Pmgのファクタリングは安心して利用できるか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ファクタリング会社をインターネットで検索していると、よく目にする企業のひとつにPmgがあります。

Pmgは東京だけではなく、大阪にも支店があるファクタリング会社です。

売掛金をすぐに現金化したいときには、ファクタリング会社は便利です。

今回はPmgのファクタリングを安心して利用できるかどうかについて解説していきます。

Pmgのファクタリングは安全に利用できるか

Pmgのファクタリングが安心してできるかどうか、気をつけなければならない点などを具体的な内容で解説していきます。

公式ホームページの情報開示が多く信用性が高い

Pmgは数あるファクタリング会社の中で、安心してファクタリングを利用することができる会社だと判断できます。

例えば、判断する材料のひとつに、公式ホームページの会社概要欄に記載されている情報の多さがあげられます。

悪徳会社の場合は、いつでも逃げることができるように会社の情報を多くは記入していないことや、虚偽の情報が載せてあるケースが多いです。

しかし、Pmgは会社の住所や電話番号はもちろん、資本金の金額や顧問弁護士の名前といった詳細な情報も載せています。

さらに、会社のオフィシャルブログには実際に、Pmgの会社で起こったトラブルや取引の情報が逐一更新されているのです。

このように、会社内部の情報を載せている、中小企業は多くありません。

資料請求や問合せに無料対応

「ホームページの情報だけでは安心してファクタリングできるかどうか判断できない」と考える人も少なくありませんが、このような人に向けてPmgは無料で資料請求や質問の問合せを受け付けています。

また、Pmgは申込者のプライバシーを守ることに力を入れています。

さらに、プライバシーを正しく守っている証拠である日本情報経済社会推進協会による、プライバシーマークを付与されているため信用度合いが高いです。

安心して利用できる仕組みが整っていることも、Pmgが安全である理由のひとつです。

手数料については確認が必要

Pmgは安心してファクタリングを利用できる理由を紹介してきましたが、利用前に気をつけなければならないポイントもあります。

それは、諸費用や掛け目といったファクタリング手数料についてです。

ファクタリングには利息が必要ではない反面、ファクタリング手数料が必要になります。

Pmgのファクタリング手数料は審査によって変わってきますが、2社間の場合は10%~15%で、3社間の場合は5%~10%がおおよその目安です。

ファクタリング手数料が20%まで掛かることはほとんどないと言えるでしょう。

Pmgのファクタリングのメリットとは

Pmgが安心して利用できるファクタリング会社であることはわかりましたが、ファクタリングのメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

ここでは、Pmgのファクタリングのメリットについて解説していきます。

融資を断られても現金化のチャンスあり

ファクタリングのメリットとして、銀行などの金融機関からの融資が断られても、現金化ができる可能性があることです。

銀行などの金融機関から融資が断られる原因には、「資金繰りが悪く赤字経営である」「税金の納付を滞納している」、「起業したばかりで金融機関の信用が低い」など様々な理由があげられます。

これらの要因があっても、ファクタリングの審査にとおる可能性は十分にあることを覚えておくといいでしょう。

ファクタリングは金融機関の融資と内容が違う

ファクタリングの審査はなぜ金融機関の融資のように、申し込む会社の業績や信用情報が重要視されないのでしょうか。

それは、ファクタリングと融資の仕組みが根本から大きく違うからです。

金融会社の融資の場合は申し込む会社の信用能力などを審査して金融機関は一定のお金を貸し出します。

ファクタリングは売掛金の回収権をファクタリング会社に譲渡して、対価として売掛金からファクタリング手数料を引いた金額を受け取るサービスです。

このため、ファクタリング会社が重要視することは、「売掛金が実在しているか」や「売掛先の企業に売掛金の支払い能力はあるか」となります。

もちろん、申込企業が信用できる企業かどうか確認は行いますが、申込企業が売掛金の支払を行うわけではないため、審査の内容は他の金融機関とは違います。

売掛先の企業の経営状況に注意

ファクタリングの契約は、売掛金の回収権をファクタリング会社に譲渡する契約です。

そのため、賠償請求権なしのファクタリングの場合、契約後に申込企業は弁済の責任を負う必要はありません。

このため、ファクタリング後に売掛先が倒産などして、売掛金の回収が不可能となっても、弁済せずに済むメリットがあります。

しかしファクタリング申込時に、売掛先の企業が経営難の場合には注意が必要です。

審査時にファクタリング会社から「売掛先の経営がよくない」と判断された場合は、ファクタリング手数料を高額に設定される可能性が高いです。

また、売掛先が以前の売掛金の支払を滞納している場合などは、そもそも売掛金をファクタリングしてくれない可能性まであります。

意外なところで審査落ちをしてしまわないように注意が必要です。

最短1日で現金化ができる

ファクタリングのメリットは何と言っても、ファクタリングまでの期間が短いことです。

Pmgのファクタリングも最短1日で対応しているため、銀行の融資と比べると短期間で現金を手に入れることが可能になります。

申し込むには必要な書類を用意しなければなりません。

Pmgの場合は書類に不備がなければ審査部をされますが、用意する書類の中に発行に時間が掛かるものもあるため手元にない場合は注意が必要です。

なお、審査に必要な書類は下記のとおりです。

  • 申し込む会社の、2期分の決算書(個人事業主の場合2年分の確定申告書)
  • 売掛先からの入金がある通帳(過去3か月以内)
  • 売掛金の請求書、納品書、発注書

1日でのファクタリングを希望する場合には、申込み側もしっかり準備を整えなければなりません。

ファクタリングしてもらえる金額は下限や上限は特に決まりはないですが、20万円をファクタリングしてもらった企業もあります。

まとめ

Pmgのファクタリングは安心できるサービスのため、申込会社がだまされる心配はありません。

ただし、ファクタリング会社を選ぶときには、他の会社のサービスやファクタリング手数料を比較することが大切です。

ファクタリングは複数の会社で見積りを出してもらってから検討しましょう。

ファクタリングのPmgこと、ピーエムジー株式会社の公式サイトはこちら

関連記事をチェック!

108view

10社解説!おすすめファクタリング業者一覧

ファクタリングという資金調達方法がここ数年注目を集めています。 ファクタリングとは、売掛金などの売上債権を売却して資金化することで、借入金ではありません。 また、ファクタリングで売却した売掛金を支...

10社解説!おすすめファクタリング業者一覧

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談