プロミスカードローンで限度額いっぱいになってしまった人は増額がおすすめ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

何度も借入・返済できる点がカードローンのメリットです。

しかし、いくらでも好きなだけ借りられるわけではありません。

すべてのカードローンには「利用限度額」が定められていますので、利用限度額いっぱいまで借りてしまうと、それ以上の融資は受けられなくなってしまいます。

既に限度額いっぱいまで借りている場合で、さらに借りなくてはならないときは、「限度額を増額する」という選択肢を検討することができます。

今回は、プロミスを例に、消費者金融カードローンの増額する方法や審査通過のコツについてまとめました。

プロミスの利用限度額が0円になる3つの理由

「いつも問題なく使えていたプロミスが、突然使えなくなった!」

「ATMやプロミスの会員ページで確認すると、利用限度額が0になっていた!」

焦りますよね。

今すぐお金が必要なときには、さらに焦りますよね。

プロミスが急に使えなくなったとき、あるいはプロミスの利用限度額が0円になっていたときは、次の3つの理由が考えられます。

返済を滞納している

プロミスにきちんと返済していますか?

約定返済日までに約定返済額以上の金額を返済していないときは、プロミスから追加融資を受けることができなくなってしまいます。

たとえ利用限度額が何十万円あったとしても、きちんと返済をしていない人はプロミスから一時的にお金を借りることができません。

いますぐ滞納している金額を入金し、プロミスコールに電話をかけて「滞納分を入金したので、いつから再びキャッシングができますか?」と尋ねてみましょう。

プロミスコール
0120-24-0365 年中無休9:00~22:00

借入限度額に達している

プロミスの借入限度額いっぱいに借りているため、新たに借り入れることができなくなっている可能性があります。

プロミスの会員ページを開き、利用残高が借入限度額と同額になっていないか確認してください。

なお、会員ページを開いたついでに「プロミスからのお知らせ」を確認しておきましょう。

お知らせの中には、閲覧するだけでプロミスポイントが5~20ポイント付与されるものがあります。

プロミスポイントが貯まると、提携ATMの利用手数料が無料になったり7~30日間の無利息サービスが適用されたりと、お得な特典が受けられます。

関連記事をチェック!

87view

プロミスの提携銀行などを知って手数料0円で利用しよう!

プロミスは業界大手という安心感に加えて、消費者にうれしいサービスが豊富です。 カードローンをお得に利用するなら金利だけでなく、手数料無料で使える提携銀行の多さも注目しましょう。 また、提携...

総量規制に引っかかっている

プロミスのカードローンは、総量規制が適用されるローン商品です。

そのため、総量規制が適用されるローンからの借入額とプロミスカードローンから借りている金額の合計があなたの年収の3分の1を超えてしまうと、プロミスの利用限度額がまだ残っていても新たに借り入れることができなくなってしまいます。

総量規制が適用されるローンとしては、以下のものがあります。

一度、借入額を計算し、返済できるものは返済しておきましょう。

<総量規制の適用内のローン商品>

  • 消費者金融のカードローン(例:プロミスのキャッシング、アコムキャッシングなど)
  • 信販会社のカードローン(例:オリコCREST、三菱UFJニコスローンカードなど)
  • クレジットカードのキャッシング枠

利用限度額を回復させるには?

プロミスが利用できなくなっている原因を取り除けば、利用限度額を回復することができます。

プロミスへの返済が遅れていて追加借入ができなくなっているときは、原因別に次のいずれかを実行してください。

返済を滞納しているとき

返済を滞納しているためにプロミスから借りられなくなっている方は、まずは滞納状態を解消することが大切です。

滞納している金額が分かっている場合はすぐに滞納金を入金し、金額があやふやな場合は、プロミスコールで確認してから滞納金を入金しましょう。

ただし、返済を滞納している期間が1ヶ月を超えているときは、2回分の返済を滞納しているわけですから、あなたが把握している滞納金よりも高額な金額を返済しなくてはならなくなっています。

入金する前にかならずプロミスコールで金額を確認するようにしてくださいね。

また、滞納期間が長引いているときは、たとえ滞納しているお金をすべて返済したとしても、再度プロミスを利用できない可能性があります。

滞納期間が2ヶ月を超えている方は、次の記事をぜひご覧ください。

関連記事をチェック!

106view

プロミスに返済できないと差し押さえ!滞納した場合の対処法

プロミスの借金払いを滞納するとブラックになってしまうことがあります。消費者金融の借入返済の滞納を甘く見てはいけませんね。 しかしつい返済期日を忘れてしまうことや、急な出張が入って返済できない場合もあ...

利用限度額がいっぱいになっているとき

プロミスの利用限度額の上限まで借り入れているときは、当然ですが追加融資は不可能です。

まずはプロミスの返済を滞納しないように、毎月きちんと既定の返済額以上の金額を返済しましょう

ところで、プロミス以外のカードローンはお持ちですか?

プロミス以外のカードローンを保有し、なおかつ、そのカードローンの利用限度額が残っているのなら、そこでお金を借り入れてください。

プロミス以外のカードローンをお持ちでない方は、別のカードローンに新規に融資を申し込むか、プロミスの増額を検討してみましょう。

関連記事をチェック!

16view

借金の申し込みの方法と、気をつけたい3つの注意点とは?

カードローンなどで借金をする場合、当然の事ですが、申し込み → 審査 → 契約 → 借入、というステップを踏んでいきます。 ただ、中には事前の準備をせずに申し込んでしまい、審査落ちしてしまう人も多い...

総量規制が適用されているとき

プロミスの利用限度額がいっぱいでプロミスを利用できなくなっているときは、プロミスの会員ページで確認できます。

しかし、総量規制が適用されてプロミスを利用できなくなっているときは、プロミスの会員ページでは確認できませんし、プロミスコールに電話をかけても教えてもらえません

ご自身で総量規制が適用される借金の総額を計算し、本当に総量規制を超えているのか確認してください。

総量規制超えのためにプロミスが利用できないということを確認したら、プロミスやその他の総量規制が適用されるローンをできるだけ返済してください。

借金を減らさない限り、プロミスはもちろん、その他の総量規制適用内のローンも利用できないままになってしまいます。

関連記事をチェック!

91view

割賦販売法にも総量規制がかかる?~貸金業法との違いも説明~

消費者金融などから現金を借りるキャッシングを行う場合、年収の3分の1までしか借入れができない「総量規制」が関係してきます。 これは飽くまで貸金業者から借入れを行った場合のみに適用されるのですが、...

プロミスで限度額いっぱいなら増額もおすすめ

プロミスの利用限度額いっぱいまで借入しているのであれば、増額をおすすめします。

インターネットでプロミスの増額審査に関する口コミをチェックすると、「新規申込のときと同じほど速い」という声もあれば、「なかなか結果が出なかった」という声もあり、審査時間に関しては一概に言えないのが実情です。

しかし、必要書類を万全に整えておくなどの準備をしておくことで、審査時間を短縮できる可能性があります。

プロミスの利用限度額の増額をスムーズに進める方法について見ていきましょう。

増額申込みは電話かネットで可能

プロミスの店舗でも増額の申し込みは可能ですが、お住まいの場所によっては、有人店舗や無人契約機に出かけるのは少し大変ですよね。

簡単に増額したい方は、電話かインターネットで「利用限度額の変更手続き」をしてください。

電話(プロミスコール 0120-24-0365)は、夜間は自動応答となりますが、利用限度額の変更はオペレーターを経由しなくても自動応答でも対応可能ですので、24時間いつでも増額申し込みができます。

インターネットで利用限度額の増額を申し込みたい方は、プロミスの会員ページを開いてください。

ログインしてから「限度額変更のお手続き」へと進みます。

申し込むタイミングによっては、当日中に増額審査の結果が分かり、当日中に借入することも可能です。

必要書類を準備しよう

本人確認書類は希望利用限度額にかかわらず必須ですので、有効期限が切れていないか確認してから提出しましょう。

また、プロミスでは、希望利用限度額が50万円を超える場合、もしくは他社の利用残高とプロミスでの希望利用限度額の合計が100万円を超える場合は、本人確認書類の他に収入証明書の提出が求められます。

次のいずれかの書類を提出してください。

プロミスの増額時に提出できる収入証明書類
  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2ヶ月の給与明細書と1年分の賞与明細書
  • 賞与明細書がない場合は直近2ヶ月分の給与明細書

必要書類が揃っていないと、増額審査はスムーズに進みません。

プロミスの利用限度額を早く増やしたいのなら、必要書類を準備してから申し込むようにしてください。

関連記事をチェック!

48view

プロミスで増額する方法!【限度額5万円でも問題なし】

プロミスに申し込む際に気になる事はいくつかあると思いますが、その中でも「限度額はいくらか?」という点は、最も気になる点だと思います。 特に、借り入れたお金の使い道が決まっているような場合は、限度...

ある程度利用してから申込みしましょう

初めてプロミスに申し込んだときは、厳正な審査が実施されて利用限度額が決まります。

増額審査を受けるということは、一旦審査で決まった利用限度額を上方修正するということですから、プロミス側が「この人にならもっと貸せる」と納得できる理由がなくては審査には通過しません。

プロミス側が「この人にならもっと貸せる」と判断するためには、プロミスのカードローンをある程度使い続けてきちんと返済し、あなた自身の信用度を上げる必要があります。

最低でも半年間はプロミスを利用し、遅れずに返済し続けてから申し込むことをおすすめします。

関連記事をチェック!

79view

プロミスの追加借り入れ方法と増額ができないときの対策

プロミスを利用しているとある日突然、追加借り入れできない状況になることがあります。 金欠のときでもプロミスがあれば大丈夫と思っていたのにショックですよね。 そんな場合はとにかく、どうして追加借り入...

増額審査を通過するために押さえておきたいポイント

プロミスの利用限度額を増やすためには、増額審査を受けなくてはなりません。

新規申込時の審査よりも高額な利用限度額を希望するわけですから、場合によっては、新規申込時よりも厳しい審査になると考えられます。

増額審査に通過するための2つのポイントを紹介しますので、インターネットや電話で増額を申し込む前にかならずチェックしておきましょう。

基本的には加入時と同じ審査がされる

増額申込時と新規契約時に実施される審査の内容は、基本的には同じです。

申込者の収入や勤務形態、他社借入状況などをチェックして、「この人に貸しても良いのか」「貸すとするならば、いくらが適正か」を判断します。

しかし、増額申込時は新規契約時と比べて高額な資金を貸すことになりますから、審査の内容は同じでも、厳しさは幾分上昇します

関連記事をチェック!

38view

非公開: (統合)借入れ限度額の増額をしたい!審査でチェックされる内容

「追加融資をしたいけれどももう借りられる枠がない」といった場合、新規で他社に借入れをするよりも、現在付き合いのある金融機関に増枠を申し込みした方がいいでしょう。 なぜなら、返済先が同じで管理が楽な上...

審査の際は現在のカードの利用状況が審査される

増額申込時と新規契約時の審査内容は同じです。

しかし、1点だけ、新規契約時にはチェックしないけれど増額申込時にはチェックするポイントがあります。

それは、今までの利用状況です。

プロミスをどの程度利用したのか、また、毎月の返済には遅れなかったのか、最低返済額以上に返済していたのかなどを総合してチェックして、利用限度額を増やしてもよいのか検討します。

反対に言えば、プロミスの利用状況に問題があるときは増額審査に通過することは難しくなるわけですから、きちんと利用してきちんと返済できていないときは増額審査に申し込まないほうが良いでしょう。

増額審査を確実に通過するために押さえておきたいポイント

プロミスを含む消費者金融のカードローンは、総量規制の範囲内であれば限度額の増額を申し込むことができます。

ほとんどの大手消費者金融では利用限度額が大きいほど適用金利が下がりますので、少額の利用限度額のカードローンを何件か保有しているよりも、多額の利用限度額のカードローンを1件保有しているほうがお得に借りられる可能性が高くなります。

とはいえ、利用限度額が高くなればなるほど審査は厳しくなるのも事実ですから、かならず次の5点を事前に押さえてから増額審査に申し込むようにしましょう。

1.属性変更は連絡をしておきましょう

職業や住所などが初回申込日と比べて変わっている場合は、カード会社へ変更した旨の連絡をしておきましょう。

特に増額審査時に収入証明書類を提出する場合は、書類に会社名が記載されていることがありますから、最初に申し込んだときの会社名と異なっていると「嘘をついている」と判断されて、審査に不利になってしまいます。

なお、プロミスだけでなくどのカードローンやクレジットカードでも、契約中に電話番号や住所、勤務先などの個人情報が変わったときは速やかに届け出なくてはならないと利用規約に定められています。

また、収入証明書は契約してから定期的に求められる場合(アコムでは3年ごとに新たな収入証明書類を提出しなくてはいけないと決められています)もあり、提出を拒否し続けているといざというときに信用できない人とされる恐れがあります。

審査に不利な状況は少しでも取り除いておくためにも、増額に関わらず要請があった場合は必ず収入証明書類を提出できるように勤務先等の変更は速やかに届け出ておきましょう。

関連記事をチェック!

107view

アコムに勤務先変更の届出は必要?在籍確認は実施する?

転職や出向などで、勤務先が変更になったときは、アコムに連絡する必要があるのでしょうか。 また、勤務先変更の手続きには、書類提出や在籍確認なども再度実施する必要があるのでしょうか。 勤務先変...

2.返済を確実に行っておきましょう

約定返済日までに遅れずに返済し続けていると、「この契約者は信用できる」とカード会社から判断され、増額の案内がくることがあります。

プロミスでも、6ヶ月~1年、遅れずに返済し続けていると、「増額しませんか?」といった内容の電話がかかってくることがあります。

増額案内が来るということは、増額審査に必要な一定条件はクリアしているということでもありますから、カード会社側から増額案内を受け取るためにも、きちんと利用し、きちんと返済していきましょう。

関連記事をチェック!

296view

消費者金融の限度額を上げるなら増額審査に通る条件を知っておこう

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。 増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消...

3.実績を作りましょう

カードを作って間もないときは、カード会社側も「この人は、きちんと返済できる人なのか」という点を判断することができません。

そのため、利用限度額に比べてあなたの年収がどんなに高いとしても、審査に通らない可能性があります。

ある程度、できれば半年~1年間は利用を続けて実績を作ることで、カード会社に対する信用度を上げてから申し込むようにしてください。

4.他社カードの利用状況もチェックされる

カード会社は、審査のときはいつでも信用情報機関に申込者の信用情報を問い合わせます。

限度額増額の申込時にも、信用情報機関へ信用情報を照会します。

例えばプロミスではきちんと返済していたとしても、信用情報機関経由で別のカードローンやクレジットカードにおいて返済や支払いが遅れていることがばれてしまうなら、プロミスの増額審査に落とされる可能性があるのです。

プロミスの増額審査に通過したいのなら、プロミスはもちろん、他のローンやクレジットカードもきちんと返済し続けてくださいね。

関連記事をチェック!

627view

クレジットカードの遅延・延滞は信用情報機関に登録

クレジットカードを延滞した場合、信用情報機関に影響はあるのでしょうか? また、信用情報機関に影響があるとしたら、何日からでしょうか? 遅延の記録が載る明確な基準は無い 筆者はクレジットカード会社...

5.限度額増額も信用が第一

「たくさん借り入れてくれて、きちんと返済をしてくれる」

そんな信用できる人の利用をカードローン会社は求めています。

限度額の増額審査のときに「この契約者は信用できない」と判断されてしまうと、増額どころか利用限度額が減額されたり、最悪の場合は利用枠が0円になってしまったりすることがあります。

「借りたら返す」という基本を守り、信用状態を高めてから増額審査に臨むようにしてください。

関連記事をチェック!

128view

滞納するとカードローン増額ができないって本当?

カードローンを利用していて「限度額が少ない」と、感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 もう少し利用できる枠を増やしたい、限度額を増額できないかと考える人も多いと思います。 カードローンの...

審査通過には一定以上の利用期間も重要

増額審査を受けるときは、半年~1年の利用実績を作ることが大切と解説しました。

一定期間利用実績を作ることで、カードローン会社側に「この契約者は信用できる人だ」と判断されやすくなるからです。

しかし、一定期間利用実績を作ることには、それ以上の意味もあります。

一定期間を置くことでカードローン会社側の不安を軽減できる

たとえば、あなたが新しく契約してすぐに「利用限度額を増額したい」と申し入れたとしましょう。

カードローン会社は「ついこの間申し込んだばかりなのに、もっと借りたいだって?もしかして、借りるだけ借りて自己破産しようとしているのでは?」と不安になってしまいます。

カードローン会社が何よりも恐れるのは、貸したお金が返ってこないこと、つまり、貸し倒れになることですから、自己破産をしようとしている人には1円だって貸したくありません。

そのため、新規契約後すぐに増額審査に申し込むと、審査に通過しないだけでなく、現在の利用可能額すら使えなくなってしまうことがあるのです。

どんなにお金に困っていたとしても、まずは半年~1年程度の利用実績を作ってから増額審査に申し込むようにしてくださいね。

関連記事をチェック!

122view

消費者金融を使う人の特徴

消費者金融からお金を借りることは悪いことではありません。 しかし使う人の特徴によっては消費者金融は多重債務の入り口になることも少なくありません。 上手に利用さえすればこれほど便利な資金調達方法はあ...

利用限度額限界までの借入で困ることは?

カードローンについて解説しているサイトには、時折、次のような文章が書かれていることがあります。

「利用限度額ぎりぎりまで借入することは好ましいことではない」

「利用限度額の半分を目途に借入しよう」

利用限度額ぎりぎりまでお金を借り入れると、どのような不都合なことがあるのでしょうか?

特に問題はない

実際のところ、利用限度額ぎりぎりまでお金を借り入れても、特に問題はありません。

いつも利用限度額ぎりぎりまで借り入れているからといって、カードローン会社側が「この契約者は借り過ぎだ」と判断することもありません。

そもそもカードローン会社側が利用限度額を定めたわけですから、限度額いっぱいまで使ったところで何も問題はないのです。

しかし、いつも利用限度額いっぱいまで借り入れる習慣をつけていると、本当に困ったときにお金を借りられないというデメリットがあります。

いざというときにスムーズにお金を準備できるように、利用限度額の2分の1~3分の1は使わずに残しておくほうが良いでしょう。

今すぐにお金が必要なときに使える方法

カードローンは限度額内であれば何度でも利用することが可能ですが、10~30万円程度の少ない限度額の場合、あっというまに限度額いっぱいになってしまうこともありますよね。

とはいえ、新規契約後すぐに増額審査に申し込んでも通過する可能性は低いですから、契約してからまだ時間が経っていないときには増額を申し込まないほうが良いでしょう。

また、新規契約後1年以上経っている場合でも、新規申込時より増額申込時のほうが慎重審査を実施されますので、審査通過の可能性は高いとは言い難いものです。

「今すぐお金が必要だけど、増額審査は受けたくない(受けられない)」という方は、次の2つの方法を検討してください。

他のカード会社へ申し込む

利用中のカード会社以外のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

増額審査時には「その会社での利用実績」がチェックされますが、新規に別のカードローンに申し込むなら、関連会社を利用しているのではない限り、特定の会社における利用実績とは関係なく審査に臨めます

もちろん、信用情報機関に登録されるほどの長期滞納や債務整理といった金融事故を起こしている場合は審査通過は厳しくなりますので、その点はご注意くださいね。

また、大手消費者金融では新規申込者に対してはスピーディな審査を実施していますので、即日融資も可能です。

増額審査は新規申込の審査よりも長い時間がかかることが多く、即日に融資を受けられる可能性は高いとは言えませんので、急いでいる方は新規に申し込むほうが良いですね。

関連記事をチェック!

72view

非公開: (統合)今すぐお金を借りるには即日融資の消費者金融へ

今すぐお金を借りたい!でもどこに申し込んで良いのか分からない。 焦れば焦るほど、どこで借りて良いのか分からなくなってしまうものです。 いくら即日お金を借りることができたとしても、業者選びは必要です...

非公開: (統合)今すぐお金を借りるには即日融資の消費者金融へ

借入件数が多い場合は別会社に申し込むことはおすすめできない

審査スピードを優先するなら、新たなカードローン会社に申し込むことがおすすめです。

しかし、新たなカードローン会社と契約すると、借入件数が1つ増えてしまうというデメリットがあります。

借入件数が増えれば増えるほど新規ローン審査の通過は厳しくなりますので、例えば、今後、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどを組もうかと考えている方には借入先を増やすことはおすすめできません。

また、ローン件数が増えると、返済管理が難しくなる点もデメリットです。

すべての返済日や返済額を正確に把握することは決して容易なことではありませんので、できればローン件数は増やし過ぎないようにしてください。

銀行系カードローンに申し込む

総量規制にかかったためにプロミスが利用できなくなっている方には、総量規制が適用されない銀行カードローンをおすすめします。

銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんので、消費者金融カードローン等の総量規制対象のローンですでに年収の3分の1を借りているときにも審査に通過する可能性があります。

とはいえ、銀行カードローンも無制限に借りられるわけではありません。

申込者の返済能力を超える貸付は実施していませんので、かならずしも審査に通過するとは言えないのです。

返済負担率は30%以下が好ましい

なお、返済能力を調べるときは、「返済負担率」、つまり、年収における年間の返済額の割合も考慮されます。

毎月のローン返済額が10万円で年収が400万円の人なら、返済負担率は以下の計算式により30%と計算できます。

・10万円×12ヶ月÷400万円×100=30%

返済負担率は低ければ低いほど返済能力が高いということになりますが、カードローン審査なら返済負担率が30%以下であると好ましいといえるでしょう。

なお、近年、過剰貸付けを防ぐために個人への融資を自主規制している銀行も増えていますので、必ずしも希望通りの借り入れができるわけではないという点は心に留めておいてください。

カードローンの限度額はどのようにして決まる?

プロミスに限らずカードローンには、カード会社が設定した限度額があります。

カードローンの限度額は、申込みのときにある程度の希望を申込者側が提示することができる場合もありますが、大体の場合は審査の上でローン会社側が決定します

そのため、収入の少ないパートや、アルバイトの場合は、たとえ審査に通ったとしても、限度額が少なく設定される可能性があります。

融資可能額の上限は借りられる上限ではない

カードローン会社の説明に、融資可能額が〇〇万円まで可能と記載されていますが、この融資可能額というのは必ずしも借りられるものではありません。

たとえばプロミスのキャッシングでは500万円まで融資可能ということになっていますが、審査にさえ通ればだれでも500万円まで借りられるのではありません。

実際利用できる額は申込者の属性や収入などの条件を審査した結果決まりますので、融資可能額が500万円であっても、あなた個人の利用限度額は10万円のこともあるのです。

そもそも消費者金融カードローンでは総量規制が適用されますから、500万円を借りるためには少なくとも年収が1,500万円なくてはいけませんよね。

ご自身の年収も考慮に入れつつ、妥当な金額で融資を申し込むようにしましょう。

関連記事をチェック!

169view

800万円借りたいなら銀行系カードローンなら借りる事が出来るかも

理由は様々ありますが、いきなり800万円の大金が必要になることもあります。 ただし800万円という金額は、必要になったからと言って、簡単に何とかなる金額ではありませんよね。 今回は、800...

限度額は属性や収入から決まる

利用限度額は、申込者の属性や収入などの審査によって決定します。

例えば倒産の心配のない公務員などの安定した職業に就いている人は、限度額が高く設定される可能性があります。

しかし、安定している職業に就いていても収入が低い場合は、希望通りの限度額にならない可能性があります。

また、民間企業に勤めている場合でも、アルバイトや契約社員よりは正社員のほうが安定していると考えられるため、限度額が高く設定されがちです。

年収が高くても限度額が低い場合もある

滞納などの履歴があると、カードローン審査には不利になります。

しかし、ローン利用履歴がまったくないという状況も、「きちんと返済できる人なのか分からない」とローン会社側に判断され、審査通過したとしても、利用限度額がごくわずかということがあります。

カードローンなどで多額を借りたいと考えている方は、時間をかけて利用実績を積み、ローン会社側に「きちんと返済できる人だ」ということを示すようにしましょう。

特定のローン会社での利用実績は、信用情報機関を通じて各ローン会社で共有されています。

つまり、他のローン会社を長期間良好な状態で使い続けることも、プロミスなどの別のローン会社の審査を有利にするのです。

関連記事をチェック!

118view

貸付限度額はいくらまでなのか簡単解説

カードローンを契約するときに知っておきたいのが貸付限度額です。 お金が必要になったとき借入の上限額はいくらまでなのか知っておきたいです。 どうして消費者金融業者と銀行では借りることのできる上限額に...

まとめ

プロミスなどの大手のカードローンは、申込みが簡単で全国で利用できるので、いざというときの現金調達方法としてとても便利です。

しかし、利用が簡単なことからついつい借入しすぎてしまう危険性があります。

限度額が増えれば利用できる金額も増え便利ですが、増額をするということは返済する額も増えるということを忘れないように、借入れと返済のバランスをよく考えて利用するようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談