馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

消費者金融等で必要な本人確認書類とは

お金を借りるときは本人確認をする

最近の消費者金融の借り方として、パソコンから申し込む方法やスマホから申し込む方法、または無人契約機から申し込む方法が一般化していますよね。

消費者金融からお金を借りるのにわざわざ店頭窓口まで行って契約することは、中小消費者金融以外ではほとんどありません。

中小消費者金融は基本的に対面公式の契約ですから、本当に本人が申し込んできたのか確認するのは容易です。

しかし大手消費者金融を中心としてインターネットを通じて申し込んできた場合は、本当に本人が申し込んできたのか確認することができませんね。

たとえ本人確認書類として免許証を提出したとしても、それが本人からの申し込みではなく名義貸しなどによって友人や知人が申し込んでくることもあるわけです。

そのために消費者金融に申し込んだ後は必ず本人確認として、消費者金融のオペレーターから借入申し込みの内容や、本人であることを確認するための様々な質問を受けることになります。

消費者金融からお金を借りるのに免許証があれば大丈夫、というわけにはいかないのです。

オペレーターからの質問にうっかり間違って答えてしまうと、「なりすまし」での借入申し込みではないかと疑われてしまい、さらに本人確認をするための追加書類を求められるようになります。

例えば無人契約機ブース内に2人入店していると、オペレーターから「申し込み本人以外は退出するように」とインターホンが鳴りますよ。

それに無人契約機ブース内にはカメラが仕込んでありますので、本人確認書類として提出した免許証の写真と申込者の顔が一致しない場合は手続きを進めて行くことはできません。

消費者金融としても、なりすましの借り入れや、脅かされてお金を借りてしまった、名義を貸してほしいと言われて借りてしまった、とならないように注意しているわけです。

金銭トラブルは消費者金融にも借主にも迷惑がかかり、場合によっては借主が詐欺罪で訴えられることもあれば、名義を貸してしまった人が返済滞納することで信用情報にキズがついてしまわないように、初回借入申し込みはとくに慎重になるのです。

本人確認書類は運転免許証で大丈夫

250513001

※全国健康保険協会公式サイトより引用

本人確認書類として認められるものは主に以下のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

など、氏名と住所が記載されているものが本人確認書類として使用可能です。インターネットから申込む場合はこれらの写真を撮って送信します。

郵送やFAX、窓口での申し込みではコピーでも問題ありません。

もし身分証に記載の住所と現在居住している住所が異なる場合、現在の居住を証明する書類を用意する必要があります。(住民票、公共料金の領収書、納税証明書など)その際は、発行日または領収日から6か月以内でなければいけません。

一般的には運転免許証を提出される方が多いと思いますが、中には運転免許証を持っていない方もいるかと思います。

そういった方は健康保険証などの氏名と住所が記載されている書類を提出しましょう。

健康保険証は国民健康保険、社会保険、組合保険などの種類がありますが、本物であればもちろんどれでも構いません。

おそらく運転免許証は多くの人が普段から持ち歩いていますので、一番すぐに提出できるはずですが、保険証でもすぐに提出できるという場合にはどれを提出すればよいのでしょうか。

基本は運転免許証

最もオーソドックな本人確認資料が運転免許証です。カードローンに限らず本人確認書類には運転免許証を使用していると思いますが、カードローンでも運転免許証で問題ありません。

申込時には運転免許証に記載されている情報と相違ないかしっかりと確認しましょう。

また、転居して住所が変わっている場合にはまず運転免許証の住所変更を行わなければ、そもそも本人確認書類として機能しませんので気を付けてください。

免許証の数字の羅列の右端には注意

lisense

運転免許証を本人確認書類として提出する場合にはひとつ注意することがあります。

運転免許証には上の画像の第123456789000号のように12桁の番号が付されていますが、一番右の数字には運転免許証の再発行回数が記載されます。

例えば12桁の番号が「○○○○○○○○○○○3」となっていたら運転免許証を3回再発行していることになります。

再発行回数が多いと運転免許証を何度も喪失しているという証拠であり、いい加減な性格と判断されて審査にマイナスの影響が出る場合があります。

健康保険証は少し弱い

運転免許証がない人の本人確認書類として健康保険証が代用可能です。ただし、運転免許証と異なり健康保険証には住所の記載がないものもあります。

顔写真もない住所の記載もない健康保険証は本人確認書類としての優先度が高くありません。

健康保険証と公共料金の請求書をセットにして初めて本人確認書類として機能する場合もあります。

さらに、「免許証も持っていないのに今後安定して仕事を持つことができるのか」などと社会的信用度を疑われてしまうこともあります。

以上の理由から運転免許証がある場合は運転免許証を、そうでない場合はパスポートやマイナンバーカードを提出したほうが無難でしょう。

健康保険証が勤務先の確認として使われることも

SMBCモビットのカードローンのWEB完結は勤務先への電話連絡を行わない代わりに社会保険証か組合保険証の提出が必須です。

協会けんぽ保険証と、組合保険証には勤務先の記載があるため、どちらかを提出することで電話連絡を省略することができます。

このように健康保険証には勤務先を確認するという役割もあります。ちなみに国民健康保険証では勤務先は確認できません。

勤続年数に注意

健康保険証には「加入年月日」という記載があります。これは当該健康保険に加入した年月日ですが、要するにこれは入社年月日です。

協会けんぽや組合保険証は加入年月日の記載があり、逆算することで勤続年数が判明できます。

このため申込み内容をよく見せようと、実態よりも長く勤続年数を申告したのにも関わらず、健康保険証から申告した勤続年数が虚偽であると発覚した場合には審査上非常に不利になりますので注意が必要です。

社会保険証で職場への電話を回避

SMBCモビットは社会保険証によって電話連絡なしにできると先ほど説明しました。SMBCモビットに限らず、社会保険証には電話連絡を回避することができるという効果もあります。

以下のカードローンは特定の書類を提出すれば電話連絡を行わずに契約できます。

カードローン電話連絡免除に必要な書類
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム運転免許証、社会保険証、最新給与明細全て
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
アイフル社会保険証、雇用契約書どちらか1点
SMBCモビット(WEB完結利用時)社会保険証
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」書類での代用不可
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン

このように、消費者金融はいくつかの書類を提出すれば電話連絡を免除してくれますが、そのために必要な書類にはどこも社会保険証が含まれています。

社会保険証は身分を証明する個人情報に加えて、勤務している会社名も記載されており、在籍を証明することができるため、社会保険証を提出すれば電話連絡を回避できるところが多いのです。

電話を勤務先に掛けられるのが嫌な方は社会保険証などでの代用を依頼してみましょう。

本人確認書類以外に必要な書類

消費者金融からお金を借りる場合本人確認書類だけでは足りないことがあります。

それは借入希望金額が50万円を超える場合や、他社借入金額との合計が100万円を超える場合です。

何を用意すれば良いのか、それは収入証明書ですね。

普通消費者金融からお金を借りる場合は、利用限度額は年収の10%前後になる場合が多く、例えば年収が300万円なら30万円、年収が500万円でも50万円がとりあえず与えられる利用限度額となるわけです。

しかし借入希望金額が50万円を超える場合は、審査の内容によっては借りることも可能です。ただし返済能力があるかどうか確認しなければなりません。

また消費者金融の貸付は総量規制によって年収の1/3を超えてお金を貸すことは禁止されています。

他社借入がある状態で消費者金融に新たに申し込むこともあるでしょう。

しかし今回借入する金額と他社借入金額との合計が100万円を超えると、やはり返済能力が本当にあるのか消費者金融も慎重になるわけです。

そこで返済能力が確実にあることを証明するために収入証明書を提出しなければならないのです。

消費者金融でお金を借りる人の年収は300万円以下が過半数を占めており、年収が300万円だと総量規制によって100万円までしかお金を貸すことはできませんね。

年収が300万円以上であることを確認するにはどうしても収入証明書が必要となるわけです。

収入証明書として有効となるのは主に次の書類です。

・源泉徴収票(直近のもの)
・給与明細書直近2カ月分+ボーナス時の明細書
・所得証明書(昨年度分)
・個人住民税課税通知書(直近のもの)
・確定申告書(自営業者の場合)
・納税証明書(自営業者の場合)

源泉徴収票はサラリーマンであれば毎年年末頃に給与明細書と一緒に会社から渡されますね。

住宅ローン控除を初めて確定申告する場合や、高額医療費控除を確定申告するためには必要な書類です。

なくしてしまった場合は会社に再発行を依頼することになりますが、大抵の会社の場合は源泉徴収票は再発行しないことが多いですから、とりあえず必要がないとしても念のために保存しておきましょう。

給与明細書についても大概捨ててしまう場合が多いですが、いつ消費者金融に借入申し込みをするとはわかりません。やはり保管しておくべきですね。

源泉徴収票や給与明細書がない場合は、役場で取得できる個人住民税課税通知書や。所得証明書を取得しておけば収入証明書の代わりとすることができます。

自営業者の場合は確定申告書が欠かせませんが、消費者金融によっては納税証明書の添付を求められる場合もあります。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

収入証明書の提出方法

収入証明書の提出方法はFAXで送る方法もありますが、一般的には画像に撮って指定されたアドレスにアップロードします。

パソコン操作に慣れていない、ちょっと不安だなという場合は、無人契約機のスキャナーで読み込ませることによって提出をすれば良いでしょう。

しかし近くに無人契約機がないという場合は、スマホやデジカメではっきり映るように撮影し、WEB上で画像選択をすることによって簡単に提出することができます。

パソコンの操作に慣れていない場合は消費者金融から専用アプリをダウンロードし、スマホで撮影すれば自動的にアップロードしてくれますので、それほど難しくはありません。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    プロミス
    新生銀行カードローン レイク
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 【大至急】明日までにお金が必要!

      理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

    2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

      どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

    3. 消費者金融会社一覧

      日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

    4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

      早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談