SMBCモビットの残債を一括返済する方法一メリットやデメリットも紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

今回は、SMBCモビットの残債を一括返済する方法を詳しくご紹介します。

消費者金融のカードローンの金利は、18.0%の上限金利が適用されている場合が多く、金利負担がとても大きくのしかかってきます。

その為、手元に余裕のある資金があれば、一括で返済してしまった方が利息の負担は軽くて済みます。

ただ、一括返済の方法をきちんと理解しておかないと、後々面倒な事になる可能性もあります。

一括返済を検討している方は、特に手続き上の注意点等について、是非この記事を参考にしていただければと思います。

SMBCモビットの一括返済の方法

まず、SMBCモビットの残債を一括で返済する手順からご紹介します。

まずはコールセンターに残債の確認をする

一括返済でまずやるべき事…。

それは、まずは「SMBCモビットのコールセンターに連絡をする」という事です。

何故なら、返済する日によって利息が変動するからです。

一括返済を思い立ったら、まずは自分が返済できる日をきっちり決めておき、「その日に一括で返済すれば総額でいくら返済すればいいのか?」という事を確認するようにしてください。

尚、一括返済の金額に過不足があると、後でSMBCモビット側から返金してもらわないといけない…という面倒な事になりますので、くれぐれもコールセンターへの確認は怠らないようにしてください。

振込による返済

SMBCモビットの一括返済の方法は三つありますが、その一つ目が振込みによる返済です。

SMBCモビットには返済専用口座がありますので、コールセンターで口座番号を確認し、契約者名義で振り込む事で一括返済は完了します。

尚、この時に発生する振込手数料は契約者の負担となりますので、出来れば手数料無料のネット銀行などから振り込まれる事をお勧めします。

口座振替による返済

二つ目の方法は口座振替による返済です。

これは毎月の返済を口座振替に設定している人が利用できる方法ですが、事前にSMBCモビットに一括返済の連絡を入れておくと、最終引き落とし日に残債がすべて引き落とされるかたちとなります。

ATMは小銭の対応が出来ないものがある

最後の方法はATMから返済する方法です。

SMBCモビットは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行そしてプロミス等の提携ATMが利用できますので、そこから一括返済をすれば手続きが完了します。

但し、ATMの中には小銭の対応ができないATMがありますので注意が必要です。

この場合、前段でお伝えした通り完済額の過不足が出る…という事態になりますので、出来れば一括返済は振込にて対応した方がスムーズに完了できると思います。

関連記事をチェック!

481view

SMBCモビットのメリットデメリットを徹底的に分析!

SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。 自動契約機は三井住友銀行のローン契約機も利用できるため、ますます顧客数を伸...

SMBCモビット一括返済のメリット

では、そんなSMBCモビットの一括返済には、どんなメリットがあるのでしょうか?

利息が軽減され、返済期間も短くて済む

一つ目は、当たり前の話ですがSMBCモビットに支払う利息が軽減されるというメリットです。

例えば50万円を金利18.0%の設定で借り入れて、毎月最少返済金額である16,000円ずつ返済していくと、完済までにはなんと43ヶ月かかり、利息の総額は約17万円となります。

したがって、返済途中で残債を一括返済すれば、これほどの利息を払う必要はなくなるという事になります。

精神的余裕が生まれる

二つ目のメリットは、「精神的な余裕が生まれる」という点です。

借金を背負っている人の場合「いつ返済が終わるのだろうか…」「次の返済日はいつか?」という精神的プレッシャーにいつも追われる状態が続きます。

しかし一括返済をして残債がなくなると、このような精神的プレッシャーからも解放され、仕事や趣味にも没頭できるようになります。

各種ローンの審査にも有利

三つ目のメリットは、住宅ローンなどの各種ローンの審査面で有利になるという点です。

特に住宅ローンを取り扱っている銀行は、消費者金融カードローンを契約しているような人に住宅資金を貸そうとはしません。

消費者金融カードローンを契約している事が分かった時点で「この人はお金にルーズな人なんだなと」というレッテルを貼ってしまうからです。

住宅メーカーの中には、住宅ローンの審査が通りやすいように、審査前にクレジットカードの解約も勧めてくる会社もあるくらいです。

関連記事をチェック!

331view

消費者金融一括返済はメリットばかり?全額返済の注意点はないの?

消費者金融のキャッシングでお金を借りて一括返済する人はなかなかいませんよね。普通はリボ払いになるのではないでしょうか。 リボ払いは確かに経済面でラクに返済できますが、返済期間が長期間となりやすくまた...

SMBCモビット一括返済のデメリット

では、上記のようなメリットがある一方、一括返済にはデメリットはないのでしょうか?

よく考えて返済しないと、結局お金が足らない事に

SMBCモビットの残債を一括返済するデメリットは特に見当たらないのですが、強いて言うなら、きちんと計画性をもって返済しないと、せっかく返済したカードローンに再び手をつけてしまう可能性がある…という点が挙げられます。

最悪のケースとしては、SMBCモビットを解約した後で、もう一度お金が必要になってこのカードローンを再契約する…といったケースもあり得ます。

この場合、以前契約していた時の限度額なども一度リセットされますので、限度額は以前よりも少なくなる可能性があります。

したがって、一括返済をする時には、今後の資金計画も確認し、「本当に一括返済しても問題がないかどうか」という事をよく考えてから手続きするようにして下さい。

一括返済して他社で借り換える方法も

SMBCモビットを一括返済する場合、自分で貯めた余剰資金で一括返済するのが通常ですが、手元に資金がなくても、いくつかの方法でSMBCモビットのカードローンを一括返済する事が出来ます。

30日間無利息キャッシングを活用する

その方法の一つ目が、消費者金融で一度キャッシングをして、そのお金でSMBCモビットの残債を一括返済するという方法です。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融では、カードローン契約が初めての人に対し30日間の無利息キャッシングを用意してくれていますので、一度他社でキャッシングを行ってSMBCモビットの残債を返済すると約一か月の利息がお得になるという事になります。

ただ、このような借り換えでよくありがちなのが、「SMBCモビットの残債」と「借り換えたカードローンの残債」の両方が残ってしまう…というリスクです。

つまり、他社でキャッシングした時点では手元にたくさんのお金が残る為、自分がお金持ちになった気分になってしまい、そのお金を使ってしまうという事になる訳です。

したがって、他社カードローンに借り換えた場合は、くれぐれも即日でSMBCモビットの残債を一括返済するようにしてください。

低利のおまとめローンも

二つ目は、低利のおまとめローンを活用するという方法です。

借り入れが「SMBCモビットの一社のみ」という状態ではおまとめは難しいですが、2~3社のカードローンからお金を借りている場合は、それらの残債を全ておまとめする事も可能です。

おまとめローンは銀行や消費者金融などが取り扱っていますが、同じ消費者金融の類の中でもアコムやプロミスもおまとめローン取り扱っています。

この場合、審査結果にもよりますが、金利も低く抑える事ができます。

参考までにアコムのおまとめローンに関するサイトを記載しておきますので、是非参考までにご覧になってください。

◆アコム公式サイト:「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

一括返済した後の解約処理について

最後に、SMBCモビットの残債を一括返済した後の「カードローン解約」についても、いくつかの注意点をお伝えしておきたいと思います。

解約処理の意味と解約しなかった場合のリスク

まず、何故SMBCモビットの一括返済をした後の解約処理が必要なのか?という点についてですが、SMBCモビットのカードローンは基本的に自動更新になっており、利用者からの特別な申し出がない限りは残債があってもなくても契約状態は続くような形になっているからです。

又、契約状態が続いているという事は信用情報機関にもその情報は残り続ける事になりますので、前段でお伝えしたような住宅ローンの審査時には、借入残高がなかったとしても、審査には不利になってしまいます。

解約処理の方法

SMBCモビットの解約の方法はコールセンターに連絡を入れる事で完了します。

尚、契約時にSMBCモビットに提出した様々な書類は、基本的にはSMBCモビット側で処理をしてもらえます。

又、キャッシング用のカードについては、SMBCモビットに返却する事もできますが、ほとんどは自分でハサミで処理するなど契約者本人が破棄するケースが多いようです。

まとめ

今回は、SMBCモビットのカードローンの一括返済について、いくつかの情報をお伝えしました。

筆者も経験がありますが、カードローンを利用している場合は返済期間がとても長くなりますので、できれば一時的に仕事を頑張ったり、預貯金を融通したりして、一括返済をした方が金利負担も精神的負担も軽くなります。

ただ、今回の記事でもお伝えした通り、カードローンを一括返済して解約してから再び利用する…となると、後々面倒な手続きが必要になってきますので、できれば解約については慎重に検討される方がいいかもしれませんね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談