キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

アイフルのおまとめローン口コミから見たメリットとデメリットとは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

今回は、消費者金融アイフルの「おまとめローン」について、その概要や口コミをご紹介していきます。

おまとめローンは、銀行や消費者金融そして信販会社なども取り扱っていますが、それぞれのおまとめローンにより、特徴やメリットも異なってきます。

この記事では、アイフルのおまとめローンの金利や限度額などをご紹介し、このおまとめローンにはどんなメリットがあるのか…という点を特にお伝えしていきたいと思います。

アイフルのおまとめローンの概要

では、まずアイフルのおまとめローンの概要からご紹介します。

アイフルのおまとめローン借り換えMAX

アイフルのおまとめローンには二種類の商品がありますが、その一つ目が「かりかえMAX」です。

「かりかえMAX」は、アイフルのカードローンの利用が初めての人が申し込めるおまとめローンです。

ちなみに、気になる限度額は最高800万円までで、金利は3.0%から17.5%までという条件になっています。

また、アイフルの借り換えMAXは返済専用のおまとめローンとなりますので、通常のカードローンのように借りたり返したり…という事はできません。

アイフルのおまとめローンおまとめMAX

次に、アイフルのおまとめローンの二つ目「おまとめMAX」についてです。

アイフルのおまとめMAXのスペックは、先ほどご紹介したかりかえMAXと同じ条件となっていますが、アイフルのカードローンを利用した事がある方は、こちらのおまとめMAXを利用する流れになっています。

又、「おまとめMAX」は、「かりかえMAX」と同様、返済専用のローンとなっているという点も条件は同じです。

アイフルのおまとめローンを利用できる人の条件

ただ、これらのおまとめローンを利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 満20歳以上で安定した収入がある事
  • 消費者金融やクレジットカードのキャッシングにて複数の借り入れがある事

又、これらの条件の他にも、信用情報などに傷がなく他社借入金を延滞なく返済している事…という点も重要なポイントとなります。

関連記事をチェック!

アイフルのおまとめMAXとかりかえMAXはどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。...

アイフルのおまとめローンの口コミ

では、このおまとめローンを利用した方からは、どんな口コミが寄せられているのでしょうか?

いくつかご紹介したいと思います。

金利が低くなった

アイフルのおまとめローンの口コミで最も多いのは、やはり「金利を下げる事ができ、返済が楽になった」という口コミです。

アイフルのおまとめローンの上限金利は17.5%となっていますので、他社消費者金融カードローンの上限金利が18.0%という事を考えると、それよりは金利を抑える事ができます。

また、貸金業法により100万円以上の借り入れについては、金利が15.0%に下がりますので、数社からの借り入れ合計が100万円を超えている場合は、おまとめローンに借り換えたほうが金利は低くなるという事になります。

また、審査次第では12.0%という非常に低い金利で借り換える事ができた…、という口コミも寄せられています。

総量規制を超えていても利用できた

次の口コミで多いのは、「総量規制に引っかかっていたが、アイフルのおまとめローンを利用できた」という口コミです。

特に、総量規制に引っかかっているような人の場合、返済のための借入を繰り返している例が少なくありませんが、アイフルのおまとめローンを利用する事で、計画的に返済を進める事が出来たという例も少なくありません。

ちなみに、アイフルのおまとめローンのホームページには、総量規制に関わる以下の文言がありましたので参考までに掲載をしておきます。

※「本商品は、貸金業法に規定される「個人顧客の利益の保護に支障を生ずる事がない契約等」に該当し、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく商品です。(現在のお借入が年収の1/3を超えている場合でも審査可能です。)」

◆アイフル公式サイト:「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」

ただ通常のカードローンと同じく、このおまとめローンも審査次第では利用できないケースもありますので、その点だけは覚えておきましょう。

アイフルのメリット・デメリット

では、アイフルのおまとめローンには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット①来店での相談が可能

一つ目のメリットは、アイフルの場合、直接スタッフから説明を受ける事ができる…という点が挙げられます。

おまとめローンは、ネット銀行やその他の消費者金融でも扱っていますが、特にネット銀行ではスタッフがいる店舗がない場合が殆どで、細かな相談をしたくても出来ないというケースがよくあります。

その点、アイフルにはいくつかの実店舗がありますので、実際にお店の人に質問をしながら契約や相談を進める事ができます。

メリット②審査までのスピードが速い

次のメリットは借り換えまでのスピードです。

特に、来店での契約を選択した場合は、WEB申し込み→店舗へ行く→カード発行→借り換え、という流れを一日で済ませる事も可能です。

ただし、おまとめローンには「他社の借入を返済する」という条件が伴いますので、場合によってはアイフルが他社のカードローンを利用者本人に代わって返済する事もあります。

その為、代理返済に時間がかかった場合は、借り換え完了までに1~2日程度かかる場合もあります。

デメリット①金利がそれほど下がらないケースもある

次にデメリットについてです。

アイフルのおまとめローンのデメリットで多いのは、「それほど金利が下がらなかった」というケースです。

たしかに、借り入れが100万円を超えた場合は、金利は「15.0%」と低くなるのですが、場合によっては、他社金利18%から0.5%しか下がらなかった…というケースもあり得ますので、その点だけは覚えておきたいところです。

デメリット②キャッシングが出来ない

次のデメリットは、先ほどお伝えした通り、借りたり返したり…という事が出来ない「返済専用のローン」であるという点です。

これをデメリットと言うかどうかはその人次第なのですが、やはりどうしてもお金がない時は、いざという時にキャッシングができるカードローンの方がいいという方も少なくありません。

他社おまとめローンとの比較

ここまでで、アイフルのおまとめローンの概要はご理解いただけたかと思います。

では、アイフルとは別の他社おまとめローンには、どんな商品があるのでしょうか?

いくつかのおまとめローンと比較してみたいと思います。

東京スター銀行のおまとめローン

一つ目は東京スター銀行のおまとめローンです。

これは、「スターワン乗り換えローン」と言われるものですが、最高限度額は1千万円まで、そして金利は12.5%となっていますので、一見するとアイフルのおまとめローンよりも条件が良いような気がします。

しかし、東京スター銀行のおまとめローンは少々審査基準が厳しく、年収200万円以上である事や、保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる事という条件が設定されています。

また、審査から借り換え完了までは、最低でも3日程度かかるという事になっていますので、その点で言えばアイフルの方が利便性が高いと言えます。

プロミスのおまとめローン

次は同じ消費者金融のプロミスが提供しているおまとめローンです。

プロミスのおまとめローンは、金利が6.3%~17.8%(実質年率)となっていますので、最低金利だけ見るとアイフルの方に軍配が上がるという事になります。

また、最高限度額についてもアイフルは800万円でしたが、プロミスのおまとめローンは最高300万円となっていますので、そういう意味でもアイフルの方が余裕のある借り入れができるという事になります。

関連記事をチェック!

 プロミス借り換え,おまとめローンで借金一本化!

件数が膨らんでしまった借金は、返済の手間暇も増加させ、さらに毎月の返済額も大きく、負担になります。 借金を一本化してしまうと、これらの負担が減少し、完済に向けて返済しやすくなります。 今回...

おまとめローンと借り換えの違い

ところで、おまとめローンという言葉で検索すると、「おまとめ」と「借り換え」という二つの種類の言葉が出てくる事に気づきます。

では、一般的に「おまとめ」と「借り換え」の違いとはどういった点なのでしょうか?

結論から申し上げると、一般的なおまとめローンとは返済専用のローン、そして一般的な借り換えローンとは「通常のカードローン」を表します。

おまとめローンの考え方は先ほどからご紹介しているアイフルのおまとめローンと同じなのですが、一般的な借り換えローンとは、例えば単純にカードローン会社を別会社に乗り換えるという意味になります。

例えば、金利18.0%のプロミスカードローンを返済し、金利12%のじぶん銀行カードローンに乗り換える…と言った場合がこれに当てはまります。

つまり、借り換えた先のカードローンは、これまで利用していたカードローンと単純に金融機関が異なるというだけで、従来と同じく「借りたり返したり」という事も可能…という訳です。

ちなみに、少しややこしくなったかもしれませんが、アイフルのおまとめローンと借り換えローンは、共に返済専用のローンとなっていますので、両方とも「おまとめローンの類」となります。

まとめ

今回は、アイフルのおまとめローンについて、いくつかの情報をお届けしましたが参考になったでしょうか?

筆者にも経験がありますが、4~5社のカードローンから借入をしている場合、各々の返済期日がバラバラにやってきて、精神的にも追い込まれてしまいます。

そういう場合に於いては、借りたり返したり…という事を繰り返すのではなく、返済日を一つにまとめ、計画的に返済していく事ができるこのおまとめローンを利用する、というのも一つの手段なのかもしれませんね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談