ワダツミのファクタリングにはどのようなメリットがあるか徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ワダツミ株式会社(以下ワダツミと記載)は、融資以外の資金調達手段を提供している会社でファクタリングも行っています。

ファクタリング会社は複数あるため、それぞれのメリットや特徴を理解しておきたいところです。

ワダツミにはどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に確認していきましょう。

ワダツミのファクタリングの特徴やメリットとは

ワダツミはファクタリングや手形買取りなど売上債権を使った取引を専門に、企業の資金繰りをサポートする運営を行っています。

ワダツミならではのメリットも多くあるため、特徴と併せて解説していきます。

事業歴が長く安全なサービスを受けられる

ワダツミの創業は2004年とファクタリング会社の中では、長期間にわたって経営を行っている会社です。

ファクタリング会社には、3年以内で倒産してしまう会社もあります。

このような、ファクタリング業界の中で10年以上経営を続けているという実績は、安心してサービスを利用できる特徴のひとつと言えます。

また、取引先の金融機関も大手のりそな銀行であるため、経営基盤も安定しており安心、安全に利用できることが特徴です。

3社間ファクタリング専門の会社である

ファクタリングの契約形態は大きく分けると、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けられます。

2社間ファクタリングをメインに取り扱うファクタリング会社が多い中で、ワダツミは3社間ファクタリングのみを取り扱っています。

3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングの通知、連絡が必要であるためリスクを恐れて避けられることが多いです。

しかし、ワダツミは3社間ファクタリングを専門に扱ってきた実績から売掛先へも手厚いサポートを行っているため、リスクを少なくするサポートをしてくれます。

ここでは具体的に、3社間ファクタリングを行う上でどのようなサポートをしてもらえるか解説していきます。

売掛先への通知を全面的にサポート

3社間ファクタリングでよくリスクとしてあげられることが、売掛先に通知を行うことで今後の取引に影響がでる点です。

たしかにファクタリングは日本では余り知られていないため、融資などの資金調達法と比較すると、利用する会社の経営状態が怪しまれることもあります。

しかし、ファクタリングはアメリカなどでは一般的な資金調達法として扱われているため、現地ではマイナスのイメージを持たれることが少ないです。

また、日本政府もファクタリングの利用を後押しする見解を示すなど、国内でもファクタリングの見方はよい方に変わってきています。

さらに、ファクタリングの説明が難しいと感じる場合には、ワダツミが売掛先にファクタリングに関する資料の作成や通知手段などの説明を丁寧に行ってくれます。

もしも、心配な場合には売掛先への訪問に同席してもらうことも可能です。

このような手厚いサービスがあるため、ファクタリング利用で売掛先への信用ダウンを防ぐことができます。

手数料が2社間よりも安い

3社間ファクタリングは売掛先に通知を行うというデメリットが、大きく取り上げられますが、実は手数料を非常に低く抑えることができるというメリットもあります。

2社間ファクタリングの場合、売掛先に通知を行わないため架空債権や二重譲渡のリスクがあり、手数料の利率が高めになることが多いです。

このため、他のファクタリング会社では最低利率が10%前後、最大利率が30%近くなることもあります。

ワダツミの3社間ファクタリングは売掛先に通知を行うことで、手数料を2社間ファクタリングと比べると低く抑えることが可能です。

ワダツミのファクタリングを利用した場合、手数料は基本的に月1~3%前後と2社間ファクタリングよりも低額にすることができます。

ただし、審査によっては3%以上の手数料になる場合もあります。

債権譲渡登記は審査によっては必要です。

その場合ファクタリング手数料に登記費用が含まれる場合とそうでない場合に分けられ、登記の際の司法書士事務所もワダツミと提携している事務所を紹介してもらえます。

ファクタリングは売掛金が5万円から売掛先1社につき10億円まで買い取ってもらえますが、売掛先の規模や継続的な取引年数などを考慮してそれ以上の金額も相談可能です。

申込みから最短3日で現金化可能

3社間ファクタリングは売掛先に通知をする必要があるため、2社間ファクタリングと比較して、現金化までの期間が長くなってしまうことが多いです。

しかし、ワダツミのファクタリングは売掛先の承諾がスムーズにすすめば、最短3日で契約完了して現金化することが可能です。

2社間ファクタリングのように最短即日といった、スピードが速い現金化は行っていませんが、3日での入金は他の資金調達法と比較しても早い方と言えます。

ただし、注意点としてファクタリング契約が完了しても、売掛金の10~20%は留保金として保管されてしまうため全額を受け取ることができません。

留保金は売掛金の入金後に返還してもらえますが、留保金の受取まで期間が必要だということには気をつけてください。

ファクタリングと不良債権の関係性とは

ファクタリングを利用するときに気になるポイントとして、売掛先が倒産したり契約不履行になったりするなど売掛金が不良債権となってしまった場合です。

売掛金が不良債権となってしまった場合に、申込会社は代わりに支払をする義務があるのか、また不良債権の買取りをファクタリング会社は行っているか、気になるポイントを解説していきます。

不良債権となっても代わりに支払う必要はない

売掛金が不良債権となってしまった場合、ファクタリング会社は申し込んだ会社に支払を請求することはできません。

ファクタリング契約はファクタリング利用者の売掛金を、ファクタリング会社に譲渡する契約であるため、売掛金に関する責任もすべてファクタリング会社へ移動します。

このため、売掛金が回収できないとしても、ファクタリング利用者が代わりに支払う責任はありません。

ただし、ファクタリング契約時に償還請求権を設定している場合には、例外として支払いの責任を負います。

償還請求権有のファクタリング契約をウィズリコースと呼びますが、ウィズリコースは売掛先の倒産時などに代わりに支払をする契約です。

ファクタリング契約時には、この償還請求権の有無が倒産時の売掛金のリスクを大きく変えるため注意が必要です。

ワダツミのファクタリング手数料の中には売掛金が返済されなかった場合の保険料が含まれているため、賠償請求権無しで契約ができます。

ワダツミは不良債権の買取りサービスがある

ファクタリング契約後に売掛金が不良債権になった場合には利用した会社が、代わりに支払をする必要がありません。

しかし、ファクタリング契約前に不良債権となっている売掛金は、現金化ができるのでしょうか。

基本的に不良債権となっている売掛金や、支払期日を過ぎている売掛金はファクタリングを行うことができません。

しかし、ワダツミの場合には不良債権の買取りも通常のファクタリングのサービスとは別に行っています。

ファクタリング取引と同額の買取りを行ってもらうことは難しいですが、買取りの可能性がないわけではありません。

不良債権で悩んでいるときには相談してみるのもおすすめです。

まとめ

ワダツミのファクタリングは3社間ファクタリングを専門に行っています。

また、ワダツミは手形や在庫の商品の買取りやコンサルティングのサービスも行っているため、経営に困っているときは相談してみるのもいいでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談