ファクタリング会社のウィットは小口のファクタリングが可能

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ファクタリングを利用する企業は年々増え続けていますが、ファクタリングを利用できる金額などに条件があり、小規模企業や個人事業主は利用しにくい傾向にあります。

しかし株式会社ウィットでは、あえて小口専門のファクタリングサービスを提供しています。

ウィットのファクタリングについて紹介します。

ファクタリングを利用するメリット

通常、売掛債権は支払期日が来ないと現金化することができません。

しかし、ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社へ譲渡してしまえば、期日前に売掛債権の現金化が可能です。

また、ファクタリング会社によっては償還請求権がない契約も可能で、売掛先が倒産するリスクを回避できることや、スピーディーに現金化することができます。

そのため、銀行融資などのように、資金調達に時間をかけることなくできるので、急なビジネスチャンスに生かせること、またキャッシュフローを改善する効果も期待できます。

ファクタリングの取引方法

ファクタリングには、債権者と債務者がファクタリングを介した取引を行う、3社間取引と、債権者とファクタリング会社だけで取引を行う2社間取引があります。

3社間取引を行う場合、売掛債権の回収リスクを回避するために債務者への確認を行い、同意を得てから取引が成立します。

2社間取引は債務者に確認することなく利用できる取引です。

多くのファクタリング会社はリスクの面から3社間取引のみを扱っていますが、3社間取引は債務者側へ経営について不信感を与えてしまうデメリットがあります。

その点債務者へ確認のいらない2社間取引は不信感を与える心配がありません。

ただし、リスクを伴う取引のため買取り手数料が3社間取引よりも高くなる場合があります。

ファクタリングには書類が必要

ファクタリングの利用には書類を提出する必要がありますので、あらかじめ書類を準備しておくと審査がスムーズになります。

必要となる書類はファクタリング会社によって違いますが、多くのファクタリング会社で共通して必要となる書類について確認していきましょう。

まず申込者について確認するために必要となりますので、商業登記簿謄本や契約書の押印や署名のための印鑑証明書、会社の業績を確認するための決算書や確定申告書などが必要です。

提出するときには、なるべく直近の物を用意するようにしましょう。

次に実際に売掛金があるのかを確認するために、売掛先との基本契約書、売掛債権の額や入金日確認のための、契約書や発注書などが必要です。

また定期的に売掛金が発生しているとわかる書類があれば、準備しておくと審査が早くなる可能性があります。

またファクタリング会社の売掛債権が回収できなくなるのリスク回避するために、納税証明書が必要な場合があります。

実際にどのような書類が必要なのかは、ファクタリング会社に事前に確認しておきましょう。

個人事業主でも利用できる株式会社ウィットの特徴とは?

ファクタリングの契約は売掛債権1件ごとに都度契約が必要となり、小額の売掛債権はメリットが少ないことから、大手のファクタリング会社では取扱いしていない場合があります。

そのため、小口の売掛債権を抱える個人事業主や小規模企業は利用しづらいサービスといえます。

しかしウィットは小口専門のファクタリング会社として、小額の売掛債権を抱える個人事業主や小規模企業にとっての悩みを解決してくれるファクタリング会社です。

ウィットのファクタリングサービスを見ていきましょう。

小口専門のファクタリング会社

小額の売掛債権でも複数を抱えていると、事業主にとっては重く負担がのしかかります。

ファクタリングは売掛債権ごとに契約を結ぶことになるので、小額の売掛債権はファクタリング会社にとってメリットが少ないという理由から断られる可能性があります。

また銀行の融資も中小企業や零細企業では審査に通ることが難しく、事業資金の調達が難しい場合があります。

しかしウィットのファクタリングは30万円からと小額から利用できますので、小さな企業や個人事業主でも資金調達がしやすいといえます。

非対面式で時間がかからない

通常ファクタリング会社は面談を行うために、利用者はファクタリング会社まで足を運ぶ必要があります。

しかしウィットは非対面式で利用することが可能で、会社まで足を運ぶことなく手続きから資金調達まで電話とメールで行うことができます。

即日現金化ができるファクタリング会社は幾つかありますが、会社へ足を運ぶことなく最短2時間で現金化できるウィットは忙しいけれど急いで資金が欲しいという事業主にとって、利用しやすいファクタリング会社といえます。

また非対面式なので、全国で利用することができることから、ファクタリング会社が近くにないという地方でも利用することができます。

2社間ファクタリングが可能

ウィットは2社間取引が可能です。

2社間取引であれば売掛先に同意を取る必要がないので素早く資金調達が可能ですし、無駄に事業の信用性を疑われることがないので安心です。

ただし、3社間よりも手数料が高く設定されていることが多いため注意が必要です。

ウィットを利用するには?

ウィットへのファクタリング依頼は、電話かメールでの申込みが可能です。

メールでの申込みは、ウィットのホームページ上のメールフォームから申し込むことができます。

申込みから実際に現金化するまで電話1、2本で行うことが可能ですが、利用には書類の提出が求められますので、準備をしておかないと最短2時間の現金化はできない可能性があります。

申込みの前にあらかじめ書類を準備しておくことをおすすめします。

まとめ

ウィットの魅力は何といっても、申込みから現金化までのスピード感ではないでしょうか。

急なビジネスチャンスに現金がない!というときは、最短2時間で現金化できるウィットの利用をおすすめします。

関連記事をチェック!

169view

ファクタリングを土日に行うことは可能?仕組みと注意点を紹介

急に事業資金が必要になったとき、即日振り込み可能なファクタリング会社があれば便利です。 さらに土日も受付をしているとなれば、週明けに資金が必要なときにとても心強い味方と言えるでしょう。 ファクタリ...

ファクタリングを土日に行うことは可能?仕組みと注意点を紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談