セディナの配偶者貸付の詳細をわかりやすく解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

配偶者貸付とは収入のない専業主婦でも、一定の条件のもとにキャッシングできるように配慮した制度です。しかし配偶者貸付は手続きが面倒な上にリスクが高く対応している業者は少ないの現状です。

クレジットカードで名前が知られているセディナは、配偶者貸付を積極的に採用している数少ない業者です。夫婦の年収を合算した年収の1/3まで借入が認められるセディナの配偶者貸付について詳細を分かりやすくご説明します。

配偶者貸付は夫婦の年収を合算できる

配偶者貸付って皆さんどこまでご存知\じでしょうか。

名前はなんとなく聞いたことがあるけれども実際利用する機会もないし、詳しい内容まではよくわからないという人が多いように思います。

配偶者貸付は貸金業法が改正になった2010年6月に盛り込まれた総量規制の例外規定です。

それまで収入のない専業主婦でも消費者金融からお金を借りることができたのに、法律が改正されたことによって総量規制が導入され、急に資金繰りがつかなくなってしまった専業主婦を救済する目的で設けられたものです。

消費者金融やクレジットカード会社は、総量規制対象貸付となり無担保無保証で貸付が認められる限度額を年収の1/3までに制限されています。

しかし総量規制をそのまま当てはめてしまうと、今まで借りることができた専業主婦は消費者金融やクレジットカード会社との契約ができずに、不便を強いられることになりますね。

そこで配偶者貸付を設け、夫婦の年収を合算した金額が総量規制の計算基にできるようにし、収入のない専業主婦でもキャッシングができるようにしています。

収入のない専業主婦のキャッシング方法は、銀行によって多少異なるものの銀行カードローンで対応していますが、配偶者貸付によって消費者金融やクレジットカード会社との契約が可能です。

ただし配偶者貸付を採用している金融機関は少ないのが現状です。数少ない配偶者貸付を採用しているセディナは、銀行カードローン以外に借りれる金融機関のない、狭い選択肢を広げています。

セディナは配偶者貸付で専業主婦でもキャッシングできる

セディナといえば三井住友フィナンシャルグループに得するクレジットカード会社ですね。

銀行系クレジットカード会社ということもあって人気が高く、またポイント還元の高さからも魅力的なクレジットカードです。

セディナは配偶者貸付を採用することによって、収入のない専業主婦の顧客層を開拓している数少ない金融機関です。

配偶者貸付を希望する場合は配偶者の同意を得ることによって、配偶者との年収を合算した金額の1/3までの借入を認めています。

配偶者の同意はどのようにすればいいの? と悩みますよね。同意書が必要と言われてもどう書けばよいのかよくわからないのが普通ですね。

そこで同意書はセディナの公式サイトからダウンロードが可能で、本人申込用と配偶者貸付用の申込用紙に記入し、及び配偶者の直筆で記入するだけです。

後は婚姻を証明する戸籍抄本や住民票、及び本人確認書類などを提出するだけですから、配偶者貸付を難しく考える必要がありません。

配偶者貸付でいくらまで借りられるのか

配偶者貸付を利用するパターンとして、収入のない専業主婦が利用する場合と夫婦共稼ぎで利用する場合の2つのパターンがあります。

専業主婦がキャッシングする目的で配偶者貸付を利用するだけでなく、既にキャッシングしている場合においても、夫婦の年収を合算すれば総量規制以上のキャッシングも可能です。

もちろん審査がありますので、必ずしも夫婦の年収を合算した金額で年収の1/3までキャッシングできるとは限りませんが、法律上はキャッシングできる上限額が上がる可能性も十分です。

では収入のない専業主婦が配偶者貸付を利用するパターンと、夫婦共稼ぎで配偶者貸付を利用するパターンの具体例を見てみましょう。

専業主婦の場合

・専業主婦の年収:0円
・配偶者の年収:600万円
・総量規制で専業主婦が借りれる金額:上限200万円

ただし配偶者が既にキャッシングを利用している場合は、200万円から他社借入額を差し引いた金額が専業主婦が借りれる金額の上限です。

例えば配偶者が100万円キャッシングしていたとすると、200万円-100万円=100万円が専業主婦が借りれる上限額ですね。

夫婦共稼ぎの場合

・主婦の年収:120万円
・配偶者の年収:480万円
・総量規制で夫婦が借りれる金額:上限200万円

配偶者貸付は何も専業主婦だけが利用できる制度ではなく、夫婦共稼ぎの場合もう少しキャッシングしたいなというときに、お互いの年収を合算した金額を総量規制の金額にできるのです。

ですから例えば上記の例で言うと、配偶者の年収が480万円なら総量規制によって借りれる上限額は160万円です。主婦の年収は120万円ですから40万円が上限額ですね。

しかし主婦の年収が120万円あれば年収を合算することによって年収総額は600万円ですね。

総量規制額は200万円となるため、主婦が借入枠を増やしたいというときや、配偶者が借入枠を増やしたいというときにも利用可能なのです。

配偶者貸付をイメージするのに、携帯電話のパケット通信分け合えるサービスと同じだと考えても良いですね。

年収合算額が600万円なら200万円までが総量規制対象額となり、夫婦のキャッシング枠の合計が200万円までなら契約可能ということです。

セディナの配偶者貸付の考え方

セディナは消費者金融ではなくクレジットカード会社のため、前項でご説明した配偶者貸付の借入上限額までキャッシングできるわけではありません。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、セディナの配偶者貸付を利用して専業主婦が申し込んでも、ショッピング枠がなくキャッシング枠だけがあるカードが発行されます。

ですから専業主婦に対してクレジットカードが発行されるわけではないのです。

また収入のない専業主婦がキャッシングできる金額は、すでにセディナの会員となっている夫のキャッシング枠内で利用しなければならないため、夫のキャッシング枠が例えば50万円なら、夫婦でキャッシングできる限度額が50万円の範囲内でなければならないことに注意です。

すでに夫が50万円キャッシングしていたら専業主婦は借りることはできません。あくまでもキャッシング枠の総額として50万円があると考えておきましょう。

なお専業主婦でもクレジットカードが欲しいという場合は、セディナの家族カードを渡すという方法もありますね。

配偶者貸付を申し込んでも夫に電話連絡がない

セディナの配偶者貸付を利用して申し込む場合は、必ずセディナの会員となっている夫の自筆の申込書がなければなりません。

しかしセディナは夫が自筆でサインしたのかどうか確認の電話をしません。夫のクレジットカード番号がわかれば、考えようによっては専業主婦が勝手に申し込むこともできるわけです。

夫の代わりに筆跡の違う友人に頼んで書いてもらうという方法もありますね。

しかし後で金銭トラブルが発覚した場合、文書偽造の罪になる可能性もあります。ですからたとえ本人確認の電話がないとしても必ず配偶者に申込書を書いてもらうようにしましょう。

なお夫婦共にセディナのクレジットカードを持っている場合、配偶者貸付を利用することでキャッシング枠を増枠することも審査によって可能ですよ。

配偶者貸付で必要な書類

セディナの配偶者貸付を利用する場合はセディナの申込書と、次の書類を用意しましょう。

◆専業主婦が申し込む場合
・配偶者の収入証明書

◆夫婦年収を合計して借入を希望する場合
・夫婦それぞれの収入証明書

収入証明書の種類は源泉徴収票や給与明細書、確定申告書、納税通知書、年金証書などが利用できます。

またどちらのケースで申し込む場合でも必ず婚姻を証明することができる住民票を追加書類として提出しましょう。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談