Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

SMBCモビットは三菱UFJ系列の消費者金融!?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

SMBCモビットは竹中直人が主演しているテレビCMでもおなじみの消費者金融なので、名前ぐらい聞いたことがあるという人は多いと思います。

そんなSMBCモビットはSMBCという名を冠していながら、三菱UFJ系列の消費者金融であるという噂がありますがこれは本当なのでしょうか。

今回は、SMBCモビットは三菱UFJ系列の消費者金融なのかどうかについて、説明を行っていきたいと思います。

SMBCモビットは三菱系ではない!

まず結論からお伝えしておきますと、SMBCモビットは「今は」三菱UFJ系列の消費者金融ではありません。

今はと言うのは、昔は確かに三菱系列であった時期があったからなのですが、SMBCモビットの設立(当時の企業名はSMBCモビットではなくモビットでしたが)に関わった企業の資本撤退や子会社化などさまざまな事情を経て、現在では三菱UFJ系列ではなくなっているということです。

では今現在はどこの系列に属しているのか…に関してはわざわざ説明しなくてもお分かりかと思いますが、社名にも用いられている「SMBC」からも明らかなように、SMBCグループの消費者金融になっているんですね。

銀行と同グループの消費者金融は多い

なお、大手消費者金融にはSMBCモビットのように銀行と同じグループに属しているところも多く、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)はSMBCグループに属していますし、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の企業です。

銀行と同じグループに属している消費者金融は、その銀行が取り扱っているカードローン等の保証会社になっていることも多く、たとえばアコムで返済を遅延してしまうようなことがあると、三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックの審査に通過しにくくなる可能性があります。

それぞれの業務面で表立って関与することはあまりありませんが、そのようなつながりがあることは覚えておいたほうがいいかもしれません。

なお、大手と呼ばれる消費者金融の中では唯一アイフルだけが、銀行と同じグループには属さず言わば「独立」した事業経営を行っています。

関連記事をチェック!

245view

大手の消費者金融は銀行系列グループ傘下に属している

消費者金融と銀行はどちらも融資業務を行っている会社ですが、これら2つの業種が同じグループに属している場合もあります。 どの消費者金融がどこの銀行系列グループに属しているかを知ることによって、利用すべ...

SMBCグループであるメリットは?

では、SMBCモビットがSMBCグループに属していることで、どのようなメリットを享受しているかについて考えていきましょう。

ATMの利用手数料が無料

SMBCモビットは自社ATMを所有していないため、ローンカードを利用する際は提携金融機関のATMを利用することになりますが、ほとんどのATMでは利用手数料が必要になります。

そんな中で唯一、三井住友銀行のATMを利用する場合だけは、ATMの利用手数料無料で借り入れや返済を行うことができます。

これはまさに、同グループに属しているが故の恩恵と言うことができるでしょう。

三井住友銀行内のローン契約機が利用可能

三井住友銀行では、「三井住友銀行カードローン」というカードローンを取り扱っており、三井住友銀行の店舗内にカードローンの契約やローンカードの発行を行うことができるローン契約機を設置しています。

この三井住友銀行のローン契約機で、SMBCモビットの申し込み・契約やローンカードの受け取りができるようになっているんですね。

SMBCモビットは自社でローン申込機を設置してもいるので、それらも合わせて考えると、ローン契約の利便性はかなり高いと言えるでしょう。

対外的なイメージがいい

率直に申し上げて、世間の人の消費者金融に対するイメージは好意的なものではない場合が多いと言えます。

そのため、消費者金融を利用していることが周囲にバレてしまうと、「なんでそんなところでお金を…」的なことを言われることも少なくありません。

そんな中で、「SMBC」を冠してSMBCグループであることをアピールするのは対外的に大きなメリットと言えます。

銀行のイメージと言えば、消費者金融とはある意味真逆で「お堅い」「しっかりしている」というようなものが大半です。

そんな好意的なイメージを持たれている銀行の系列企業であるということは、消費者金融に対してネガティブなイメージを持っている人に対しても、プラスに働くのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

199view

SMBCモビットは銀行系カードローン?消費者金融?

SMBCモビットは、一般的にはプロミス・アコム・アイフルに次ぐ「準大手」と言われる消費者金融です(大手に含むとする分類もあります)。 しかしまれに、「SMBCモビットは銀行系カードローンだ」という話...

関連記事をチェック!

66view

専業主婦はSMBCモビットで借り入れできる?

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融であり、テレビCMで名前を聞くことも多いため、利用を検討している人も多いのではないでしょうか。 そんな利用検討者の中には専業主婦の人もいるかと思いますが...

三菱UFJ銀行のATMも利用可能

SMBCモビットは、かつて三菱UFJ系列でありながら今はそうではなくなってしまったということで、「もしかすると三菱UFJ銀行のATMでは利用できないのでは?」と心配される人がいるかもしれませんが、三菱UFJ銀行のATMでも問題なく利用することができます。

むしろかつて同じグループに属していたからか、利便性に関しては他の提携金融機関のATMを利用する場合よりも上回っているかもしれないぐらいです。

SMBCモビットは、利用するATMによって1,000円単位で借り入れを行えるか10,000円単位で借り入れを行えるかが異なっているのですが、三菱UFJ銀行のATMでは1,000円単位で借り入れを行えるようになっているため、少しだけ借り入れたいというときにも非常に便利です。

また、ATM利用時にその場で利用明細を発行してくれる数少ないATMの1つでもあるので、SMBCモビットの利用明細が自宅に郵送されてくるのは避けたいという場合には、三菱UFJ銀行のATMを利用するといいでしょう。

三井住友銀行のATMとは異なり利用時にATM手数料が必要になってはしまいますが、その点を除けばSMBCモビットで借り入れ・返済を行う際に、もっとも使い勝手のいいATMの1つであると言っても過言ではないと思いますよ。

総合的に見て使い勝手のいい消費者金融

SMBCモビットは最短即日融資も可能で最大利用限度額は800万円と、カードローンとしての性能はかなり優れています。

そこにSMBCグループであることの利便性も加わっているため、使い勝手に関しては数多くある消費者金融の中でもかなり上位に入ると言えるでしょう。

金利こそ少々高めに設定されてはいるものの、それは他の消費者金融を利用する場合でも同じようなものです。

消費者金融で借り入れを行うことを検討する際に、どこの消費者金融を利用するべきかで悩んでいるのであれば、選択肢の1つにSMBCモビットを入れておくことをオススメしますよ。

まとめ

以上、SMBCモビットは三菱UFJ系列の消費者金融なのかどうかについての説明を行ってきました。

消費者金融を利用する際に、「この消費者金融は~の系列だから…」と考えることはあまりないと思いますが、知識としてそういったことを知っておくと役に立つ場面は意外とあるものです。

文中でも説明した通り、カードローンの返済遅れなどは同グループ内の他の企業で借り入れを行う際の足かせとなる可能性があるので、同グループ内で新たに借り入れを検討するのは避けよう、といったような判断ができますからね。

SMBCモビットを利用する場合には、三井住友銀行カードローンやプロミスで過去に返済を遅延したことがないかどうかを、あらかじめ確認しておくといいと思いますよ。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談