【借金苦からの脱出】弁護士や公的機関に相談してみよう!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金した理由はともかく返済できずに借金苦に苦しむのはツラいですね。借金苦の問題はひとりで抱えているよりも、金融問題に詳しい弁護士に相談しましょう。リボ払いはカードローンの利便性であると同時に、なかなか借金が減らないデメリットがあります。

そのうちには返済できるだろうと、無計画に借金を重ねてしまうと借金地獄や返済地獄に陥る結果となってしまいますね。弁護士は借金苦で苦しんでいる人に適切なアドバイスをくれる、まさに頼れる存在です。

借金苦になってしまう理由

人は誰でも借金するときに、今度の給料が入ったら全額返済しよう、とか、ボーナスが入ったら一括返済しようと計画を立てるものです。

もちろん借金を借金で返すような多重債務者は別として、借金したら返済計画を立てるのが普通ですね。

しかしなぜか借金苦に陥ってしまう人が少なくありません。答えは簡単で、計画通りに借金返済ができなかったからですね。

ではなぜ計画通りに借金が返せなかったのか、その理由は会社が急に倒産してしまった、またはリストラされてしまった、及び病気やケガで収入が減ってしまったと言った不可抗力で借金返済できない人もいますね。

その他にもギャンブルの負けを取り返そうとして借金し、ギャンブルに全額注ぎ込んだところ見事に負けてしまって借金苦になってしまう人もいます。

理由はともかく借金苦になる原因は、簡単に言えば計画の甘さが大きな理由でしょう。借金なんてすぐに返せると思った、や、こんなはずではなかった、と悔やんでも借金は減りません。

貸金業法改正によって金利が下がったとはいえ、年18.0%や年15.0%の金利を支払っていくのは、借りる金額によって利息も増えてしまうことから毎月多額の借金返済を強いられてしまいます。

さらにカードローン返済はリボ払いのため、返済途中でも追加借入ができてしまうことも、少なからず借金苦になってしまう理由です。

返済しても返済しても借金が減らない。収入から生活費を差し引いて借金返済にあてるだけの余裕がなくなってくれば、悲惨な生活が待っているばかりでなく、借金返済に四苦八苦してしまいますね。

生活資金が足りなくなってくると、新たな借入を起こし多重債務になってしまえば、もう借金苦から抜け出すことができません。

借金苦の大きな副作用

借金苦のまま放置してしまうと様々な所に副作用が出てきます。いつも頭は借金返済のことばかり、になってしまえば仕事もろくに手につかず、単純ミスを繰り返してしまいますね。

残業して働いたって、どうせ借金返済に消えていくのかと思うと、働こうという意欲がなくなってしまいます。

当然ながら生活に与えてしまう影響は計り知れず、仕事が終わって家に帰っても落ち着かないことでしょう。

借金の督促から逃れようとしても、日に日に迫ってくる返済期日が精神的ダメージを与えることになってしまい、やがて慢性的なうつ状態になることも多いです。

うつ状態が進行してしまうと今度は、なんとか借金苦から逃れようと自殺を図ることを考え始めてしまいます。

借金問題はなかなか誰かに相談することもできないで、ひとりで抱え込んでしまいやすいため、もう人生終わったな、と諦めてしまうのですね。

たとえ自殺を考えなくても、借金返済の督促が進んでくると、何としても借金から逃げようと夜逃げしてしまうケースも多いようです。

インターネットの情報によって、借金の時効は5年であることを知り、なんとか5年間逃げ切れば借金から逃げられるのではないかと考えても、それは無駄な抵抗ですよ。

住民票を異動することなく夜逃げしたとしても、健康保険などの自治体サービスを受けることができませんね。かといって住民票を異動してしまうと、金融機関は裁判を起こすことを正当な理由として、住民票を取得してしまいます。

結局借金苦によってどこへ逃げてもまともな生活は出来ませんし、金融機関が裁判を起こしてしまえば強制執行による差押が待っています。

借金苦で失踪したらどうなるの?その後のリスクを簡単まとめ

関連記事をチェック!

327view

非公開: (統合)借金が多くて生活できない!生活苦になった場合にできること

※知恵袋より引用 かなりこの状態では生活は厳しいですね。バランスと言う言葉がありますが、バランスを失っているのはとうに過ぎていて、もはや末期状態です。 私も貸金業を20年近くやってきたから分か...

借金問題はどこに相談すればいいのか

借金問題はあまり深刻な状態になる前に、適切な相談先に相談することです。

代表的な相談先としては、法テラスや日本貸金業協会、日本クレジットカウンセリング協会、国民消費者センターなどがありますが、根本的な解決まで親身になって相談してくれることは期待できません。

たとえ相談を行ったとしても結局は弁護士か司法書士を紹介されてしまうだけです。

法テラスは無料で相談できるものの時間が30分と限られているため、これ以上相談する場合は事務所までお越し下さいと打ち切られてしまうでしょう。

直接的にアドバイスをもらえたとしても、借金抱えているのですがそれは大変ですね、と生活の見直しを行うか、おまとめローン、債務整理をしてみたらどうかと言われるだけで、何をどのようにして借金苦から逃げられるのか具体策を提示してもらうことはできません。

近所にある弁護士事務所や司法書士事務所を訪ねてみても、借金したのは自己責任なんだから返済しなさいよ、と逆に説教される始末です。

何か無駄遣いはしてませんか、とか、親や親戚からお金を借りて一括で支払ったらどうですか、不用品をリサイクルショップに売るとか、と言われるだけですね。

なんとか借金苦から逃れたいと必死なのに、生活の見直しやおまとめローン、親や親戚からお金を借りれるなら何の苦労もいりませんよ。

それに家族に内緒で借金をしているのに、家族と相談したらどうですかと言われても困ってしまいますよね。

どうしても返済が厳しいならローン会社にも相談

また、どうしても毎月の返済が厳しい…と言う場合は、ローン会社にも相談する事をおすすめします。

例えば消費者金融のアコムの場合、毎月の約定返済額を一時的に減額してもらう事も可能です。

(但し、利息以上の返済が必須となりますし、約定返済額を減額した場合には、完済までの期間が長引く事になります。)

◆アコム公式サイト:「アコムご返済のポイント 4:一時的な約定返済金の減額も可能です」

借金返済の減額交渉するのもアリ?

金融問題に詳しい弁護士を選ぶ

相談する弁護士に関していくつか選ぶときの重要なポイントがあります。

というのも、弁護士といってもそれぞれ得意な分野があるからです。

借金の相談の場合には、債務整理等が得意な弁護士に頼むほうが、手続きも早いですし処理も正確に行ってもらえます。

ここでは、債務整理で弁護士を選ぶときの選び方をご紹介します。

債務整理に力を入れているか

まずは、債務整理が得意で債務整理に力を入れている弁護士を探します。

その方法は、弁護士事務所のホームページを確認して、そのページに債務整理に関して書かれているかを確認します。

多くの場合「債務整理はお任せください」や「借金の事は一人で悩まないで相談してください」といった言葉が載っています。

そして、専用の相談窓口が書いてあるようであれば、問題ないといえます。

それに加えて、利用者からの口コミや今までに解決した件数や事例などが載っていれば、一度連絡してみるといいですね。

電話口には受付の方が出る事になりますが、受付の方の対応などを気にしておくと良いですよ。

迅速で丁寧に対応してもらえるなら、債務整理の実績も間違いないものとわかります。

きちんと時間をとって話をしてくれるか

電話連絡をした後に、実際に相談を行うことになります。

時間指定で予約を取って弁護士事務所に赴くことになりますが、その時に弁護士事務所の建物などに関しては気にする必要はありません。

相談に行って気にすることは、しっかりと相談者のプライバシーを守ってくれる工夫がされているかと十分に時間をとってもらえているかです。

弁護士事務所に相談に訪れる方は、何らかのトラブルを抱えている場合がほとんどですので、他の人と会わないように工夫しているものです。

また、困ったことを最初に話を聞くこととなりますので、状況を詳しく聞いて分かるようにしなければなりません。

その結果、相談時間は十分とってもらえるないと、状況は分かりませんよね。

要望を聞き適切な説明をしてくれるか

相談するときに、気にするべき事もあります。

それは、相談に来た人の話をよく聞き、なるべくその意向に沿えるようにするにはどうすればいいのかをアドバイスしてくれるかどうかです。

こちらの意向を途中で遮って、弁護士の意見を押し付けたりする場合には、これからの手続きで困ることになる可能性があります。

また、意向自体が難しい場合には、その理由とそれに代わる解決策を丁寧に説明してくれることも大事です。

また、手続きによってメリット・デメリットがありますので、デメリットに関しても説明してもらえることが重要です。

手続きを進める中で、説明されていないデメリットが出てくると、対応が大変ですし、余計に経費もかさんでしまいます。

もし、デメリットの話をされていない場合には、こちらから聞いてみるのもいいですね。

連絡は早くしてもらえるか

弁護士に相談するときに大切になるのが時間になります。

例えば、電話で相談をして面談の時間を後で電話するといわれて、翌日中に連絡がない場合には気になってしまいますよね。

予定があって、連絡が遅くなる旨の連絡がある場合にはいいのですが、回答をもらうまでに時間がかかってしまうようでしたら、要注意です。

連絡が遅くなるということは、お願いをした手続きが遅くなる可能性も高くなります。

借金問題はできるだけ早く解決したいですので、できるだけ早く行ってもらえる弁護士を探した方がいいですね。

弁護士に相談するメリット

また、今抱えている借金がどうしても返済できない…と言う場合には、一人で悩んでいないで弁護士に相談する事をおすすめします。

ご存知の方も多いかとは思いますが、もう一度弁護士に相談するメリットを整理しておきます。

取立てがストップする

一つ目のメリットは、弁護士に正式に依頼した時点で、債権者からの取立てがストップするという点が挙げられます。

弁護士への依頼以降は、借り入れをしていた本人の代理人として、弁護士が債権者(ローン会社など)と交渉をする事になりますので、債務者本人に直接連絡をする事さえも出来なくなります。

返済も一時的にストップする

二つ目は、弁護士に依頼してから債務整理などの方法が確定するまでは、返済をしなくても良いという点です。

この点で言えば、返済がストップしてから任意整理などの返済がスタートするまでの間に、弁護士費用を貯蓄する事も可能です。

法律の力で借金が整理できる

最後は、債権者の同意なく、法律の力で債務整理をする事ができるという点です。

例えば、任意整理などの場合は、債権者1社1社の同意を得ないと利息の減免などは認められませんが、個人再生の場合は債権者の過半数以上の同意が得られれば、後は法律の力で債務を整理する事が可能です。

相談をするときの注意点

借金の相談をするときには、守っておかなければならない事があります。

相談するときに、忘れていたり恥ずかしくて嘘をついてしまうと、後々のアドバイスなどが適切じゃないものになる可能性もあります。

ここでは、相談するときに気を付けたい注意点をご紹介します。

借金に関する情報はすべて話す

今ある借金に関する情報は、できるだけ正確にすべて話すようにしましょう。

これが正確じゃない場合には、その後の行動にも支障をきたしますし、的外れなアドバイスになる可能性もあります。

多重債務になっている場合には、すべての借入先を正確に覚えていない場合もありますが、借り入れ状況はできる限り正確にしてお行きましょう。

郵送された督促状や契約書もそろえておくと良いですね。

自分に関する情報を細かく把握しておく

これも基本になりますが、自分の情報は細かく正確にしておきましょう。

自分の名前から始まって手持ちの資産や貯金額、収入に会社の状況、家族の状況などをしっかりと伝えるようにしましょう。

債務整理するときに、収入額や持っている資産によっては手続きを180度変更しなければならないことだってあります。

相談するときには、これらの事は間違えの無い様に伝えましょう。

相談するときには絶対に嘘をつかない

相談するときに一番大切なことは嘘をつかないことです。

借金を作った原因がギャンブルなどの場合でも、その理由で嘘をつかないようにしないといけません。

また、収入額や返済に充てるお金を、見栄を張って高く設定する人もいますが、これはその後の債務整理をする段階で苦しむ結果になります。

何事も嘘をつかないで正直に相談することが、借金問題解決の第一段階となります。

関連記事をチェック!

view

【馬三郎が】質屋を体験してみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回の記事で質屋について調べてみましたが、読んでいただけましたか? →【馬三郎が】意外と知らない質屋について調べてみた 調べただけでは実際のやり取りなどが全く分か...

【馬三郎が】質屋を体験してみた

借金苦は債務整理によって脱出できる

弁護士がアドバイスする借金苦の解決方法は債務整理です。

・任意整理
・自己破産
・個人再生

以上の3つが主な解決方法となりますが、どの方法を選んでみても信用情報に金融事故情報が登録されてしまうため、なかなか踏ん切りがつかない場合もありますね。

しかし借金苦のまま生活を続けることは可能なのでしょうか。借金苦によって返済滞納が長期間になれば、それだけでも立派な金融事故です。

金融事故情報が信用情報に載ったまま借金返済を続けていくことが、果たして精神的にラクなのか考えてみましょう。

同じ金融事故情報が登録されるなら、利息なしの元金のみの返済になる任意整理の方がまだマシですね。

財産と呼べるものが20万円未満なら自己破産して借金をチャラにするのも、借金苦から脱出する方法です。

借金苦で家族崩壊してしまうくらいなら、信用情報に金融事故情報が登録されても良いではありませんか。

金融事故情報は登録されても、最長10年で削除されます。10年間にわたって現金主義生活となったとしても、人生再スタートだと思えばココロもスッキリするのではないですか?

関連記事をチェック!

725view

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

国などの機関で相談先としてどういったものがある?

借金問題に苦しんでいるいわゆる「多重債務者」は、首相官邸の資料では2013年11月で19万人と発表されています。

このように、多くの人が多重債務に苦しんでいる現状となっています。

なお、この数字は5件以上の借金を抱えている人になりますので、3件以上であればもっと多くの人になってきます。

そこで、国や各種団体では借金で困ったときの相談先として、国などでは様々な相談窓口を用意しています。

そのほとんどは無料で利用することができ、電話相談で解決策を一緒に探してくれます。

もちろん、相談者のプライバシーはしっかりと守られますので、安心して相談することができますのでおすすめです。

金貸しに関する相談はどこへしたらよい?

法律トラブルを解決してくれる法テラスで相談する

法テラスとは、国民が抱える法律トラブルを解決するために国が設置した機関です。

通話料のみで法律の相談を受け付けおり、土曜日も相談ができるので、ふだん忙しい人でも大丈夫です。

専用オペレーターが悩みに合わせて専門家や相談機関、団体などを紹介なども行っていますのでとてもおすすめです。

「こんなことを相談しても大丈夫?」と不安に思うかもしれませんが、相談員の人たちは毎日様々な相談を受けて慣れているので心配することはないでしょう。

法テラスを気軽に利用しよう!

【馬三郎が】法テラスに無料相談してみた

消費者金融で困ったら日本貸金業協会に相談

日本貸金業界は、相談者の状況に応じたアドバイスを行っています。

また、債務整理の方法についての助言や、カウンセリング、家計管理の相談をすることもできます。

また、借金に関することだけではなく、借入についての疑問や返済の相談なども受け付けていますので、利用をしてみてはいかがでしょうか。

中立・公正な立場に立って話を聞きき、専門的な知識に基づいて助言をし、借金の悩み解決への糸口を一緒に見つけてくれます。

日本貸金業協会とは貸金業界の自主規制機関

クレジットカードの相談をするなら日本クレジットカウンセリング協会

電話相談などを無料で受けられ、希望により任意整理や家計管理の改善も無料で手伝ってくれます。

また、電話だけでなく、センターや相談室に出向いてカウンセリングを受けることも可能です。

面談では、弁護士カウンセラーと家計アドバイザーが、現状をくわしくヒアリングして今後の解決策を一緒に考えてくれます。

街の無料法律相談を利用しよう

住んでいる地域の市役所などで行っている、無料の法律相談へ行くのもよいでしょう。

これは、各役所によって異なりますが、弁護士会に登録している弁護士から、電話もしくは面談で直接アドバイスを受けることができます。

ただし、ひとりあたりの時間の制限があるため、じっくりと相談したい人は先に紹介したところの利用を考えてみてくいださい。

違法な借金は警察でも相談に乗ってくれる

貸金業規制法に反する違法な取立ての被害を受けた場合や、違法業者に被害にあった場合に相談できます。

ただし、すぐに逮捕などをしてもらえるわけではなく、業者への対応アドバイスを受けられる程度です。

違法となる証拠(メール、電話の録音、契約書など)がある場合は、警察から業者へ直接注意の連絡をしてもらえることできます。

消費生活センター

消費生活センターには「多重債務相談窓口」が設置されています。

この窓口では、借金返済の為に新しく借金をしてしまって、結局多くのところからお金を借りている多重債務者の相談を受け付けています。

窓口の名前から多重債務者だけが相談するところと勘違いされそうですが、多重債務者になっていなくても、借金に困っている場合には相談を受けてもらえます。

つまり、多重債務で困っている人、これから多重債務に陥りそうな人が相談できる所です。

窓口は全国各地にありますが、連絡先が分からない場合には「消費者ホットライン」を使えば身近な消費生活相談窓口につないでくれます。

消費者ホットラインの番号は「188」となります。

専門の相談員が対応してくれますし、それぞれに合った相談会の紹介なども行ってもらえます。

ただし、相談をして解決方法などはわかるのですが、実際の解決への行動は自分自身で決めて行う必要があります。

関連記事をチェック!

view

【馬三郎が】福岡銀行カードローンを解説しました

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は福岡銀行カードローンについて説明したいと思います。 福岡銀行カードローンについて 参考ページ:http://h-pochi.com/nin/?p=201...

【馬三郎が】福岡銀行カードローンを解説しました

市役所などの自治体

市役所などの自治体が借金問題解決のための相談会を実施しています。

内容に関しては、各自治体のホームページを参考にしてもらえれば確認できます。

もしわからない場合には、自治体の代表電話に連絡をして、法律関係の相談回がないかを確認するといいですね。

多くの場合、自治体で弁護士などの専門家に相談する場所を設けていますので、その相談会へ出席することとなります。

出席するには、予約制となっていますので予約を取ってから行くようにしましょう。

相談の結果、次に何をすればいいのかをアドバイスしてもらえますので、その後はアドバイスをもとに行動をすることとなります。

関連記事をチェック!

消費者金融以外から一時的な資金を借りたいとき

どうしてもお金が必要なときにどこも貸してくれないとなったら、あきらめてぼんやりしてしまう前に、公的な機関から借りることを考えましょう。 どんなときに、どんな条件なら市役所などからお金が借りられるかを教...

消費者金融以外から一時的な資金を借りたいとき

債務整理のときの費用はどのくらい

弁護士や司法書士に依頼することになった場合、気になるのが費用面ではないでしょうか。

しかし、専門家に相談をしたとしても、相談をした多くの人はその費用を払えています。

そこで、「借金があるのになぜ?」と疑問に思うことでしょう。

そのような疑問について説明をしていきます。

法テラスの弁護士費用立替え制度を利用する

「弁護士や司法書士に相談したいけれど、費用がない」という人も、安心をして相談をしてください。

弁護士や司法書士は、「お金がないから相談に来ている」ということはもちろんわかっています。

そのため、法テラスを利用することで、専門家に対する費用の立替えを行っています。

この制度は弁護士や司法書士に払う費用を法テラスがあらかじめ立替えを行い、問題解決後に法テラスに返済を行うという方法になります。

しかし、この制度は誰でも利用できるわけではありませんので注意をしましょう。

そこで、利用を次に記載しますので参考にしてください。

  • 申込者や配偶者の収入や財産が一定金額以下であること
  • 報復などの反社会的理由がないこと
  • 訴えを起こした場合に勝てる見込みがあること

上記の条件を満たし、かつ法テラスの審査に通った場合に利用可能となります。

また立替金は「手付金」「実費」「報酬」にあてることができます。

例外として、民事再生や自己破産をした場合は、裁判所に予納金(裁判所への手続き費用)の納付が必要となりますがこちらは対象となりません。

分割払や後払いをしてもらえないかを相談してみる

弁護士や司法書士の中には、費用の分割払や後払いに対応している事務所もあります。

債務整理の場合は、お金を借りたところ(債権者)1か所につき4万円ほどが相場となっています。

そのため、借入先が多いほど費用は高額となっていきます。

しかし、分割払や後払いを利用すれば、後で少しずつ払っていくことができますので、少しは安心して利用ができるでしょう。

費用の面も含めて、初回の相談の際に聞いてみることをおすすめします。

具体的な借金の整理方法と費用

最後に、債務整理の方法とおおまかな費用についても、簡単にお伝えしておきます。

任意整理

先ほども触れた通り、任意整理は通常の返済が厳しい…という場合に限り、ローン会社と交渉し、将来発生する利息の減免をしてもらい、返済を続けていく方法となります。

気になる弁護士費用は、債権者当たり着手金として4万~5万円程度が必要で、さらに減額された債務金額の10%が成功報酬としてかかってきます。

任意整理とは

個人再生

個人再生は自己破産に至るほどでもなく、かつ自力での返済が可能で、自宅などの不動産を所有している場合などに使われる債務整理方法です。

通常は3年(最長でも5年)で返済を続けます。

尚、この場合の弁護士費用としては、着手金が30万円前後、さらに減額された金額の10%~20%が成功報酬として必要となります。

個人再生とは

自己破産

最後は自己破産です。

この債務整理方法は、自己所有の不動産・預貯金などを整理し、そのうえでも返済が厳しい場合に限り、免責をしてもらう事で借金をなかったことにしてもらう事が可能です。

但し、この場合でももちろん弁護士費用は必要で、着手金が20万円程度、さらに裁判費用や減免となった金額に対し成功報酬がかかってきます。

詳しくは弁護士によっても異なりますので、相談の際に確認する事をおすすめします。

自己破産とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談