三井住友銀行のカードローンで借り換え【審査に通るポイントと注意点】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三井住友銀行のカードローン

三井住友銀行は、日本の3大メガバンクとして非常に有名な銀行です。

この三井住友銀行が提供するカードローンは、最大融資額が高く、低金利で借りられることが魅力の商品であり、その商品性からおまとめローンとして利用することを考えている人も多いはずです。

おまとめローンといえば、消費者金融のものがイメージとして強いですが、銀行のカードローンであればクレジットカードのリボ払いなども借り換えすることができます。

今回は、ローンやリボ払いなどを三井住友銀行のカードローンで借り換えすることを考えている人に、おまとめローンとして利用する際の注意点や商品の詳細、審査に通るポイントなどを紹介していきます。

おまとめローンとして利用する際の注意点

カードローンをおまとめローンとして利用する場合、申込金額が高額になりやすいです。

しかし、カードローンの利用限度額は、審査によって減額されてしまうこともあります。

特に、新規で申し込んだ場合には、信用面などから、利用限度額が10万円~30万円となることも多く、おまとめローンとしては不十分な金額しか借りることができないこともあります。

また、カードローンは、コンビニのATMでも借入できてしまう利便性の高さから、返済が進んで限度額に余裕ができると気軽に借りてしまう危険性もあります。

おまとめローンとして利用する場合には、だれもが借り換えによるメリットを気にしますが、途中で借入してしまうとそのメリットを失ってしまうことになりますので、利用中は十分に注意しなければなりません。

カードローンの商品詳細

ここで、三井住友銀行カードローンの詳細を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時万20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途原則自由
(ただし、事業性資金は除く)
契約極度額800万円
(10万円単位で選択)
借入利率変動金利:4.0%~14.5%
返済方式残高スライド元利定額方式
返済日毎月5日、15日、25日、月末から選択
保証会社SMBCコンシューマー
ファイナンス株式会社

このように、最高で800万円まで借りられることや、最低4.0%の金利となりますので、おまとめに適している商品だといえます。

関連記事をチェック!

194view

三井住友銀行カードローンに申し込み!審査難易度は?

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は三井住友銀行カードローンについて説明したいと思います。 三井住友銀行カードローンは、便利でお得なカードローンですが、そもそも審査に通過しなければ、利用ができず...

金利は限度額と審査によって決まる

三井住友銀行カードローンの金利は、契約極度額によってある程度決まっています。

契約極度額に応じた金利は、以下のようになっております。

契約極度額借入利率
100万円以下12.0%~14.5%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
600万円超700万円以下4.5%~5.0%
700万円超800万円以下4.0%~4.5%

いずれの契約限度額であっても、金利に幅がありますが、実際に適用される金利は審査によって決まることになります。

契約限度額についても審査によって正式に決まりますので、申し込みをする前から金利を知ることはできず、審査の結果が来た時に初めて知ることになります。

関連記事をチェック!

59view

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がいいものであり...

比較的審査は通りやすい

三井住友銀行のようなメガバンクの審査は、非常に厳しいというイメージがあります。

しかし、金利を見る限りでは、審査は比較的通りやすいといえます。

というのも、金利には保証会社に保証してもらうための保証料が含まれており、これが多くなるほど金利は高くなります。

保証料が多くなると、保証をする保証会社では、債務の肩代わり分を多く蓄えることができるようになり、ある程度リスクがあったとしても保証しやすくなります。

また、保証会社が大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスであることも審査の通りやすい要因であり、これまでの審査実績から、柔軟に対応してくれます。

審査に通るためのポイント

当然のことですが、いくら審査に通りやすいローンに申し込んだからといって、必ずしも融資を受けられるとは限りません。

審査に通るためには、信用が非常に重要となり、信用が低いと判断されてしまうと、審査で落とされてしまいます。

信用の高低を判断するのは、年収や勤続年数といった属性情報も大事なのですが、返済能力が特に重要になります。

返済能力が高いと判断されるためには、

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

ということを普段、または申し込みの前に行うことが大事です。

また、申し込みの際には、正確な情報で手続きしなければならず、内容を偽るなど、実際とは異なる情報で申し込みしてしまうことで、融資を断られてしまうこともあります。

他のローンを延滞なく返済する

申し込み時点で延滞をしていると、現状で返済能力がないことを自分で証明しているようなものですので、審査に通ることはありません。

また、過去に延滞があるという場合も、返済能力に問題があると判断されやすくなってしまいます。

過去の延滞の有無は、審査の際に照会する信用情報で簡単に確認することができ、およそ2年分が審査の対象となります。

いくら年収が高い人でも、適正な借入をしていなければ返済していくことができなくなりますので、毎月きちんと返済していくことで、返済能力があることを示す必要があります。

関連記事をチェック!

2903view

信用情報機関に滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

少額のローンは完済する

信用というのは、毎月の返済をきちんと行っていくことで少しずつ高くなっていきます。

ですが、「完済実績」を作ることで、急激に信用を高めることもできます。

完済実績とは、ローンを契約通りに最後まで返済できたという実績であり、返済能力が高いことを示すことができます。

少額で借入しているローンがある場合には、それを借り換えするのではなく、完済して信用を高めることに利用するようにしましょう。

最も信用が高い状態となるのは、ローンを完済した直後ですので、カードローンを申し込む前に完済することが望ましいです。

ただし、完済したことが信用情報に登録されるまでには時間がかかりますので、注意しなければなりません。

まとめ

三井住友銀行のカードローンは、高額融資が可能であり、金利も消費者金融やリボ払いの手数料よりも低金利で借りることができますので、おまとめローンとして利用することでメリットを得ることができます。

しかし、借り換え対象に他の銀行カードローンがある場合には、最高金利が適用されることで、金利面でのメリットを得ることができない場合もあります。

審査の結果連絡が来た場合には、実際の金利で再度シミュレーションし、より確実なメリットを計算するようにしましょう。

また、利用中は、別の資金のために追加で借入しないなど、返済のみに集中するようにしなくてはなりません。

関連記事をチェック!

105view

三井住友銀行カードローン限度額を増額する方法と条件

カードローンを利用していると、今の限度額では足りないと感じる人は多いのではないでしょうか。 そんな場合に、カードローンを増額して極度額を増やせる方法があります。 今回は、三井住友銀行カードローンに...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談