個人が銀行から借入する方法

銀行と言えばドラマなどの影響で、会社が資金を借入するところと言うイメージがありますが、住宅ローンやカードローンなど、個人での借入も受け付けています。

今回は銀行から個人で借り入れする方法を紹介します。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

審査に通る!人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

個人利用の銀行ローンの金利相場

個人が銀行で借入する際の金利をまとめてみました。まずはカードローンとフリーローンから。金利は、借入額が多くなるほど低くなる傾向にあります

ローンの種類 金利の相場
カードローン 14.5%程度
フリーローン 5~10%程度

消費者金融で借りる際は18%程度ですから、同じカードローンでも銀行カードローンは割安と言えます。

次に、住宅ローンなどの比較的借入額が大きくなるローンについて。金利の相場は、以下のようになります。

ローンの種類 金利の相場
住宅ローン 1%程度
カーローン 2~5%程度
リフォームローン 2~5%程度
リバースモゲージ 3%程度

カードローン


カードローンは、最初に「いくらまでなら借りることができる」という枠を作成しておきます。この枠の作成の際に審査があります。

枠の作成時に審査が完了しているため、作成後は審査を受けることなしに、必要な金額をすぐに借りることができます。

この枠の中からATMなどからいつでもお金を借りることができるようにローンカードを発行したものをカードローンと呼びます。

カードローンの条件

審査では返済能力を充分検討した上で、年収の概ね2分の1程度を限度として貸付を行います。

夫に安定した収入があれば、専業主婦が申し込むこともできますが、その場合は30万円前後の少額融資となります。

また、金利は数十万円単位~100万円の限度額であれば14.5%前後が相場です。

限度額は銀行によって様々ですが、カードローンによっては1,000万円を超えるものまであります。

カードローンは限度額が高ければ高いほど金利は低くなり、限度額が1,000万円を超えるローンの中には1%前後の金利が設定されている場合もあります。

カードローンは申し込みの簡単さにも定評があり、インターネット、電話など、わざわざ来店しなくても申し込みから契約までの手続きを行うことができるようになっています。

関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 銀行カードローンの保証会社とは 銀行カードローンに申し込むと貸付条件に必ず次のようなことが書いてあります。 ・保証会社の保証を受けるこ...

身分証のみでOK!審査に通るカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

フリーローン

カードローンが限度額内で何度も借りたり返したりできるのに対し、フリーローンは契約金額を一括で借りて、その後は返済のみのローンです

カードローンのように契約当初に枠だけ作成する方法を当座貸越契約と呼ぶのに対し、フリーローンのように一括で貸付を受け、以後分割で返済していく方法は証書貸付と呼ばれます。

フリーローンの条件

フリーローンは金利が低いのが魅力ですが、年収200万円以上あることが申し込みの条件となりますので、パートやアルバイトの方の利用は難しくなります。

完全に何にお金を使っても自由というローンと、申込時に申告した使い道にしかお金を使用することができないという目的フリーローンという商品があります。

このうち、特定の目的にしかお金を使わない目的フリーローンは、何に使ったが銀行に把握されないフリーローンやカードローンと比べて金利が低く設定されています。

特定の目的に使ったローンの方が、不特定の目的に使ったローンよりも返済の可能性が高く銀行にとってはリスクが低いためであると言えます。

金利は完全フリーなローンでカードローンと同じくらい、目的フリーローンでは5%~10%程度が相場でしょう。

フリーローンも銀行窓口に行って申し込みと契約を行うのが基本ですが、最近ではインターネットで申し込みから契約までが完了するWEB完結も普及しています。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

住宅ローン

住宅ローンとは住宅の建築、購入にかかる資金のためでの融資です。

住宅ローンは2億円程度までの融資に応じていますが、基本的には担保となる物件の価格の範囲内および年収の5倍程度までしか融資に応じません

住宅ローンは最長35年、または親子のリレーローンなども扱っていますが、基本的には借主が70歳または75歳になるまでには完済するように返済計画を立てなければなりません。

金利は1%前後の金利が設定されていることが一般的です。今は超低金利時代ですから、住宅ローンの金利も歴史的な超低金利となっています

関連記事をチェック!

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

年収はどのローンの審査においても重要な審査項目です。年収はカードローンにおいてもカーローンにおいても需要ですが、個人向けローンの最難関と呼ばれる住宅ローン審査において年収はどのように影響してくるのでし...


関連記事をチェック!

カードローン他社借入による住宅ローン審査への影響

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであ...

銀行から個人で借入する時の審査

個人の銀行審査の際に共通してみられる項目はどのような点でしょうか?

個人信用情報

個人信用情報とは現在の借入の金額と件数、借入金やクレジットカードなどの支払い状況、自己破産や代位弁済などの過去の金融事故情報が記録されています。

このうち事故情報が記録されている人を通称ブラックなどと呼ぶことがありますが、銀行は確実にブラックの人には融資を行いません

また、借入件数が3本~4本以上ある人のことを多重債務者と呼び、多重債務者も銀行から融資を受けることは非常に厳しくなります。

他の借入金やクレジットカードの支払い状況に遅れが散見される人も融資は難しい傾向にあります。

審査が最も簡単なカードローンでは個人信用情報に問題がなければ金額はともかくとして融資を受けることができる可能性がかなり高くなります。

住宅ローン審査の場合には他債務や遅れについてはカードローン以上に厳しく見られ、1年間に複数回遅れがある人や消費者金融からの借り入れがある人にも融資は行いません

関連記事をチェック!

CIC,JICC,全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

3つの信用情報機関、CIC,JICC,JBA(全国銀行協会)の違いとは何なのかがよくわからないと思っているのではないでしょうか。 そもそも信用情報というものをご存じない場合は先にこちらのページを...


関連記事をチェック!

自分の個人信用情報を調べる方法(CIC・JICC・JBA)

カードやカードローンの申し込み審査が落ちたとき「あれ、落ちる要因なんて見当たらないのに」と思う人も多いはず。 学生の時に携帯電話料金を3か月以上滞納して、信用情報にてブラック認定をうけて...

勤務先

勤務先もどのローンにおいても必ず確認します。

勤務先については公務員と上場企業の会社員が最も審査に通過しやすいと言われており、自営業者と中小企業の役員が最も審査に通過しにくいと言われています。

それ以外の職業の人はこの中間と言ったところでしょうか。

自営業者などは経営が安定していないうえに節税のために所得を低く申告している場合が少なくないためです。

借入金額が高額になる住宅ローンで所得を低く申告している自営業者が審査に通過するのは至難の業です。

年収

年収は当然のことながら審査の際に重要です。

ただし、借りることができるか否かよりも、借入額に対して影響を与える項目であると理解しておきましょう。

カードローンであれば年収の半分程度、住宅ローンであれば年収の5倍以内が借入額として適正であるとされています。

また、住宅ローンには返済比率という考え方があります。返済比率とは年収の何%以内に返済金をとどめなさいという考え方です。

年収が400万円の人が返済比率30%以内と定められたローンを借りる場合には年間120万円の返済までに収めなければなりません。

ただし、カードローンなどには○○万円以下は収入確認不要という商品もあります。

このように、確認資料の裏付けを必要としないローンの場合には年収はそれほど見られないようです。

関連記事をチェック!

借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。 もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。 今回は借り入れのための必要年収について説明...

勤続年数

勤続年数とは今の勤務先に何年勤務していたかということです。

審査は今の状況を基に行いますので、当然ながら今後も今以上の状態が継続することが望ましいと言えます。

勤続年数が長い人は今後も同じ勤務先に勤務する可能性が高いと言えます。

ということは今後も今以上の年収が期待できます。このように、勤続年数は長ければ長いほど審査の際には有利になります。

なお、カードローン審査においては勤続年数の確認までは行いません

その他のローンでは多くの場合で勤続年数の確認を行いますし、住宅ローンでは必ず健康保険証などから確認を行っています。

関連記事をチェック!

お金を借りるには勤続年数は長い方が有利なの?

カードローンなどでお金を借りるときに気になるのが、勤続年数は長い方が有利なのかということですね。 勤続年数が長いと審査に通りやすい、転職を繰り返していると審査に落ちやすいという話は本当なのでしょ...


関連記事をチェック!

借り入れ審査で重要な属性

融資の審査の際に個人信用情報の他に最も重要視される審査項目は属性です。 一口に属性と言いますが、属性とはどのようなもので、審査の際にそれぞれどのような目線でみられるのでしょうか? ...

個人の借り入れはまずは銀行から

銀行と消費者金融などのノンバンクでは審査は銀行の方が厳しくなっています。

これはカードローンから住宅ローンまでどのローンをとってもそうで、銀行からの融資を受けられる人は、総量規制に抵触していない場合以外はほぼ間違いなく消費者金融などのノンバンクからも融資を受けることができます。

銀行の方が審査が厳しいため、銀行ローンの方が金利が低いのです。

また、銀行は消費者金融を銀行よりも下位と見る傾向にあります。

個人信用情報照会の結果、消費者金融からの借り入れがあると発覚すると「消費者金融からお金を借りているということはよほどお金に厳しいのか」などとの先入観で見られてしまいます。

つまり、消費者金融からの借り入れがあるというだけで、銀行審査にはマイナスになります。

消費者金融では銀行からの借り入れがあっても悪い目線ではみませんので、消費者金融からの借り入れはどうしても銀行からお金を借りることができなくなった時のセーフティネットとして取っておいた方がよいでしょう。

関連記事をチェック!

借り入れしやすい銀行系カードローンはココ

このページでは借入しやすい銀行の見分け方、借入しやすい銀行カードローンをご紹介します。 借入しやすい銀行の特徴とは? 銀行カードローンにも借入しやすいものと借入しにくいものがあります。 ...

カーローン

カーローンとは自動車購入や、車検など自動車にかかる費用だけの融資です。自動車だけに限定した目的フリーローンであると考えましょう。

金利は対価となる車を購入し、返済が困難になった時は車の売却も可能であるため低く設定されています。

2%~5%程度が相場です。

関連記事をチェック!

自動車ローンを組みたい。ローンの組み方を徹底解説

執筆者の情報 名前:山本馬元 年齢:30歳 性別:男性 職歴:平成21年3月より信用金庫勤務 頭金がある場合と、ない場合の違いとは 自動車の購入にあたって、ローンを...

リフォームローン


リフォームローンは住宅のリフォーム資金だけに使用できるローンです。リフォームの見積資金までしか融資を受けることができません。

金利は住宅ローンよりも少し高く2%~5%程度が相場と言ったところです。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージは一部の都市銀行での取り扱いは増えていますが、地方銀行やネット銀行ではまだまだ普及していないローンです。

簡単に言うと、自宅を担保にして老後の生活資金を借りるというローンです。

最も他のローンと異なる点は返済は本人死亡後に自宅の売却によって行うため、生存中は返済の義務がないという点です。

通常のローンには返済がつきものですので、時間が経つにつれて返済によって借入残高が減っていきます。

ところがリバースモーゲージは返済を行わないため、利息を含めた借入額が時間とともに増えていきます。

この逆転現象故に「リバース」と呼ぶのです。借入額は担保となる自宅の評価額の範囲内です。

しかし、時間の経過とともに担保価格が著しく下落してしまうリスクがあるため、通常は担保価格の半分から6割程度の金額までしか融資を行いません。

関連記事をチェック!

土地、不動産を担保に借入するメリット・デメリット

銀行から借入を行う際に、銀行から担保を要求される場合があります。 そもそも担保とはどのようなもので、何のために担保を取るのでしょうか? また担保とはどのような資産が必要で、担保に差し入れる...

Q&A

消費者金融を利用したら銀行からは一切借りられなくなる?

借りにくくなるというだけの話で必ずしも一切借りられなくなるというわけではありません、

ただし、銀行の印象は消費者金融からの借り入れがあるというだけで悪くなりますので、カードローンやおまとめローンの場合には消費者金融からの借り入れが2本以内の借り入れのうちに申し込んだ方がよいでしょう。

住宅ローンの場合には、属性がそれほどよくない人は消費者金融の利用があると審査通過は厳しくなるかもしれません。

まとめ

銀行には個人が利用できるローンはたくさんあります。

ただし、どのローンにおいても銀行は消費者金融よりも詳細に審査を行い、その基準も厳しくなりますので、まずは審査の厳しい銀行から申し込みを行い、銀行から借りられなくなった人が消費者金融に申し込みを行うという順番がよいでしょう。

関連記事をチェック!

個人ローンとは

金融機関からの融資には、会社や団体などが営業資金や運営資金として受ける法人ローンと、個人が生活費や物品購入として受ける個人ローンの2種類に大きく分けることができます。 今回は個人ローンとは何なの...

この記事の執筆者

手塚 龍馬
1982年生まれ33歳
成蹊大学卒業後、地方銀行へ就職。
個人、法人への営業担当として8年勤務し、預金業務、融資業務を行い、住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローン、事業性ローンなどを7年行う。
保険業務、投資信託販売業務なども多数取り扱いを行う。
現在は飲食店経営の傍ら、金融関係のライター活動も行っている。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・