貿易取引のデメリットはファクタリングで解決できる

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

海外の企業を相手に貿易取引をしている企業にとっては、どうしても国内の企業と取引をするよりも代金が回収できないリスクが大きくなります。

「急に海外から受注があったけど、ちゃんと代金を払ってくれる会社だろうか?」と悩んだ経験がある企業も少なくないのではないでしょうか?

これまでの貿易の決済では信用状というもので、代金決済の安全が担保されていました。

しかし、信用状には時間や手数料がかかったり、そもそも銀行の審査が厳しいというデメリットがあり、スムーズに貿易取引を行うことができませんでした。

国際ファクタリングという方法と使えば、信用状での取引によるデメリットを解決することができます。

これまで信用状によって貿易を行っていた企業も、国際ファクタリングという決済方法については理解をしておく必要があると思います。

この記事では国際ファクタリングの概要やメリットについて解説していきます。

信用状による貿易取引

一般的な貿易取引では信用状L/Cというものを使用して取引を行います。

信用状を利用すれば言葉が通じず、顔が見えない輸出先の企業からの支払いを担保した上で安心して貿易取引を行うことができます。

信用状による取引とはどのような取引なのでしょうか?

まずは信用状による貿易取引の流れと、信用状のメリットとデメリットについて解説していきます。

取引の流れ

①商品の売買契約締結
②輸入企業が現地の銀行に信用状の発行を依頼する
③現地の銀行から日本の銀行に信用状が発行・送付される
④日本の銀行から輸出企業に信用状が通知
⑤輸出企業は契約書通りに船積を行う
⑥輸出企業は「B/L」(出荷を証明する書類)を日本の銀行に提示
⑦日本の銀行から受益者(輸出企業)に支払い

信用状による取引は、銀行が輸入企業と輸出企業相互の支払いを保証し、出荷を証明する書類を銀行に提示することで銀行から支払いを受けることができる仕組みとなっています。

これによって、取引先がどのような企業かわからなくても銀行が支払いを保証してくれるため安心に貿易取引を行うことができるのです。

信用状によるメリット

信用状による貿易取引には輸出先企業、輸入先企業にとってはそれぞれメリットがあります。

①輸出企業のメリット
  • 代金の確実な回収が可能
  • 輸入先への商品到着を待つことなく、商品の船積み後、すぐ代金を回収することができ資金繰りが悪化しない

直接送金をする場合には、商品到着後に代金の支払いを受けることが当たり前です。

しかし、信用状の利用によって商品発送後すぐに支払いを受けることが可能になります。

②輸入企業のメリット
  • 船積み商品に不備なく契約通りの商品の船積みを促すことができ安心
  • 前払いをする必要がない

輸出者は契約通りの船積みを行い、その証明書がないと銀行から支払いを受けることができません。

このため、代金を受け取るたけに、契約内容を違反することなく商品の輸入を受けることができるのです。

また、輸入企業と輸出企業相互の銀行が保証を行っているため、前払いなどによって信用取引先の企業の信頼を得る必要がないというのもメリットです。

信用状によるデメリット

便利な信用状による貿易ですが、デメリットもあります。

  • 信用状の発行手数料が発生
  • 手形買取時に割引手数料が発生
  • 船積書類を銀行経由して送付するので書類到着が遅くなる
  • 書類に一つでも条件不一致があると、銀行の保証は得られない
  • 信用状開設の審査が厳しく、審査に通らない可能性がある
  • 信用状を開設するには時間がかかり、取引開始までに時間がかかる

手数料に関してはファクタリングでも発生するため、送金取引でないのでやむを得ないと言えます。

しかし、信用状による貿易のスキームは書類に関しては非常に厳格でコンマが1つ抜けているだけでも書類の不備とみなされて支払いを拒絶されてしまうことがあります。

さらに信用状を発行するということは銀行が当該企業の保証を行うということですので、融資審査並みの厳しい審査が行われ、場合によっては信用状が発行できないことがありますし、少なくとも取引開始から信用状の発行までには時間がかかってしまいます。

国際ファクタリングとは

信用状にはコストが高く時間がかかり、荷物の引取時に書類が必要など、様々なデメリットがあり、スムーズな貿易取引を行うことができません。

そこで、これらの問題点を解決するための手段としてファクタリングという方法が存在します。

国際ファクタリングとはどのような仕組みで決済が行われるのでしょうか?

また、国際ファクタリングはメリットだけでなくデメリットもありますので、しっかりと理解しておきましょう。

国際ファクタリングの仕組み

①売買契約の締結
②輸出企業が輸入企業へ国際ファクタリングの利用について承諾を得る
③輸出企業からファクタリング会社へ信用保証の引受を依頼→国内のファクタリング会社から海外のファクタリング会社へ保証の引受を依頼する
④海外のファクタリング会社が輸入企業の信用調査を行う
⑤信用調査に問題がない場合、海外のファクタリング会社は信用保証の引受を行い、その旨を国内のファクタリング会社へ通知(ファクタリング契約成立)
⑥輸出企業が契約通りに商品を船積みを行い、契約通りの船積みをしたことの証明を提出し、国内のファクタリング会社へファクタリングを依頼
⑦輸入企業から海外のファクタリング会社へ支払い
⑧海外のファクタリング会社から国内のファクタリング会社へ支払い、国内のファクリング会社が輸出企業へ支払いを行う

国際ファクタリングの肝は最初に海外のファクタリング会社が輸入企業の信用調査を行うという点です。

また、信用状という書類の到着を待つことがないことから、海外のファクタリング会社が輸入企業の信用調査を行い、信用保証に了承したことの通知を受ければすぐに商品の船積みができるという特徴があります。

国際ファクタリングのメリット

  • 信用状のやり取りの時間がかからない
  • 海外のファクタリング会社の保証によって100%代金回収が保証される
  • 信用状よりも書類の管理が厳格でない
  • 信用状の発行よりも審査が厳しくない

もしも輸出先企業が支払いを行わない場合には海外のファクタリング会社が保証してくれるため、100%代金回収が保証されます。

さらに、銀行による信用状の発行よりもファクタリング会社の信用保証審査の方が甘いため、信用状を発行できない企業でも国際ファクタリングであれば利用できる可能性があります。

また、書類の不備に対して信用状による貿易は非常に厳格ですが、海外ファクタリングの場合には信用状よりも厳格ではありません。

このため、信用状による貿易よりも国際ファクタリングの方がスムーズに貿易を行うことができるのです。

国際ファクタリングのデメリット

国際ファクタリングのデメリットは何と言っても手数料です。

信用状では年率0.5%~1.0%であるのに対して、国際ファクタリングでは月利で0.7%~2.0%の手数料が発生します。

また、銀行系などのファクタリング会社でないと国際ファクタリングを扱っていない場合があります。

取扱銀行が少ないという点も大きなデメリットでしょう。

関連記事をチェック!

87view

みずほ銀行にファクタリングサービスはある?得意業種や特徴を紹介

みずほ銀行の戦略金融会社に、「みずほファクター株式会社」があります。 メガバンク系のファクタリング会社は、ノンバンク系とどのような違いがあるのか気になる人もいるのではないでしょうか。 銀行...

みずほ銀行にファクタリングサービスはある?得意業種や特徴を紹介

国際ファクタリングが向いている企業

国際ファクタリングは効率的ですが、コストが高いというのが最大のデメリットです。

信用状と国際ファクタリングどちらがいいの?と疑問に思い方も多いでしょう。

筆者が考える国際ファクタリングに向いている会社は管理コストが大きな会社です。

具体的には以下のような会社を挙げることができます。

取引先数が多い会社

取引先数が増えていくと、海外の数ある取引先の与信管理を自社で行うことは非常に困難になります。

国際ファクタリングのメリットとして、海外のファクタリング会社が海外の輸入企業の与信管理を行ってくれるというメリットがあります。

自社だけでは海外の取引先の与信を管理できない場合は国際ファクタリングが活用できるでしょう。

複数の国に輸出している会社

また、複数の国の企業に輸出している場合も同様です。

国際ファクタリングを利用すればいかに取引先企業が複数の国に散らばっていようとも、与信管理はファクタリング会社が行ってくれるため、自社はファクタリング会社の与信に基づき商品を船積みすればよいだけです。

国際ファクタリングは手数料は高いですが、海外の輸入先企業の与信管理をアウトソーシングできてしまうというメリットを得ることができます。

1社や2社であれば自社で管理できますが、輸入企業の数が多く、複数の国に点在しているような場合には国際ファクタリングは活用することができます。

まとめ

直接送金取引をしない場合には、これまでは信用状によって銀行から保証をしてもらい代金回収と契約内容通りの船積みが保証されていました。

しかし、信用状による貿易は、書類のやりとりに時間がかかってしまうということや、そもそも銀行の厳しい審査にどのような企業も通過できるとは限らないなどのデメリットがあります。

国際ファクタリングではこのような信用状による貿易のデメリットを改善することができる上に、輸入先企業の与信管理まで行ってくれます。

複数の国に取引先を多く抱えている輸出企業は国際ファクタリングを有効に活用することができるので、利用の検討をしてみてはいかがでしょうか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談