キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

他社借入件数とは

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

カードローンの審査では他社借入額だけでなく他社の借入件数が影響します。

他社借入は審査にどれくらい影響するのか、そもそも他社借入には何が含まれるのかについて解説していきます。

他社借入件数とは

他社借入件数とは、その名の通り既存の借金を何件抱えているのかというものです。

カードローンの申込時には必ず「他社借入額」や「他社借入件数」を申告する必要があります。

例えば他社のカードローンA社で10万、B社で20万ずつ借りていて、さらにクレジットカードのキャッシングを5万円利用しているなら、借入件数は合計3件、他社借入額は35万円ということになります。

特に総量規制が関係する消費者金融では、他社借入額や件数が審査に大きく影響します。

ただし消費者金融で新規に申込む場合、他社借入件数や他社借入額の計算に入れる契約と、計算に入れない契約があります

今回は消費者金融カードローンに申し込む際に他社借入件数に含む契約と含まない契約が具体的に何かついてご説明したいと思います。

関連記事をチェック!

他社借入があってもカードローン審査に通る状況

金融機関から借り入れを行うことを検討する場合、他社での借り入れが多いと審査落ちになってしまう、という話を聞いたことがある人は多いかもしれません。 他社での借り入れが多いと、必ずしも審査落ちになっ...

銀行カードローンは含むの?

消費者金融の申込時には他社借入の記入欄に「貸金業者からの借入を記入してください」と注意書きがされていることが多いです。

貸金業者とは、消費者金融や信販会社などのことです。

そのため基本的に銀行カードローンを借入件数に含む必要はありません。

銀行が行う貸付は「銀行法」で定められているため、総量規制の対象外となります。

そのほか下記のようなものも含め、銀行からの貸付はすべて総量規制の対象外となるので、基本的に他社借入件数に含む必要はありません。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • フリーローン

ただし、「銀行カードローンを含む」などの注意書きがしてある金融機関の場合にはその指示に従わなければなりません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬 年齢:55歳 職歴:地域密着の街金を30年経営 ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、...

クレジットカードは他社借入になるの?

クレジットカードは?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

それぞれ他社借入件数に含むのか、確認していきましょう。

キャッシング枠の利用分は借入件数に含む

クレジットカードは?

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となります。そのためクレジットカードのキャッシング枠は他社借入額や他社借入件数に含みます

クレジットカードを発行している信販会社は、「貸金業者」に含まれるため貸金業者からの借入に含まれるためです。

関連記事をチェック!

貸金業者とは?リースや銀行とは違う?

貸金業者と銀行の違いはどこにあるのか、急に質問されても出てくる答えは預金業務を行えるかどうかの違いじゃないの?となるのが精一杯ですよね。 しかし貸金業者と銀行の違いは預金関係だけでなく、貸金業者...

ショッピングのみの利用は含まない

クレジットカードのショッピング枠のみで利用しているのであれば、「割賦販売法」が適用され、貸金業法とは関係がありません。

そのため、銀行からの借入と同じく総量規制の対象外となるので、他社借入額や他社借入件数に含む必要はありません。

ショッピング利用で一括払いだけでなく、分割払いやリボ払いにしていても同様に他社借入には含む必要がありません。

関連記事をチェック!

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1まで?停止解除する方法は?

借り入れは年収の3分の1までしかできないということを聞いたことがあるかもしれません。 確かにカードローンやフリーローンなどのローン商品には、借入金額が年収の3分の1に制限されるものがたくさんあり...

奨学金は借入件数に入れるべき?

奨学金は入れるべき?

市区町村が行っている奨学金や国が行っている日本学生支援機構は、貸金業者ではないので借入件数に含める必要はありません。

奨学金には貸与型や給付型の2種類がありますが、いずれにしても貸金業者から借りているのでなければ、申告する必要はありません。

ただし、信用情報機関には記録されるため、返済を延滞すると信用情報に影響があることを覚えておきましょう。

借入件数が多いと審査に影響する理由

借入件数が多いと審査に影響する

総量規制では、借入額は年収の3分の1までと規制されていますが、借入件数までは規制していません。

しかし、他社借入件数が多いと審査に落ちることがあります。

なぜならカードローンの件数が増えると、自然に他社借入額も増えていくからです。

例えば消費者金融で限度額30万円のカードローンを限度額まで借りている場合、それを3件借りている人はそれだけで他社借入額は90万円になります。

総量規制で考えた場合、年収が300万円の人は貸金業者で100万円までしか借りられません。そのため、あと10万円の利用しかできない計算になります。

また他社借入件数が多いと返済が間に合わずにどんどん借りている印象が強いため、「お金に困っているのではないか」と判断されることも多いです。

消費者金融の審査で一番影響があるのは他社借入額ですが、他社借入件数が多いことも審査に少なからず影響があることを覚えておく必要があります。

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。 審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。 しかし、実際の申し込みをしたと...


関連記事をチェック!

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

自動車を購入するときの車のローン。銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか? 銀行もクレジット会社などでも共...

借入5件で審査に落ちる?

借入5件では審査に落ちる!

他社借入件数は2件や3件なら審査に通ることも多いですが、5件以上になるとそれだけで審査に落ちることがあります。

極端な例ですが総量規制内の借入だとしても、他社借入を10万円ずつ6社や7社からしていると、それだけで審査に落ちる可能性が高いです。

なぜなら、他社借入件数が多いと、限度額の高いカードローンでは借りられない人とみなされ、それだけ申込者の信用がないという裏付けになってしまいます。

信用があれば利用限度額が徐々に上がってきますので、利用限度額が10万円のまま続くことはありません。

何社からも限度額が10万円程度だという人は、10万円以上貸せないとどの金融機関からも判断されているということになります。

そのため、もし高年収の人であっても、1社あたりの利用限度額が少ないカードローンを5社も6社も借りていると年収ではなく信用度によって審査に落ちることがあるのです。

特に借入件数が「5社以上」という人は、返済が追い付かずにお金に困っていると判断されることも多いため、審査に落ちる可能性が高くなると考えておきましょう。

そのため、現在の借入件数が多い人は新規で借りるよりも、まずは1件でも先に完済させる方法を考える必要があります。

関連記事をチェック!

他社借入5件ならおまとめローンのご準備を

借入件数が5件あるならそろそろおまとめローンを考える時期です。平均的なサラリーマンの年収で借入5件は厳しいでしょう。 返済能力があればまだ借りれる可能性はありますが、一般的には限界と言えるような...

他社借入件数は嘘をついても審査に通る?

他社借入件数がカードローン審査に影響があるからといって、件数を少なめに申告するなど虚偽の申告をしても必ずバレます。

なぜなら、他社借入件数は個人信用情報を確認すればすぐに分かるからです。

個人信用情報はCIC、JICC、KSCと3つの機関で保管されています。

個人信用情報機関ではカードローンだけでなく、自動車ローンなどのあらゆるローンの記録や、クレジットカードの利用履歴まですべて記録されています。

消費者金融は主にJICCやCICに記録されますが、CRINと呼ばれている信用情報交流ネットワークによって3社で情報が共有されるため、借入件数をごまかしても必ずバレます。

また借入件数が4件あるのに0件で申告したなど、明らかに虚偽申告だとバレた場合はそれだけで審査落ちすることもあるため、嘘をついて申込みをするのはやめておきましょう。

他社借入件数が多い人が審査に通るためには?

他社借入件数が多い人は審査で不利になりますが、審査に通る可能性を高くする方法はあります。

他社借入件数が多めの人ができる対処法について確認しましょう。

1社でも完済して実績を作る

借入件数が多い中でも「あと少しで返済が終わる」というカードローンがあればそちらに集中して先に完済しておきましょう。

借入件数を減らせるだけでなく、1つでも「完済した」という実績があれば、審査で有利になります。

実際に借入件数を減らす手段として、限度額に余裕があるカードローンを利用する方法があります。

もし限度額まであと10万円まで借りられるカードローンA社があれば、その10万円でB社を完済できるのであれば、限度額までA社で借りてB社を完済させてしまうという方法です。

できれば金利が高いカードローンから完済させるようにすれば、支払利息も減らすことができるでしょう。

おまとめローンで1本化する

どの借入先も完済できず借入件数を減らせる状況にないなら、おまとめローンを利用するという方法もあります。

おまとめローンは既存の借入れを新規の借入先で一本化する金融商品です。

おまとめローンを利用すれば複数社へ返済をする手間がなくなり、返済日や借入残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンは銀行だけでなく、消費者金融でも利用できるところがあり、総量規制の対象外となっているので、多額の借入がある人でも利用できる可能性があります。

ただし、おまとめローンで毎月の返済額を減らすと返済期間が長くなり、結果的に総返済額が増えることがあります。

おまとめローンを利用する場合は、事前によくシミュレーションをしておきましょう。

まとめ

消費者金融カードローンに申し込む場合、他社借入件数や借入金額は総量規制に関係する部分のみ申告する必要があります。

他社借入額だけでなく、他社借入件数が多いと審査で不利になることも多いので、1社でも完済させる方法を考えるか、おまとめローンなどで1本化も考えてみましょう。

また、借入件数を偽っても必ずバレるので、虚偽申告をしないことを心がけましょう。

関連記事をチェック!

借金返済で苦しい生活からの脱出方法

借金で苦しいというのは非常に辛いものですね。 精神的に追い詰められるだけでなく金銭的にも追い詰められるわけですから、仕事も手につかないという状況になってしまいます。 あらゆる手段を尽くして...


関連記事をチェック!

借金を返せない人必見!一気に早く借金を返す方法

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考え...

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額60日間無利息(2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了の方)、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-01-30 08:39:50

    こんにちは。 おまとめローンも借入件数に入ります。ただし審査に通るかの判断は信用力、返済能力が問われますので、あまり大きな金額をおまとめしていると審査に通りにくくなりますね。

  2. けんじさん|2019-01-29 11:24:49

    おまとめローンは借入件数に入りますか?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談