ソニー銀行のカードローンで借り換え【審査に通るポイントと注意点】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ソニー銀行のカードローン

ネット銀行のソニー銀行が提供するカードローンは、自由な資金に利用することができるため、おまとめローンとしても活用できます。

おまとめローンといえば、消費者金融のものをイメージしますが、銀行のカードローンで借り換えを行う場合は、クレジットカードのリボ払いなどもまとめることができます。

また、ソニー銀行のカードローンは、ネット銀行ならではの低金利で借りることができますので、借り換えのメリットを多く得ることができます。

今回は、ソニー銀行のカードローンで借り換えすることを考えている人に、カードローンの商品内容はもちろん、審査に通るためのポイントを紹介していきたいと思います。

カードローンで借り換えする際の注意点

カードローンを申し込む場合、必要な金額がどのくらいなのかを申告しますが、必ずしもその金額で借りられるわけではありません。

審査によっては限度額が減額され、すべてを借り換えできるだけの金額が借りられないこともあります。

特に、新規で申し込んだ場合には、利用限度額が10万円~30万円と少額になってしまうこともあり、多くても50万円となることがほとんどです。

また、借り換えできるだけの限度額で契約できたとしても、返済の途中で借入してしまう危険性もあります。

最終的には、何の目的で借りているのかを忘れるほど、なかなか残高が減らないという状況になってしまうこともありますので、使い方には十分に注意しなくてはなりません。

ソニー銀行カードローンの特徴

カードローンを利用するためには、まず商品の内容を知らなくてはなりません。

先ほども少し触れましたが、ソニー銀行のカードローンは、ネット銀行ならではの低金利で借りられることが最大の魅力です。

また、利用限度額は最大800万円ですので、高額な借入にも対応することができます。

ネット銀行のカードローンですので、申し込みから契約までをインターネットだけでできるため、手続きがしやすいことも人気の理由です。

ソニー銀行カードローンの商品詳細

ソニー銀行カードローンの詳細を紹介していきます。

利用対象者
  • ソニー銀行に円普通預金口座をお持ちの方(同時申込可)
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 原則、安定した収入がある方
  • 日本国籍の方、もしくは外国籍の方で永住権をお持ちの方
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途原則自由
(事業性資金には利用できません)
利用限度額10万円~800万円の18段階
金利変動金利:2.5%~13.8%
返済方式残高スライド方式
返済日毎月2、7、12、17、22、27日のいずれかを任意で指定
保証会社アコム㈱

利用限度額に応じた金利が適用される

ソニー銀行カードローンは、利用限度額に応じた金利が適用されます。

利用限度額は、審査によって実際に契約できる金額が変わりますので、申し込みの時点ではどの金利で借りられるのかということはわかりません。

利用限度額に応じた金利は、以下のようになっております。

利用限度額金利
10万円~50万円13.8%
60万円~90万円12.8%
100万円9.8%
150万円9.0%
200万円8.0%
300万円6.0%
400万円5.0%
500万円4.0%
600万円3.5%
700万円3.0%
800万円2.5%

このように、高額な利用限度額になるほど低金利となりますが、最高金利でも13.8%は他の銀行と比べても低いです。

審査は通りにくい

カードローンを借りるためには、必ず審査に通らなくてはなりませんので、ソニー銀行カードローンの審査の通りやすさが気になるところです。

結論から先に言いますと、審査は通りにくいといえます。

審査の通りやすさというのは、金利を見ることで簡単に判断することができ、ソニー銀行のように低金利なものは、含まれている保証料が少ないため、リスクの低い人でなければ融資されません。

ネット銀行だからこその低金利ということを考えても、最高金利でさえ13.8%というのは低く、それだけ厳しい審査を行っていると予想されます。

審査に通るためのポイント

ソニー銀行カードローンの厳しい審査に通るためには、何よりも信用が重要となります。

信用とは、年収などの属性情報や他の借入状況などを総合的に判断したものであり、信用が高くなるほど審査には通りやすくなります。

信用は、年収が多くなるほど自然と高くなるものですが、急に収入が多くなることはあまりありませんので、他の借入状況によって高めていくことが現実的です。

他の借入状況で信用を高めるためには、返済能力があると判断されることが大事であり、以下の2つのことを実践することで返済能力があることを示すことができます。

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

また、申し込みの際には適切な方法で手続きしなくてはならず、間違った方法で行ってしまうと融資が受けられなくなってしまいます。

他のローンを延滞なく返済する

返済能力が低いと判断される要因に、他の借入の返済状況があります。

返済状況とは、他の借入で個人信用情報機関に登録されている毎月の返済履歴のことであり、およそ2年間分が審査の対象となります。

返済履歴の中に延滞がある場合には、返済能力が低いと判断されてしまいます。

反対に、延滞なくきちんと返済している場合には、返済能力があると判断されることで、審査に通りやすくなります。

もちろんこれだけではありませんが、信用を判断するうえで返済能力は非常に重要ですので、すでに借入しているローンは延滞なく返済していくようにしましょう。

少額のローンは完済する

借り換えをする際に、現在借りている分をすべておまとめの対象にすることを考える人がほとんどです。

しかし、借りているものの中で、10万円のカードローンなどのように少額なローンがある場合には、完済することをおすすめします。

少額のローンでも、完済することで借り換えに必要な金額が減り、カードローンの申込金額を少なくさせることができます。

また、ローンを完済すると、信用情報に完済実績が登録され、返済能力があることを証明することができます。

審査は申込金額が少ないほど通りやすくなりますし、完済実績によって返済能力があると判断されると、融資を受けられる確率は高くなります。

申し込みの内容を正確に記入する

信用を高めたとしても、審査に通るかが心配になることは当然のことです。

ですが、ここで絶対にしてはいけないことは、申し込みの内容を偽ることです。

また、インターネットで申し込み際に、入力した内容をきちんと確認せず、実際とは異なる内容で送信してしまっていることもあります。

実際の内容と申し込みの内容が相違している場合には、信用を失ってしまい、融資を受けることができなくなってしまいますので注意が必要です。

まとめ

ソニー銀行のカードローンは、高額な融資に対応しているだけでなく、少額の利用限度額でも他の銀行よりも低金利で借りることができます。

ですので、借り換えによるメリットを多く得ることができますが、借入の仕方などには十分に注意しましょう。

また、利用するためには厳しい審査に通らなくてはなりませんので、普段から延滞しないようにするなど、しっかりとした対策が必要になります。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談