ファクタリング活用方法!延現金のリスクはファクタリングで解決できる!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

企業が決済を行う手段として1990年代までは手形の発行によって行うことが一般的でした。

しかし、手形の発行は企業にとっては管理費や印紙代などのコスト負担が大きくなります。

そこで手形の発行はここ20年で激減しており、1990年から2016年までの間に10分の1以下に減少しています。

手形の発行が少なくなり、お金を支払う側の企業にとっては、手形の発行による手形用紙代や収入印紙代などの負担がなくなり、コスト削減や事務量の軽減に繋がりました。

手形の代わりに決済手段として登場したのが、延現金という支払い手段です。

「取引先から延現金によって支払いをお願いします」などと依頼されたことがある企業も多いのではないでしょうか?

延現金は支払い企業からすれば手形発行よりもコストがかからないというメリットがありますが、支払いを受ける企業からすると、期日になるまでに資金調達手段がないということです。

延現金は受け取り企業からするデメリットの方が多い決済手段です。

また、延現金による資金繰りの悪化を解決できるのがファクタリングという方法です。

この記事では延現金のメリットとデメリット、またファクタリングによる解決方法などについて解説していきます。

延現金とは

延現金とはあまり聞きなれない言葉かもしれません。

会計上は延現金とは売掛金と同じですが、資金が入ってくるタイミングが売掛金とは全く異なります。

延現金は売掛金のように、すぐに現金が入金にならず、手形のように、数ヶ月先になることが多い売り上げです。

まずは延現金の概要と、延現金が企業の資金繰りに及ぼす影響などについて解説していきます。

期日を決めた現金払い

延現金とは期日指定振込とか期日指定現金払いなどとも言います。

簡単に言えば「○月○日に支払います」ということを取り決めて、その日に支払いを行うことです。

支払先企業とすれば、支払いを先延ばしにすることはでき、資金繰りに余裕が生まれることになります。

期日を決めるという点では手形と同じ支払手段ですが、手形の発行がないため、コストが発生しないというメリットがあります。

売掛金との違い

手形の発行がないという点では、売掛金と同じでは?と考えてしまう人も多いのではないでしょうか?

売掛金は月末を締め日としてその後すぐに支払いを受けるという債権です。

しかし延現金では60日先など、だいぶ先の期日を指定することができます。

つまり延現金の方が決済が売掛金よりも先になり、延現金は支払期日が明確に決まっているのです。

手形の発行がない決済手段

手形の発行がないため、支払先企業は支払いを先延ばしにしながらも手形の発行にかかるコストや手間から解放されることができます。

一方、受け取り先企業からすると、手形の発行がないために資金調達手段が限られてしまうことになります。

この点については後述します。

会計上は売掛金

売掛金も延現金も会計上は売掛金として仕分します。

例)得意先に100万円60日後の期日指定振込で売り上げた

売掛金(100万円)  売上(100万円)

と仕分することになり、売掛金も延現金も会計上は同じく『売掛金』となります。

延現金のデメリット

延現金が取引先に対する債権であることは間違いありません。

しかし、延現金と手形の決定的な違いは、延現金では現金化も取引先への支払いもできないという点にあります。

手形を受け取っていれば、支払手段として活用できた選択肢が延現金は支払手段として全く活用できないただの債権なのです。

具体的に延現金での支払いを受けた企業にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

手形割引が使用できない

得意先から受け取った手形は、銀行へ持っていくと、手形を担保に手形期日までにお金を貸してくれます。

この借入方法と手形割引と言います。

通常手形の期日は数ヶ月先になりますが、手形割引を利用することで支払期日前でも手形を現金化することができ、企業の資金繰りは円滑化することになります。

手形が主な決済手段だった1990年代までは企業の資金繰り手段として手形割引は非常にポピュラーでした。

しかし、手形でなく延現金で支払いが行われると、手形割引ができずに現金化する手段がなくなってしまうことになります。

手形のように裏書譲渡ができない

取引先から受け取った手形は、裏書を行うことによって、支払先の支払手段として利用することもできます。

例えば仕入先に100万円の支払いがある場合、手元に取引先からの受取手形100万円がある場合には、その手形を仕入先に渡すことで支払うことができました。

これを手形の裏書譲渡と言います。

手形でなく延現金で決済が行われると、このような支払い方法も行うことができなくなってしまいます。

企業は期日まで資金繰りに困窮

このように、手形の発行がない場合には企業は手形割引による借入や、裏書譲渡による取引先への支払いも不可能になってしまいます。

つまり、延現金の期日になるまで手元にお金を持っていない企業は資金ショートしてしまう可能性が非常に大きくなります。

このような問題を解決する方法としてファクタリングを有効に活用することができるのです。

ファクタリングで延現金問題を解決

延現金は取引先への支払いも、割引もできません。

このため、延現金は期日になるまでは企業の資金繰りに全く寄与しないのですが、ファクタリングを活用することで、資金繰りを劇的に改善することが可能です。

さらに期日が先になる延現金には「期日になっても取引先が支払いをしないかもしれない」というリスクがつきものです。

このような延現金のリスクもファクタリングによって排除することが可能です。

延現金をファクタリングすると

延現金をファクタリングすれば、数ヶ月先の支払期日の債権をすぐに現金化することができます。

手形割引もできない裏書譲渡もできない延現金ですが、ファクタリングを活用すれば期日を待つことなく現金化することができます。

期日を待つことなく現金化することができるため、会社の運転資金の枯渇を心配する必要はありません。

また大口の受注を延現金で受けた場合などは、手元に現金がないと受注に伴い発生する支払いを行うことができずにビジネスチャンスを逃してしまうこともありますが、受注してすぐにファクタリングを行えば、資金繰りを気にせずに大口の仕事を受注することも可能です。

保証ファクタリングも活用可能

延現金が支払期日は数ヶ月先の支払いですので、売掛先が本当に期日通りに払ってくれるかどうかが不透明です。

期日が先になるということは売掛先も資金的に楽ではない可能性があるためです。

このような貸し倒れのリスクを排除する目的でもファクタリングは活用することができます。

それが保証ファクタリングです。

保証ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権や手形の支払いをファクタリング会社が保証するサービスです。

支払企業が倒産・経営破綻により、売掛金が入金されず貸し倒れとなった場合には、ファクタリング会社が債権の金額を保証してくれます。

もちろんファクタリング会社も無料で保証してくれるわけではなく、リスクに応じた保証料を支払う必要がります。

このように、手元に資金が余裕のある会社でも保証という形で延現金に対してファクタリングを利用することで、リスクを排除することができます。

関連記事をチェック!

54view

ファクタリングの種類と特徴は?どれを選べばいい?

ファクタリングは売掛金を資金化するものと、多くの人が思っているようです。 これは間違いないのですが、実はファクタリングには4種類のものがあります。 利用する会社の業種や形態によって異なり、それぞれ...

まとめ

延現金とは支払い期日を数ヶ月先に指定した売掛金です。

支払期日が先になり、手形の発行がないため、受け取り企業にとっては①手形割引ができない②裏書譲渡による決済ができないという2つの問題点があります。

このような問題点を解決する方法がファクタリングで、ファクタリングを行うことによって延現金の早期資金化を実現することができ、手形の発行を受けなくても企業の資金繰りを円滑にすることができます。

また、延現金は支払期日が先になるため取引先がデフォルトしてしまうリスクもあります。

このような時には保証ファクタリングを利用することで、デフォルトリスクを排除することができます。

支払企業にとっては手形の発行よりもメリットが大きな延現金ですが、受取企業にとってはデメリットやリスクが大きくなってしまいます。

このようなリスクを排除するため、手元の資金にある企業も余裕のない企業もファクタリングの活用を検討してはいかがでしょうか?

関連記事をチェック!

32view

40社解説!おすすめファクタリング業者一覧

ファクタリングという資金調達方法がここ数年注目を集めています。 ファクタリングとは、売掛金などの売上債権を売却して資金化することで、借入金ではありません。 また、ファクタリングで売却した売掛金を支...

40社解説!おすすめファクタリング業者一覧

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談