ファクタリングがゼネコン業界に向いている理由とは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

会社を経営する上で資金繰りの問題を経験した経営者もいるでしょう。

ファクタリングを利用することで売掛債権を支払期日前に受け取ることができ、円滑な経営の手助けになる場合があります。

ファクタリングは特にゼネコン業界でよく使われていますが、なぜゼネコン業界で利用されやすいのか解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ

この記事は以下のような人におすすめです。

  • ゼネコン業界で資金繰りに苦しんでいる人
  • ファクタリングの基礎について知りたい人
  • ファクタリングと銀行融資の違いを知りたい人

ゼネコンを中心として、ファクタリングの活用法やメリット・デメリットについて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

なぜファクタリングがゼネコン業界で使われるの?

ファクタリングは、ゼネコン業界で使われることが多いとされています。

それは、ゼネコンという業種が入金サイクルや経費の発生のタイミングが他の業種とは大きく異なるので、ファクタリングを活用することができる場面が多いためです。

ファクタリングがゼネコンに向いている理由についてまずは解説していきたいと思います。

不渡手形のリスクを軽減するため

施設や住宅の建設、橋の敷設などゼネコン業界はひとつひとつの案件が大きく、お金がかかります。

このため、現金ではなく手形払いが一般的です。

そのため、元請会社が不渡りを出してしまった場合、下請会社は代金を受け取ることができなくなり、多額の損失を被ってしまいます。

しかし、ファクタリングを利用することで回収義務も含めた売掛債権を譲渡するので、支払期限までに会社が倒産してしまった場合に回収できなかった売掛金弁済などのリスクを軽減することができます。

不測の事態に対応するため

ゼネコン業界は仕事の特性上、雪や台風など天候不順により納期が遅れることも少なくはないでしょう。

工程が遅れることによって資材や人員の追加を迫られることも多々あります。

ゼネコン業界では基本的に、工事が完了した後に報酬が支払われます。

そのため、材料費や人件費まで手が回らないといった状況が考えられます。

しかし早期現金化できるファクタリングを利用することで、売掛金の期限日よりも早く現金を調達でき、施工過程で発生した不測の事態にも対応することができます。

売上入金までの時期が不明なため

ゼネコンは工事が完了しなければ売上金は全額入金されません。

先ほども述べたように、工事は天候や人手の問題などで遅れることも考えられ、特に建設現場の人手不足が顕著な昨今では、大手ゼネコンでも納期に間に合うことができないようなことも少なくないようです。

売上金の入金がいつになるのか不透明なゼネコンでは、入金期日を待たずして現金化することができるファクタリングはゼネコンの事情にあった資金繰りの方法ということができるのです。

売上入金まで経費が先行するため

ゼネコンは建物完成までの経費が膨大です。

資材、人件費、重機など多くの経費をかけて工事を行います。

売上金の入金は後になりますが、お金がないからと言って、職人さんや取引先に対して「支払いを待ってくれ」というわけにはいきません。

そのため、工事着工前にはある程度手元に資金がなければなりませんが、ファクタリングを利用することによって、手元に資金がない業者でも資金繰りをすることができるのです。

大口案件が多く信用度の高い売掛先が多いため

ゼネコン業界は大口の取引が多く、1案件で1億円などの工事を請け負うことも珍しくありません。

大きな工事案件では売掛先も大企業の場合が多く、信用度の高い売掛金となります。

そのため、ファクタリング会社でもそのような信用度が高い大口の売掛先を持つ企業とは積極的に契約したいと考えるため、ファクタリング利用会社にはゼネコン業界の割合が高くなっている現状があります。

ファクタリングの利用が促進される制度があるため

ファクタリングが活用されることについては、国も制度面から後押ししています。

2010年3月に国土交通省によって下請債権保全支援事業という制度が創設されました。

この制度は、国が保証料の3分の1(2018年度の場合)を上限に助成するとともにファクタリング会社の損失補塡も行います。

そのため、建設業など営む企業がファクタリング会社を使いやすくなるだけでなく、ファクタリング会社も積極的にゼネコン業界にサービスを行うことができるようになったのです。

公共・民間工事に関わらず対象となりますが、利用できるファクタリング会社は限られており、特に金融系のファクタリング会社(みずほファクター、三菱UFJファクターなど)を中心に利用可能となっています。

また、2019年3月末までの期間限定の措置となっているため注意が必要です。

工事が大きい上に売掛先が優良企業で、さらにファクタリングには国の補助があるので、ゼネコンはファクタリングを活用しているのです。

ファクタリングの仕組みとは

ファクタリングとは企業が資金を調達する方法のひとつで、未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取るサービスのことです。

日本の企業間の取引では「掛け売り」という信用取引の後日払いが一般的であるため、取引先へ商品の納品やサービスの提供をしてからその代金を回収するまでにタイムラグが発生します。

しかしファクタリングを利用することにより、期日前の売掛金を早く現金化することができます。

ITやアパレル、介護・医療業界など様々な業種で使われておりますが、特にゼネコン業界ではファクタリングのニーズが大きくなっています。

ファクタリングと融資の違いは?

企業が外部から資金調達をする方法として、銀行融資を先に考える人が大多数ではないでしょうか?

しかし、銀行融資とは全く異なるファクタリングであれば、銀行から資金を借りることができない人であっても資金を調達することができる可能性があります。

それは、ファクタリングと銀行融資が資金源も返済方法も審査も異なるためです。

ファクタリングと銀行融資の違いについて、しっかりと理解をしておきましょう。

資金源が違う

銀行融資の資金源は、預金者からの預金です。

銀行は顧客から預かった大切な預金を簡単に棄損するわけにはいきませんので、審査は当然ながら慎重になります。

一方、ファクタリングの資金源は、ファクタリング会社の自己資金か、ファクタリング会社が銀行などから借り入れたお金になります。

ファクタリングは銀行融資よりもリスクを背負うことができるので、銀行融資に断られた企業でもファクタリングに応じてもらえることがあるのです。

返済方法に違いがある

銀行融資は返済は自社で行う必要があります。

しかし、ファクタリングの場合には、取引先から売掛金の入金があった時に、そのお金をファクタリング会社に自社が支払うか、取引先が直接ファクタリング会社に支払うかいずれかの方法で返済を行います。

もともと入金の予定がある売上債権を売却するのがファクタリングですの、ファクタリングは厳密にはお金を借りるわけではなく、売掛金などの売上再建を売却することです。

利息と手数料の違い

銀行融資には利息が発生します。

利息計算のもとなる金利は、事業資金融資の場合には1%〜3%台と非常に低利です。

ファクタリングも、無料で売上債権を買い取ってくれるわけではなく、手数料が発生します。

診療報酬ファクタリングなど、回収可能性が極めて高い債権は銀行の事業資金融資と同じような低利で買い取ってくれることもありますが、一般的にファクタリングの手数料は銀行融資と比較してかなり高くなっており、20%を超えることもあります。

例えば、1,000万円の売掛金を手数料20%でファクタリングした場合には、手数料が200万円差し引かれて800万円が自社に入金になります。

費用の負担はそれなりに高くなってしまうのが、銀行融資とファクタリングの大きな違いです。

審査の中身が違う

銀行融資で重視されるので、自社が融資金を返済することができるかどうかです。

このため、自社の業況が悪ければ融資に応じてもらうことは難しくなります。

しかし、ファクタリングの場合には、返済するのは売掛先企業ですので、自社の業況が悪くても、売掛先企業の業況がよければ審査に通過することができる可能性があります。

自社の与信に加えて、売掛先の与信状況で審査に通過することができる可能性がるのがファクタリングの審査の特徴です。

さらに、早ければ最短即日で資金化に応じてくれる業者も存在するというのも、最短でも1週間はかかる銀行の審査との違いです。

担保や保証の必要がない

銀行融資では、代表者が連帯保証人になったり、信用保証協会の保証をつけて融資をすることが一般的になっています。

それでも信用が足りない場合には、銀行から担保の提供を要求されることもあります。

保証や担保を設定することは、審査に時間もかかりますし、コストも必要になります。

しかし、ファクタリングには担保も保証も必要ないので、融資の際の諸費用をかけずに、現金化までの流れが非常にスムーズになります。

ファクタリングにも利用条件がある

銀行融資に比べてかなり柔軟なファクタリングですが、利用条件がある場合があります。

例えば工期です。

あまりにも工期が長い場合には、売掛金が現金化されるまでに時間がかかってしまうことがありますので、ファクタリング会社の中には工期について「1年以内」などの条件がついていることもあります。

さらに、あらゆるファクタリング会社が全ての売掛金を買い取ってくれるわけではありません。

売掛先の形態が法人なのか個人なのかなどによっても制限があり、個人への売掛金は買い取ってくれないことがあります。

そのほか、売掛金の請求時期がずいぶん前で、すでに不良債権化している可能性がある債権は買取に応じてもらえないこともあります。

申込の前に、ファクタリング会社ごとに異なる利用条件についてしっかりと確認をするようにしてください。

利用できる売掛金

利用できる売掛金としては以下のようなものがあります。

  • 大手企業の売掛金
  • 工期が数ヶ月程度の売掛金
  • 請求してから間もない売掛金
利用できない売掛金

利用することが難しい売掛金は以下のようなものです。

  • 個人への売掛金
  • 工期が1年を超えるような入金までの期日が長い売掛金
  • 請求してから時間がたち不良債権の可能性がある売掛金

業者によって、どのような売掛金の買取に応じるのかはまちまちです。

「この売掛金の買取は難しいかな?」と思っても、相談してみる価値はあるかもしれません。

ファクタリングの種類とは?

ファクタリングの契約方法は大きく分けて4種類あり、一括ファクタリング、保証ファクタリング、医療ファクタリング、国際ファクタリングに別れています。

また、売掛先に通知されるか否かによっても別れており、売掛債権を持っている納入企業とファクタリング会社の2社間で契約するものを2社間ファクタリングと言います。

これに対し、納入企業・ファクタリング会社・売掛先企業の間で行われるものを3社間ファクタリングと言います。

それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

一括ファクタリング

一括ファクタリングは、保有している売上債権を売却して資金調達することです。

一般的なファクタリングの方法で、一括ファクタリングは、下記のような2種類の方法が存在します。

2社間ファクタリングサービス

2社間ファクタリングサービスでは、売掛債権が発生したのち売掛先の信用調査後、納入企業とファクタリング会社の間で契約を行います。

3社間と違って売掛先へ同意を取る必要がないため、売掛先にファクタリングを利用した事実を知られないということが最大のメリットです。

ファクタリング会社にとっては、回収した売掛金が売掛先から直接入金されないため、二重譲渡などのリスクが高いこともあって3社間よりも手数料が高くなる傾向があります。

2社間ファクタリングはファクタリングを利用したことを売掛先に知られた場合に取引停止や発注減の可能性がある、力関係の弱い零細企業などに向いています。

3社間ファクタリングサービス

3社間ファクタリングサービスでは、売掛債権発生後、審査・契約の前に売掛先企業の承諾が必要になります。

納入企業はファクタリング会社から渡された同意書、承諾書などへの署名・押印をもらうために売掛先企業へ出向いて説明をした上で同意を取らなければなりません。

売掛先を含めた契約となり、期日がきた売掛金は納入企業ではなく直接ファクタリング会社に入金されるため、2社間よりもファクタリング会社が負うリスクは低く、手数料は安い場合が多いです。

納入企業にとっては売掛先にファクタリングの利用が知られてしまうということがデメリットとして挙げられますが、売掛先がファクタリングに理解がある場合はその限りではありません。

また、ファクタリング会社によっては、売掛先に同行して説明してくれる会社もあるので、不安であれば利用しましょう。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、保有する売上債権をファクタリング会社に保証してもらうサービスです。

自社は、売掛先が売上債権を履行しない(支払いをしない)場合でも、保証ファクタリングをしていることで、もしも貸し倒れた場合に、ファクタリング会社に売上債権を保証してもらうことができます。

保証ファクタリングでは、ファクタリング会社に保証してもらう代わりに、保証料を支払います。

医療ファクタリング

医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬をファクタリング会社が買い取ることです。

仕組みとしては、一括ファクタリングと変わりません。

しかし、売掛先が社保や国保ですので、ファクタリング会社としては確実に回収することができるので、一括ファクタリングよりも手数料が低くなっています。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外の業者と取引をする際に行われる方法です。

代金の回収はファクタリング会社が海外の業者と直接もしくは海外のファクタリング会社を通して行うので、自社で海外の業者と取引をするよりも確実に代金の回収が可能です。

関連記事をチェック!

21view

ファクタリングの2社間と3社間の違いやそれぞれのメリット

ファクタリングを検討していると2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという言葉を耳にすることがあるでしょう。 どちらの制度を利用するかによって、手数料や売掛先の同意が必要かなどの差がでます。 ...

ファクタリングの2社間と3社間の違いやそれぞれのメリット

関連記事をチェック!

59view

ファクタリングの種類と特徴は?どれを選べばいい?

ファクタリングは売掛金を資金化するものと、多くの人が思っているようです。 これは間違いないのですが、実はファクタリングには4種類のものがあります。 利用する会社の業種や形態によって異なり、それぞれ...

どのようなときにファクタリングを使う・使わない

ファクタリングを利用する際には、タイミングが重要です。

ファクタリングは、利用時期の判断を誤ると資金繰りを悪化させますので注意が必要です。

長期的な資金繰り計画を練ることなく、安易にファクタリングを利用してしまうことによって、かえって資金繰りが悪化してしまうこともあり、その場しのぎでファクタリングを利用することは非常に危険です。

ファクタリングを利用するには、タイミングを間違えないことが非常に重要ですので、ファクタリングに適したタイミングを知っておくことが大切です。

ファクタリングはどのような時期に利用するのがよいのでしょうか?

季節要因で支払いが増えた場合

業種によっては季節によっては支払いが大きくなることがあります。

小売店などは年末年始などは仕入れ資金が増えますし、建設業は、工事を受注すると、経費が一気に膨らみます。

また、従業員にボーナスを支給している会社は、夏と冬のボーナスの際には、ボーナス資金が必要になります。

このように、季節や仕事の受注状況に応じて、支出が膨らむ場合には、資金化が早いファクタリングは有効な方法です。

大口の仕事が入った場合

製造業などで大口の受注が入り、増加運転資金が発生した場合にも、ファクタリングは有効です。

増加運転資金は銀行でも積極的に融資に応じてくれますが、資金化が早く、受注した売掛金から資金調達することができるファクタリングでも、増加運転資金にスムーズに対応することが可能です。

取引先の入金が予定より遅れる場合

月末になって、取引先から「月末入金予定の売掛金の入金を1週間待って欲しい」などと急に言われた場合には、自社が月末の支払いができないことになりますし、銀行融資も間に合いません。

このような時には資金化が早いファクタリングが非常に有効です。

ファクタリングは早い場合には即日現金化ができることもあるので、急な資金繰りにもタイムリーに対応することができますよ。

設備を充実させたい場合

設備資金の借入にもファクタリングは利用することができます。

売掛金から返済をすることができるので、大きな売掛金を資金化して設備投資に回せば、銀行借入によって設備投資するよりも長期的には返済義務がない分資金繰りは楽になります。

また、銀行の設備資金の審査は1ヶ月程度の時間がかかってしまい、審査も厳しいので融資を受けることができない場合もありますが、ファクタリングでは資金使途は問われないので、銀行が反対する設備投資資金としても利用できます。

さらに、急に会社の機械が壊れて修繕が必要な場合にも、すぐに資金を用意することができなければ業務に大きな支障が生じてしまいます。

このような場合には資金化が早いファクタリングが非常に有効です。

常用的な利用をする場合

欧米などでは、売掛金の回収のために、ファクタリングを利用することが一般的です。

ファクタリングを常用的に利用することによって、経理の業務を圧倒的に効率化することができるためです。

売掛金の管理にかかる経理の事務負担は決して少なくありません。

請求を出し、入金の確認をし、残高を管理するという作業を取引先ごとに行なっていくのは、大きな負担になりますが、ファクタリングを利用することで、経理のこのような事務負担を大きく軽減することができるので、会社の資源を他の分野に振り分けることも可能です。

このように、ファクタリングを常用的に利用し、売掛金請求管理の業務をアウトソーシングしたいという際にも活用することができます。

どのファクタリング会社を選べばいい?

ファクタリング会社には、金融系と、独立系と、メーカー系という様々な会社があります。

どのようなファクタリング会社を選択すべきでしょうか?

金融系

銀行傘下の会社がファクタリングをしているのを「金融系」と言います。

金融系は安心感のあるメガバンク傘下などですので、多くの人が取引をしたいと考えるかもしれません。

しかし金融系は、買い取る金額が1億円以上など、大口専門に行なっている場合が多く、審査にもそれなりに時間がかかります。

中小企業が金融系を利用することは現実的ではなく、金融系のファクタリング会社は大企業専用という側面が強くなっています。

独立系

独立系のファクタリング会社は、小口の買取や即日の資金化などにも対応しています。

中小企業の急な資金繰りにもしっかりと対応しているのが特徴ですが、中には怪しい業者も混じっています。

契約に際しては必ず契約書をチェックし、不当な手数料が設定されていないかということに十分注意してください。

メーカー系

メーカー系とは、大手のメーカーや流通会社、ゼネコンが出資して設立したファクタリング専用の子会社のことです。

そもそも、自社の取引のために設立した会社ですので、取引のない企業はメーカー系のファクタリング会社を利用することができません。

危ない悪徳ファクタリング会社に注意

先ほども触れたように、ファクタリング会社の中には怪しい会社もかなりの数混じっています。

そのような会社は、不当な手数料を設定することが多いので、手数料率が20%を超えるような場合には、口コミなどをしっかりと調べてから取引をするようにしてください。

また、中には、契約書の締結を行わない業者も存在しますので、取引の前には必ず契約書を締結し、中身をチェックし、契約書を締結しない業者とは取引をしないようにしましょう。

メリット・デメリット

最後にファクタリングのメリットとデメリットについてまとめて行きたいと思います。

メリットデメリット
資金化が早い手数料が融資に比べて高い
銀行から融資を断られても資金調達可能取引先に通知されると取引先に心象が悪くなることも
経理業務の効率化怪しい業者も混じっている
借金ではないので貸借対照表が悪化しない無計画に利用することで資金繰りが悪化する

ファクタリングと銀行融資はメリットとデメリットが完全に相反しています。

銀行融資では対応することができない場合には、ファクタリングであれば、資金繰りを回すことができる可能性があります。

ファクタリングのメリットとデメリットをしっかりと理解して、ファクタリングのメリットだけを享受できるように有効に活用するようにしてください。

まとめ

ファクタリングはゼネコン業界において一般的な資金調達方法になりつつあります。

ファクタリング会社のサービスの増加や国からの助成金によって、ファクタリング利用に踏み切れない経営者でも利用しやすい環境になってきています。

資金繰りに悩んでいる経営者は一度ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

35view

40社解説!おすすめファクタリング業者一覧

ファクタリングという資金調達方法がここ数年注目を集めています。 ファクタリングとは、売掛金などの売上債権を売却して資金化することで、借入金ではありません。 また、ファクタリングで売却した売掛金を支...

40社解説!おすすめファクタリング業者一覧

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談