借金が多重にある多重債務の解決方法

借金が多重にある多重債務者が借金を完済することはかなり難しいですね。なぜなら生活資金に余裕があるなら複数借金をすることがないからです。生活に余裕がないからこそ多重債務になるわけですから、すでに生活が破綻していることが多いですね。

借金が多重にある多重債務者の現実はどうなのか、多重債務者はどのようにすれば借金から解放されるのかについてご説明していきます。

多重債務者の厳しい現実

多重債務者とは2社以上の借入をしている人のことを言います。例えばクレジットカードのキャッシングとカードローンでお金を借りていれば、その時点で多重債務者です。

さらに順調に借金が減っていればまだ取り返しはつきますが、キャッシングとカードローンを交互に借入を行い、お金を回している状態なら完全に多重債務であり、借金地獄に足を入れていると言っても良いでしょう。

返済していればそのうち借金はなくなるさ、と考えてもそれは無理です。多重債務者は厳しい現実が突きつけられ、厳しさのあまり耐え切れなくなってしまう場合も多いのです。

複数借金返済で頭が借金のことでいっぱい

多重債務者は毎日のように電話やメールで督促されるため、精神的にストレスが溜まります。

頭の中は常に借金のことでいっぱいで、月に複数返済日があることでお金の工面のことばかり考えてしまいます。

仕事のモチベーションが下がる

なんとか借金を減らそうと残業しようとしても、どうせ働いたって借金が減るだけだし、と仕事のやる気が出ません。

本来なら残業して収入を増やし借金を返済していかなければならないのに、苦労して働いた分だけ損をしているような気分になります。

いつまでたっても減らない借金

借金が多重にあるということは、借金返済するお金がないから借りては返しを繰り返すのです。そのため借金はいつまでたっても減りません。

それどころか総量規制いっぱいまで新しい借入先を作ってしまい、ますます多重債務者になってしまいます。

最後には借金がいくらあるのか把握できないようになり、利用限度額が少しでもできるとすぐにお金を借り、借金返済に回します。

どこからも借りれなくなって闇金に手を出す

多重債務者のたどり着く先は闇金です。総量規制によって年収の1/3までしか借りれないため、生活資金や借金返済にお金が足りなくなってもどこも貸してくれません。

信用情報は金融機関で共有しているため、正規の貸金業者から借りれずに違法な闇金を利用せざるを得ないのです。

闇金からお金を借りたら最後、借金返済どころではなくなり、平穏な生活を送ることもできなくなってしまうでしょう。

常に借金の取り立てに怯え、家にいても明かりを消すことや、居留守を使わなければなりませんね。

24時間いつでも見られているような感覚に陥ってしまい、耐えきれずに夜逃げすることや、場合によっては自殺してしまうことも珍しくありません。

関連記事をチェック!

多重債務とは

多重債務とは簡単に言えば複数の借金を抱えている状態のことを言います。カードローンやクレジットカードのキャッシングは利便性が良いため、つい借りすぎてしまい生活に使うお金よりも借金払いの方が増えていること...

多重債務者になりやすい人の特徴

お金を借りたら返さなければならないことはわかっていても、多重債務者になりやすい人というのは必ずいます。

もちろん性格的なものもありますが、どのような人が多重債務者になりやすい特徴を持っているのか簡単にご説明しておきましょう。

ギャンブル依存症

パチンコや競輪競馬などのギャンブルには軍資金が欠かせませんね。一発当ててやろうとせっかくもらった給料をすべてつぎ込む人もいるようです。

しかし残念ながらギャンブルは当たりとハズレがあり、ほとんどの場合負けてしまいます。

パチンコ店は営利を目的とした企業ですし、公営ギャンブルにしても必ず利益が出るようにオッズを決めているのです。

たまたまギャンブルで大儲けをしてしまうと、ギャンブルにはまってしまい、挙句の果てには生活費がなくなり借金してまでギャンブルをします。

常にストレスを溜め込んでいる人

仕事や家庭などのストレスを常に溜め込んでいる人も多重債務者になりやすいですね。

ストレスを発散するために風俗店に通いつめることや、高額な商品を買ってしまうことで生活が苦しくなり借金してしまうのです。

自分をコントロールできない人

借金しても給料が入ったら返済しよう、とかボーナスが入ったら全額返済しようと思っていても、実際現金を手にしてしまうと行動に移せません。

当初の返済計画とはかけ離れてしまい、自分の欲望を満たすためにお金を浪費してしまいます。その結果借金は減ることなく残り、浪費してしまったお金は戻ってきません。

関連記事をチェック!

【第2回】多重債務者へ陥るまでの精神状態

前回、運転免許証を取得するために、大手消費者金融で借入をしたお話をしました。 しかし、目の前に多額の現金が現れたことにより、遊びなどに使うことを決心し、転落人生がスタートします。 消費...

多重債務者はおまとめローンの審査に通りにくい

複数借金を抱えている人がなんとか借金を返済しようと目を向けるのがおまとめローンですね。

確かにおまとめローンによって借金が一本化されれば、多重債務者は救われるかもしれません。

しかし多重債務になった状態の借金で、おまとめローンの審査に通るのは厳しいです。なぜなら多重債務者は返済能力がないと判断されてしまうからですね。

たとえ審査に通ったとしても条件として、連帯保証人を立てることや不動産を担保に入れることを要求されるでしょう。

不利な条件でおまとめローンの返済を続けるのは、よほど返済能力がない限り不可能に近いです。

おまとめローンによって借金をまとめたとしても、借金額が200万円を超えると10年近く毎月3万円から4万円を支払わなければなりません。

関連記事をチェック!

3社以上での多重債務でもおまとめローンは可能?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 3社以上でも借りられる おまとめローンは複数のローンから借入し...

おまとめローンでは借金問題は解決しない

本来おまとめローンは多重債務に苦しむ解決方法として、貸金業法改正とともに消費者金融でも契約できるようになっています。

銀行のおまとめローンもありますが、審査の厳しさから言えば消費者金融のおまとめローンの方が比較的審査に通りやすいですね。

しかし前項でもご説明したとおり、おまとめローンを契約したからといってそれで借金問題が解決になったわけではありません。

おまとめローンを契約しても借金は減りません。それにおまとめローンの金利はそれほど安い金利ではありません。

銀行のおまとめローンにしても消費者金融のおまとめローンにしても、100万円以上の借金なら金利は年14%後半から年15.0%程度です。

長期間にわたって借金返済を続けて行かないければならないことを考えてみても、おまとめローンは決して多重債務者の救済策とは限りません。

借金が多重にある場合の相談先

借金が多重にあると、毎月きちんと返済できないばかりか、家族にも誰にも相談できずにひとりで悩んでしまいます。

借金問題をひとりで抱えていても、精神的にストレスを溜め込むだけで何の解決にもなりません。

その場合は以下の公的機関などに相談するのも方法です。

・法テラス
・日本貸金業協会
・日本クレジットカウンセリング協会
・国民生活センター

できるだけ法律的に借金問題を解決したいのであれば、法テラスが良いでしょう。法テラスは弁護士費用や司法書士費用が払えない人でも立替払い制度があるため比較的利用しやすいです。

また借金問題を解決するにはどのような方法があるのか、具体的な方法や内容を知りたいのなら日本貸金業協会嫌、日本クレジットカウンセリング協会がチカラを貸してくれます。

闇金からの暴力的な取り立てに困っているなら警察に相談することも良いですし、初めから闇金問題に強い弁護士や司法書士に相談するのも良い方法ですね。

関連記事をチェック!

借入を相談できる窓口まとめ【借金問題はひと人りで悩まず相談を!】

借入の問題で悩んでいる人は少なくありません。そんなとき相談できる窓口があれば良いですね。借金問題は親や親しい友人などでも相談することは難しいです。借入の問題を個人で解決するには自ずと限界がありますので...

関連記事をチェック!

闇金は相談どこがいいの?

何らかの理由で消費者金融から借りられない。親や友人も貸してくれないとなるとついすがりつきたくなるのが闇金ですね。本当なら闇金から借りるなんて考えたこともないのに、どうしてもお金が必要になると冷静な判断...

多重債務の解決方法は債務整理

借金を多重に抱えている人が生活の見直しや、残業を多くするなどして収入を増やして借金返済するのは長続きがしないため難しいですね。

借金苦になってどうしようもない状態に追い込まれているなら、人生を再スタートさせる意味でも債務整理を行いましょう。

金融事故が信用情報に載ってしまうのはイヤ、と言っている場合ではありませんね。たとえ金融事故情報が載ってたとしても、5年から10年で信用は回復します。

それよりも現在抱えている借金を何とかして正常に戻すのが先決ですね。

金融問題に詳しい弁護士や司法書士に相談し、どのような方法で債務整理するのか適切にアドバイスをもらいましょう。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...