広告代理店にファクタリングがおすすめの3つの理由

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

広告代理店はファクタリングに適した業種であると言われることが多くなっています。

ファクタリングとは売掛金などの売掛債権を期日前に売却して現金化する方法です。

このファクタリングを活用することによって、広告代理店は積極的に営業活動に励むことができますし、むしろファクタリングを理解していない広告代理店は、大切なビジネスチャンスを喪失してしまう可能性もあります。

ファクタリンは広告代理店に営業活動や資金繰りに具体的にどのように寄与できるのでしょうか?

この記事では広告代理店がファクタリングに適している理由と、適切なファクタリング会社の選び方を解説していきます。

広告代理店は経費が大きい

広告代理店は、広告を受注する前と広告を受注した後も経費が実は大きな業界です。

広告の利益率は高いですが、それはあくまでも広告を売り上げた後の話で、売り上げる前にも様々な経費が発生するために、手元にある程度の資金が必要になるのです。

外注費

広告代理店の多くは、写真、ホームページ等々の製作は外注に出していることが多くなっています。

自社で製作しているわけではないため、外注費は単価が高くなりますし、売上金が入金にならなくても経費として必要になります。

人件費

売上金が入金になってもならなくても、従業員を雇用している限りは給料を支払わなければなりません。

また、小規模で広告代理店を営んでいるような場合でも、経営者自らの生活費も必要になってしまいます。

営業経費

広告代理店は人間関係によって仕事をとってくることが多い業種です。

このため、営業には食費や飲み代などの経費が多くかかる業種でもあります。

このような営業経費は売上を獲得するために必要になる経費ですので、当然ながら売上金入金前には手元に持っておかなければならないお金として、仕事を獲得するために確保しておかなければなりません。

広告代理店は資金化に時間がかかる

一般的に広告代理店に支払われる売上金は売上の発生から2〜3ヶ月程度先になります。

売り上げてからすぐに現金が振り込まれるわけではなく、広告の売上が大きければ大きいほど売上金の入金は遅くなる可能性が高くなります。

広告効果が出てから支払いたい

広告代理店の入金が遅い理由として、広告主も広告によって広告効果が出てから売上を支払いたいと考えるものです。

特に大型のバーゲンなどを行うときには、広告主もある程度バーゲンでの売上がないと、手元に広告費を支払うお金がない場合が多いのです。

広告代理店の仕事は広告を作るまでに経費が発生しますが、その広告の効果が出るのは広告を出してから後になります。

このため、広告主も広告の納品があってからすぐに資金を払いたくないですし、場合によっては広告主の手元にそのお金がない可能性があります。

手形での売上が多かったが

以前は広告代理店は手形での売上が多い業種でした。

手形で売上があれば銀行で手形を割り引くことで期日前の現金化を行うことができます。

以前は、広告代理店は広告主が数ヶ月後にないと支払いができない場合でも、手形の交付を受けることによって銀行で手形割引によって資金化を行うことができていました。

最近は手形も減っている

最近は手形の発行自体が日本経済全体で減少しています。

2016年の手形発行額は約427兆円とされています。

これはピーク時である1990年の約4,800兆円の10分の1以下という数字であり、やはり業界全体で手形の発行は減少しており、広告業界においても手形の発行は少なくなっています。

手形の発行がないということは売掛金によって売り上げるということになります。

売掛金によって売り上げる場合には、手形割引ができないため、ファクタリングという方法で未入金の売上金を資金化することができ、売上発生から入金までの時間的なギャップである資金ギャップを埋めることができるようになるのです。

関連記事をチェック!

573view

約束手形の現金化!割引手形とは【不渡りのリスクをわかりやすく解説】

割引手形とは、受取手形を期日前に銀行で現金化することで、資金繰りを安定させるために用いる「借入」です。 昔からある借入方法であり、早期に資金化できるというメリットがある一方、デメリットも幾つかありま...

受注が突然発生することがある

広告代理店は、ときには数億円以上の大口の案件を受注することもあります。

このようなときに手元にお金が用意できない場合には、大きなビジネスチャンスを逃してしまうことになります。

しかし、ファクタリングを行えば受注後すぐに現金が入金されてくることになるため、大口案件に必要になる高額な経費の支払いに困るということがないのです。

毎月決まった仕事以外にも、ファクタリングの活用によって大きな仕事を獲得することができるようになるのです。

大口に受注をしたときに資金が必要

大口案件の話が来た場合にも手元に資金がなければ仕事を受注することができません。

大口であればあるほど広告の原価は大きくなり、その原価は売上金の入金前に必要になるためです。

資金がないとビジネスチャンス喪失

このような大口の仕事を受注した際に「手元に資金がないから」という理由で仕事を断っていたら、大切なビジネスチャンスを逃してしまうことになります。

このようなときにファクタリングを活用すると、大口の仕事を受注した後にファクタリングを行うことで大口の受注に伴って発生する支払いもしっかりと行うことができます。

広告代理店は、恒常的な仕事のほかにもセールなどに伴い急に大口の案件が入ってくることがあります。

そのようなときには手元の資金だけでは対応できないことがあり、銀行融資を待っている時間もないこともありますが、ファクタリングを活用することで、急な大口の案件であっても対応することができます。

ファクタリング会社の選び方

広告代理店がファクタリング会社を選択するときにはどのような視点で会社を選択すべきでしょうか?

ファクタリング会社は数多く存在します。

まずは自社のニーズや買い取ってほしし債権の金額などを明確にして適切なファクタリング会社を選択するようにしましょう。

2社間か3社間か

2社間ファクタリングとは取引先にファクタリングが通知されない取引で、売掛金期日になって取引先から売掛金が入金になったら自社がファクタリング会社に決済を行いますが、手数料は高くなります。

一方、3社間ファクタリングとは売掛先に通知を行い、期日になったら売掛先からファクタリング会社へ直接支払いを行う方法です。

3社間ファクタリングでは自社が関与しないため、手数料は低くなります。

2社間のファクタリングを選択するのか、3社間にするのかということは、発注先によって異なるものでしょう。

発注先が初めての取引先の場合には、ファクタリングをすることによって自社の業況が悪いと思われてしまうかもしれません。

一方、何回か取引を行い、社長同士で奇譚のない話ができるような場合にはファクタリングについて理解を示してくれるかもしれません。

このように、どのような業者と取引をするのかによって2社間か3社間かを決める必要がありますが、銀行系のファクタリング会社などは3社間しか扱っていないことがあります。

自社が希望するファクタリングが2社間なのか3社間なのかを決めて、取り扱いのあるファクタリング会社を選択するようにしましょう。

関連記事をチェック!

21view

ファクタリングの2社間と3社間の違いやそれぞれのメリット

ファクタリングを検討していると2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという言葉を耳にすることがあるでしょう。 どちらの制度を利用するかによって、手数料や売掛先の同意が必要かなどの差がでます。 ...

ファクタリングの2社間と3社間の違いやそれぞれのメリット

関連記事をチェック!

59view

ファクタリングの種類と特徴は?どれを選べばいい?

ファクタリングは売掛金を資金化するものと、多くの人が思っているようです。 これは間違いないのですが、実はファクタリングには4種類のものがあります。 利用する会社の業種や形態によって異なり、それぞれ...

高額の買取に対応しているか

広告代理店の売上は規模が大きな場合には簡単に億を超えてきます。

このような規模のファクタリングに対応できる会社は実はそれほど多くはありません。

売掛金の規模に応じて、自社の売掛金を買い取ってくれるかどうかを調べてから申し込みをするようにしましょう。

必要なタイミングに資金化が可能か

ファクタリングは最短即日で資金化に応じてくれる会社もありますが、銀行系などでは2週間以上の時間もかかることがあります。

広告の受注があってから必要資金の支払いまでのタイミングに資金が間に合うのかどうかということもファクタリング会社を選択する上では非常に重要になります。

まとめ

広告代理店は入金が売上発生から2ヶ月以上先になることも珍しくない業種です。

また、大口の広告を急に受注した場合には、広告作成に伴う経費を支払う資金を手元に持っていなければ広告を受注することができません。

このような資金ギャップを改善し、ビジネスチャンスを逃さないためにファクタリングを活用することができます。

ファクタリングは数多くの会社で扱っていますが、広告代理店の場合には2社間か3社間か、売掛金を買い取ってくれるのか、必要なタイミングに資金が間に合うのかをまずは自社で明確にしてから最適なファクタリング会社を選択するようにしてください。

関連記事をチェック!

35view

40社解説!おすすめファクタリング業者一覧

ファクタリングという資金調達方法がここ数年注目を集めています。 ファクタリングとは、売掛金などの売上債権を売却して資金化することで、借入金ではありません。 また、ファクタリングで売却した売掛金を支...

40社解説!おすすめファクタリング業者一覧

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談