アルコシステムで審査落ちする人の特徴は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アルコシステムで融資を受けるには、必ず借り入れ審査があります。

審査に落ちてしまうと借り入れできないので、できれば審査に通過したいところですよね。

今回は、アルコシステムで審査落ちする人の特徴を紹介していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • アルコシステムの利用を検討している人
  • アルコシステムで審査落ちする原因を知りたい人

アルコシステムとは?

※株式会社アルコシステム公式WEBサイトより引用
アルコシステムは、兵庫県姫路市で振込キャッシングを専門に行っている老舗の消費者金融会社です。

Yahoo!知恵袋でも以下のような質問が投稿されているように、「ブラックの人でも融資を受けられる可能性のある消費者金融」として、ある程度の知名度があります。

多重債務の方でアルコシステムから借りれた方いますか?

債務整理などはないですが、多重債務でアルコシステムから
これ以上増やさない条件で15万程度検討しています。
どなたか借りれた方いらっしゃいますか?

申し込みは、インターネットのみとなっていますが、24時間受付を行っていますし、全国どこからでも申し込みが可能です。

ちなみに、アルコシステムは消費者金融会社ですので、総量規制の対象となることを覚えておいてください。

総量規制は、「借り入れ総額が年収の3分の1まで」という規制になりますので、他社からの借り入れ状況や年収によっては、利用できないこともあります。

アルコシステムの融資概要

アルコシステムの融資概要は、下記のようになっています。

融資限度額50万円
貸付利率
※実質年率
15.0%~20.0%
遅延損害金
※実質年率
20.0%
担保・保証人原則、不要

融資限度額の最高が50万円となっていますので、小口融資のみとなっています。

金利については、消費者金融会社の平均的な金利となっていますので、それほど低いと言うことではありませんが、ブラックでも借り入れできるということを考えると、利用してみる価値はあると思います。

関連記事をチェック!

717view

アルコシステムの振込キャッシング

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はアルコシステムの振込キャッシングについて説明したいと思います。 この記事はこんな人におすすめ アルコシステムの利用を検討している人 即日融資ができ...

アルコシステムの利用条件は?


ブラックでも借り入れができたという話がある、アルコシステムですが、利用条件については一般的な消費者金融会社とそれほど変わらないかと思います。

アルコシステムの利用条件は、下記のようになっています。

  • 満20歳以上70歳以下の本人もしくは配偶者に安定した収入のある人
  • 健康保険に加入していること
  • 他社からの借り入れの返済が滞っていないこと

上記のように、アルコシステムを利用するには、健康保険に加入していることが条件となります。

この点に関しては、一般的な消費者金融会社の利用条件では見られない点かもしれません。

ちなみに、利用できる人の年齢に関しては、上限が70歳までとなっていますので、一般的な消費者金融会社よりやや高めの設定となっています。

アルコシステムの審査で一番重要なのは何?


アルコシステムで融資を受けるためには、審査に通過しなければなりません。

アルコシステムの審査で一番重要なものは、何なのでしょうか。

一番重要な物は返済能力!

審査で重要となるポイントはいくつかありますが、最も重視されるのは、利用者の返済能力の有無です。

融資を行う以上は返済してもらわなければなりませんので、返済能力のない人を審査に通すわけにはいきませんよね。

貸金業法が改正される以前は、申し込み者の返済能力をはるかに超える金額での融資が問題になっていたこともありましたが、現在ではそのようなことはありません。

年収や他社借り入れなどから、返済能力があると判断されなければ、融資は行ってもらえませんよ。

担保や保証人不要だから審査は慎重

アルコシステムの融資は担保や保証人不要で行っているため、貸したお金が返済されない場合、丸々会社側の損失となってしまいます。

そのため、ブラックの人でも融資を受けられる可能性のあるアルコシステムですが、審査が「甘い」というには少々語弊があるでしょう。

ブラックかどうかに関わらず、申し込み者の返済能力等を慎重に判断していって、融資しても大丈夫だと判断した人に対しては、ブラックであっても融資を行うという姿勢なのです。

とは言え、信用情報に傷がある場合は、信用情報に傷がない人に比べると借り入れできる可能性が低くなることは変わりませんので、できるだけ信用情報はきれいな状態を保つように心がけてください。

総量規制の範囲内か確認する


アルコシステムは、貸金業法が適用される貸金業者ですので、総量規制の影響を受けます。

総量規制の範囲を超えた借り入れはできませんので、注意が必要かと思います。

特に、貸金業法が適用される複数社(クレジットカードのキャッシングを含む)から借り入れを行っている人は、総量規制に引っかかってしまう可能性が高いですので、申し込み前に確認しておくようにしてください。

審査落ちする原因は?


アルコシステムは、ブラックでも借り入れができたという話があるので、融資については比較的柔軟に対応してくれる可能性がありますが、審査に落ちてしまう人もいます。

審査に落ちてしまう人は、どのような人が多いのでしょうか。

ここでは、アルコシステムで審査落ちする人の特徴や原因を紹介していきます。

収入が安定してない

アルコシステムに限らず、一般的な借り入れ審査では、必ず年収や月収などの収入状況や雇用形態を聞かれます。

先に紹介したように、借り入れ審査では顧客の返済能力を重視しますので、安定した収入のある人のほうが審査に通過できる可能性が高くなります。

特にアルコシステムでは、借り入れ金額に関係なく、収入証明書類の提出が必要となりますので、顧客の収入状況を重視する傾向が強いかもしれません。

また、収入状況がそれほど高くなくても、勤続年数が長い場合などは審査で有利に働くと言われていますので、参考にしてみてください。

他社からの借り入れ状況が悪い

アルコシステムでは、他社からの借り入れ状況も重視する傾向があります。

複数社からの借り入れを行っている人は、審査に落ちる可能性が高くなりますので、注意が必要かもしれません。

特にアルコシステムでは、他社での返済遅滞がある人は利用できないとホームページ上に明記されていますので、他社での返済状況も重要になっていきます。

また、複数社から借り入れを行っている人は、総量規制にも引っかかってしまう可能性があります。

総量規制に引っかかってしまうと、審査に通過できませんので、複数社から借り入れを行っている人は、自分の借り入れ状況を把握しておく必要があるかと思います。

関連記事をチェック!

225view

アルコシステムでは他社借入があっても融資を受けられる?

融資を受けることを検討している人にとって、すでに自分が抱えてしまっている他社借入が足を引っ張るのではないかということは、大きな懸念となります。 そういったときは審査基準が緩いという評判のところから融...

申し込み内容に虚偽がある

最も基本的なことになりますが、借り入れ審査に通過したいからといって、申し込み内容に嘘の情報を記載してはいけません。

基本的に嘘の情報を申告しても、高い確率でバレてしまいますので、嘘をつくだけ無駄となります。

申し込み内容に虚偽がある場合は、審査で落ちてしまう可能性が高くなりますし、審査に時間がかかってしまう原因にもなりますので、申し込みでは正しい情報を申告するようにしてください。

また、仮に虚偽の内容で審査に通過したとしても、後で嘘がばれた場合は、一括返済などの措置をとられることもあります。

最悪の場合、詐欺罪などになってしまう可能性もありますので、十分注意してください。

関連記事をチェック!

178view

アルコシステムでは在籍確認なしって本当?

借入審査の際に行われる在籍確認に、抵抗がある人もいますよね。 中小消費者金融会社のひとつであるアルコシステムでは、在籍確認をなしにできるという情報がありますが、本当なのでしょうか。 今回は、アルコ...

個人の信用情報に問題がある

一般的に消費者金融の審査では、返済能力同様に個人の信用情報も重視されますが、それはアルコシステムでも同様です。

信用情報は、「申し込み者の返済の確からしさ」を確認するために非常に重要であり、過去の傾向から返済を行ってもらえなさそうだなと判断された場合は、返済能力がある人でも審査落ちになってしまいます。

特に、自己破産のような金融事故の情報が登録されてしまっている場合は要注意ですね。

なお、自身の信用情報は信用情報機関に情報開示請求を行うことで確認できるので、自分の信用情報の状態が気になる場合は、申し込み前に開示請求を行ってみるといいでしょう。

信用情報機関には、CIC・JICC・KSCの3社があり、インターネット経由・窓口・郵送での開示請求を受け付けています(KSCは郵送のみ)。

同時に複数社に申し込んだ

ブラック属性で審査に通過できる自信がない人は、とにかく手当たり次第に申し込んで「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦を取る人もいますが、これは絶対に止めておきましょう。

金融機関への申し込み情報も、信用情報に登録される情報の1つなので、金融機関が審査のために信用情報をチェックすれば、自社以外にも申し込みを行っていることが筒抜けになってしまいます。

複数社に申し込みを行っていると、「それだけお金に困っている=返済してもらえないかもしれない」と判断されてしまい、それ自体が原因で審査落ちになってしまう可能性があります。

このような状態のことを、「申し込みブラック」と呼びます。

申し込みブラックになってしまうことで、わずかに残されていた審査通過の可能性を自ら消してしまうのはもったいないので、融資の申し込みは1社ずつ行うようにしましょう。

アルコシステムで審査落ちした後の対処方法

お金を調達する必要があるのであれば、アルコシステムで審査落ちになってしまったとすると、他の方法を検討しなければなりません。

アルコシステムで審査落ちになってしまった後の対処法について、考えていきましょう。

他のカードローンの申し込み

アルコシステムのように、ブラックの人に対しても融資を行ってくれている中堅消費者金融は、他にもあります。

その中には、アルコシステムのような優良消費者金融もたくさんありますので、他の消費者金融にあらためてカードローンの申し込みをするといいでしょう。

審査の通りやすさ・金利の低さ・融資までのスピードなど、何を重視するかをよく考えたうえで、次に申し込む消費者金融を選びたいですね。

審査落ちした原因をクリアして再申し込み

アルコシステムの審査に落ちてしまった原因が、自分の中で何となく分かっている場合は、その原因を排除したうえであらためて申し込んでみましょう。

収入が少ないことが原因だと思われるのであれば、収入を増やすことが最優先です(簡単なことではありませんが…)。

他社借り入れ件数が多いことが原因だと思われるのであれば、おまとめローンを利用するなどして借金を一つにまとめてみましょう。

障害となる要素が取り除かれたのであれば、次は審査に通るかもしれませんよ。

短期のバイトして稼ぐ

お金を借りるのではなく、別の方法でお金を調達するという考えかたに切り替えることも重要です。

すぐにお金が必要な場合は、短期でできるバイトを行って必要な分のお金を調達するといいでしょう。

短期のバイトは、肉体労働系から路上での販売補助・イベント設営などいろいろな種類がありますので、自分が働けそうなものを選びやすいのも魅力です。

ただ、地域や時期によってはそういったバイトの募集が少ないこともあることには、注意しておきましょう。

不用品を売ってお金を用意する

家にある不用品を売ることでも、お金を用意できます。

クローゼットの奥に眠ったまま何年も使っていないようなブランド物のバッグや、新しいものを購入したために使わなくなってしまった型落ちの家電製品など、家には売れそうなものが意外とあるものです。

そういった物を断捨離感覚で売れば、お金も用意できるし家はきれいになるしで、一石二鳥ですね。

売るものを選ぶことで、得られる金額を調節しやすいのもメリットです。

質屋でお金を借りる

不用品はあるものの、売ってしまうのはちょっと…という場合は、それを質屋に預けてお金を借りることを検討してみましょう。

質屋では、預けたものの価値に応じてお金を借りられますし、のちのち返済できれば預けたものを取り戻すことも可能です。

借りたお金を返済できない場合は、預けたものは質流れになってしまいますが、家計の事情に応じて返済するかしないかを選べるのも、他のところでお金を借りた場合ではありえない選択肢です。

ブランド物の商品があれば、ある程度安定した金額のお金を借りられるので、預けられそうなものがある場合は、積極的に利用していくといいでしょう。

まとめ:審査では返済能力の有無が重要


アルコシステムで審査落ちする人の特徴を中心に、紹介してきました。

アルコシステムは、ブラックでも借り入れができたという口コミなどを目にしますので、審査自体は甘めかもしれません。

基本的に借り入れ審査では返済能力の有無が重要となりますので、ブラックに載ってしまっている債務整理経験者でも、返済能力があると見られれば、借り入れできる可能性があると思います。

また、アルコシステムを利用するには、総量規制をクリアしていることが最低条件となりますので、申し込み前に自分の状況を確認しておくことをオススメします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談