手形割引とファクタリングは仕組みが違う?仕訳の方法も紹介!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

現金が急に必要になったときに、自社の売上げを現金に変換する方法として、手形割引やファクタリングが有名です。

しかし、この手形割引とファクタリングは内容が似ている部分が多く、違いが分かりにくいこともあります。

そこで、手形割引とファクタリングの違いや仕訳の方法など、気になるポイントを解説します。

手形割引とファクタリングの違いとは

手形割引とファクタリングはどちらも、会社の債権を金融機関などに回収してもらい現金化する手段ということは同じです。

また、現金化する商品が異なるため仕組みや手数料などが異なります。

ここでは、手形割引とファクタリングの違いを解説していきます。

手形割引とは約束手形を現金化すること

手形割引もファクタリングもどちらも債権を早く現金化したいという目的は同じです。

しかし最大の違いは、返済義務があるかどうかです。

手形割引は、受取期日前の約束手形を、金融機関などに依頼して現金化する方法です。

約束手形は会社同士の取引に使われる有価証券の中でも、支払いまでの期間が長く、振り出す企業は支払資金の準備がしやすい証券となります。

しかし、返済不能となった場合には、手形が「不渡り」となり年に2回行うと銀行との取引が停止してしまうリスクもあります。

一方で手形受取側にとっては、約束手形は支払期日が長いため現金化までに時間がかかるのですが、手形割引を利用すれば期日前に金融機関に依頼して現金化することが可能です。

手形割引とは、手形を担保にした金融機関からの「融資」という形になるため、受け取る金額は約束手形の金額満額ではなく、金融機関で定められた利息や手数料を差し引かれた金額となります。

満額受け取ることはできませんが、期日まで待たずに資金繰りができることがメリットです。

ただし、手形割引を利用した場合はもし売掛先が倒産して約束手形が紙切れになった場合でも、金融機関に返済する義務が残ります。

手形割引は現金化して終わりではなく、飽くまで融資を受けているということを覚えておく必要があるでしょう。

ファクタリングは売掛金を対象にしている

手形割引は約束手形を金融機関で現金化する仕組みでしたが、ファクタリングは「売掛金」を現金化する仕組みとなっています。

約束手形と同じように売掛金も支払期日が来るまでは、現金を手に入れることはできませんが、ファクタリングを取り扱っている金融機関は、支払期日が来ていない売掛金を現金化してくれます。

先にも解説したように、手形割引の場合には、手形を担保にお金を融資してもらっている形になるため、約束手形の金額を返済する義務があります。

しかし、ファクタリングの場合は売掛金を「買取り」してもらう仕組みです。

したがって、ファクタリング後は売掛先が倒産しても、回収できなかった売掛金をファクタリング会社に支払う義務はありません。(償還請求権がある契約の場合は支払い義務あり)

ファクタリングの方が手数料は高い

約束手形は不渡りとなってしまったときのペナルティが大きいことなどから、信用能力としては有価証券の中でも高いです。

このこともあり、手形割引の方がファクタリングよりも手数料が安いことも多くなっています。

また、ファクタリングは融資ではなく、売掛金を買い取ってもらう契約であるため、手数料などの制限が法律で規制されていません。

したがって、通常の融資の上限である20%以上の利息や手数料の商品も存在します。

会社によっては、相場よりもかなり高額な手数料を要求されることもあるため、ファクタリングの会社を検討するときには気をつけてください。

関連記事をチェック!

69view

ファクタリングの割引率は高い?どうしたら銀行利息より安くなる?

ファクタリングの割引率は売掛金を現金化するときに、ファクタリング業者に差し引かれる手数料率のことです。 だたしファクタリングの割引率は様々な諸費用が含まれるため、銀行利率や手形の割引率より高くな...

関連記事をチェック!

56view

ファクタリングの手数料相場はいくら?内訳には秘密がある

ファクタリングは売掛金をすぐに資金化できる便利なサービスです。 そのため、ファクタリングの利用を検討している、経営者もいるでしょう。 ただし手数料を理解せずに利用すると、逆に会社の資金繰りを悪化し...

手形割引やファクタリングの仕訳の仕組みとは

手形割引やファクタリングを利用するときに気になることが、経理のときの仕訳の記入方法です。

手形割引やファクタリングは通常の経営では取り扱わないため、初めての場合には記入方法が分からないケースもあります。

そこで、手形割引やファクタリングで現金化を行ったときの仕訳や、貸借対照表の記入方法について解説していきます。

手形割引の記入方法

借方科目金額貸方科目金額
当座預金90,000割引手形100,000
支払利息割引料10,000

10万円の手形割引をして手数料が1万円の場合には、上記の記入方法となります。

手数料は上記のように、「支払利息割引料」としても「手形売却損」と記入しても問題ありません。

また約束手形の支払日になった場合には、借方に割引手形を、貸方に受取手形を記入して仕訳をしてもらえれば大丈夫です。

ファクタリングの記入方法

ファクタリングの仕訳は2段階に分かれて記入します。

まずは、ファクタリング会社と契約を結んだ段階で以下のようになります。

借方科目金額貸方科目金額
未収金100,000売掛金100,000

そして、売掛金を一度未収金という営業取引外の手続で取引した債権として計上します。

その後に、ファクタリング会社から入金が完了した段階で、下記のように記入し売掛金は完全に手放しているため記入は終了です。

借方科目金額貸方科目金額
普通預金90,000未収金100,000
売上債権売却損10,000

また、売上債権売却損は割引料として計上することも可能なので、企業ごとに合わせて選択してください。

ファクタリングは非課税?

売掛金と現金の受渡しをするときには、消費税の課税対象となりますが、ファクタリングで売掛金を譲渡した場合には、既に売掛金に対して消費税がかかっています。

そのため、ファクタリングで取引したからといって、再び税金がかかることはありません。

ただし、ファクタリング会社の利益分となる手数料については、消費税の課税対象となります。

手形割引とファクタリングを比較するとどちらがよいのか

手形割引とファクタリングは仕組みが似ていますが、どちらも現金化する方法が全く違うため自分で選択をしにくいということが考えられます。

そのため、あなたの会社が約束手形を所有していれば手形割引を、売掛金の場合にはファクタリングを利用することになります。

しかし、売掛金と約束手形のどちらでも現金化できる状況であるときには、手数料が比較的安い手形割引がよい場合が多いです。

というのも、約束手形の方が売掛金を回収できる確率が高いからです。

先にも解説したように、手形を振り出すと支払いができなかった場合は不渡りとなり、銀行との取引ができなくなるリスクがあるためです。

ただし、どちらの現金化の方法も、買取り業者を利用する場合は注意が必要です。

特にファクタリング会社は法整備がされていない部分も多いため、手数料が割高である可能性もあります。

また、どちらの仕組みでも悪徳業者が入り込んでいる可能性もあります。

申込み前に法外な手数料を取られたり、前金を請求されたりしていないか確認しながら、慎重に検討してください。

関連記事をチェック!

44view

ファクタリングとヤミ金は紙一重?悪徳業者の見分け方は?

ファクタリングは、売掛金をすぐに資金化できるサービスです。 最近では中小企業にも浸透しており、利用を検討している経営者もいるようです。 ファクタリングに成り済ます、ヤミ金業者が多いため注意しなけれ...

ファクタリングとヤミ金は紙一重?悪徳業者の見分け方は?

まとめ

手形割引もファクタリングもどちらも回収する前の売掛金現金化する方法ですが、手続き方法も契約内容も全く違うものです。

また、ファクタリングは融資とは違い、完全に売掛金を譲渡するため融資とは法律が違ってきます。

どちらにしても利用には手数料が必要となるため、むやみに利用することなく、計画的に利用することをおすすめします。

関連記事をチェック!

43view

【潰れない会社を作る】資金繰り徹底解説

会社が倒産するということは、赤字や債務超過で倒産するものではありません。 赤字や債務超過であっても、銀行からお金を借りたり、売却できる不動産などがあれば倒産しません。 会社はお金がなくなっ...

【潰れない会社を作る】資金繰り徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談