ファクタリングのノンリコースとは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ファクタリングは近年注目を集めている資金調達方法ですが、ファクタリング業者のホームページを見ていると、「ノンリコース」という単語をよく見かけます。

これから「ノンリコース」について解説していきます。

ノンリコースとは?

償還請求権とは?

ノンリコースとは、リコースがないということであり、リコースとは日本語では「遡及権」または「償還請求権」とも言います。

つまり、ノンリコースとは「償還請求権がない」ということを意味します。

ファクタリングでは売掛金を売却することで資金を調達しますが、ファクタリング利用後に万が一販売先が倒産すると、ファクタリング業者は売掛金回収ができなくなります。

ノンリコースとは、そのように取引先が倒産した場合にファクタリング業者が資金の支払をファクタリング利用者に遡って請求できないこということです。

そして、ファクタリング利用者にとっては取引先が倒産しても請求されませんから、安心してファクタリングを利用することができます。

現在の日本でファクタリングを利用する場合は、ノンリコースが一般的です。

ノンリコースのメリット

ノンリコースということは、万が一取引先が倒産しても、ファクタリング業者が責任を負ってくれるので、そのことを理由に支払を請求されませんし、ファクタリングによって得た資金は純資産とすることができます。

つまり、ファクタリングを利用しなかった場合、取引先が倒産すれば売掛金は不良債権として損失が発生するところを、ファクタリングを利用することでそのリスクを回避したと言えます。

事前ではあるものの、取引先倒産リスクを回避することができることは、ノンリコースの最大のメリットと言えるでしょう。

ノンリコースのデメリット

ノンリコースは取引先倒産のリスクそのものを軽減するわけではなく、いわばファクタリング業者が代わりにそのリスクを背負ってくれることになります。

つまりファクタリング業者にとってみれば、リスクを負って売掛金を保有することになるわけですから、その分手数料が高額になる傾向があります。

多くのファクタリング業者が、一律の手数料で利用できるわけではなく、取引先の財務状況などによって個別に設定されます。

つまり、ファクタリング業者も取引先毎にリスクを計って、そのリスクに見合った手数料を設定しているということです。

従って、倒産リスクの高い取引先の場合、手数料も高額になりますから、その点はデメリットと言えるでしょう。

ウィズリコースとは?

ノンリコースが基本

ノンリコースの反対で、「リコース」があることを意味しており、「償還請求権がある」ということです。

つまり、取引先が倒産した場合、ファクタリング業者からファクタリング利用者に全額もしくは一部を支払い請求ができます。

前述の通り、ファクタリングではノンリコースが一般的であり、ウィズリコースはまず見かけません。

それはウィズリコースのファクタリングは、法的には売掛金の売却ではなく、売掛金を担保とする融資と位置付けているからです。

ウィズリコースでファクタリングを行っていた業者が貸金業登録をしていなかったため逮捕となった事例もあります。

従って、貸金業登録の必要がないノンリコースのファクタリングが一般的となっているのです。

現在、ファクタリング業界自体が近年急速に発展しているため、法律などの整備が追い付いていない状況です。

法的解釈も様々で、ファクタリング自体を貸金業法違反とする解釈もあり、今後の業界動向には十分注意が必要です。

利用する前にはその点も確認するようにしましょう。

関連記事をチェック!

570view

ファクタリング方式とは?利用方法や仕組みを徹底解説!

ファクタリングは、売掛債権を現金化することで、会社の資金ショートを防ぐことができます。 そのため、今や銀行融資と併せて経営者が知っておきたい資金調達方法といえるでしょう。 しかし、その詳しい仕組み...

悪徳業者に多い

ウィズリコースのファクタリングは貸金業の登録が必要ですが、無登録で営業している悪徳業者が多い存在します。

しかもそのような悪徳業者はウィズリコースでリスクは低いにもかかわらず、ノンリコースのファクタリング並みの手数料を請求してきます。

ファクタリングを利用する側としては、急に資金が必要なるなど「時間的余裕がない」ことから冷静な判断ができなくなり、悪徳業者はそんな心理状態につけこんできます。

しかし、どんなに時間的余裕がない場合でも、契約前にノンリコースであるかどうか確認してから利用するようにしましょう。

一方で、ウィズリコースのファクタリングを行っている業者が全て悪徳業者であるとは限りません。

ちゃんと貸金業登録をして営業している業者も存在します。

しかし仮に貸金業の登録がある業者でファクタリングを利用するのであれば借り入れができる可能性もありますから、ファクタリングにこだわる必要はありません。

ファクタリングを利用するのであれば、ノンリコース前提で検討しましょう。

関連記事をチェック!

171view

ファクタリングサイトとヤミ金は紙一重?悪徳業者の見分け方は?

ファクタリングは、売掛金をすぐに資金化できるサービスです。 最近では中小企業にも浸透しており、利用を検討している経営者もいるようです。 ファクタリングに成り済ます、ヤミ金業者が多いため注意しなけれ...

ファクタリングサイトとヤミ金は紙一重?悪徳業者の見分け方は?

ファクタリングを利用する上での注意点

契約前に確認を

前述の通りファクタリング業界は法整備ができていませんので、悪徳業者が数多く存在します。

ファクタリングを利用する場合、契約前に必ずノンリコースであることを確認するようにしましょう。

契約後に確認しても手遅れです。

ノンリコースだと思っていたのに、取引先が倒産で資金を請求されて、却って資金難に陥ることがないようにしましょう。

また、業者が貸金業登録しているかどうかも、ファクタリング利用自体に関係することではありませんが、その業者が信用できるかの目安にはなります。

チェックしておくと良いでしょう。

関連記事をチェック!

446view

ファクタリングをするには免許が必要?貸金業者に該当する?

ファクタリング業を行いたい人が考えることは、ファクタリングが貸金業になるかどうかでしょう。 また、ファクタリングは融資ではないことを知っている人は、貸金業などの登録は必要ないと考えているのではないで...

その他の注意点

ノンリコースであるかどうかの確認の他にも、ファクタリングを利用する上で注意すべき点がいくつかあります。

従って以下に該当する場合は、利用は避けるようにしましょう。

保証人や担保を求める場合

ファクタリングは売掛金の売却ですから、保証人や担保が発生することはありません。

従って、保証人や担保を求められた時点で、悪徳業者もしくはそのファクタリングは借り入れである可能性が高くなります。

2社間ファクタリングで売掛金入金日前に支払いを求める場合

2社間ファクタリングの仕組みでは取引先の売掛金の入金日にファクタリング業者に支払うことになっています。

入金日以前にファクタリング業者に支払うのであれば、再度資金を工面する必要があり、ファクタリングの意味がありません。

契約書の写しをもらえない場合

ファクタリングに限らず、契約書は双方の法的立場を明文化している重要な書類です。

控えがもらえないということは、何かやましいことが契約書に記載されている可能性があります。

また控えをもらったら、大切に保管するようにしましょう。

関連記事をチェック!

283view

ファクタリングの契約書を見るときのポイント

ファクタリングは売掛金をすぐに現金化できるサービスであり、最近では利用を検討している企業も多いようです。 しかしファクタリングはカードローンなどの融資と仕組みが違うため、契約書を確認せずに契約するの...

まとめ

ファクタリングのノンリコースについて解説してきました。

現在、ノンリコースのファクタリングが一般的ですし、メリットも十分ありますから、必ずノンリコースのファクタリングを利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

135view

一福ファクタリングの特徴とサービス内容は?安心して利用できる?

資金調達のひとつとして、ファクタリングが最近注目されています。ファクタリング会社は数多くあるため、どこにすればいいのか迷う人もいるでしょう。 東京池袋に本社を置く株式会社一福はコンサルティング事...

一福ファクタリングの特徴とサービス内容は?安心して利用できる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談