りそな銀行のカードローンで借り換え【審査に通るポイントと注意点】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

りそな銀行のカードローン

りそな銀行のローンは、自由な資金に利用することができるため、他の銀行や消費者金融で借りているカードローンなどを借り換えすることができます。

また、ローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いも借り換えすることができますので、広い範囲でまとめることができます。

今回は、他のローンを借り換えすることを目的に、りそな銀行のカードローンを借りる場合について、審査に通るためのポイントなどを紹介していきます。

カードローンで借り換えする際の注意点

カードローンは、申し込んだ利用限度額では契約することができず、借り換えに必要な分を借りられないことがあります。

こうしたことが起きやすいのは、これまで取引したことがない銀行のカードローンに申し込んだ場合であり、信用の面でいきなり高額な利用限度額で審査に通ることが難しいからです。

また、借り換えできるだけの利用限度額を契約できた場合でも、返済が進んでいくにつれて追加借入してしまう危険性があります。

追加借入をしてしまうと、本来の目的である借り換えのメリットが無くなってしまい、いつまで経っても返済が終わらない状態になってしまいます。

これは、りそな銀行のカードローンに限ったことではなく、カードローンをおまとめローンとして利用する際に注意しなければならないことです。

カードローンの商品詳細

「りそなカードローン」は、最大融資額800万円の大型カードローンであり、最低金利が3%台の非常に魅力的な商品です。

「りそなカードローン」の詳細は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 申込受付時の年齢が満20歳以上満66歳未満の個人の方(ご利用限度額300万円型~800万円型の場合は満60歳未満の方)
  • 継続安定した収入のある方
    (パート・アルバイトの方も申込可)
    ※専業主婦・学生の方は申込不可
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途健全な消費性資金
融資限度額10万円型~800万円型の13段階
融資利率変動金利:3.5%~12.475%
返済方法残高スライド方式
返済日毎月5日
保証会社オリックス・クレジット㈱

金利は利用限度額によって変わる

りそな銀行のカードローンは、利用限度額によって金利が変わります。

利用限度額に応じた金利は、以下のようになっております。

利用限度額金利
800万円型3.5%
700万円型4.0%
600万円型4.5%
500万円型4.9%
400万円型5.5%
300万円型7.0%
200万円型9.0%
150万円型11.5%
100万円型
70万円型12.475%
50万円型
30万円型
10万円型

このように、10万円型などの少額であっても、12.475%で借りることができますので、非常に低金利なカードローンとなっています。

審査は厳しい

カードローンを借りる場合には、審査の通りやすさが気になる人も多いと思います。

結論から先に言いますと、りそな銀行のカードローン審査は通りにくいです。

審査の通りやすさというのは、金利を見ることで簡単にわかり、りそな銀行のカードローンのように低金利なものは、含まれている保証料も少なくなります。

保証料が少なくなると、保証会社では高いリスクに備えることができなくなりますので、審査を厳しくします。

金利と審査の通りやすさはどちらも両立したいところですが、現実はどちらか一方しか得ることができないということです。

金利優遇制度

りそな銀行のカードローンには、金利優遇制度があり、条件に該当することで金利が0.5%引き下げられます。

金利が引き下げられる条件は、「所定の住宅ローンを利用中で、且つマイゲートを契約している」こと、「りそなカードローンのご利用口座で給与振込のお取引きが既にある場合」となっています。

通常金利でも低金利で借りられますが、条件を満たすことでさらに低い金利で契約することができます。

審査に通るためのポイント

カードローンの厳しい審査に通るためには、何よりも信用が重要となります。

信用とは、年収や勤続年数などの属性情報、他のローンの利用状況などを総合的に判断されるものです。

信用は、年収が高くなるほど、それに合わせて高くなっていきますが、現実的には短期間で収入が上がることはほとんどありません。

また、年収が高くなったとしても、返済能力がなければ審査に通ることができません。

審査に通るための信用は、返済能力が非常に重要であり、

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

ということで信用を高くしていく必要があります。

他のローンを延滞なく返済する

「延滞をすると信用に傷が付く」といわれますが、これは審査の際に返済能力が低いと判断されやすくなるためにこのような言い方となっています。

ローンを借りるうえでは、最も基本的であり延滞をしないということですが、ローンを複数抱えている人は、毎月きちんと返済していくことができない人もいます。

また、急な出費などで延滞をしてしまうこともありますので、延滞をするリスクは誰にでもあります。

しかし、どんな事情であっても延滞をしてしまうと、信用に傷が付いてしまいますので、しっかりと管理しながら返済していかなくてはなりません。

少額のローンは完済する

ローンを複数借りている人は、すでに信用が低い状態となっていることも多いです。

このような場合には、完済実績を作って信用を高くしましょう。

完済実績とは、ローンを契約通りに最後まで返済した実績ですので、返済能力が高いことをアピールできます。

しかし、高額なローンを完済できるだけの資金があれば、借り換えする必要もありませんので、10万円程度の少額なものを完済するようにしましょう。

まとめ

りそな銀行が提供するカードローンは、非常に低金利で借りることができますので、借り換えに利用すれば多くのメリットを得ることができます。

審査は厳しいのですが、住宅ローンや給与振込を行っている人であれば、金利面だけでなく、審査の面でもメリットを得ることができますので、りそな銀行をメインで利用している人にはおすすめです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談