馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

フリーローンを借りる際の必要書類について

カードローンの場合は、借りるために必要な書類が少なく、手続きも非常に簡単です。

しかし、フリーローンの場合は手続きも多く、必要な書類も多いというイメージがあり、借りるまでに手間がかかるというイメージが強いです。

今回は、実際にフリーローンを借りる際に、どのような書類が必要になるのかということについてお話していきたいと思います。

基本的に本人確認書類だけで借入可能

借りるために多くの書類が必要というイメージがあるフリーローンですが、基本的には本人確認書類だけで借りることができます。

本人確認書類とは、申込者が本当に本人であるのかということを証明するための書類であり、以下のような書類のことをいいます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

このように、本人確認書類は顔写真が付いた公的な書類のことであり、健康保険証などの顔写真が付かない書類は本人確認書類とならないことが多いです。

住所などが違う場合は別の書類も必要

引越しをしたが、免許証の住所はまだ変更していないという人もいると思います。

このような場合、免許証を出しただけでは本人確認書類とすることはできません。

本人確認書類に記載されている住所と実際に住んでいる住所が相違している場合には、別の書類も提出して書類を補完しなければなりません。

免許証などの他に必要となる書類としては、

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHKなど)

などの書類であり、実際に住んでいる住所が記載されているものを提出する必要があります。

高額借入時は所得確認書類も必要

基本的に本人確認書類だけで借りられるフリーローンですが、申込金額が高額になると所得を証明する資料も必要になります。

所得確認書類が必要になる金額の基準は、銀行によって異なっており、各銀行が定めた基準以上の借入をする場合には、以下のような書類が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 公的な所得証明書
  • 確定申告書(個人事業主の場合)

所得確認書類が必要になる金額については、ホームページでも見ることができるフリーローンの「商品概要説明書」で確認しましょう。

資金使途確認書類が必要になることも

フリーローンは自由な資金に利用できるローンですが、申し込みの際には資金使途を申告します。

最近では申告した資金使途を確認するための資料を不要とするフリーローンも多いのですが、必ず書類の提出を求めてくる銀行もあります。

また、資金使途を不要とするフリーローンでも、一定の金額以上の借入や特定の資金使途の場合には書類が必要となることもあります。

資金使途を確認する資料にはさまざまなものがありますが、主な資料には以下のようなものが挙げられます。

  • 見積書や注文書
  • 購入する商品が記載されているパンフレット
  • 借り換え対象ローンの返済予定表

必要となる書類は、申込確認や審査結果連絡の際に確認することもできますので、求められた書類を提出するようにしましょう。

融資後に書類を求められることもある

フリーローンを借りる際に必要となる書類は、ほとんどが契約前までに提出すればいいものばかりです。

しかし、おまとめローンとして利用する場合など、借り換えのためにフリーローンを借りた場合には、融資後にも書類の提出を求められることがあります。

この場合に必要となる書類としては、

  • 借り換え対象ローンへ返済した際の利用明細書
  • 借り換え対象ローンを完済した際の書類
  • クレジットカードを解約した際の書類

などが挙げられます。

また、三井住友銀行のように、振込を条件としているフリーローンの場合は、振込依頼書が融資後の確認資料となります。

審査によって求められる書類がある

収入証明確認資料や資金使途確認資料が不要な申込金額や資金使途であっても、審査によっては書類を求められることがあります。

そもそもフリーローンに必要となる書類は、申込書に記入している内容を確認するためであり、本来であれば高額な融資などの場合に、リスクを少しでもなくすために提出を求められます。

しかし、申込書に記入されている内容に違和感がある場合など、保証会社が確認しなければならないと判断すると、書類によって確認が必要になります。

ですので、本人確認書類のみで借りられる場合でも、資料は準備したうえで申し込むことをおすすめします。

申込内容と相違があれば審査落ちする

先ほど、フリーローンに必要となる書類は、申し込みで申告した内容を確認するためであるということをお話しました。

では、申告した内容と書類のないように相違がある場合には、どのようになるのでしょうか。

内容に相違がある場合には、仮審査で通っていたとしても、融資を断られてしまう可能性が高いです。

フリーローンに申し込みする人の中には、内容を偽る人も多く、審査で有利になるように実際よりも年収を多く記入したり、他のローンの借入件数や借入総額を少なく申告します。

審査をする保証会社では、内容を偽ってまでも借りたいほどお金に困っていると判断します。

また、ローンは信用があってこそ借りられますが、嘘をついてまで借りようとする人の信用はあてになりませんので、融資してもらうことができなくなってしまいます。

インターネットで申し込む場合は注意が必要

今ではフリーローンもインターネットで申し込むことができます。

ですので、自宅にいながら時間を気にせず手続きできますが、入力ミスしたことに気付かずに送信してしまっていることもあります。

入力ミスであれば問題ないと思う人もいるかとは思いますが、このような場合も融資を断られてしまいます。

というのも、銀行や保証会社では内容が異なることについて、故意なのか偶然なのかを判断することはできず、リスク回避のためにすべて故意であると判断します。

インターネットでの申し込みは非常に便利なのですが、入力した内容をチェックするのも自分だけですので、何度も内容を確認したうえで送信するようにしなくてはなりません。

まとめ

フリーローンを借りる際は、基本的に運転免許証などの本人確認書類だけで融資を受けることができます。

しかし、銀行が定める金額以上を申し込む場合には、所得を確認する資料が必要になります。

また、必ず資金使途を確認する資料が必要な銀行もありますし、借り換えなど特定の資金使途の場合に書類が必要となることもあります。

どのような書類が必要になるかは、各銀行のホームページでも確認できますので、準備してから申し込むようにしましょう。

コメントを投稿できます!

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要!

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

  4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入/貸入ありでも借りれるカードローン 

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談