信託受益権とは?ファクタリングと一括支払信託に違いはあるの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

一括支払信託はファクタリングの一種ですが、主に信託銀行で取り扱われています。民間の会社で行われるファクタリングとの違いが分かりにくい人もいるようです。

ファクタリングで使われる「信託受益権」という言葉について、またファクタリングと一括支払信託の相違点、利用するメリットや注意点を解説していきます。

信託受益権との関係は?

ファクタリングは一括支払信託とも呼ばれていますが、利用する会社が近年増加している資金調達方法です。一般的にファクタリングとは、会社が有している売上債権を金融機関や、民間のファクタリング会社に譲渡して期日前に現金化する仕組みのことです。

一括支払信託は、主に信託銀行で取り扱われているファクタリングの一種ですが、民間のファクタリング会社を利用する場合と契約方法に少し違いがあります。

それぞれどのような特徴があるのか、またファクタリングで使われる「信託受益権」という言葉の意味は何か確認しておきましょう。

「信託受益権」って何?

一括支払信託を利用する上で使われる「信託受益権」という言葉ですが、聞きなれないという人も多いでしょう。信託受益権とは一括支払信託を行う上で発生する権利のことです。

具体的には、利用会社から売掛金の信託(運用・管理を任される)を受けた信託銀行が利用会社に交付する権利を信託受益権と呼び、利用会社が信託受益権(売掛金や利息を受け取る権利)を金融機関に譲渡することで、売掛金を期日前に現金化することができます。

ファクタリングとは

ファクタリングは主に民間のファクタリング会社がサービスを行っているもので、利用会社(信託受託権を有した会社)がファクタリング会社に売掛債権を譲渡し、早期に資金化するシステムを言います。

利用会社とファクタリング会社の2社間で行うファクタリングの場合は、売掛先会社の承諾を必要とせず、ファクタリングの事実を知られずに利用することができます。

しかし、3社間で行うファクタリングの場合は、売掛先会社の承諾を必要とし、売掛先会社は信託受託権を買い取ったファクタリング会社に代金を支払うことになります。

一括支払信託とは

一括支払信託は、主に信託銀行で取り扱われているファクタリングの一種ですが、事前に金融機関と利用会社と売掛先会社の三者で契約を締結しておきます。

利用会社が有している売上債権を、金融機関が売掛先会社と連帯して債務を引き受け、信託受益権を有する利用会社が希望し申込んだ場合は、期日を待たずに早期に代金の一部又は全部を支払い、立て替えた代金は利用会社に代わって回収するサービスを言います。

金融機関は利用会社に売掛金を支払う場合、利息と手数料を取ります。この利息は売掛金の支払日より早くなればなるほど高くなるため、注意が必要です。

また、民間会社のファクタリングとは異なり一度に全ての売掛金を現金化するのではなく、希望した日に必要な金額だけを受け取ることができます。売掛金の支払いには「包括申込み方式」と「随時申込み方式」があり、どちらかを選択できます。

・包括申込み方式:資金化が可能な日に自動的に割引される。都度申し込みの必要なし。
・随時申込み方式:資金化が必要な金額だけその都度申込む。

関連記事をチェック!

37view

非公開: (統合)一括支払信託とファクタリングの違いとは?

売掛金を使って資金調達を行う仕組みに、ファクタリングがあります。 一括支払信託とはファクタリングの一種ですが、主に金融機関で取り扱っています。 一括支払信託はどういうものか、民間のファクタリング会...

非公開: (統合)一括支払信託とファクタリングの違いとは?

ファクタリングと一括支払信託の違い

ファクタリングと一括支払信託とでは、主に次の3点が異なります。

1.一括支払信託は3社間だがファクタリングは2社間でも利用できる

一括支払信託の場合は、既に述べましたように、利用会社(債権者)、売掛先会社(債務者)、金融機関の3社間で契約が結ばれます。

一方で、ファクタリングの場合は、利用会社、売掛先会社、ファクタリング会社の3社間で契約する方法もありますが、売掛先会社を除いた利用会社とファクタリング会社の2者間で契約する方法もあります。

2者間ファクタリングを利用すれば売掛先会社にファクタリングの事実を知られずに済むため、今後の取引に影響がありません。

2.売掛先会社が倒産した場合のリスクは誰が負うか

もし売掛先会社が倒産してしまった場合、そのリスクは誰が背負うのかが異なります。

一括支払信託の場合、銀行との契約内容によりますが、もし利用会社が負担を負うような契約を結んでいる場合、これまでの手形と同様に、譲渡人が債務を負担しなければならなくなります。

一方、ファクタリングの場合は、利用会社は債権そのものを譲渡するため利害関係から除外され、売掛先会社の倒産リスクを負うことはありません。(ただし償還請求権なしの契約に限る)

3.売掛債権の取り扱い方

ファクタリングは、利用会社がファクタリング会社に所有している売掛債権を譲渡することによって資金を得る方法です。

一方、一括支払信託は、契約を結んだ上で、金融機関が債権を管理する中で資金化することが可能な方法なので、全ての金額を一度に受け取らずに、希望する金額を随時受け取るということも可能です。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは、金融機関の融資に比べて審査がそれほど厳しくないので、中小企業を中心に注目されている資金調達方法です。

審査対象になるのは売掛先会社の信用力なので、たとえ利用会社が融資を断られてしまったり、赤字経営であったり、税金を滞納していたりといった状況であっても利用できるというメリットがあります。

また、ファクタリングは負債ではないため、信用に傷が付くことがなく、さらに貸借対照表をスリム化させる効果もあります。スピード資金化が可能なので、急な支出に対応できキャッシュフローの改善に役立ちます。

関連記事をチェック!

10view

ファクタリングとは?分かりやすく解説とメリット・デメリットを紹介

ファクタリングという言葉を聞いたことがあるものの、どのような仕組みでどんな状況のときに利用すればいいのか気になる人もいるようです。 そこで、ファクタリングが銀行融資や手形割引とどう違うのか、どの...

ファクタリングとは?分かりやすく解説とメリット・デメリットを紹介

一括支払信託のメリット

一括支払信託は、信託受益権を有している利用会社と売掛先会社、金融機関の3者にメリットのあるものです。

【利用会社のメリット】
一括支払信託では、手形と同様に支払日と決済日が決められていますが、利用会社が申し込めば決済日を待たずに売掛債権の一部または全部を資金化することができます。

【売掛先会社のメリット】
支払手形には(1)手形に印紙を貼らなければならない、(2)発行手数料がかかる、(3)会計処理が煩雑になる、などのデメリットがありますが、一括支払信託は電子決済になるため、印紙を貼る義務がなくなるため、その分コストを削減できます。

【金融機関のメリット】
金融機関は、利用会社が売掛債権を資金化したときに支払う金利及び手数料を受け取ることができます。

ファクタリングの流れ

ファクタリングは2社間と3社間がありますが、一括支払信託と比較するためにここでは3社間ファクタリングの流れを紹介します。

1.利用会社が売掛先会社に商品等を納入し、売掛債権が発生する
2.利用会社がファクタリング会社に相談・申し込みをする
3.債権額や債権内容の調査が行われる
4.取引金額が確定する
5.ファクタリング契約を締結する
6.利用会社がファクタリング会社に売掛債権を譲渡する
7.売掛先会社に譲渡を通知し承諾を得る
8.ファクタリング会社から利用会社へ代金を支払う

なお、2社間ファクタリングの場合は売掛先会社への通知や承諾が不要なため、手続きはよりスピーディになります。

関連記事をチェック!

15view

ファクタリングの流れを分かりやすく解説!

ファクタリングは、売掛債権の早期資金化が可能なため、急な支出に迫られた場合に効果的な資金調達方法です。 初めてファクタリングを利用する人は、どのような流れですすめられるのか分からず、不安に思うことも...

ファクタリングの流れを分かりやすく解説!

一括支払信託の流れ

では、一括支払信託はどのような仕組みで取引がされていくのか、その流れについて解説します。

1.利用会社が売掛先会社に商品等の納入をし、売掛債権が発生する
2.契約書兼基本協定書により、3社間で一括支払信託の契約を締結する
3.利用会社が金融機関に対し、売掛債権信託をする
4.利用会社に「信託受益権」が発生する
5.売掛先会社から金融機関に、支払い確定金額の連絡をする
6.金融機関が利用会社に、支払い確定金額を通知する
7.利用会社が金融機関に、信託受益権の譲渡を申込む
8.金融機関は利用会社に譲渡代金を支払う
9.売掛先会社が金融機関に期日に代金を支払う
10.売掛先会社から回収した代金を金融機関が運用する

8番目に記載ある信託受益権の譲渡代金の支払いで、利用会社は売掛債権の早期資金化ができます。ファクタリングに比べてやや複雑なスキームとなりますが、基本的な流れは同じと言えます。

ファクタリングと電子記録債権との違いは?

近年、「電子記録債権」を利用する金融機関が増えていますが、信託受益権のファクタリングや一括支払信託とはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

そもそも電子記録債権とは

電子記録債権は、メガバンクなどが次々と取り入れている電子決済サービスで、これまでの手形や売掛債権の問題点をクリアにした新しい、債権のカタチのことを言います。

これまで紙で発行されていた債権の証明書類を電子記録化し、「でんさいネット」というネットワークで管理することによって、ネットワークに加入している全ての金融機関で利用することができます。

【手形におけるメリット】
・手形の作成・交付・管理に伴うコストがかからない
・電子データゆえに紛失・盗難されることがない

【売掛債権におけるメリット】
・債権が二重譲渡される危険性がない
・債権譲渡通知をする必要がない

このような電子記録債権ですが、ファクタリングや一括支払信託とはどのような違いがあるのか、まずはファクタリングとの違いから見ていきましょう。

ファクタリングと電子記録債権との違い

ファクタリングとは資金調達の方法の一つであり、電子記録債権やでんさいネットは資金調達を円滑化するためのシステムなので、そのまま比較するのはナンセンスです。

しかし、どちらも売掛債権の支払期日前に資金化できる点が共通しているため、同じようなものだと思われがちですが、主に次の2つの点に大きな違いがあります。

1.貸倒れリスク
・ファクタリング:貸倒れリスクはファクタリング業者に帰属するため、利用会社は不渡りリスクなし

・電子記録債権:債務者が支払いできない場合は、元の債権者が支払う必要があるため、利用会社に不渡りリスクあり

2.利便性
・ファクタリング:新しい会社と取引を始めるたびに契約を締結する必要がある。

・電子記録債権:新しい会社と取引が始まっても、でんさいネットを利用している会社であれば、共通のシステムを利用しスムーズに手続きができる。

このように、不渡りリスクをなくしたいのであれば、ファクタリングの方が安全と言えます。一方、でんさいネットは加盟している金融機関の口座を持った会社同士であれば、共通のシステムで手続きできるので負担が軽くなります。

関連記事をチェック!

9view

電子記録債権とファクタリングを比較!それぞれのメリットとデメリット

企業間取引において手形などの決済が主流でしたが、電子記録債権が登場し手形を発行する手間を省けるようになりました。 また、資金調達方法としてファクタリングを利用する企業も増えてきました。 電...

電子記録債権とファクタリングを比較!それぞれのメリットとデメリット

一括支払信託と電子記録債権との違い

一括支払信託と電子記録債権は、どちらもWEBやFAXから売掛債権を譲渡することができることや、債権を譲渡後、支払期日前に資金化できることなどの共通点があります。

しかし、次のように異なる点があります。

電子記録債権は、既に解説しましたようにでんさいネットに加入している金融機関のシステムを通して利用することになり、利用会社と売掛先会社がでんさいネットに加入している金融機関の口座を持っていれば、すぐに手続きをすすめることができます。

一方、一括支払信託では、利用会社と売掛先会社が別の金融機関を通して取引することになるため、取引先が増えるたびにその都度金融機関を交えて新たな契約を締結する必要があります。

ファクタリングと一括支払信託の注意点

ファクタリングと一括支払信託には、利用する上で注意すべき点やリスクがありますので、しっかりと確認しておきましょう。

一括支払信託の注意点

1.売掛先会社の倒産リスクがある
一括支払信託の場合は、金融機関との契約内容によっては、売掛先会社が倒産した場合に利用会社も債務を負担しなければならないリスクがあります。

ファクタリングであれば売掛債権を譲渡した時点で売掛先会社の倒産リスクはなくなりますので、リスクヘッジしたい場合はファクタリングの方が効果的です。

2.資金化のタイミングで損してしまうこともある
一括支払信託の契約を結んであれば、利用会社はいつでも好きなタイミングで資金化することができますが、そのときの金利によって金融機関に支払う手数料が変わってきます。

金利が安いときであれば手数料は少額で済みますが、金利の高いときだと損してしまうことがあります。

ファクタリングの注意点

ファクタリングの注意点と言えば、手数料が高いということがあります。ファクタリングは融資などに比べて手数料が高く、3社間の場合で1%~5%、2社間に至っては10%~30%が相場となっています。

売掛先会社の倒産などでファクタリング会社が負うリスクが高くなるため、その分手数料が高くなります。

また、ファクタリングの手数料に法整備がなされていないため、悪徳業者を利用してしまう危険性も高くなっています。
そのため、数多くあるファクタリング会社の中から信用に足る会社を慎重に選ぶ必要があります。

関連記事をチェック!

53view

ファクタリングとヤミ金は紙一重?悪徳業者の見分け方は?

ファクタリングは、売掛金をすぐに資金化できるサービスです。 最近では中小企業にも浸透しており、利用を検討している経営者もいるようです。 ファクタリングに成り済ます、ヤミ金業者が多いため注意しなけれ...

ファクタリングとヤミ金は紙一重?悪徳業者の見分け方は?

関連記事をチェック!

64view

ファクタリングの手数料相場はいくら?内訳には秘密がある

ファクタリングは売掛金をすぐに資金化できる便利なサービスです。 そのため、ファクタリングの利用を検討している、経営者もいるでしょう。 ただし手数料を理解せずに利用すると、逆に会社の資金繰りを悪化し...

まとめ

ファクタリングと一括信託支払いは、どちらも売掛債権を利用した資金調達方法です。

ファクタリングは2社間でも利用できることや、売掛先会社が倒産した場合、一括支払信託では倒産リスクを負うがファクタリングでは負う必要がないといった大きな違いがあります。利用する前によく検討しましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談