ノンバンクの売掛債権担保融資を受けるコツを解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

事業資金を調達する方法の1として、「売掛債権担保融資」があります。

上手く活用すれば資金繰り改善に効果的ですが、良く知らないと利用が難しいこともあります。

ノンバンクの売掛債権担保融資の概要と、審査に通過して上手に活用する方法を解説します。

売掛債権担保融資とは?

最初に、売掛債権担保融資がどういった融資方法なのかから解説いたします。

売掛債権担保融資とは、名前の通り、金融機関に「売掛債権」を担保として提供して融資を受ける方法です。

売掛債権とは、通常の商取引で発生した売掛金のことであり、事業をされている方なら多かれ少なかれ保有されている可能性が高いものです。

売掛債権担保融資は、担保がある分、無担保融資に比べて、審査に通りやすく、大きな金額を借入できる可能性があります。

なお、売掛金を担保にするにあたっては、「債権譲渡担保」という方法を活用します。

債権譲渡担保を利用するためには、登記が行われるのが一般的です。

登記ですので、調べれば、売掛債権を譲渡していることは判明しますが、通常、そういった調査を行なう事業者は少ないため、取引先に判明することは少ないでしょう。

また、債権譲渡担保では、担保権を有効に機能させるために、「対抗要件の具備」として、取引先に対する通知、もしくは同意を得る必要があります。

しかし、売掛債権担保融資を行っている金融機関によっては、融資先からの返済に問題ない限りは通知を行わず、留保してくれるところもあります。

通知を留保してくれる金融機関であれば、取引先に対して、売掛金の譲渡がばれてしまうことなく、資金調達できる可能性があります。

メリット・デメリット

事業者にとって、ノンバンクから資金調達する場合、無担保ビジネスローンや、不動産担保ローンなどの選択肢もあります。

そのなかで、売掛債権担保融資を活用することのメリット・デメリットを整理しておきましょう。

売掛債権担保融資のメリット

売掛債権担保融資の大きなメリットは、無担保融資に比べて、審査に通りやすく、借入できる可能性が高いことでしょう。

ノンバンクなどの金融機関にとっても、融資先が返済できなくなった時に回収できる担保があった方が、融資は行いやすくなります。

また、担保を提供すると言っても、事業を始めて間もない方や、小規模事業者など、不動産などの資産を持っていない事業者は多いでしょう。

しかし、売掛債権であれば保有しているという事業者は多いため、担保付の融資のなかでも活用しやすい融資と言って良いでしょう。

もちろん、売掛債権を担保に提供する分、金利が低下したり、調達できる金額が大きくなるという可能性もあります。

売掛債権担保融資のデメリット

一方、売掛債権担保融資には、デメリットもありますので、デメリットも含めて理解しておく必要があります。

売掛債権担保融資のデメリットは、売掛債権が無いと利用できないことです。

事業を行っている方のなかには、飲食業などの「現金取引」を主として行っている方もいます。

こういった事業だと、売掛債権自体が発生しないということもあります。

また、売掛債権は保有しているけども、調達が必要な金額よりも少ない金額しかないという方もいるでしょう。

通常、売掛債権を担保にする場合、担保掛目は50%以下と言われていますので、必要な金額の2倍以上の売掛金が必要ということになります。

さらに、売掛債権担保融資を行うにあたって、ノンバンクは担保となる「売掛債権」の信用力を調査する必要があり、審査に時間がかかってしまう可能性があります。

そのため、一般的なビジネスローンのように、即日で資金調達できないということもあります。

融資を受けるポイント

ノンバンクが提供する売掛債権担保融資を活用する際に気を付けておきたいポイントをご紹介しましょう。

売掛債権担保融資を行うノンバンクのなかには、「悪質」な事業者も存在します。

悪質な業者に騙されると、高額な金利や、手数料を要求されるなど、損してしまう可能性があります。

そのため、売掛債権担保融資を活用するにあたっては、ノンバンクを選別することが大切なポイントになります。

その際に、注意しておきたい点は、「正規の貸金業者」であるかどうかです。

経営者のなかには、「ノンバンク=闇金」といった誤解をされている方もいるようですが、ノンバンクは闇金ではありません。

ノンバンクとは、貸金業法という法律に基づいて融資を行う正規の貸金業者のことです。

そのため、正規の貸金業者であれば、法律の範囲内で融資を行っていますので、だまされる危険性も低くなります。

利用されようとしている貸金業者が、貸金業登録を行っている業者かどうかを確認しておくことが大切です。

関連記事をチェック!

878view

貸金業者とは?リースや銀行とは違う?

貸金業者と銀行の違いはどこにあるのか、急に質問されても出てくる答えは預金業務を行えるかどうかの違いじゃないの?となるのが精一杯ですよね。 しかし貸金業者と銀行の違いは預金関係だけでなく、貸金業者も銀...

審査に通るポイント

次に、実際に売掛債権担保融資に申込して、審査に通るためのポイントを解説します。

売掛債権を選別

売掛債権担保融資の審査で重要となるのは、売掛金の信用力です。

そのためには、売掛金を支払う取引先が重要となります。

しかし、そうは言っても、取引先企業の決算書など、財務資料が取得できる訳ではなく、別の方法で信用力が評価されます。

ノンバンクが取引先の信用力を評価する場合、以下のような点が重要となります。

①法人企業である

②企業の規模

③取引歴・入金履歴

一般的に、個人向けの売掛金よりも、法人企業向けの方が信用力は高く、回収に問題が起こりにくいと考えられています。

そのため、個人向けの売掛金は不可とするノンバンクも多くなっています。

また、取引先の信用力を判断する際、規模が重視されることが多く、「上場会社」や、公的機関などが相手となるものは評価が高くなります。

加えて、融資希望者との取引歴が長く、これまで遅延することなく、売掛金を支払っていた取引先の信用力も高く評価されやすくなります。

譲渡が禁止されていない

売掛金のなかには、取引先との基本契約書のなかで、「譲渡禁止特約」が設けられているものもあります。

こういった売掛金の場合、売掛債権担保融資には利用できない売掛金となってしまいます。

事前に、取引先から、債権譲渡の同意が得られるようなら問題ありませんが、取引先に通知することなく資金調達したいと考えているなら問題があります。

譲渡禁止特約のない売掛債権が必要となることを理解しておきましょう。

時間的余裕を持って相談

ノンバンクとの資金調達の相談においては、時間的余裕を持っておくことが大切です。

数日以内の借入が必要など、余裕の無い状況で相談すると、準備や対応が不十分となったり、金利などの融資条件が悪くても受けざるを得ないなど、問題が起こりやすくなります。

資金が必要となるぎりぎりで相談するのではなく、早めに相談することが大切です。

ファクタリングも活用

売掛債権担保融資に近い資金調達方法として、「ファクタリング」があげられます。

ファクタリングとは、借入ではなく、売掛金を売却することによって資金調達する方法です。

そのため、売掛債権担保融資と同様に、売掛金を保有していれば、利用できる可能性の高い資金調達方法になります。

一方、ファクタリングは借入ではなく、売掛債権の売却です。

そのため、売掛債権担保融資とは違った観点から審査が行われるため、融資審査に落ちた方であっても利用できる可能性があります。

売掛債権担保融資に比べて、資金調達の手数料は高くなってしまう可能性がありますが、調達手段の多様化につながります。

もし、売掛債権担保融資で資金調達が出来なかったという方は、ファクタリングも検討対象に加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ノンバンクの売掛債権担保融資を活用する方法をご紹介しました。

ノンバンクの売掛債権担保融資は、無担保融資に比べて、審査に通りやすく、大きな金額を借入できる可能性があります。

一方、売掛債権担保融資は、まだまだ馴染みが浅く、融資の詳細や、仕組みなどについて良く理解されていない方も多いでしょう。

売掛債権担保融資を上手に活用すれば、企業の資金調達余力を高められる可能性もありますので、本記事を参考に、選択肢として活用いただければと思います。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談