ファクタリングの二重譲渡リスクに注意

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ファクタリングの申込みをするときに、「二重譲渡リスクがあるので債権譲渡登記を行ってください」と言われることがあります。

債権譲渡登記は手続に費用が必要であるため、余り行いたくないですが、そもそも二重譲渡リスクとはどのようなものでしょうか。

今回は、ファクタリング利用のリスクについて確認していきましょう。

ファクタリングの二重譲渡リスクとは

ファクタリングの申込みをするときに、耳にすることがある「二重譲渡リスク」という言葉ですが、ファクタリング申込者には聞きなじみがない場合もあります。

ファクタリングを正しく利用していれば、二重譲渡を行うことはありませんが、二重譲渡リスクを理解しておくことで、ファクタリング契約の内容を深く理解することが可能です。

そこで、ファクタリングの二重譲渡リスクについて解説していきます。

申込者が複数の会社とファクタリング契約をすること

まず二重譲渡という行為ですが、これはファクタリング契約者(会社)が複数のファクタリング会社と契約を行うことを指します。

例えば、最初に30万円の売掛金をファクタリング会社Aに譲渡した後に、ファクタリング会社Bにも同じ30万円の売掛金を譲渡してしまう状況が二重譲渡です。

ファクタリングは売掛金の債権を、ファクタリング会社に完全に譲渡する契約なので、ひとつの売掛金でふたつの契約を行うことは違反となります。

二重取引は契約違反なだけではなく、ファクタリング会社をだまして現金化しているため、法的にも詐欺罪に当たる可能性が高いです。

ファクタリング会社は二重譲渡を防ぐために、二重譲渡リスクを避けるために債権譲渡登録をしたり申込者や売掛先の会社の調査を行ったりします。

債権譲渡登記をすることでリスクを防ぐ

ファクタリング会社は、二重譲渡をされると損をする可能性が高くなります。

二重譲渡をされたということは、自社とは別のファクタリング会社に債権を取り合う必要があるからです。

ファクタリング会社はこのように、他のファクタリング会社と債権の取り合いになったときのために、債権譲渡登記を行って二重譲渡リスクを防ぎます。

ファクタリング契約を行うときに、債権譲渡登記を行うことでファクタリング会社はリスクを回避することができるのです。

二重譲渡が発覚すると売掛先にバレる

二重譲渡リスクを回避するために、ファクタリング会社は基本的に債権譲渡登記を行うことが多いですが、中には債権譲渡登記を行わずに契約を行うこともあります。

債権譲渡登記をしない場合はファクタリング利用者が二重譲渡をしてしまうことも可能となり、万が一、二重譲渡をされてしまった場合、ファクタリング会社は即座に売掛先に債権を確保するための連絡を入れるのです。

したがって、二重譲渡を行うと確実に売掛先に二重譲渡とファクタリングの事実がバレます。

これらの情報が売掛先にバレてしまうと、確実に二重譲渡を行った会社は信用を失ってしまいます。

最悪の場合、ファクタリング会社に詐欺罪で訴えられる可能性もあるのです。

二重譲渡を行うリスクはとても高いので、絶対に行わないようにしましょう。

架空債権をファクタリングされるリスクとは

二重譲渡リスクの他にもファクタリング会社は様々なリスクを回避するように対策を採っています。

中でも申込者の債権が架空債権だったという悪質なケースもあります。

架空債権のリスクがどのようなものかも、合わせて確認していきましょう。

実際には存在しない売掛金でファクタリングを行う

ファクタリングを行うときには当然、売掛先から受け取った実在する売掛金で行いますが、中には実在しない売掛金をファクタリング会社に持ち掛けて、現金化を行う会社も存在します。

このような、実在しない債権で取引を行うことが架空債権です。

架空債権で取引を行うために、申込みの会社はうその売掛金の情報を作り上げたり、売掛先の情報を作り上げたりします。

申込みの内容がうそでないかを確認するために、ファクタリング会社は申込会社の情報や売掛先の信用情報などの調査を徹底的に行います。

架空債権のファクタリングは犯罪行為

架空債権でファクタリングを行うことは、ファクタリング会社をだましているため犯罪行為です。

詐欺罪として刑事告訴されてしまった場合、申込みを行った会社が立件されてしまう可能性も高いです。

もしも、だました売掛金を弁償できたとしても、ファクタリング会社をだました事実は変わらないため、法的争いになることも多いですし、何より会社の社会的な信頼は取り返しがつかないほど落ちてしまうでしょう。

3社間ファクタリングは二重譲渡リスクが低い

ファクタリング会社は二重譲渡リスクや、架空債権のリスクを避けるために債権譲渡登記などの対策を採るようにしています。

登記や調査には相応の費用がかかるため、ファクタリングの手数料は通常の融資よりも高くなることが多いです。

申込みをする会社としては、このような理由で手数料がかかってしまうことは余り好ましくありません。

そこで、おすすめの方法が3社間ファクタリングです。

どのような部分がおすすめかを具体的に解説していきます。

3社間ファクタリングは直接回収できるため有利

3社間ファクタリングとは、売掛金を所有している会社とファクタリング会社以外に、売掛先の会社も併せた3社で取引を行う契約です。

3社間ファクタリングの特徴は、売掛先の会社の同意を得ることができるため、二重譲渡リスクを格段に下げることができます。

さらに、最後の売掛金の回収もファクタリング会社が直接行えるため、債権が回収不能になるリスクも低いです。

このため、ファクタリング会社はできる限り2社間ファクタリングではなく、3社間ファクタリングを行いたいため、手数料も2社間より格段に下げているのです。

手数料や審査などが有利に働くことも

ファクタリング会社は3社間ファクタリングを行う方が二重譲渡リスクを減らせるため、2社間ファクタリングよりも契約内容で優遇していることが多いです。

特に手数料の低さは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは大きく異なります。

2社間ファクタリングでは手数料が高く、20~30%の高利率の手数料を取られることも珍しくありません。

対して、3社間ファクタリングの場合には、10%以下の低利率で現金化ができることも多くコスト削減ができます。

ただし、手数料の利率は申込会社の信用情報で左右されやすいため、3社間でも高利率になる可能性があるので気をつけてください。

まとめ

ファクタリング会社は二重譲渡リスクなど、申込会社がだましていないかのチェックを入念に行います。

申込会社は3社間ファクタリングを行うことで、ファクタリング会社の信用を得ることができますが、売掛先にファクタリングを行うことを知らせて同意を取る必要があります。

どちらが向いているかを検討しながら選択をしてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談