キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

【馬太郎が体感した】プロミス無人契約機の緊張感~流れや必要なもの~

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスでは、契約の際に無人契約機を利用することが可能です。

馬太郎はプロミスと契約した際に無人契約機を利用したので、経験に基づいて紹介することができます。

なかなか目にすることのできない無人契約ルームの内側の写真も掲載していますのでぜひご覧ください。

少し緊張感を感じる無人契約機

こちらはプロミスの無人契約機の様子です。

オペレーターと話すための電話、契約書を記入するための台、提出書類を読み取るスキャナーも付いています。

私はこれまでにアコムやレイクの無人契約機を利用していましたがプロミスの無人契約室に入ったときは少し緊張感を感じました。

もちろんこの感じ方は人によって違いますので、あくまでもなんとなく私がそう感じたというだけですし、皆さんが行く無人契約機によっても室内の雰囲気は異なるでしょう。

さらに、オペレーターの対応が厳しいというわけではありませんので安心してください。

また、室内にはカメラが付いていますので、担当者からはこちらの様子が全てうかがえるようになっています。

無人契約機利用の流れ

無人契約機を利用する際の流れを説明します。

まず最初に、必要書類を無人契約機から提出しなければなりません。

馬太郎は社会保険証と運転免許証を提出しましたが、必要な書類は利用者によって異なります。

仮審査結果連絡の電話で必要な書類を伝えられると思うので、忘れないように気を付けましょう。

書類に問題がなければ、印刷された申込書に必要事項を記入して提出します。

続いて、本人確認などの質問にいくつか答えると本審査が開始されます。

本審査に通過すれば借入用のローンカードが発行され、契約が完了となります。

自動契約機の審査時間は40分

馬太郎がプロミスに申込んだ際は、審査時間は40分程度でした。

ただし馬太郎は事前に電話で申し込みを済ませており、仮審査が完了してから近くの無人契約に向かいました。

そのため、無人契約機では本審査だけを受けたということです。

もし最初から無人契約機に向かう場合は仮審査を行っている間も待たなければなりませんので、馬太郎よりも時間がかかってしまいます。

仮審査から無人契約機で受ける場合、もし審査に落ちてしまえば無人契約機の往復の時間が無駄になってしまいます。

仮審査に通った場合は、書類に不備が無ければ問題なく本審査に通過することが多いので、あらかじめ申し込みしておき、仮審査通過後に無人契約機に行くことをおすすめします。

増額は無人契約機よりもインターネット

プロミスでは、増額も無人契約機から行うことができます。

しかし無人契約機を利用する主なメリットは、その場でローンカードを手に入れられるということであり、増額の場合は、新たにローンカードを発行するというわけではありません。

そのため、増額では無人契約機を利用するメリットはあまりないでしょう。

ただし、限度額が50万円を超える場合は収入証明書を提示しなければなりません。

もちろんスマホを使用して提出することもできますが、無人契約で提出する方が楽という人もいますよね。

もしスマホでの収入証明書の提出が面倒くさいという人は、無人契約機で増額したほうが良いでしょう。

無人契約機では返済できない

無人契約機は申込や契約、書類提出、カード発行などができますが、無人契約機を使って返済をすること出来ません。

しかし、無人契約機が置かれている部屋の外には、このようにプロミスの ATM が設置されています。

プロミスのATMなら当然返済が出来るので、無人契約機自体では返済は行えませんが、自動契約機がある場所に行けば返済できるということがです。

無人契約機を利用しても在籍確認はある

無人契約機を使って契約しても、職場への在籍確認を行われます。

無人契約機にはカメラが設置されていますが、それで確認できるのは身分証明書が申込者本人のものであるということだけであり、申請した勤務先で働いていることを確認することは出来ません。

そのため在籍確認を行わなければならないのです。

ただし馬太郎は無人契約機での契約手続き中に職場への在籍確認は行われませんでした。

プロミスの在籍確認についてはこちらのページで紹介していますのでご覧ください

無人契約機で後からカード発行も可能

プロミスではネットから申込、契約すれば、ローンカードを発行しないカードレスの利用が可能です。

しかしカードレスで契約した後にローンカードが必要になる場合もあると思います。

その場合はカードの発行をお願いすれば登録した住所にカード送ってもらうことができます。

ただし、それでは到着まで一週間での日数が必要になります。

もし急ぎでのカードが必要になった場合、無人契約機でローンカード発行することができます。

最初は必要ないと思っていたが、必要になった人を無人契約機でカードを発行するようにしましょう。

無人契約機の場所は公式サイトで確認

無人契約機に行くのであれば、当然現在いる場所や自宅から近い場所を選択したほうがいいでしょう。

プロミスの無人契約機は公式サイト上で確認することができてきます。

住所や駅、路線といった情報から検索することが可能なので、こちらのページから近くの無人契約機の場所を確認しておきましょう。

このページで確認すると、無人契約機が東京には99カ所、大阪には78カ所、愛知には52カ所の無人契約機が設置されていることが分かります。

プロミス公式サイト:店舗・ATM検索

プロミス無人契約機の営業時間

プロミスの無人契約機は9:00から22:00(一部21:00)まで営業しています。

ただし、22:00までに無人契約機に行けば問題なく契約できると言うわけではありません。

例えば、審査に時間がかかる場合もありますし、自分が無人契約機に行ったときにはすでに他の客がいる場合もあります。

その場合はその日のうちにローンカードが発行できませんので、即日で契約したい人は21:30までに無人契約機に行くようにしましょう。

カード発行さえできれば、借入はコンビニで24時間可能なので、カード発行だけ行えれば安心です。

また、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っている人は、この二行宛なら振込融資も24時間受けることができます。

自動契約機で即日借入可能な締め切り時間

プロミスの審査時間は最短30分と公表しています。しかし審査時間が最短30分というのはその言葉の通り、審査がスムーズに進んだ場合の時間です。

平日でも17時以降になると会社帰りに自動契約機に立ち寄る機会も多くなり、とくに金曜の17時以降はかなり自動契約機は混雑します。

他にも連休の前日も混雑しやすい日ですね。

比較的自動契約機が混雑しやすい時間帯や曜日を避けることで、審査時間を短縮することができたとしても、最短30分の審査時間をそのまま鵜呑みにするのは即日借入できないリスクが大きいです。

審査回答時間は21時まで、と決まっているため申込む時間によっては審査回答が翌日になってしまうことも多いのです。

プロミスの審査は何も自動契約機からの申込みだけではなく、パソコンやスマホによる申込みも関係してきますので、審査時間は1時間から2時間以上余裕を持って考えたいですね。

そうなるとプロミスの自動契約機で即日借入するためには、19時までに自動契約機ブース内に入店すること、遅くても20時までには入店しておきたいところです。

20時までに自動契約機ブース内に入店し、21時までに審査回答をもらい、22時までに契約手続きとカード発行できれば最高にハッピーですね。

自動契約機の上手な使い方

ここまでの説明で、プロミスの自動契約機の滞在時間は最短でも60分、混雑している時間帯や曜日だと2時間もかかるの?と驚くかもしれません。

確かにプロミスの自動契約機は都市部なら2台設置されているところもありますが、大抵の場合は1台のみ設置のところが多いです。

混雑しやすい時間帯や曜日にプロミスの自動契約機まで出かけても、他の誰かが操作していれば順番を待たなければなりません。

この点が自動契約機での借入申込みの最大の弱点ですね。

早めにプロミスの自動契約機に向かっても、順番待ちした結果時間が20時を過ぎてしまうと即日借入ができなくなってしまう可能性が高くなります。

そこでプロミスの自動契約機で申込む際に皆さんにオススメしたいのは、自動契約機の手続き時間を短縮するために、事前にパソコンやスマホでプロミスへ借入申込みを済ませておくことです。

プロミスへの借入申込みがそれほど混雑していない平日の16時までに、自宅や勤務先からスマホを使って借入申込みを済ませておけば、審査時間は最短で30分、60分もあれば審査結果が判明するでしょう。

たとえ勤務中でも昼休み休憩時間などにスマホを使って事前にプロミスに申込んでおけば、さらに早く審査結果を知ることができますね。

審査通過した後にプロミスの自動契約機ブースに入店すれば、契約手続きとカード発行するだけですから、20分から30分もあればカード発行までできてしまいます。

審査にさえ通ってしまえば、プロミスの自動契約機の営業時間である22時までにカードを発行すれば良いのです。

自動契約機での手続き時間の短縮できれば、遅くとも21時30分までに自動契約機ブース内に入店しておけば、カード発行時間は22時まで手続きOKですから即日借入ができますね。

自動契約機での申込に必要なもの

時間的余裕を見て早めに自動契約機に来たのに、契約のために必要なものを忘れてしまったのでは大幅な時間ロスです。

自宅まで取りに行く時間がない、とならないように必要な書類は事前に準備しておきましょう。

基本的に自動契約機での申込みに必要なものは本人確認書類と、審査の内容によって収入証明書類が必要です。

本人確認書類として有効なもの

・運転免許証
・パスポート
・写真付きマイナンバーカード(マイナンバーが記載されている箇所を見えないように加工して提出)

本人確認書類としてプロミスで利用できるのは上記の書類3点です。しかし運転免許証もパスポートも持っていないという人もいるはずです。

その場合は写真付きのマイナンバーカードが利用可能です。しかしマイナンバーカードを持っていないという人もいますね。

そういう場合は健康保険証と住民票の組み合わせがベストです。住民票を取得する時間がない場合は次の書類を健康保険証に追加可能です。

・公共料金の領収書
・個人住民税の領収書
・その他納税証明書

一般的には公共料金の領収書がすぐに準備できるのではないでしょうか。公共料金の領収書とは電気・ガス・水道・NHKの領収書です。

必ず直近の領収書を用意してくださいね。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が違っている場合でも、健康保険証とセットで追加する書類が必要です。

引っ越しなどで住所が変更になったのに運転免許証の変更届をしていない場合などは、必ず前述の追加書類を持って行きましょう。

なお自動契約機で契約するにあたって印鑑は必要ありません。

収入証明書が必要になることもある

審査の内容によっては本人確認書類だけでは自動契約機で手続きできないことがあります。それは収入証明書が必要になる場合があるのです。

プロミスの借入希望金額が50万円を超える場合や、他社借入が既にある状態でプロミスに申込む場合、他社借入額とプロミスの借入額の合計が100万円を超える場合です。

または審査によってプロミスが収入証明書を必要と判断した場合は、前述の条件に関係なく収入証明書類を提出しなければなりません。

プロミスで利用できる収入証明書類は以下の書類から1点用意しましょう。

・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書

以上の収入証明書は必ず直近のものが必要です。

確定申告書は年収が1,500万円を超えるサラリーマンや、自営業者の収入証明書として利用可能です。

なお給与明細書については直近2カ月分と、ボーナスが支給されている場合は夏冬2回分の明細書が必要になります。

源泉徴収票や給与明細書は必要ない人にとってはすぐに捨ててしまう書類のため、保管していないことが多いですよね。

収入証明書を提出しなければならない条件に該当するのであれば、勤務先に再発行ができるかどうか確認してください。

なぜ再発行しなければならないのか理由を聞かれたら、住宅ローンに申し込みしようと思っているとか、銀行の自動車ローンを組もうと思っているとでも言っておきましょう。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

自動契約機でも在籍確認は必ず行われる

プロミスの自動契約機で借入申込みを行なっても、勤務先への在籍確認は避けて通ることができません。

信用情報に登録されている勤務先情報と、自動契約機から排出される申込書に記入した勤務先が一致していれば在籍確認をしなくても仕事していることくらいはわかるじゃないか、と思う人もいるかもしれませんね。

しかし在籍確認は借入申込者が本当に仕事をしているのか確認するために、プロミスの在籍確認担当者が勤務先へ実際に電話して確かめなければならないのです。

それじゃあプロミスから会社に電話が入るのか、もしかしたら同僚や上司にプロミスの借入がばれてしまうのではないかと心配する向きもありますよね。

それに自動契約機で申込みをしていたら、在籍確認しても本人は自動契約機ブース内にいて不在だから在籍確認できないじゃん、となりますね。

でも大丈夫です。

在籍確認は本人がいなくて勤務していることが確認できればそれで良いのです。もちろんプロミスが会社名を出して勤務先に電話をすることはありません。

あくまでも個人名で電話をかけ、友人や知人を装ってフランクな物言いで実施しますので、いかにも事務的な電話にはならないように細心の注意を払っています。

プロミスの担当者が「〇〇さんに電話をつないでください」と言い、電話に出た会社の人が「〇〇は本日お休みです」や「〇〇はただいま外出中です」と答えてくれれば在籍確認はOKです。

プロミスとしても借入申込者本人は自動契約機ブース内に入ることはわかっていることですので、「それなら直接携帯に電話してみます」と言って電話を切ります。

ただしプロミスの在籍確認は追跡調査されないように非通知でかけるため、会社で電話を受け取った人は本当に友人なのか、と疑うかもしれません。

さらに怪しい電話はプライバシー保護のために電話を取り次がない取り決めをしている会社もありますね。勤務中の個人的な電話はなるべく避けて欲しいいう場合もあります。

在籍確認が終わらなければ審査が終了しません。どうしても在籍確認が難しいという場合はどうすれば良いのでしょうか。

関連記事をチェック!

消費者金融の在籍確認の電話の嘘はバレる?

消費者金融の在籍確認の嘘はバレるのか、無職の人がお金を借りる際に気にすることですよね。でも無職でお金を借りてはいけませんよ。お金を借りても無職でどうやって返済するのですか。 それでも消費者金融か...

プロミスは在籍確認なしにする方法がある

どうしても職場への電話が難しいという状況であれば、プロミスは在籍確認の方法について柔軟に対応してくれます。

前項でご説明のように勤務中の個人的な電話は取り次がない、非通知の電話は怪しい電話だから取り次がないとの決まりがある場合に限るようです。

在籍確認の方法について要望をするには、審査が始まってからでは間に合いませんので、審査が始まる前に自動契約機に設置されているインターフォンでオペレーターに連絡しましょう。

その際に端に在籍確認の電話は困る、と言うのではなくて会社の事情で在籍確認が難しいことを理由にすることが重要です。

無人契約機の審査は甘い噂は本当なの?

プロミスに限らず無人契約機の審査は甘いインターネット上で噂が流れていますが果たして本当なのでしょうか。

結論から言えば無人契約機での審査も、パソコンやスマホによる申込みの審査でも同じ審査システムが使用されますので無人契約機の審査が特別甘くなることはありません。

信用情報機関のコンピューターは毎日21時まで稼働しています。そのためプロミスでの審査回答時間も21時までとなっているのです。

無人契約機は設置台数が少ない、なるべく多くの借入申込者を受け入れる必要があるため、他の申込方法よりは優先して審査にまわしてくれることが一般的です。

優先して審査をしてもらえば審査時間が最短30分で済む場合も少なくなく、審査時間が比較的早いことから無人契約機の審査は甘いという噂が流れているのでしょう。

残念ながらプロミスの審査はコンピューターによる自動スコアリングシステムとなっていますので、信用情報に問題やキズがあったのでは審査には通りません。

自動契約機で増額申請できる

プロミスの自動契約機は新規に借入申込みするだけでなく、利用限度額の増額申請にも利用できます。

利用限度額の増額はインターネットの会員サイト、及びプロミスのコールセンターへ電話する方法もありますが、自動契約機からも増額申請ができるなど自動契約機は様々な利用方法があります。

会社帰りにプロミスの自動契約機にちょっと立ち寄って、利用限度額を増額しようかなと利用できるのも自動契約機の多彩な機能ですね。

自動契約機の画面のメニューから、増額申請をタッチすれば会員番号、暗証番号、生年月日などを入力していくと増額申込みができます。

ただしその場で増額の可否をもらえるわけではありません。

プロミスの公式サイトでは増額審査は最短30分と公言していますが、審査の内容によっては収入証明書を提出しなければならないケースもあり、収入証明書を確認してからでないと審査に通らないことが一般的です。

増額申請した後はプロミスの社内審査や信用情報による審査をしなければなりません。

審査の内容によっては増額審査に通ったかどうかは、早ければ即日でメールや電話によって通知をもらえます。遅い場合は2、3日かかる場合も多いですよ。

まとめ

今回はプロミスの無人契約機について紹介しました。

馬太郎は少し緊張感を感じましたが、店舗によっても立地や内観が異なりますので、すべての無人契約機がそうというわけではないと思います。

無人契約機を使えばすぐにローンカードの発行が可能なので、近くに無人契約機があればぜひ利用しましょう。

無人契約機の場所は公式サイトから調べることができます。

多くの無人契約機は22:00まで営業していますが、一部21:00までの無人契約機もありますので、営業時間には注意しましょう。

また、営業時間ギリギリに行くと審査を受けられないあ愛がありますので、営業時間ギリギリではなく、出来るだけ余裕を持って行くようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談