新生銀行リフォームローンは住宅ローンとの一本化可能!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

中古物件をリノベーションして購入すれば、希望の土地を新築よりも安価に手に入れられるかもしれません。

リノベーションで気になる点として、ローンのことがあるでしょう。

住宅ローンとリフォーム、リノベーションのローンは取扱いが異なっています。

住宅ローンとリフォームローンを、一本化できる新生銀行を紹介します。

新生銀行のリフォームローンは他行とどう違う?

住宅ローンはその名のとおり、住宅を購入するための目的別ローンです。

つまり住宅購入以外は借入できないということが大前提ですが、中古物件を購入すると多くの場合が、ある程度の修復を必要とします。

しかしその修復部分は、住宅費用には該当しませんので、住宅ローンとは別にリフォームローンを組む必要は出てきます。

住宅ローンとリフォームローンは種類が異なりますので、契約を別々に行わなくてはいけなく金利も異なります。

また金利は一般的にリフォームローンが割高になっており、リフォームローンが完済するまでは住宅ローンと二重の金利が発生します。

新生銀行住宅ローンの特徴

新生銀行住宅ローンは住宅購入資金と、リノベーション資金を一括して借入することが可能となっていますので、わざわざ住宅ローンとは別にリフォームローンを契約する必要はありません。

そのため、住宅ローンの金利で借入できますので、返済金額を考えてもリフォームローンよりも得をするというメリットが存在します。

また、住宅ローンとリフォームローンを別々に契約しなくてもいいので、完済までの見通しも立ちやすいという特徴も持っています。

デメリットとしては、リフォームだけをしたいときは借入が不可能です。

飽くまで住宅ローンですので、物件を自己所有していてリフォームだけを行いたい場合には使えません。

リフォームだけしたい人は、グループ企業であるアプラスの商品を活用するといいでしょう。

借入条件や借入金額

新生銀行住宅ローンでリノベーション資金のために、借入する条件は以下のとおりです。

  • 住宅ローンと同時に申込みを行う
  • 融資対象物件に対するリノベーションである
  • 住宅ローンと同日にリノベーションローンが実行される

基本的に中古物件を購入してリノベーションを行うのであれば問題がないのですが、リノベーションの方法によっては借入対象にならないときもありますので注意が必要です。

例えば畳やカーペットの張替(はりかえ)、家具などの買い替えはリノベーションには認められていませんので気を付けてください。

また借入金額は購入する物件の金額が、500万円以上であることが条件になります。

例えば物件価格が300万円で、リノベーション費用が1,000万円という見積りのときには、融資の申し込みができません。

指定業者に依頼することが条件

新生銀行にリノベーションローンを申込するには、依頼する業者に指定があることが注意点です。

一般社団法人住宅瑕疵(かし)担保責任保険協会の「登録事業者等の検索サイト」で、リフォーム工事登録会社として登録されている施工会社が施行した工事でないと融資がおりません。

一般社団法人住宅瑕疵(かし)担保責任保険協会は全国に登録店がありますので、工事を依頼する前に一度確認しておくことをおすすめします。

リフォーム、リノベーション資金だけ借入をしたい場合は?

既に自己所有物件がありリフォームだけをしたい場合は、一般的には「リフォームローン」若しくは「リバースモーゲージ」に依頼します。

高額融資という点ではカードローンも含まれますが、融資金額が大きくなりますので、カードローンは金利の高さがネックとなってしまいます。

したがって、まずは銀行が販売しているリフォーム専用ローンかリバースモーゲージを考えて、それでも駄目だった場合にカードローンという順にするといいでしょう。

リフォームローン金利

新生銀行の場合であれば、先に話したようにリフォームのみを取り扱うローン商品を展開していませんので、グループ企業であるアプラスのリフォームローンを活用することになります。

気になる金利ですが、7.20%~14.40%と新生銀行住宅ローン(金利0.6%~2.05% 2018年7月現在)と比較すると割高になっています。

そのためリフォームローン単体で検討する場合、銀行が展開しているリフォームローンへ申込みを検討した方がいいでしょう。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、「逆住宅ローン」という意味になります。

通常の住宅ローンの場合は、審査にとおれば希望金額を一括してお金を借りられ、分割して毎月返済を行います。

リバースモーゲージは借主が他界したあとに、借りたお金をまとめて返済(自宅を担保に入れるため、借主が他界後に金融機関が自宅を売却して完済)を行うものです。

平均的な金利は2.0%~3.0%で、年齢を考えるとローンを組むことができないものの、急いで家の修理が必要というシニア層であれば使い勝手のいい商品となっています。

関連記事をチェック!

1463view

家を担保にお金を借りるリスクとは?不動産担保ローン完全マニュアル

家を担保に入れてお金を借りるのは、何も住宅ローンだけではありません。 急にまとまったお金が必要になったときに、持家であれば自宅を担保にしてお金を借りることができます。 また、「どこからもお金を借り...

住宅ローンが残っている場合には借り換えも視野に

居住している持家の住宅ローンがまだ残っている状態で、急きょリフォームが必要になった場合は単純にローンがふたつになってしまうので、返済金額で家計が圧迫してしまうことも考えられます。

そこで、現在残っている住宅ローンをリフォーム一体型の住宅ローンへ、借り換えの検討をする選択肢もあるでしょう。

なお、リフォームローン一体型を展開している銀行は以下のとおりです。

  • みずほ銀行
    (中古・リフォーム一体型ローン)
  • イオン銀行
    (住宅ローン・リフォーム活用プラン)

すべての銀行で借り換えを対応している訳ではありませんので、対応している金融機関を事前に確認しておくと安心です。

関連記事をチェック!

1072view

住宅ローン借り換え審査に通る人通らない人

住宅ローンは金利の変動によっては、借り換えを行うことで、利息を低く抑えることもできます。 このような、住宅ローンの借り換えを行う時に気になることに、借り換えの審査に通るかどうかがあります。 そこで...

まとめ

新生銀行リフォームローンは借り換えにも対応していますので、現在他行で借入を行っている人は金利面などを確認したうえで検討してみてはいかがでしょうか。

またローンに申し込むためには借入条件などをクリアしていなくてはいけませんので、しっかりと内容を確認しておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

31view

リフォームローンを低金利で借りる5つのポイント

リフォームのニーズは様々です。 親の介護のためのバリアフリー、住宅の老朽化、自宅をオール電化にしたい、などの自宅の工事。 また、最近の住宅は10年程度で外壁の塗装が必要になることも珍しくあ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談