派遣社員やパート・アルバイトでも住宅ローンは組める?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

住宅の購入金額は大きく、現金一括で購入するのは至難の業です。

そんな時に活用したい住宅ローンですが、派遣社員・パートは審査に通らないという噂も聞きます。

派遣社員・パートでも借りれる住宅ローンはあるのかや借入する方法を解説します。

パートの借入は難しい?

一般的に、派遣社員や、パートが住宅ローンを借入するのは難しいと言われています。

住宅ローンは個人が借入できる金額としては最も大きく、さらに長期間の借入になります。

そのため、融資する銀行も、貸したお金を確実に返済してもらうため、慎重に審査しています。

そのなかで、長期間に渡って返済を継続できるかどうかがポイントになりますが、派遣社員や、パートは雇用が安定しておらず、長期的に返済を継続することが難しいと判定されることがあります。

収入額が低い

さらに、パートやアルバイトの場合、正社員や、契約社員などに比べると、年収自体も低くなることが多いでしょう。

住宅ローンの審査では、やはり年収は重要なポイントとなります。

もちろん、年収は多ければ多いほど、審査にも通りやすくなります。

パートや、アルバイトの方の場合、年収が低いことで、住宅ローンへの返済余力が低いと判断されてしまうこともあり、その分、審査にも通り難くなってしまうのです。

そのため、派遣社員やパートの借入申込を不可としている銀行も存在します。

しかし、派遣社員・パートでも借入可能な住宅ローンは存在しています。

以降では、派遣社員・パートの方が住宅ローンを借入するために大切なポイントを解説します。

借入申込できる方の条件

銀行の住宅ローンに借入申込できる方の条件を確認しておきましょう。

申込条件は、各銀行で異なりますし、そのうえ、派遣社員、パートといった条件だけでなく、様々な条件が設けられていることがあります。

今回は代表的な例として、三菱UFJ銀行と、新生銀行の住宅ローンを対象として確認してみます。

三菱UFJ銀行

大手都市銀行であり、住宅ローンとしての人気が高い三菱UFJ銀行の住宅ローンの申込条件から確認します。

三菱UFJ銀行には以下のような条件があります。

①年齢が借入時に20歳以上70歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日まで
②保証会社 (三菱UFJ住宅ローン保証㈱)の保証を受けられること
③団体信用生命保険にご加入が認められること
④日本国籍のお客さま、または永住許可等を受けている外国人

以上のように、三菱UFJ銀行には、年収や雇用条件に関する条件は設けられていません。

そのため、派遣社員や、パートであっても借入申込することが可能です。

新生銀行

2つ目の例として、新生銀行の住宅ローン(パワースマート住宅ローン)を例として確認します。

新生銀行の住宅ローンには、以下のような条件が設けられています。

①パワーフレックス口座を開設していること(もしくは開設すること)
②借入申込時の年齢が20歳以上65歳以下で、かつ、完済時年齢が80歳未満③団体信用生命保険への加入資格を有する
④連続した就業2年以上、かつ前年度税込年収が300万円以上の正社員または契約社員
⑤自営業の方は業歴2年以上、かつ2年平均300万円以上の所得(経費控除後の金額)があること
⑥日本国籍または永住許可を有する

以上のうち、④の通り、税込年収が300万円以上となる正社員、または契約社員に利用が限定されています。

つまり、新生銀行住宅ローンには、派遣社員や、パート・アルバイトの方は申込ができません。

派遣社員や、パートが住宅ローンを借入申込する場合、申込先となる銀行の選定が重要です。

そもそも、申込を受付していない銀行に相談していては時間の無駄です。

銀行を選ぶ

パート・アルバイトの方が住宅ローンを借入申込する場合、最も大切なのは、銀行と住宅ローンを選ぶことです。

銀行毎に住宅ローンを利用できる方の要件や、審査基準は異なります。

パート・アルバイトでも組める銀行もあれば、最初から受付していないという銀行もあります。

申込可能かどうかの確認は、各銀行がホームページ上で掲載している「住宅ローンを申込できる方の要件」を確認するのが良いでしょう。

例えば、新生銀行の「パワースマート住宅ローン」の商品説明書で、「お申込いただける方」を確認すると、

自営業を除き、「前年度税込年収が300万円以上の正社員または契約社員であること」
※新生銀行公式サイトより引用

という条件が設けられています。

こういった条件がある銀行にパートやアルバイトの方が申込しても、審査に通る見込みは無いことになります。

返済負担率が重要

三菱UFJ銀行のように、派遣社員やパートでも借りれる住宅ローンに申込すれば、審査に通る可能性はあります。

次に重要なこととして、住宅ローンではいくらまで借入できるのかです。

住宅購入にあたって、必要な額を借入できるかどうかも重要です。

この時、知っておきたいポイントとして、「返済負担率」という指標があります。

返済負担率とは、金融機関の審査で用いる指標であり、年収のうちの何割を借入の返済にあてられるかという指標です。

銀行審査では、一般的に、25~35%程度が返済負担率の基準となります。

仮に、年収200万円の方が住宅ローンを借入する場合、返済負担率を30%とすると、毎年60万円の返済が可能(年収200万円 × 30%)と評価されます。

つまり、1月毎の返済可能額は5万円(60万円 ÷ 12ヶ月)です。

この時、住宅ローンで借入可能な金額は、1,200万円~1,300万円程度になります(適用金利を年3.0%~3.5%で計算)。

民間銀行の審査で住宅ローンの借入可能額を計算する際、適用金利は実際の適用金利(優遇金利適用後)ではなく、少し高めの審査金利を使用します。

民間銀行の住宅ローンは変動金利、もしくは短期固定金利を前提としており、将来的に金利が上昇する可能性があるためです。

仮に、年収200万円の派遣社員、パートの場合、住宅ローンで借入できる上限額は、1,200万円~1,300万円程度になるということを知っておいた方が良いでしょう。

審査に通過するポイント

次に派遣社員、パートの方が、住宅ローン審査に通るためのポイントを確認しておきます。

派遣社員やパートの方が申込可能でも、正社員の申込に比べ、審査に通る確率はかなり低くなってしまいます。

審査に通るために知っておきたいポイントを解説します。

既存借入を無くしておく

派遣社員や、パートの方が住宅ローン審査に申込する場合、極力、審査でマイナス評価となる項目を減らしておいた方が良いでしょう。

重要なことの1つ目として、既存借入に関する借入額や、返済状況があげられます。

通常、派遣社員や、パートは、返済能力が高くないことが多く、既存の借入があると、そちらに対しての返済を行う必要があるため、住宅ローンに対する返済余力はさらに低くなってしまいます。

そうなると、審査でも返済能力なしと評価される可能性があります。

また、既存借入に対して延滞や、債務整理を行っていると、それだけで審査に落ちてしまう要因になります。

勤続年数を長くする

雇用が不安定と思われがちなパートの場合、就業を安定していると認めさせるには、勤続年数を長くすることが重要です。

勤続年数が長いということは、就業先で能力を認められており、今後も就業が続けられていくという安心感につながります。

就業が安定していると、パート・派遣社員でも審査に通りやすくなります。

自己資金を用意する

住宅ローン審査では、自己資金があることも重要です。

購入金額の100%を借りる「フルローン」もありますが、フルローンは銀行にとって回収リスクが高くなるため、受付していない銀行もあります。

自己資金が多い程、銀行は回収リスクが低くなり、融資しやすくなります。

関連記事をチェック!

1873view

住宅ローンをどうしても組みたい!お金を借りる前に知っておくこと

夢のマイホームをかなえるために、住宅ローンを借りる人が大半でしょう。 アパートの家賃を支払うのであれば、ローンの支払いに回して自分の持ち家を手に入れた方が得だと考える人もいるようです。 「頭金はな...

収入合算を活用する

仮に、パート・アルバイトの方でも、ご結婚されていて夫婦共働きという方や、就業されている親、もしくは子女と同居されるという方であれば、収入合算を活用することができます。

収入合算とは、1名のみの収入だけでなく、2名の年収を合わせて審査を受ける方法です。

2名ともパート・アルバイトでも、単純に考えて年収は倍になりますので、住宅ローンを組みやすくなります。

借入可能な住宅ローン

それでは、実際に借入申込可能な住宅ローンと、その商品内容を説明します。

三菱UFJ銀行

最初にご紹介するのは三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

前述の通り、雇用形態などに条件はありませんので、パートでも借りれる可能性があります。

三菱UFJ銀行の場合、固定期間3年の住宅ローンであれば、年0.5%(2018年7月現在/優遇金利が最大限適用後)での住宅ローン借入が可能です。

適用金利の水準は住宅ローン業界のなかでもトップクラスに低く、お得な住宅ローンと言えます。

フラット35

派遣社員や、パートの方で、住宅ローンの審査に通過できるか不安という方におすすめなのがフラット35です。

フラット35は、民間銀行を受付窓口として、公的機関である住宅金融支援機構が貸出を行う住宅ローンです。

公的機関の審査基準ということもあり、パートや、アルバイト、派遣社員といった雇用形態でも平等に審査を受けられるのが特徴です。

返済負担率などの指標をもとに審査が行われ、基準内に収まっていれば、派遣社員・パートでも借入しやすので、審査に不安な方にも利用しやすくなります。

なお、フラット35は申込する金融機関によって、適用金利などの条件が異なります。

まとめ

パートでも借りれる住宅ローンについて解説しました。

パートでも住宅ローンの借入は可能ですが、銀行によっては申込不可なところや、基準が厳しく審査に通りにくいという銀行もあります。

そのため、住宅ローンを申込する銀行を厳しく選定する必要があります。

さらに、審査に通りやすくするためには、審査のポイントを理解して、準備しておくことも重要です。

民間銀行の住宅ローンが難しい場合、フラット35を活用するのもおすすめです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談