消費者金融の延滞でブラックリストに載る期間は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

根も葉もない噂として消費者金融からお金を借りるとブラックリストに載るとか、1日でも延滞するとブラックリストに載るなどと流れています。しかし消費者金融からお金を借りてブラックリストに載るわけではありませんし、数日間の延滞でブラックリストに載ることもありません。

延滞でブラックリストに載るには一定の期間を過ぎても返済しない場合に限られ、消費者金融の自己判断でブラックリストに載せるわけではありません。そもそもブラックリストは存在するのか、何日延滞するとブラックリストに載ってしまうのかなど、わかりやすくご説明します。

ブラックリストとは?

カードローンやクレジットカードに申し込んだことのある人ならご存じしかもしれません。

消費者金融やクレジットカード会社に申し込み、お金を借りることやクレジットカードを作るには審査に通らなければなりませんね。

審査とは一体何を審査するのか、と言うとメインとなるのが信用情報機関に登録されている個人信用情報です。

個人信用情報には申込者の今までのお金の借り方、並びに利用状況、返済状況などが登録されており、きちんと支払っていたのかといったことを調査し、審査に通すか落とすかを判断しています。

信用情報機関には銀行が主に利用するKSC、消費者金融が多く利用するJICC、クレジットカード会社信販会社がメインとなるCICの3機関があり、どこかの信用情報機関に延滞情報、債務整理情報などがある状態のことをブラックリストに載っていると言います。

正しくはブラックリストというのは存在しないのですが、言葉の響きからなんとなく「審査に落ちる」イメージが強くなることから、広く一般的に使われているだけです。

延滞情報や債務整理情報は正しくは異動情報と言い、または金融事故情報と呼ぶこともあります。

前述のブラックリストは信用情報機関が別にリストを作成しているのではなく、単に個人信用情報に延滞や債務整理情報などのキズがついているに過ぎません。

もちろん信用情報にキズがついていればカードローンやクレジットカード、住宅ローンや自動車ローンの審査に通ることはまず不可能だと思ってよいでしょう。

極端に借入件数が多い多重債務状態になっておらず、延滞や債務整理情報がなければほとんどの場合審査に通るのが普通です。

巷で言われているような消費者金融からお金を借りるだけでブラックリストに登録されることはなく、お金を借りてもきちんと返済していればブラックリストのことに不安がる必要は全くありませんよ。

ブラックリストに載る延滞日数

消費者金融でお金を借りて返済期日に1日遅れてもすぐにブラックリストに載るわけではありません。

ついうっかり返済期日を忘れてしまうことや、仕事が忙しくて返済できなかった、または急な出張で返済するのを忘れていたということは誰にでもあることですよね。

たまたま返済日を思い出したのが返済期日から1日または2日経過していたとしても、すぐに入金すれば今まで通り消費者金融のカードローンでお金を借りることは可能です。

ですから返済期日に遅れたからといって利用できないわけでもなく、ブラックリストの存在にさえ気がつかずに返済している人もいることでしょう。

しかし急に会社が倒産してしまうことやリストラされてしまうことによって、収入の道が閉ざされてしまうとたちまち返済不能になりますね。

消費者金融から何度も督促を受けても、なかなか返済できない状態が長期間続いてしまうと、いよいよブラックリスト入りとなります。

基本的にブラックリストに載る延滞日数は、支払期日から3カ月を超えた時点です。極端な話として2カ月と29日返済滞納したとしても、当日に入金すればブラックリスト入を逃れることができるのです。

1日や数日間返済に遅れても遅延損害金が発生するだけで、重大な信用情報問題となるブラックリストに載ることはありません。

関連記事をチェック!

7608view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

消費者金融はクレジット情報も見れる

消費者金融が利用する信用情報機関JICCは、クレジットカード会社や信販会社が利用するCICの情報も見ることができます。

貸金業法によってJICCとCICのデータ交流は盛んに行われており、クレジットカードの返済状況、並びに延滞情報まで確認できるようになっています。

そのためたとえ消費者金融カードローンの支払いを延滞することなくきちんと支払っていても、クレジットカードの支払い状況に遅れが生じている場合は、たとえそれが1日であっても正常に入金されなかったことを示すマークが付されます。

しかし延滞となってしまったマークがついたとしても、それだけでブラックリストに載るわけではありません。

クレジットカード会社は支払期日から61日延滞すると、延滞情報を信用情報に登録しますのでそこで初めて消費者金融でも、この人は延滞による金融事故者であることがわかる仕組みです。

なお延滞情報、並びに債務整理情報の事故情報は、信用情報機関のうちどこか1機関に登録されてしまうと、忽ち他の信用情報機関にもデータが共有されます。

例えばカードローンで延滞した情報はCICでも確認できますし、クレジットカードで延滞した情報もJICCで確認できるのです。

カードローンやクレジットカードの審査において、延滞情報があるのはたとえブラック情報ではなくても好ましいことではありません。

少なからず審査に落ちてしまう可能性があることを頭の中に入れておきましょう。

ブラックリストの情報と登録される期間

消費者金融の返済延滞だけがブラックリストになるのではなく、他の金融事故を起こした場合でもJICCにしっかり登録されてしまいます。

ブラックリストに載る情報には、主に以下の種類があります。なお括弧内の数字は信用情報機関にブラックリストが登録される期間です。

・長期返済滞納(滞納を解消してから5年)
・任意整理(受任通知受け取り後5年)
・自己破産(免責決定日より10年)
・個人再生(再生手続開始から10年)

消費者金融が利用するJICCでは、自己破産と個人再生については5年で信用情報機関から削除されますが、前述したとおり金融事故情報は他の信用情報機関にもデータ共有されてしまいます。

例えば消費者金融の借入を自己破産したとして、その情報は銀行が利用する全国銀行個人信用情報センターにもデータ共有されます。

全国銀行個人信用情報センターでは自己破産と個人再生については、官報情報として重く受け止め10年間ブラック情報を登録します。

消費者金融からお金を借りて自己破産したけれども、もう5年過ぎたしそろそろカードローンに申し込んでみようかなと思っても、全国銀行個人信用情報センターからの金融事故情報によって、ブラックリストに載っていることがバレてしまいます。

ですからたとえJICCから自己破産情報が消えたとしても、10年間はブラックリストに載っていると考えた方が良いですね。

延滞情報は滞納を解消しないといつまでもブラック

返済延滞によるブラックリストは、最も起こりやすいブラック情報ですね。

JICCでは延滞情報は一年で消えると定められていますが、やはり他の信用情報機関からのデータ共有によって最低5年間はブラック情報が消えることはありません。

そして何より重要なのは、延滞情報は滞納解消しない限りいつまでもブラック情報が残り続けてしまうことです。

延滞情報のブラック情報を解消するには延滞を解消してから5年経過しなければならないのです。

いつまでも消費者金融といざこざを繰り返しても、いたずらにブラックリストに載っている期間を引き延ばしてしまうだけです。

一刻も早く延滞によるブラック情報を消すためには、延滞を解消することが最も重要なのです。

関連記事をチェック!

2854view

CICやJICCの信用情報からブラックリストの記録を消す方法は存在する?

「私、ブラックリストに載っているからクレジットカードが作れないんだよね。」 某クレジットカード会社の営業時代に、筆者がよく聞いた言葉です。 ブラックリストとは、正確にはどのようなものなのでしょうか...

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)