馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

UCSカードの審査落ちする原因と審査通過のために取るべき対応

UCSカードは、アピタやピアゴ、宇佐美直営店などで割引優待を受けることができます。

また、カードによってはマイメロディやドラゴンズのグッズをUポイントで交換できるものもあり、普段の生活だけでなく趣味のためにも持っておきたいクレジットカードです。

しかし、UCSカードを持つためには、審査に通らなければならず、場合によっては審査落ちしてしまうこともあります。

今回は、UCSカードの審査に落ちた場合に、その原因がなんであるのか、再申込は可能なのかについて紹介していきたいと思います。

審査に落ちても再申込は可能

UCSカードの審査に落ちてしまったとしても、再申込をすることが可能です。

しかし、再申込をした場合も審査を受けなければなりませんので、そこで審査落ちとなる可能性もあります。

再申込みの審査を通過するためには、審査に落ちてしまった原因を分析する必要があり、原因ごとに異なる対応をしていかなければなりません。

クレジットカードの審査は甘いと言われていますが、審査がある以上は誰でも通ることが出来るわけではありませんので、油断は禁物です。

申込ブラックに注意

審査に落ちたからといって、なんの対策もしないまま再申込をしてしまうと、非常に高い確率で審査落ちします。

そうなると、申込ブラックという状態になり、自己破産などでブラックになった人と同じような信用状況となってしまいます。

申込ブラックは、短期間(6ヶ月)の間に申込と審査落ちを繰り返すことでなりますので、審査に落ちたからといってすぐに再申込みしないようにしましょう。

申込ブラックとなっている間は、UCSカード以外のカードに申し込んだ場合も審査落ちの原因となりますので、闇雲に申込を繰り返すことは望ましくありません。

関連記事をチェック!

申込ブラックとは?何件から消費者金融の審査に落ちるの!?

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードはブラック情報が信用情報機関に載っていると審査に落ちる、という話は聞いたことがありますよね。 審査に落ちる理由は他にもありますが、意外と知られていな...

個人信用情報は時間経過で消える

再申込みには個人信用情報が重要になりますが、個人信用情報を消すにはどのようにすればよいのでしょうか。なお、個人信用情報は申込者が申請をしたりしても、情報を消すことはできません。

個人信用情報を消す唯一の方法は、情報が消えるまで一定期間待つことです。情報内容によって抹消される時間の差はありますが、どの個人信用情報も時間の経過で自動的に消えるようになっています。

クレジットカードの申込み情報も他の個人情報と同じように消え、抹消されるまでの時間は半年間になります。再申込みに影響をあたえないためにも、最低でも申込みから半年間は待つことが大事です。

個人信用情報が消えたかを確認することができる

個人信用情報が消えたかどうかを、申込みした金融機関に問い合わせても教えてもらうことはできません。しかし、個人信用情報機関に直接問合せをして、開示請求をすることで情報の確認が可能です。

基本的にクレジットカードの申込みを行った翌月に、金融機関から個人信用情報機関に情報が登録されます。

なお、審査期間が月をまたぐような状況のときは、基本的に審査結果がでた月から数えて半年間と覚えておきましょう。開示請求には1,000円程度の手数料が必要となります。

開示請求する個人信用情報機関を確認すること

個人信用情報を請求するための、個人信用情報機関に対して行いますが、日本には3つの個人信用情報機関があります。開示請求を行うときは、どこの情報機関に照会をしてもよい訳ではありません。

個人信用情報機関は、日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC))」、「CIC」、「日本信用情報機構(JICC)」の3種類があります。

金融機関は加盟している情報機関がそれぞれ違うため、申込みや利用をする金融機関が加盟している、個人信用情報機関に情報開示することが必要です。

UCSカードはクレジットカードを専門に取り扱っている金融機関ですので、取引を行っている個人信用情報機関はCICになります。CICに開示請求をするのであれば、インターネットやスマホから気軽に行うことが可能です。

ネット経由での開示請求はその場で結果が分かるので、時間がない人にもおすすめです。

審査に落ちた原因を考える

審査に落ちた原因というのは、カード会社に問合わせたとしても答えてくれません。

ですので、原因は自分で分析するしかなく、自分の状態をしっかりと把握することが大切です。

ここで、審査落ちとなる主な原因を紹介しますので、自分の状況と合致している場合には、後述する対応をしっかりと行うようにしましょう。

  • ローンやクレジットカードの支払いを度々遅れている
  • 支払可能見込額が上限を超えている
  • 総量規制の上限を超えている
  • 過去に金融事故を起こしたことがある

これらが審査落ちとなる主な原因であり、この4つについてこれからさらに詳しく紹介していきたいと思います。

ローンやクレジットカードの支払いを度々遅れている

ローンの延滞やクレジットカードの利用代金を滞納することは、信用に傷が付いてしまうことで、審査に悪影響がでます。

実際の審査では、1度延滞や滞納をした程度であれば、悪影響が出ることはほぼなく、支払い能力に問題があると判断されることはありません。

しかし、度々延滞や滞納をしていると、支払い能力に問題があるということで、審査落ちとなる原因になってしまいます。

延滞や滞納の情報というのは、個人信用情報機関に登録されている過去2年分が審査の対象となりますので、この期間中の履歴が非常に重要になります。

なお、携帯端末代金の分割は、割賦販売法に基づく分割ですので、これに関しても滞納をすると審査に影響が出てしまいます。

関連記事をチェック!

信用情報機関に滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンやクレジットカードの支払い期限に間に合わなければ当然滞納となります。しかし遅延情報が登録されるのはもう少し後です。 もちろん支払い期日にきちんと支払うことが最も良いことです。でも急な...

支払可能見込額が上限を超えている

クレジットカードのショッピング枠は、支払可能見込額によって上限が定められています。

支払可能見込額とは、年収から生活維持のために必要な費用などを除き、クレジットカード利用代金を無理なく支払っていくことができると予想される金額のことです。

計算式については、ここでは割愛しますが、計算された支払可能見込額の9割程度が設定できるショッピング枠の上限となります。

この上限は、1枚のカードで超えてはならない金額ではなく、保有しているすべてのカードに設定されているショッピング枠の合計で超えてはならない金額です。

従って、複数枚カードを持っていると、それだけで上限を超えている可能性もあり、それによって審査落ちしてしまうことになります。

総量規制の上限を超えている

既に知っている人も多いと思いますが、総量規制とは個人が借入できる上限を定めたものであり、クレジットカードのキャッシングも規制の対象となります。

消費者金融からの借入なども規制の対象となりますので、これらの借入の総額で年収の1/3を超えることはできません。

UCSカードにキャッシング枠も申し込んだ場合に、既に消費者金融などで多くの借入をしていると、総量規制の影響によって審査落ちしてしまいます。

関連記事をチェック!

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1まで?停止解除する方法は?

借り入れは年収の3分の1しかできないということを聞いたことがあるかもしれません。 たしかにカードローンやフリーローンなど、ローン商品には借入金額が年収の3分の1に制限される物があります。 ...

過去に金融事故を起こしたことがある

任意整理や自己破産、代位弁済などをした場合、このことは審査の際に照会する個人信用情報機関に異動情報として登録され、確認できた時点で審査落ちとなります。

異動情報は、一定期間登録され続けますので、記録が残っている間は審査通過することはできません。

一定期間が経過して異動情報が消えることで、ローンやクレジットカードを利用することができるようになりますが、自己破産などにUCSカードが関係していた場合には、その後も審査通過できません。

これは、個人信用情報機関ではなく、カード会社独自の情報として半永久的に残っている情報であり、これが消えないことには確実に審査落ちとなります。

関連記事をチェック!

金融事故とは

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

記入内容に間違いがあるとどうなるの?

申込時に記入する書類の内容に間違いがある場合にも、審査に通らないこともあります。記入内容を間違える程度で審査落ちをすることは余り想像ができませんが、記入内容によって審査時にうその記入をしているのではないかと思われてしまい審査に悪影響がでます。

クレジットカードの申込時には、年収や他社からの借入金額について、審査に通りやすくしたいためごまかして記入する人がいるようです。しかし、年収などの金額を記入する欄の間違いがバレると、審査担当者のイメージがかなり悪くなります。

さらに、クレジットカードの審査では申込みの記入内容が、間違いではないかを在籍確認や個人信用情報から確認します。そのため、審査時に記入間違いがバレる可能性が高いです。

書類記入時に自分の情報は正確に記載するように、しっかりと確認をしながら申込書を記入しましょう。

年収や職業も影響はあるか

審査時に年収や職業が何であるかの確認はされ、高年収や安定した職業である人が審査に有利ですが、直接審査落ちをしてしまう原因にはなりにくいです。

もちろん、無職で年収が全くない状態では、審査に落ちる可能性が高いですが、職業について安定した収入があれば問題はありません。フリーターや派遣社員でも、勤務歴が長ければ安定した収入があると十分に判断されます。

年収が低くい場合で他社からの借入金額が多いときは、審査に落ちてしまう可能性もあります。基本的には総合的な判断で審査されるため、他の原因を改善することをおすすめします。

学生や専業主婦でも審査に不利ではない

学生や専業主婦の場合は、本人に年収がなく無職と同じで審査にとても不利ではないかと思う人もいるでしょう。しかし、学生や専業主婦は扶養者として、両親や配偶者がいるため年収がないと判断されません。

学生の場合にはアルバイトをしている場合は、アルバイトからの給料も年収として計上できるため審査はさらに有利になります。

ただし、学生や専業主婦で自分の収入がないときには、クレジットカードのキャッシングを利用することはできません。間違えてキャッシング枠の設定をしないように気をつけてください。

審査に通るためには信用が大事

UCSカードは、クレジットカードの中でも審査が通りやすいカードであると言われています。

しかし、どんなに審査が甘いカードでも、信用取引である以上、どんな人でも審査通過できるというわけではありません。

審査通過するためには、信用が最も重要になってきます。

先ほどの原因を見てもわかりますように、審査落ちしてしまうのは信用が低いと判断されるためであり、カード会社に信用が高いと判断されなければ利用することができません。

審査通過のために取るべき対応

審査落ちとなる原因が信用によるものであることがわかったかと思いますが、原因ごとに信用を高くするための対応が異なります。

また、手続きの仕方によっても信用を失ってしまうこともありますので、審査落ちした後の対応だけでなく、申込時にも適切な対応が必要になります。

では、審査通過するためにはどのような対応を取ると良いのでしょうか。

審査通過のためには、

  • ローンやクレジットカードの支払いをきちんと行う
  • 不要なカードは解約する
  • 少額なローンは完済する
  • 異動情報が消えるまで申込を控える
  • 申込の内容は正確に記入する

という対応を取るようにしましょう。

ローンやクレジットカードの支払いをきちんと行う

ローンの返済やクレジットカード利用代金を滞納することは、支払い能力に問題があると判断されてしまいます。

1度の延滞や滞納は審査に影響が出ないといっても、ないことに越したことはありません。

ですので、信用情報に延滞や滞納の記録がすべて消えてから再申込みすることが望ましいです。

しかし、それでは1年以上再申込みすることができないということもあり、そこまで待つことができない人もいると思います。

そのような場合は、少なくとも6ヶ月間は延滞や滞納がないようにきちんと支払い、直近では遅れていないことを示すようにしましょう。

不要なカードは解約する

複数枚のカードを持っていることで、新たなカードを作ることができるだけの余裕がない場合、不要なカードを解約することが必要です。

私もそうですが、気づいたときにはカードを5枚以上も持っていて、本当に必要なカードは2枚しかありません。

不要な3枚のカードを解約することで、その分のショッピング枠合計額を減らすことができ、UCSカードに設定出来るだけの枠を作ることができます。

解約は電話等で簡単にできますので、持っているカードを1度整理し、本当に必要なカードだけを残すようにしましょう。

少額なローンは完済する

ショッピング枠の支払可能見込額と同じように、総量規制の上限を上げるためには年収を高くしなければなりません。

しかし、年収は簡単に高くなるものではありませんので、いきなり上限額が多くなることはほぼありません。

総量規制の影響によって審査落ちしてしまった場合には、少額なカードローンやキャッシング枠を完済することが望ましいです。

完済することで借入総額が減り、完済実績が作られることで信用も高くなります。

ローンを完済することができない場合は、UCSカードにキャッシング枠を設定せず、ショッピング枠だけで再申込みすることも1つの方法です。

異動情報が消えるまで申込を控える

一般的に、クレジット会社が加盟するCICでは、異動情報は5年で消えます。

しかし、5年を待たずして異動情報が消えている人もおり、2年~3年でカードを作ることが出来るようになっています。

これは、CICでは異動情報を「5年を超えない期間」登録するとしているからですが、実際にどのような場合に短期間で消えるのかはわかりません。

自分の異動情報が残っているのかということは、CICなどに対して情報開示請求することで確認することができますので、再申込をする前に自分の信用情報を確認するようにしましょう。

関連記事をチェック!

異動情報とは

お金を借りた場合には、必ず返済しなければいけません。 しかし、「返済日を忘れていた」「お金が足りなくて返済できなかった」などという理由で、延滞してしまう人もいます。 金融機関からお金を借り...

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は信用情報を調べてみましょう。 今回はCIC,JICC,JBAの信用情報を調べる方法を説明します。 信用情報機関の種類 CIC CICは主...

申込の内容は正確に記入する

申込みの際に最もやってはいけないことは、内容を偽って申込をすることです。

内容を偽る人の多くは、少しでも審査通過させるために、年収や勤務先の情報、ローンの利用状況などの情報を実際と異なる内容で申込みします。

しかし、審査の際には、申込確認や在籍確認などによって記入された内容に偽りがあることはすぐにばれてしまいます。

申込みの内容に偽りがある場合には、そこまでしてカードを利用したいほど困っていると判断され、いくら信用を高くしていたとしても審査落ちしてしまいます。

また、インターネットで申し込み際に、入力ミスによって実際とは異なる内容になってしまった場合も、同様の判断をされますので審査落ちとなる原因となります。

自分で偽ることはもちろん、入力ミスによっても審査落ちとなりますので、正確な情報で申込みしなくてはなりません。

UCSカードの審査結果の連絡が遅いと審査落ち確定か

クレジットカードの審査は短期間で結果がくるイメージがあるため、審査結果が1週間以上来ないと不安になるかも知れません。

UCSカードの審査にはどの程度時間がかかるものでしょうか。また、審査結果が遅いことは、審査に影響があるのか解説していきます。

審査期間が長くても審査落ちではない

審査結果までの時間が長いと、審査に問題があったのではないかと不安になりますが、審査落ちをしていない可能性も十分あります。

最近のクレジットカードの審査は、機械によるスコアリングという審査で行われることが多く、このような会社は審査時間が非常に短いです。しかし、現在でも人の手で審査を行っているクレジットカード会社も多くあります。

また、在籍確認や個人信用情報のチェックなどは、審査員によって確認されるため時間がかかることもあります。審査期間が1週間を過ぎることや、カードの発行まで1か月以上かかることも可能性としてはあるでしょう。

書類内容や審査状況によって伸びやすい

記入した書類の内容によっては、通常の人よりも審査に時間がかかる場合があります。例えば、他社からの借入金額が大きい場合や、転職を行い勤務歴が短い場合は、個人信用情報を丁寧に確認することになりますので時間がかかります。

他にも、クレジットカードの申込みが殺到する時期の場合、UCSカードが対応しきれずに時間がかかる可能性が高いです。申込者とカード会社のどちらの事情でも審査期間は変動するため、誰でも審査期間が長くなる可能性があります。

気になる場合には、UCSカードに直接連絡を行っても審査に悪影響はでないため、連絡して審査状況を確認してみましょう。

まとめ

UCSカードの審査に落ちたとしても、再申込をすることが可能です。

再申込をした場合も必ず審査を受けなければなりませんので、きちんとした対応を取っていなければまた審査落ちしてしまいます。

審査に落ちるのには必ず原因がありますので、まずはその原因を分析し、それに応じた対応を取ることで、再申込みの審査に通過できるようになります。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要!

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談