、お客さまが何かに困ったとき、何かに挑戦したいときに一番に頼ってもらえるような存在を目指して挑戦し続けているそうです。

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は安定した収入がある方が対象ですが、職業によっても申込み条件があり、パート・アルバイトの方は申込みができません。

金利
(実質年率)
4.8%
対象者満20歳以上満60歳以下の安定した収入がある方
使用目的教育に関する資金
利用限度額10万円~500万円
返済日毎月10日
遅延損害金
(実質年率)
14.0%
収入証明書原則不要額50万円以下

利用するための条件

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は、今までに西日本シティ銀行を利用したことがない方でも申込むことができます。

しかし、西日本シティ銀行の営業区域内に住んでいるか勤務していなければなりません。

西日本シティ銀行営業区域
福岡県、熊本県熊本市・八代市、大分県大分市・別府市・中津市・日田市・宇佐市、宮崎県宮崎市・延岡市・都城市、鹿児島県鹿児島市、佐賀県佐賀市・唐津市・鳥栖市・伊万里市、長崎県長崎市・佐世保市・諫早市
山口県宇部市・下関市、岡山県岡山市、広島県広島市・福山市、
大阪府大阪市
東京都中央区
※東京都内、大阪府内の店舗での取り扱いはなし

上記の市町村に住居または勤務先がなければ西日本シティ銀行を利用することはできません。

最短10日で借入可能

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は、早ければ申込から10日で借り入れをすることができます。

ローンカードの発行と郵送を含めると、どうしても10日ほどの時間はかかってしまいます。

原則、ローンカードがないと借り入れはできませんが、もし急いでいて困っている状況であれば、窓口や振込みなどで対応してくれる場合もありますので、担当の方に相談をしてみてください。

属性別に見る

正社員専業主婦派遣社員
×
パート、アルバイト、フリーター自営業、個人事業主学生
××
業者名借入できない属性
西日本シティ銀行カードローン
「EZ教育カードローン」
 無職、学生、専業主婦
アイフル*無職、専業主婦
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム*無職、専業主婦
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス*無職、専業主婦
レイク ALSA無職、専業主婦* 1
レディースアイフル無職、専業主婦

※属性は、正社員、自営業、派遣社員、パート・アルバイト、フリーター、専業主婦、学生(満20歳以上)、無職に分類しています。

特徴別に見る

年収の1/3以上借りられるか借入をおまとめできるか年齢条件
×満20歳以上満60歳以下
最短融資審査時間収入証明書原則不要額
10日3日50万円以下
無利息期間担保・保証人金利
なし不要4.8%

地域別に見る

住所か勤務地が西日本シティ銀行営業区域内住所と勤務地共に西日本シティ銀行営業区域外
西日本シティ銀行の口座を持っている×
西日本シティ銀行の口座を持っていない××

審査の通りやすさをチェック

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は審査に通りやすいカードローンなのでしょうか。

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」を、スペックから審査の通りやすさを判断してみます。

チェックポイント通りやすさ
保証会社は九州カード株式会社または株式会社オリエントコーポレーション3
学生、専業主婦、年金受給者は申込不可2
対象年齢は満20歳以上60歳以下3
収入証明は50万円まで不要2
営業区域内の方のみ利用可能4
金利の上限は4.8%2

どうしてこの6項目から審査の通りやすさが判断できるのか知りたい方は、こちらのページで詳しく説明しています

審査の通りやすさを考えるうえで、上記の6つの項目を見てください。

特に保証会社と対象属性が最も重要になります。

  • 九州カード株式会社の審査は消費者金融よりは厳しい

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」の保証会社は、九州カード株式会社が務めており、西日本シティ銀行グループのクレジットカード会社で金融機関の融資では保証業務も行っています。

審査については、消費者金融が保証会社を担当する場合と比べると決して通りやすいわけではありませんが、信販会社ほど厳しく行われません。

  • 学生、専業主婦、年金受給者は申込できない

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は学生、専業主婦、年金受給者は申込むことができなくなっています。

職業の制限があるので、属性に関わらず申込みができるカードローンと比べると通りにくいといえます。

  • 年齢の設定条件はやや狭め

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」の申込み可能年齢は60歳までとなっています。

使いみちが限られているカードローンではありますが、一般的なカードローンではもう少し年齢の幅を持たせている商品もありますので、年齢条件はやや狭めに設定されていると言えます。

  • 50万円までの限度額なら収入証明不要

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は限度額50万円までの枠内であれば、収入証明は不要です。

ただ、限度額の上限は500万円まで設定されていることから、収入証明書原則不要の幅で見ると狭いと言えます。

  • 西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は営業区域からしか申込不可

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は、九州エリア、山口県、岡山県、福山県、広島県一部からしか申込むことができません。

地域によって申し込みができる場所が制限されているので、対象となる方にとっては審査で融通を利かせてくれるなど、優遇されることもあります。

  • 上限金利4.8%は銀行や信用金庫では低め

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」では上限金利が4.8%に設定されています。

使いみちが限られていると言うこともありますが、一般的な銀行や信用金庫のカードローンとしては低い方です。

金利が低くなっている場合には、審査が厳しくなる傾向はあります。

全体的に見て西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」は、通りやすくはありませんが、そこまで審査基準が高くなることはないと判断できます。

職場や家族にばれないか

これだ400

バレたくない人はここに注意

西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」では、職場や家族にばれずに借りることは可能です。

家族にバレたくない方が気にすると思われる点を解説します。

在籍確認でカードローンとは言わない

会社に電話がかかってくると、業務に支障が出て煩わしく思う方もいるかもしれませんが、在籍確認は必須となっています。

ただ、銀行側でも個人名を名乗ったり、席を外していた場合などは折り返しの連絡などは不要だったり、できるだけの配慮をしてくれます。

もちろん申込者以外にカードローンのことを告げることもしませんので、会社にカードローンのことがばれてしまう心配はないでしょう。

利用明細は半年に1回

カードローンを利用している期間中は半年に1回、利用明細が郵送されて来ることになっています。

利用明細のハガキがくるタイミングは1月と7月なので、この2回は郵便物を家族に開封されないように注意が必要です。

カードは窓口での受取不可

ローンカードは必ず書留での郵送となっていて、窓口でカードを受け取ることはできません。

配達されたローンカードを受け取ることで本人確認や住所確認がされるためです。

ローンカードは封書で送られてきますが、勝手に開封されるようなことがあるとローンカードだという事がばれてしまうので、注意が必要です。

口座引き落としの返済でカードローン○月と記帳される

返済方法は毎月10日に指定した普通口座から引落しがされるようになっています。

通帳には「カードローン○月」と記載されるので、通帳を見られてしまうとカードローンだとばれてしまいますから通帳の管理はしっかりとしておいてください。

西日本シティ銀行カードローンまとめ

今回は西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」について解説しました。

こちらのカードローンは使いみちが教育に関する資金と限られているため、金利も4.8%と大変お得になっていますが、使いみちが自由なカードローンとは用途が違うので、申込みの際は注意が必要です。

ただ、カードローンなので、限度額の枠内であればATMで繰り返しの利用が可能ですので、利便性が高いですね。

西日本シティ銀行カードローン一覧表

最後に西日本シティ銀行カードローン「EZ教育カードローン」のスペックが一目でわかるように表にまとめました。

スペック表400

対象者満20歳以上満60歳以下の安定した収入がある方
借入可能な属性正社員、自営業、個人事業主、派遣社員
年収の3分の1以上の借入可能
おまとめ不可
申込に必要な口座西日本シティ銀行の口座
使用目的教育に関する資金
金利
(実質年率)
4.8%
無利息期間なし
借入までの最短日数10日
審査時間3日
在籍確認の方法会社に電話
借入可能時間ATM 月7:00~24:00
火~金 24時間
土・日・祝 0:00~21:00
収入証明書原則不要額50万円以下
土日申込可能
利用限度額10万円~500万円
借入方法ATM
返済方法口座引落し
返済日毎月10日
必要書類本人確認書類、
収入確認書類
(60万円以上希望の場合)、
在学確認書類
保証人不要
保証会社九州カード株式会社または株式会社オリエントコーポレーション

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談