大東銀行のフリーローンでおまとめ,借り換え【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンなどを複数借りている場合、毎月の返済額や多くの金利負担に悩まされることになります。

このような時に検討したいローンが「おまとめローン」です。

銀行のローンをおまとめローンとする場合、カードローンを利用することも多いのですが、商品性はフリーローンの方が向いています。

しかし、ローンを借りるためには審査が必要になりますので、審査基準などが気になります。

今回は、複数のローンを借り換えするために、大東銀行のフリーローンを利用する際の審査基準や審査に通るためのポイント、実際に利用した人の口コミなどを紹介していきたいと思います。

大東銀行のフリーローン

大東銀行は、福島県郡山市に本店を置く第二地方銀行であり、「Premium D Plus フリーローン」というフリーローンを提供しています。

おまとめローンといえば消費者金融で借りるものをイメージしますが、銀行のフリーローンでは消費者金融のおまとめローンでは借り換えすることができない資金もまとめることができます。

大東銀行のフリーローンも、事業性資金意外であれば利用することができますので、クレジットカードのリボ払いの分も借り換えの対象とすることができます。

ただし、大東銀行でフリーローンを借りるためには、大東銀行の営業エリア内に居住または勤務している人しか利用できませんので、申し込むことができる人は限定されてしまいます。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、借入できる金額に注意しなければなりません。

フリーローンは、必要な資金を一括で借りるタイプのローンですので、融資額が高額になりやすく、審査はカードローン以上に厳しいです。

ですので、おまとめに必要な分を申し込んだとしても、審査によって減額されてしまうことも多いです。

また、金利と返済期間によっては、おまとめする前よりも返済総額が多くなってしまうこともありますので、きちんと返済計画を立てなければ逆に損をしてしまう可能性もあります。

カードローンのように追加借入できないフリーローンは、返済のみに集中できますのでおまとめローンに向いている商品ですが、これらのことに注意して利用しなくてはなりません。

大東銀行フリーローンの口コミ

大東銀行の「Premium D Plus フリーローン」を実際に利用した人は、どのような感想を持ったのでしょうか。

残念ながら、大東銀行のこのフリーローンに対する口コミはなく、今は提供されていない商品に対する口コミばかりでした。

そこで、フリーローンと同じ個人向けローンの主力商品であるカードローンに対する口コミを紹介していきます。

カードローンに対する口コミには、

  • 他銀行よりも低金利
  • 審査時間が短い
  • 審査が通りやすい

というように、評価は高いです。

カードローンの評価が高い銀行は、フリーローンにも力を入れていますので、「Premium D Plus フリーローン」にも期待できます。

大東銀行フリーローンの審査基準

「Premium D Plus フリーローン」には、WEB完結型と店頭来店型の2種類があります。

この2つは、申込基準や借入条件に違いがありますので、まずはどちらのローンを利用することができるのかを考える必要があります。

ここでは、WEB完結型と店頭来店型について、それぞれの特徴と申込基準、借入条件を個別に紹介していきます。

また、申し込みをして審査結果が出るまでのスピードについても解説していきたいと思います。

Premium D Plus フリーローン(WEB完結型)

「Premium D Plus(WEB完結型)」は、申し込みから契約までをインターネットで行うことができますので、店舗に来店することなく借りることができます。

融資額は最高で300万円までとなっていますので、比較的少額な借り換えに向いていると言えます。

では、WEB完結型の申込基準と借入条件を見ていきましょう。

利用対象者
  • 申込時の年齢が万20歳以上、完済時年齢が万76歳未満の個人の方
  • 定期収入のある方
  • 自宅、勤務先のいずれかが大東銀行の営業区域内である方
  • 日本国籍を有する方または永住許可等を受けている外国人の方
  • 保証会社の保障を受けられる方
  • 大東銀行に普通預金口座をお持ちの方
資金使途自由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
融資期間1年以上10年以内
(6ヶ月単位)
融資利率2.9%~14.0%
返済方法元利均等分割返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
返済日毎月5日~25日までの任意の日
担保・保証人原則不要
保証会社株式会社オリエントコーポレーション

Premium D Plus(店頭来店型)

「Premium D Plus(店頭来店型)」は、契約手続きを店頭で行わなければなりませんが、融資額が最高で1,000万円までの大型フリーローンです。

また、WEB完結型にはない「リトライサービス」もありますので、一次審査で落ちたまたは減額承認となった場合には、別の保証会社で二次審査を行ってくれます。

では、店頭来店型の申込基準や借入条件を見ていきましょう。

利用対象者
  • 申込時の年齢が満20歳以上、完済時年齢が満76歳未満の個人の方
  • 定期収入のある方
  • 自宅、勤務先のいずれかが大東銀行の営業区域内である方
  • 日本国籍を有する方または永住許可等を受けている外国人の方
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途 自由(事業性資金は除く)
※おまとめ資金の場合、以下の資金が対象となります

  • 他金融機関利用分の借り換え
  • 大東銀行利用分と他金融機関利用分のおまとめ
  • 大東銀行利用分と消費性資金との一本
融資金額10万円以上1,000万円以内
(1万円単位)
融資期間1年以上10年以内
(6ヶ月単位)
融資利率2.9%~14.0%
返済方法元利均等分割返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
返済日毎月5日~25日の任意の日
担保・保証人原則不要
(保証会社が必要と認めた場合は連帯保証人が必要)
保証会社株式会社オリエントコーポレーション
※リトライ時は新生フィナンシャル株式会社

審査スピード

大東銀行では、フリーローンの審査スピードに関する情報を公表していません。

ですので、実際に審査でどれだけの期間がかかるのかということはわかりません。

口コミを見る限りでは、カードローンは審査連絡までに2営業日程度となっています。

また、保証会社であるオリコは、審査スピードに定評ある会社です。

銀行によっては審査結果の連絡までに1週間以上かかるところもありますが、カードローンの審査スピードや保証会社を見る限りでは、大東銀行の審査スピードは早いと予想されます。

ただし、店頭来店型で一次審査に落ちたなど、審査によっては連絡までに時間がかかることもありますので、できるだけ早く申し込みすることをおすすめします。

金利は審査によって決まる

「Premium D Plus フリーローン」の金利は、実際には「2.9%」「6.5%」「9.0%」「14.0%」というように、4段階となっています。

これらの金利は、審査を行う保証会社によって決まることになりますので、申し込みの前から金利を知ることはできません。

実際の金利を知ることが出来るのは、審査結果された時となりますので、高い金利が適用された場合には申し込みをキャンセルすることも1つの方法です。

金利で審査の通りやすさがわかる

ローンに申し込む場合、そのローンは審査が通りやすいのかということが気になる人も多いと思います。

審査の通りやすさというのは、金利を見ることで判断することができます。

金利には、保証会社に保証してもらうための保証料が含まれており、これが多くなるほど金利は高くなります。

ですが、保証会社は保証料を多くもらうことで、債務肩代わりに備えることができるようになり、より多くのリスクに対応できるようになります。

大東銀行のフリーローンは、最高金利が14.0%と比較的高めに設定されていますので、審査が通りやすいローンであると言えます。

審査に通るためのポイント

フリーローンの審査に通るためには、きちんと返済していくことができるという「返済能力」を保証会社に示す必要があります。

返済能力は、年収が高ければいいというものではなく、現状で返済していくのに余力があるのか、これまでにきちんと返済を行ってきているのかが重要になります。

これを踏まえたうえで、審査に通るためのポイントを紹介しますと、以下のことが挙げられます。

  • ローンを延滞しない
  • クレジットカードの支払いを滞納しない
  • 完済できるローンは完済する
  • 申込の内容は正確に申告する

これらのポイントは、審査で決まる金利にも影響しますので、申し込みをする際はできるだけ信用を高くしてから行うことが望ましいです。

では、審査に通るためのポイントについて、これから詳しく解説していきたいと思います。

ローンを延滞しない

借り換え対象となるローンを延滞することで、信用情報にその事実が登録されます。

返済の履歴は2年分が登録されますので、この期間で延滞がある場合には審査に影響が出てしまいます。

実際の審査では、1度の延滞では審査落ちする可能性はありませんが、複数回延滞している場合には返済能力に問題があると判断されてしまいます。

複数のローンを借りている状態では、きちんと返済していくことが難しいこともありますが、審査に通るためには延滞なく返済していくことが不可欠です。

クレジットカードの支払いを滞納しない

クレジットカードもローンと同じ信用取引ですので、契約内容や支払履歴などが信用情報機関に登録されます。

登録期間も同じ2年間ですので、この期間中に滞納したという情報があると審査に影響が出てしまいます。

ローンと同様に、1度滞納しただけでは審査に影響が出ることはありませんが、複数回している場合には返済能力が低いと判断されます。

審査に通るためには、クレジットカードの支払いに関してもきちんと行って行く必要があります。

完済できるものは完済する

フリーローンの審査では、申込金額が少なくなるほど通りやすくなります。

おまとめローンとして利用する場合、単に申込金額を少なくしてしまえば、すべてのローンを借り換えすることができません。

申込金額を少なくさせるためには、少額な限度額となっているカードローンなどを完済するようにしましょう。

ローンを完済することで、信用情報に「完済実績」も作ることができます。

完済実績があると、返済能力があることを示すことができ、この効果もあって審査に通りやすくなります。

申込の内容は正確に申告する

返済能力に直接関係しているものではありませんが、申し込みをする際に特に注意しなければならないことがあります。

それは、申込の内容を正確に申告することです。

フリーローンに申し込みをする人の中には、審査に通りやすくするために偽った内容を申告する人がいます。

申込の内容と実際の内容に違いがある場合、人間性や信用性を失ってしまい、仮審査で保証承諾となっていても取消しされてしまいます。

インターネットで申し込みをした際に、偽るつもりがなくても入力ミスによって異なる内容となった場合にも、同じことが起きますので、きちんと見直しをして正確な情報で申し込むようにしましょう。

申し込み方法

「Premium D plus フリーローン(WEB完結型)」の場合は、契約までインターネットで行いますので、申し込みもネットからすることになります。

店頭来店型に申し込む場合も、インターネットから行うことができますが、ネット以外にも「電話」「FAX」「来店」で手続きすることもできます。

電話での申し込みは、専用の番号へ電話することで手続きすることができ、土曜日や日曜日も10時~17時まで受付けています。

FAXでの申し込みは、ホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入したうえで専用の番号へ送信します。

店頭で担当者に相談しながら申し込みをしたいという場合には、本支店だけでなく、休日も営業しているローンセンターがおすすめです。

申し込みの流れ

フリーローンに申し込みをしてから、融資を受けるまでの流れを紹介していきます。

まず、WEB完結型の場合は、

① 申し込み
② 審査結果の連絡
③ 本人確認と契約確認の連絡
④ 契約内容の最終確認
⑤ 手続き完了・融資

となります。

次に、店頭来店型の場合は、

① 申し込み
② 審査結果の連絡
③ 必要書類の準備
④ 来店
⑤ 契約手続き
⑥ 手続き完了・融資

という流れになります。

審査結果の連絡を受けてから、契約するまでに一定期間以上空いてしまうと、再度審査を受けなければなりませんので、できるだけ早く契約手続きまたは申し込みのキャンセルを行うようにしましょう。

申し込みに必要な書類

フリーローンに申し込みするために必要な書類は、基本的に本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)です。

しかし、申込金額が301万円以上となる場合には、所得証明書や源泉徴収票などの収入を確認できる書類も必要になります。

また、おまとめローンとして利用する場合には、これら以外にも借り換え対象とするローンの返済予定表などの残高を確認できる書類も求められることもあります。

契約までに必要となる書類は、審査結果の連絡の際に伝えられますので、求められた書類はすべて提出しなければなりません。

まとめ

大東銀行が提供する「Premium D Plus フリーローン」は、WEB完結型と店頭来店型の2種類があります。

WEB完結型は、借り換えに必要な金額が300万円以下であり、店頭へ来店する時間がない人におすすめです。

店頭来店型は、借り換えに必要な資金が多く、信用に自信がない人におすすめです。

このように、どちらを利用するかは自分の状況や考え方によって変わりますので、まずは自分が置かれている状況を整理するようにしましょう。

フリーローンを借りるためには、信用に対して高い意識を持っていなければなりませんので、普段からローンやクレジットカードへの支払いをきちんと行っていくことが大事です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談