即日に現金化してくれるファクタリング業者はあるのか

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

経営者にとって会社の資金繰りは、頭を悩ませる一番の問題だという人が多いでしょう。

経営者にとって期日前の売掛金がすぐに現金化できるファクタリングは、助かる存在だと言えます。

ファクタリングを利用すれば即日に現金化してもらえるのか、またそもそもファクタリングとはどういうものなのか詳しく説明していきます。

ファクタリングとは

ファクタリングは期日前の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうものです。

売掛金とは企業が代金や、サービスを提供したけれどその対価をまだ受け取っていないものです。

帳簿上には売掛金で計上され、通常1か月から2か月後にその代金が取引先から入金されます。

ファクタリングとはファクタリング会社がその売掛金を企業から買い取り、そのあとに売掛金を回収する金融サービスのことです。

ファクタリング業者に依頼すれば、手数料はかかりますが通常ならすぐに現金化できない売掛金を早期に現金化することができるため、申込者の様々な条件に合わせて資金が調達できます。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングにはメリットもありますが、逆にデメリットも存在します。

ファクタリングのメリットは下記のようなものです。

メリット
  • 売掛金が早く手元に入り、売掛先の破綻などで売掛金が回収できないリスクが減る
  • お金の流れ(キャッシュフロー)の改善やバランスシートのスリム化が望める
  • 社会保険や各種税金が滞っている場合でも申し込める
  • 担保や保証人が必要ない
  • 買取り金額枠の中なら繰り返し利用可能
  • 診療、介護報酬債権も買い取ってもらえる
  • ブラックリストに載っていても利用できる
  • 融資ではないため、総量規制の対象にならない

ファクタリングは融資ではなく売買契約であるため、バランスシート上でも負債にならないというメリットがあります。

また売掛先の信用度が重視され、そのため銀行からの融資が受けられなかった会社でも審査に通る可能性があります。一方でファクタリングのデメリットを確認していきましょう。

デメリット
  • 売掛金の金額よりも少ない金額しか手元に残らない
  • ファクタリングの手数料次第では、資金繰りがうまくいかずに経営状況が悪化する
  • ファクタリングで買い取ってもらえるのは、既に発生している売掛金のみ
  • 回収不能・回収が困難な売掛金は買取り不能な場合がある
  • ファクタリングの契約内容では、売掛先にファクタリングの利用を説明する必要がある
  • 売掛先からの信用が下がったり、今後の取引に影響がでたりする可能性がある
  • 手数料が法律によって規制されていない

ファクタリングの大きなデメリットは手数料が高いことです。

場合によっては銀行融資よりもコストが高く付いてしまう可能性があるため、ファクタリングの多用には気を付ける必要があります。

また、売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうと、「資金繰りに困っているのではないか」と勘繰られて今後の取引に影響がでることも考えられます。

ファクタリングにはメリットも多いですが、大きなデメリットもあるということを認識して利用するようにしましょう。

ファクタリングの即日現金化は可能か

ファクタリングが即日の現金化が可能かどうかは、申し込む内容やファクタリング業者によって違います。

即日振り込み可能をうたっている会社でも混雑具合によっても対応の早さは違ってくるため、実際申し込んでみたら審査はすぐに終わるけれど入金までに数日かかる場合もあります。

実際にファクタリング会社の「買い取るぞう」に問い合わせたところ、「債権の金額にかかわらず即日の融資は100%可能とは言い切れないけれど可能な場合もある」との回答がありました。

このことから、ファクタリングでの即日の資金調達は簡単ではないと考えたほうがいいでしょう。

即日の現金化の可能性を上げるコツとして不良債権を持ち込まないようにし、事前に必要書類の確認をして不備なくそろえたうえで、午前中に審査を申し込むようにしましょう。

また申込は必要な分だけで、数千万円以上の大口の申込はしないようにすることをおすすめします。

ファクタリングを申し込む際の注意点

ファクタリング業者の中は悪徳業者がまぎれこんでいる場合も多いため、ファクタリングに申し込む際は必ずファクタリング業者の評判の他に手数料や対応地域、売掛金の買取り上限額などを自分で調べる必要があります。

また建設業や介護事業、アパレルに向いているファクタリング等のように業種によって利用できるファクタリングの種類も違うため、どのような業種が利用可能かも確認しておきましょう。

ファクタリング業者によっては、ネットで申込みはできても契約は直接事務所に出向かなければならない場合もありますので、遠方の業者の場合は交通費についても考えておく必要があります。

実際にファクタリング業者に申し込みをしても、手数料の内訳や売掛金がいつ入金されるかなどの説明がきちんとされない場合は、悪徳業者の可能性もあります。

手数料が高すぎる、必要ないはずの担保や保証人の要求、契約書をもらえない、事務所の場所がわからないなどの場合は、悪徳業者の可能性があると考えて安易に契約しないように気を付けましょう。

ファクタリングの種類

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と、「3社間ファクタリング」の2種類があります。

2社間ファクタリングは利用会社と、ファクタリング業者のみで契約を行うファクタリングのことです。

メリットとしては売掛先にファクタリングをしていることが知られないので、今後の取引に影響しないことがあります。

デメリットはファクタリング業者のリスクを減らすため、手数料が高く設定されているため手元に残る金額がその分減ることです。

一方で3社間ファクタリングは利用会社とファクタリング業者にくわえ、売掛先の企業をいれた3社でファクタリングを行うファクタリングのことです。

2社間と違って売掛先の企業に、ファクタリングを行うことを説明して同意を取る必要があります。

メリットはファクタリング業者のリスクが低いため、手数料が2社間ファクタリングに比べて安いことです。

その代わりに売掛先にファクタリング利用を知られることで、風評被害につながったり売掛先の企業の承諾が必要であったりするため、即日の入金はほぼ不可能な点が上げられます。

関連記事をチェック!

31view

ファクタリングの2社間と3社間の違いやそれぞれのメリット

ファクタリングを検討していると2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという言葉を耳にすることがあるでしょう。 どちらの制度を利用するかによって、手数料や売掛先の同意が必要かなどの差がでます。 ...

ファクタリングの2社間と3社間の違いやそれぞれのメリット

必要書類は何があるか

必要書類はファクタリング業者によって違うため一概には言えませんが、多くのファクタリング業者で必要とされるものは商業登記簿謄本と印鑑証明書です。

本人確認書類が必要な場合もあるようです。

また2か月以内の売掛金の出金がある通帳と売掛金がわかる納品書や見積書や、2期分の決算書などが必要な会社もあります。

さらに会社の対象が法人と、個人事業主では必要書類もかなり違ってきます。

ファクタリングを希望する場合は、事前にファクタリング業者へ電話などで詳細を問い合わせることをおすすめします。

まとめ

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、どちらを利用するかによって手数料がかなり違ってきます。

必要書類もファクタリング業者によって、また利用企業が法人か個人事業主どちらかによって大きく変わりますので事前の確認が必要です。

またファクタリングの即日振り込みは簡単ではないので、ファクタリングを申し込む際は余裕をもって申し込むことを心がけましょう。

関連記事をチェック!

99view

10社解説!おすすめファクタリング業者一覧

ファクタリングという資金調達方法がここ数年注目を集めています。 ファクタリングとは、売掛金などの売上債権を売却して資金化することで、借入金ではありません。 また、ファクタリングで売却した売掛金を支...

10社解説!おすすめファクタリング業者一覧

関連記事をチェック!

6view

日本ファクタリングは迅速な資金調達が可能!

ファクタリングは期日前の売掛金を、現金化する資金調達方法です。ファクタリングが利用できる会社はたくさんあり、手数料などのサービス内容も様々です。 中でも日本ファクタリングは、最短即日現金化が可能...

日本ファクタリングは迅速な資金調達が可能!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)