キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

マイカーローンは追加融資が難しい!追加借入ができない理由を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

自動車を購入するためのローンであるマイカーローン。

一度借りてしまうと、2本目のマイカーローンを借りることが難しいローンと言われています。

生活必需品である自動車のローンであるからこそ低金利が設定されているのがマイカーローンですが、だからこそ追加融資を受けることが難しいということもできます。

マイカーローンが追加融資が難しい理由とはどのような理由なのでしょうか?

また、マイカーローンで購入した車が故障や事故を起こした場合、その修理費用を借りることも難しいのでしょうか?

この記事では、マイカーローンが追加融資が難しい理由と例外的に追加融資を受ける方法について徹底解説していきます。

追加融資が難しい理由

地方に居住する人間にとって、自動車というのは生活必需品です。

だからこそ、マイカーローンは年収と同程度までという他のローンと比較して高額の借入で借りることができるのです。

しかし、追加融資となると話しは全く異なります。

生活必需品だからこそ優遇されて審査を受けることができるという前提が壊れてしまうのです。

一体、どのような理由なのでしょうか?

それでは、マイカーローンで追加融資が難しい理由を具体的に検証していきましょう。

2台目以降は生活必需品ではない

自動車というものは特に地方都市に居住している人にとって生活必需品です。

このため、多少収入的に無理があっても融資に応じてくれる場合が多いのです。

しかし、2台目以降の自動車というのは必ずしも生活必需品ではありません。

生活に欠かすことができない自動車だからこそ、それを購入するための借入金の返済を頑張るものです。

住宅ローンの返済について、住む家を失うわけにはいかないために返済に励むことと同じようなロジックであると考えれば問題ないでしょう。

しかし生活必需品ではない娯楽としての車であれば、返済に困ったらその返済を1台目の車のように頑張らない可能性が強くなります。

「生活必需品だからこそ返済は問題なく行うだろう」というマイカーローンの前提が2台目以降の車を購入するための追加融資は崩れてしまいます。

つまり、銀行にとってはリスクが高くなってしまうため、マイカーローンの追加融資は難しいのです。

返済を放棄するリスクがある

マイカーローンは、生活必需品だからこそ返済ができない懸念が少ないローンです。

しかし、2台目以降の娯楽としての車はいつ手放してもおかしくありません。

また住宅ローンのように自動車に担保が設定されているわけでないため、必要なくなって売却されたとしても銀行がそれを知ることもできません。

返済や自動車の保有自体を放棄してしまう可能性が高いため、2台目購入のためにマイカーローンの追加融資を受けることは難しいとも言えます。

購入金額が上昇した時は可能?

マイカーローンは申込時には見積書などから車の金額を銀行に示し、その金額の範囲内までしか借りることができないローンです。

しかし、中古自動車ではよくあることですが、審査をしている間に目当ての車が売れてしまうことがあります。

そのような時に、探した代わりの車が当初の金額よりも高かった場合には追加融資を受けることは可能なのでしょうか?

マイカーローンというのは基本的に自動車の売買と当時に融資を実行するローンです。

目当ての車がすでに売れてしまっている場合には、自動車の売買は成立しません。

このため、例え審査に通過していたとしても融資は実行されることなく、新しい見積書の融資金額で審査は最初からやり直しになります。

このため、借入金額が上昇した場合には追加融資を受けるこということはできません。

追加融資を受けられるケース

マイカーローンは、2本目を融資すると、生活必需品だからこそ返済に励むという前提が崩れてしまうため、追加融資が難しいローンです。

しかし、そんなマイカーローンでも追加融資を受けることができるケースがいくつか存在します。

それはやはり「必需品である」という前提が認められた場合になります。

以下のケースであれば銀行のマイカーローンで追加融資を受けることができる可能性があります。

自動車が故障した時

既存のマイカーローンで購入した車が事故などによって故障して修理が必要になった場合には、追加融資を受けることができる場合があります。

この場合には娯楽としての車を購入するわけではありませんので、生活必需品としての用途の範囲内とみなされるためです。

自動車購入以外の目的に借りる場合

マイカーローンは自動車購入以外にも使用することができます。

例えばカーポートの建築などです。

このような場合にも娯楽としてのマイカーローンの利用とは異なるため、追加融資を受けることができる場合があります。

収入的に余裕がある人

使い道が娯楽である場合にはなおさらですが、使い道が生活必需品としての目的であったとしても、基本的には借入額の合計の倍程度の年収がないと追加融資は厳しいでしょう。

なんだかんだ言っても返済ができることが銀行にとっても保証会社にとっても最も重要になるためです。

このため、筆者は2台目以降の借入でも、収入の多い人はマイカーローンの追加融資に審査に通ったのを見たことがあります。

そんな理由であっても収入の低い人がマイカーローンという低金利の商品の追加融資を受けることは難しいでしょう。

追加融資が受けられない時は

銀行からマイカーローンの追加融資を受けることは、必需品の場合であっても収入的に余裕のある人でないと難しいものです。

このような人がマイカーローンの追加融資を受けたいと考えた場合にはどのような方法があるでしょうか?

また、2台目の車がどうしても必要な場合にはどのような方法で車を購入するのがよいのでしょうか?

自動車屋さんのローンを活用

銀行からの追加融資を受けることが難しいときに最も最初に考えることができる方法は自動車屋さんが窓口になる信販会社のローンです。

銀行とは別枠で借りることができ、信販会社などの貸金業者のローンは銀行からの借入についてはそれほど気にしていません。

このため、銀行のローンの返済に遅れが多い人でなければ審査に通過できる可能性があります。

また、自動車購入や修繕目的に借りるこれらのローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超える借入も可能です。

ただし、金利が高いという点がネックになり、場合によっては15%を超えるような金利が設定されることも珍しくありません。

カードローンを利用

カードローンやフリーローンを使用して、マイカーローンの追加融資の代わりに当てるという方法もあります。

筆者はマイカーローンの審査に通過できない人に対して何回もカードローンで融資を実行したことがあります。

また、銀行のカードローンは金額が大きくなれば10%を切るような低い金利で借りるようなことができる場合もあります。

信販会社のローンが15%程度のような場合には、カードローンを借りた方が金利的なメリットがある場合もあります。

また、カードローンはマイカーローンのように融資実行後に車屋さんの領収書を提出するような手間もないため、数十万円単位の少ない金額をマイカーローンで借りるくらいであれば最初からカードローンで資金調達をした方が早いこともあるでしょう。

まとめ

マイカーローンで追加融資を受けることは普通の人には厳しいでしょう。

そもそもマイカーローンは生活必需品を購入するために必要な融資という前提で商品設計がなされているため、2台目の車購入はその前提が崩れているためです。

このため、修理などどうしてもお金を借りなければ生活ができないようなケース以外は追加融資は難しいと考えておいた方が無難です。

また、どのような理由であれ、余裕を持って返済できるほどの収入の多い人でないと追加融資を受けることは難しいでしょう。

追加融資ができない場合には、信販会社のローンやカードローンなどの利用を検討するようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談