ファクタリングとは?分かりやすく解説とメリット・デメリットを紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ファクタリングという言葉を聞いたことがあるものの、どのような仕組みでどんな状況のときに利用すればいいのか気になる人もいるようです。

そこで、ファクタリングが銀行融資や手形割引とどう違うのか、どのような仕組みとなっているのか見ていきましょう。またファクタリングを行うメリットとデメリットも紹介します。

ファクタリングについて解説!

ファクタリングの仕組みと、どのような種類があるのか確認しましょう。また取引を行う種類も、幾つかありますのでしっかり覚えておきましょう。

ファクタリングの種類は4つ

ファクタリングと一言で言っても契約によっていろいろな種類があり、大きく「買取り型」と「保証型」のふたつの種類に分かれます。

ファクタリング業者に売掛金を買取りしてもらう「買取り型」と、売掛先が倒産したときの支払いをファクタリング会社に保証してもらう「保証型」の2種類です。

さらに買取り型で2種類、保証型で2種類、合計で4つの種類に分かれます。それぞれ特徴を紹介しますので参考にしてください。

<買取り型>

  • 一括ファクタリング

売掛債権をファクタリング会社が買い取り、現金化する方法です。ファクタリングと言えばこの一括ファクタリングを指すことが多く、取引形態が2社間と3社間とがあります。

  • 医療報酬債権ファクタリング

医療機関や介護業などで生じた 診療報酬の売掛金をファクタリング会社が買い取る方法です。

このときの医療機関などが持つ医療報酬債権は国民健康保険や社会保険が支払いをするものです。また医療報酬債権ファクタリングは3社間の取引となります。

<保証型>

  • 国際ファクタリング

企業が海外のバイヤーと国際取引を行う場合に発生する売掛金をファクタリング会社に保証してもらうものです。

売掛金回収代行とも呼ばれ輸出債権の未回収を防ぐことを目的としています。

海外企業の信用調査や売掛金の回収が困難な場合が多いため、ファクタリング会社を利用することで安心して海外取引ができるというメリットがあります。

  • 保証ファクタリング取引先の売掛金や手形の支払いをファクタリング会社が保証してくれるものです。

売掛先が万が一倒産や資金ショートとなったときに、ファクタリング利用会社が持つ売掛債権をファクタリング会社が保証するというもので、保険のような使われ方をされています。

一括ファクタリングの仕組みとは?

ファクタリングにはいろいろな種類がありますが、ファクタリングで一般的に使われる「一括ファクタリング」の仕組みがどのようなものか確認していきましょう。

まずファクタリングで重要なものは、「売掛先」「売掛債権」「ファクタリング会社」「利用する会社」です。

ファクタリングを利用する会社が持つ売掛債権をファクタリング会社が買い取り、手数料を引いた売掛金を現金化する方法です。

回収までに時間がかかることが多い売掛金を支払期日前に現金化できるため、売掛金を回収するまでに材料費や人件費などの持ち出しが多い建設業で、多く利用されている資金調達方法です。

一括ファクタリングの取引形態はふたつある

一括ファクタリングの取引形態は、「2社間取引」「3社間取引」のふたつがあります。

各取引形態はどのような仕組みと、特徴があるのか確認しましょう。

2社間取引

2社間取引は、ファクタリング会社と利用する会社の2社で行われるものです。

基本的に売掛先の同意を取らずに契約することができるため、売掛先にファクタリングを利用していることを知られて信用度が下がったり、取引に影響がでたりするということもありません。

ただし、ファクタリング会社によっては第三者対抗要件として、債権譲渡登記を行われることがあります。

その場合は売掛先に通知される場合があるため、契約前に債権譲渡登記を行うのかどうか確認をしておく必要があるでしょう。

3社間取引

3社間取引はファクタリング会社と利用する会社、売掛先の3社間で行われる取引形態です。

2社間取引と異なり、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することに売掛先が承諾しなければ実行されません。

つまり売掛先に資金繰りに悩んでいることが知られてしまい、場合によっては信用を失い契約解除されることもあります。

ただし、ファクタリング会社にとっては売掛先から売掛金を直接入金してもらえるため、2社間よりも安心して契約することができるでしょう。

関連記事をチェック!

96view

ファクタリングの種類と特徴は?どれを選べばいい?

ファクタリングは売掛金を資金化するものと、多くの人が思っているようです。 これは間違いないのですが、実はファクタリングには4種類のものがあります。 利用する会社の業種や形態によって異なり、それぞれ...

融資や手形割引と何が違う?

資金調達を検討するときにファクタリング以外の資金調達として、融資を考える人も多いですが、ファクタリングのように期日前に回収できるものとして手形割引があります。

手形割引は資金繰りに困っているときに、役立ちますのでファクタリングとの違いについて確認していきましょう。

金融機関からの融資

融資は資金調達では一般的ですが、特に銀行からの融資は中小企業にとってはハードルが高いものとなるため、借りたくても融資してもらえないことも少なくありません。

また、審査に通ったとしても融資までに時間がかかること、そして融資は「借金」となるため、必ず返済しなければならないこと、完済するまで利息がかかり続けることなどが融資のデメリットとなります。

ただし、ファクタリングの場合は売掛金以上の金額は現金化できませんが、融資ではそれ以上の金額を借りることができる可能性があります。

また低金利で融資を受けることができればファクタリングの手数料よりもお得に利用できる場合もあるため、借りたい金額などの状況によって使い分けることをおすすめします。

手形割引

手形割引は支払期日前の約束手形を金融機関で換金する方法です。本来支払われる日より前に、お金を得ることで手数料が差し引かれます。

ファクタリングと同様に早期に現金化できますが、飽くまで約束手形を担保に「融資を受けた」ということになるため返金義務があります。

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらうため、万が一売掛先が倒産して回収できなかった売掛金の責任を基本的には負う必要がありません。

関連記事をチェック!

289view

ファクタリング方式とは?利用方法や業者が儲かる仕組みを徹底解説!

ファクタリングは、売掛債権を現金化することで、会社の資金ショートを防ぐことができます。 そのため、今や銀行融資と併せて経営者が知っておきたい資金調達方法といえるでしょう。 しかし、その詳しい仕組み...

ファクタリングを利用する状況とは?

銀行融資や手形割引とも違うファクタリングは、売掛債権がないと利用できません。

ファクタリングを利用したいと考える会社は、どのような状況にある場合が多いのか確認していきましょう。

銀行融資を断られた

資金繰りに悩むと思い浮かぶのは、銀行からの融資ということもあるでしょう。

しかし銀行は審査が厳しく、中小企業は直接銀行からの融資を受けられないこともあります。

資金繰りに悩んで少しでも低金利な銀行で借りたいと考えても、審査に通らなければ意味がありません。

ファクタリングは申込企業の信用度よりも、売掛先の信用度が重要視されるため、銀行融資の審査に落ちたとしても売掛先に問題がなければ審査に通る可能性があるのです。

売掛金の入金までに時間がかかる

売掛債権を持っているけれど入金される日までが長いという場合は、資金が必要な時期と入金される時期に時間的な差が生じます。

すぐに資金調達できれば仕入れを増やしたり、事業を拡大したりするための資金調達ができるというメリットがあります。

また売掛金回収までに必要となる従業員への給料支払いや、一時的なつなぎ資金などもファクタリングで調達することができるのです。

取引先に知られずに資金調達したい

ファクタリングは期日前の売掛金を早く現金化できますが、取引先にファクタリングの利用を知られると資金繰りに困っているのではないか、倒産のリスクがあるのではないかと判断される恐れがあり、最悪の場合は契約解除になるかもしれないと思ってしまう人もいるようです。

ファクタリング契約にはファクタリング会社と利用する会社の2社間取引があり、2社間取引の場合は、取引先に知られることなく現金化できるため、取引先の信用を下げることなくファクタリングを利用することが可能です。

借金を増やしたくない

銀行や消費者金融から融資を受けている場合に、これ以上は借入れを増やしたくないこともあるでしょう。

借入れが増えれば利息も増え、負債が増えることで財務状況も悪化します。

また返済が滞り延滞となれば金融機関からの信用が下がるため、今後の融資に影響がでてしまいます。

そのため、なるべく必要以上の借金は、避けたいと考える企業が多いでしょう。

ファクタリングは借入れではなく、売掛債権を買い取ってもらうので負債にはならず、売掛先が倒産して売掛金の回収ができなくても資金の負担をする必要がありません。

ファクタリングを利用する方法

ファクタリングは借り入れではありませんが、審査を受ける必要があります。

どのような流れでファクタリングを利用するのか見ていきましょう。

ファクタリング会社を選ぶときのポイント

利用する前にまずはファクタリング会社を選定する必要があります。

ファクタリング会社はたくさんあり、見積りを取ろうと思ってもどこに依頼すればいいか絞ることも大変です。

ファクタリング会社を選ぶときに気を付けるポイントを紹介しますので、参考にして条件に合うところを見つけてください。

急いで資金調達したい

早く資金調達をしたいときにファクタリングを利用することも多いでしょう。

融資実行が早いことはファクタリングの特徴でもあり、そのため多くのファクタリング会社が即日から3日以内で融資可能となっています。

また3社間より2社間取引の方が、売掛先の承諾が必要ないため早く融資を受けやすいと言えます。

したがって2社間取引も利用できる、ファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

土日対応のファクタリング会社

週明けに資金調達したいときには、土日に審査を受けられる会社にするといいでしょう。

ただし土日に受け付けてくれるファクタリング会社は余りないため、手数料が高めに設定されている可能性があります。

土日に審査の回答が分かっても、入金される日は週明けということもありますので注意しましょう。

手数料を抑えたい

ファクタリングの手数料は高いと言われていますが、できるだけ手数料を抑えたいのであれば、相見積りを取ることをおすすめします。

複数の会社の中から安い手数料を提示した会社と、その他の条件が合うところを選ぶ方法が手っ取り早いと言えるでしょう。

また手数料を考慮するときに3社間取引の方が安いですが、売掛先に説明をして同意を取る必要があることを覚えておきましょう。

また、余りに手数料が安すぎたり、手数料の内訳が全く分からなかったりする場合は悪徳会社の可能性もあるため、契約前に内訳や契約内容をよく確認をすることをおすすめします。

申込みから入金までの流れ

ファクタリング会社を選び、申込みをしてから入金されるまでの流れを確認しましょう。

Step1.申込みまで見積りから条件に合うところを選びます。
Step2.申込み申込みでは次の内容を申告します。

  • 会社の規模・資本金
  • 利用金額
  • 入金希望日
  • 使用使途
  • 業務内容
  • 売掛先会社の情報と売掛金額
Step3.仮審査・本審査仮審査では申込時に申告した内容から、ファクタリング実行の可否を決めます。
仮審査に通過すると、必要書類を提出し申告内容に相違がないか確認されます。
Step4.入金指定された口座へファクタリング会社から振り込まれます。

売掛金の支払いは2社間と3社間で方法が異なります。また支払い方式も「一括割引方式」「個別割引方式」があります。

ただし一括割引方式しか利用できない、ファクタリング会社もありますので事前に確認しましょう。

関連記事をチェック!

214view

ファクタリングの契約書を見るときのポイント

ファクタリングは売掛金をすぐに現金化できるサービスであり、最近では利用を検討している企業も多いようです。 しかしファクタリングはカードローンなどの融資と仕組みが違うため、契約書を確認せずに契約するの...

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングの審査に必要な書類を事前に用意することで、スムーズにことが運びます。

必要な書類は以下のものとなります。

  • 商業登記簿謄本と印鑑証明書

契約書に押印を押すため、実印を証明するために印鑑証明書が必要です。

そして会社の業務内容を説明するために、パンフレットを提出することもあります。このときは、名刺を一緒に同封することが一般的です。

  • 会社の経営状況を証明するもの

会社の経営状況を証明するものとして、直近3年分の「決算書の写し」「納税証明書」を提出します。

  • 売掛先との基本契約書

売掛先と基本契約を結んでいる場合は、基本契約書を提出しますが、なければ納品書で代用可能です。

  • 発注書や請求書

ファクタリング会社は掛け売りした商品やサービスの契約書や請求書から、売掛金額と入金予定日を確認します。

しっかりと回収できるか確認するために、売掛金が存在するのかを見られるのです。

  • これまでの入金を確認できるもの

売掛先からのこれまで、入金された通帳を提出します。取引記録から売掛先の信用度を把握することができます。

その記録から支払期日に支払われている会社であること、また付き合いが長い会社であることなどが分かります。

手数料はどのように設定されるのか確認しよう

ファクタリングの手数料は、事務手数料や印紙代などが含まれている場合や、債権譲渡登記費用が別途必要な会社もあります。

手数料はファクタリング会社によって全く違っているため、どのような点に注意すべきか確認していきましょう。

手数料に含まれるもの

ファクタリング会社に支払う手数料には、様々な費用が含まれているので紹介します。

ファクタリングの手数料には、ファクタリング会社の利益や諸費用などが含まれますが、一般的に2社間取引と3社間取引では手数料が違ってきます。

2社間取引では売掛先の同意が必要ないため、ファクタリング会社にとっては売掛金が確実に回収できないというリスクが生じます。

そのため3社間より2社間は手数料が高く設定されています。

またファクタリング会社ではファクタリング利用会社や売掛先の信用度によって、売掛金の価値を掛け目と呼ばれる割合で決められます。

売掛先の信用度が高いほど、掛け目の割合も高くなるのが一般的です。

また諸費用としてファクタリング手数料に含まれるものは次の通りです。なお実費も手数料として扱われます。

  • 事務手数料
  • 契約書に貼る印紙代

など。

ただし債権譲渡登記をする場合は、別途登記費用や登記印紙代、司法書士への依頼料などを負担しなければならないファクタリング会社もあります。

手数料の適正相場を知っておこう

市場の適正相場を知ることで、見積りを取るときに悪徳な会社かどうか見極めることができるので覚えておきましょう。

取引形態2社間取引3社間取引
手数料10~30%1~5%

ただし手数料の内訳も重要な要素となるため、手数料が安くても実際に、どのような費用が含まれているのかよく確認をしておくことが大切です。

関連記事をチェック!

14view

ファクタリングの計算は?手数料との関係と算出方法を紹介

事業資金が短期間で必要なものの、銀行などの金融機関から融資が難しいときはファクタリング会社を利用して資金を調達することができます。 しかし利用するときは、ファクタリング手数料が掛かります。 ...

ファクタリングの計算は?手数料との関係と算出方法を紹介

ファクタリングを行うメリット|デメリット

ファクタリングを初めて利用する場合に、リスクが何かまたメリットやデメリットを知っておくと安心です。

それぞれを把握して会社の状況に合う方法や、ファクタリング会社を選ぶときの参考にしてください。

メリット

ファクタリングを利用するメリットは幾つかあります。

次のような点で銀行や消費者金融から、の融資にはないメリットがあると言えます。

  • 売掛金を入金前に現金化できる
  • 売掛先が倒産して売掛金が回収できなくても、ファクタリング会社に支払いリスクが生じない(ただし契約内容に償還請求権が含まれていない場合に限る)
  • 貸借対照表に負債と計上されない
  • 最短即日振り込みが可能

融資では審査を慎重に行うため、資金を手に入れるまでかなり時間がかかります。

しかしファクタリングでは最短即日で現金化することも可能なため、早く資金を調達したいというときにおすすめの方法と言えます。

デメリット

メリットがあればデメリットもあることが多いのですが、ファクタリングにもすべての会社にとってメリットがあるという訳ではありません。

ファクタリングのデメリットは下記のようなものです。

  • 売掛債権の範囲内しか現金化できない
  • 売掛金がないとできない
  • 手数料が高い
  • 3社間の取引では売掛先の承諾が必要

ファクタリングは融資のように、返済に追われることなく売掛金を現金化できます。

しかし手数料が高いということ、また売掛金以上の金額を手にすることができないというデメリットがあります。

また、3社間ファクタリングを利用した場合は売掛先の同意を取る必要があるため、ファクタリングで急いで資金が必要なほど資金調達に困っているのかと売掛先が不安になり、今後の取引に影響がでる可能性もあります。

2社間であれば売掛先の同意を取らずに利用できますが手数料が高いため、どちらを利用するか慎重に検討する必要があるでしょう。

まとめ

ファクタリングは早期に売掛金を現金化できるため急いで資金調達が必要なときや、銀行の融資を断られたときに役立つ資金調達方法と言えます。

ただし手数料がかかり融資に比べて割高になる可能性もあること、また売掛金のすべての金額を現金化できる訳ではないことに注意してください。

関連記事をチェック!

66view

10社解説!おすすめファクタリング業者一覧

ファクタリングという資金調達方法がここ数年注目を集めています。 ファクタリングとは、売掛金などの売上債権を売却して資金化することで、借入金ではありません。 また、ファクタリングで売却した売掛金を支...

10社解説!おすすめファクタリング業者一覧

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談