スターフライヤーカードの審査に落ちたときの原因と対処法を紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

九州地方に住んでいる人はショッピングでもフライトでも、マイルがたまるスターフライヤーカードを利用したい人も多いでしょう。

しかし申し込みしたすべての人が利用できるわけではなく、審査に通る必要があります。

審査に落ちる人には共通する理由があり、原因とその対処法について詳しく見ていきましょう。

スターフライヤーカードの基本情報を確認しよう!

基本情報|申込条件

福岡県に本拠地を置く航空会社、株式会社スターフライヤーのクレジットカードです。

スターフライヤーカードには、2種類のカードがあります。

  • スターフライヤーJCBカード
  • スターフライヤーVISAカード

それぞれのカードの基本情報と、申込条件を確認していきましょう。

◇スターフライヤーJCBカードの基本情報
申込条件
  • 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人
  • 18歳以上で高校生を除く学生
年会費
  • 初年度無料
  • 次年度より1,250円(税別)
    年間3万円(税込み)以上のショッピング利用で翌年の年会費が無料
家族カード なし
利用可能枠
カード発行会社 株式会社ジェーシービー
国際ブランド JCB
特典サービス
  • 入会ボーナスマイル1,000マイル
  • ショッピング200円利用ごとに1マイル
保険(海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険) なし
◇スターフライヤーVISAカードの基本情報
申込条件
  • 満18歳以上で安定した収入のある人(高校生を除く)
  • 未成年者は親権者の同意が必要
年会費
  • 初年度は無料
  • 次年度以降は1,250円(税別)
  • 携帯電話または各電力会社の料金をVISAカードで決済する、または1年間に10万円以上利用すると翌年の年会費は無料
家族カード なし
利用可能枠 10万円~40万円
カード発行会社 九州カード株式会社
国際ブランド VISA
特典サービス
  • 新規入会者に1,000マイルが付与される
  • ショッピング200円利用ごとに1マイル
保険(海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険) 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)

なお、SBIカード発行のスターフライヤー(Mastercard)は、2018年1月31日をもってサービスを終了しています。

スターフライヤーカードの特徴

毎日の暮らしの中やフライトで、カードの利用200円ごとに1マイルがたまります。

九州へよく行く人や九州に在住していて、スターフライヤーをよく利用するという人はお得に利用することができます。

ふだんのショッピングにも使えるので空も陸も、九州の旅に強いカードといえます。

申込みからカード受け取りまで

スターフライヤーカードの申込みから受け取りまでを紹介します。

Step1.申込み

「オンライン入会申込み」でSTARLINK MEMBERSに入会し、スターフライヤーJCBカードまたは、スターフライヤーVISAカードの申込みをします。

またSTARLINKは株式会社スターフライヤーが運営するプログラムです。

指定口座振替手続きをインターネット以外にも、郵送で申し込みすることもできます。

郵送の場合はインターネットで申込後、申込完了を確認したのち書類を郵送します。

書類とは本人確認書類と収入証明書類があります。

ただし、収入証明書はすべての人が必要な書類ではありませんので注意してください。

◇本人確認書類

  • 運転免許証または運転経歴書のコピー
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種健康保険証+現住所が確認できる書類
◇収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月分で会社名の入ったもの)
Step2.審査を受ける

カード発行会社の審査を受けます。

スターフライヤーJCBカードは株式会社ジェーシービーの、スターフライヤーVISAカードは株式会社九州カードの審査を受けることになります。

Step3.カード受け取り

審査に通過後インターネット申込みをした人は、申込完了から1週間ほどでカードが発行され郵送されます。

審査項目と審査の流れを把握しておこう

審査基準

スターフライヤーカードの審査基準は、「年齢が満18歳以上安定した収入のある人」という申込み条件から考えると、一般的なクレジットカードと比べても特別厳しいものではないといえるでしょう。

スターフライヤーズカード VISA の方では利用限度額が10万円から40万円となっているため、申し込みする人の年収はそれほど基準が高くないといえます。

またスターフライヤーJCBカードは、配偶者に安定継続収入のある人と条件にあるので、専業主婦の人も申込が可能です。

審査項目を確認

与信審査

スターフライヤーカードの審査で見られる項目を把握しあらかじめ対策をすることで、審査通過率をあげることもできます。

まず審査では、申込者がカードを発行しても毎月支払いをしてくれる信用できる人物なのかを審査項目で確認しながら行われます。

そしてカードを発行するだけの信用度があるかどうかを見ることを与信審査といいます。

与信審査をクリアすると、本人確認や在籍確認が行われ、また申込者と連絡が取れるかなど確認されます。

審査項目には主に次のようなものがあるので確認しておきましょう。

  • 申込者の基本情報
  • 勤務先情報
  • 雇用形態
  • 収入
  • 個人信用情報の照会
  • 本人確認
  • 在籍確認

アルバイトやパートで働いているよりは正社員の方が信用度は高くなります。

しかし、幾ら正社員でも他社で借金が多く、返済を延滞しているといった場合には信用度が下がり、審査に通らない可能性が高いです。

審査で雇用形態は重要な項目ですが、それだけではなく収入が安定しているかどうか、また他社借入が多すぎないかという項目も合わせて総合的に判断されます。

在籍確認

在籍確認は審査の中で重要な項目となっています。

与信審査に通過すると在籍確認が行われます。

在籍確認まで審査がすすんでいると、審査結果がでるまであともう少しといったところといえます。

一般的に在籍確認とは申込書に入力した勤務先にカード会社が電話をかけて在籍を確認する審査です。

在籍確認から分かることは、申込書に申告した内容が正しいかどうか、また本当に勤務しているということで収入があり返済能力があるということを裏付けできます。

審査落ちの原因をしっかり把握しよう

審査に落ちてしまう原因は幾つかあります。

しっかり把握して、今後の借入の申込に役立てましょう。

申込条件を満たしていなかった

審査に落ちてしまう理由のひとつとして、そもそも申し込み条件を満たしていなかったという場合があります。

年齢はともかく安定した収入ということで、間違えて捉えてしまうケースもあるようです。

学生など家族から毎月送られてくる仕送りを、収入としてしまうことがあります。

仕送りは収入とはなりませんので気を付けてください。

過去に金融トラブルがあった

審査では個人信用情報を確認されますが、このとき金融事故情報の記録があると審査に通ることは難しくなります。

スターフライヤーカードの発行会社から見ると、過去に金融事故を起こしたことがある人は支払い能力が低いのではないか、また支払いできずに金融事故を起こすのではないかと心配になる人もいるでしょう。

そのため、貸倒れなどのリスクを避けるために審査落ちとされるのです。

なお、金融事故とされるのは下記のような項目です。

◇長期延滞

61日以上または3か月以上の支払いを延滞したことです。

◇債務整理

借金や利息、またはその両方を減額や免除してもらうことをいいます。

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」があり、裁判所や弁護士を介して行うことが多いです。

◇代位弁済

長期延滞などをして、保証会社が借入先に借入残高を代わりに支払うことをいいます。

代位弁済後は保証会社へ返済をしていきます。

代位弁済をしても借金が減ったりなくなったりすることはありません。

◇強制解約

借入先から強制的に契約を解除されることです。

強制解約されるときには同時に借入残高を一括請求されることがあります。

関連記事をチェック!

14981view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

信用情報がない

審査では個人信用情報の照会をされますが、個人信用情報機関に信用情報がないことが原因で、落ちてしまうことがあります。

個人信用情報はない人とは、現金主義でクレジットカードやローンを利用したことがない人、あるいは過去に金融事故を起こして信用情報が「異動」となったケースがあります。

スターフライヤーカードの発行会社は、個人信用情報がないと申込者がどのような人物か把握することもできません。

クレジットカードの審査では信用度を測ることがとても重要ですので、審査をすることができず審査に落とされるのです。

また現金主義の人のことをスーパーホワイトといい、金融事故を起こしたことがある人をホワイトと呼ばれています。

個人信用情報を見てこのふたつを区別することは難しく、カード会社は個人信用情報の記録がないということで、ホワイトかもしれないと判断し慎重に審査をすすめられます。

そして判断が難しいとなれば、リスク回避のため審査で落とされてしまうのです。

申込内容に不備があった

申込書に不備があった場合、審査に時間がかかったり、審査で落とされたりしてしまうことがあります。

審査に落ちるのを恐れて、実際の収入より多く記載したり勤務先を他の会社にしたり、勤続年数を長く記入したりする人がいます。

このような人は信用できないと判断されて、カードを発行されることはありません。

することはできません。

したがって申込書に不備があったときは、虚偽申告と判断されることがあります。

またうっかり間違えて記入したときも、虚偽申告となってしまうので覚えておきましょう。

そして記入するときに注意したいことは、収入や他社借り入れ状況です。

年金をもらっているのに収入なしにしたり、奨学金を借金と考えて他社借入状況に加えたりしないように気を付けましょう。

在籍確認が取れない

在籍確認とは、カード会社が職場に電話をかけて申込者が本当に在籍しているか確認するものです。

勤務先に電話かかることで不安になる人もいるかもしれませんが、在籍確認にかかる時間はほんの数分です。

クレジットカードを利用する人はとても多いので、安心して在籍確認を受けましょう。

また堂々としていれば周りにも、怪しい目で見られることはないでしょう。

しかし、中には在籍確認を取りにくいという会社もあります。

例えば夜間営業の会社であったり、営業なので事務所に誰もいなく電話にでられなかったり、個人情報保護のために在籍していることを教えてくれなかったりする会社などがあります。

このような会社に電話をかけても、在籍確認が取れずに審査に落ちてしまうことがあるのです。

このような会社に勤務している人はカード会社に連絡し、在籍確認が取りにくい旨を伝えておくことをおすすめします。

短期間に幾つも申し込んだ

審査に落ちた理由として、短期間に複数のカードに申し込んだからということもあります。

短期間に複数のカードに申し込むと、お金に困っていて早く借り入れをしたいのではないか、どこでもいいからカードを作りたいのではないかと判断される原因になります。

このように連続申込みをすることを多重申込や申込ブラックといわれ、そのような人は返済能力がないと見られ審査に落ちてしまいます。

1件ずつ申し込んでいれば審査に通ったかもしれないものが、複数申し込んだために多重申込として扱われ、審査落ちしてしまうのです。

今後はひとつずつ申し込み、もし落ちてしまったら3か月後に新たに申し込むようにしましょう。

スターフライヤーカードと個人信用情報の関係は?

スターフライヤーカードの審査では、発行会社が加盟する個人信用情報機関から信用情報を確認されます。

日本には3つの個人信用情報機関があり、それぞれ加盟する会社が異なります。

  1. 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  2. 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  3. 株式会社日本信用情報機構(JICC)

KSCに加盟する会社は銀行や信用金庫、信用組合があります。

CICは主にクレジットカードなどの信販会社や消費者金融、一部の銀行です。

そしてJICCは消費者金融や信販会社、一部のネット銀行などが加盟しています。

加盟する会社はそれぞれ異なりますが、3つの機関で提携しているため、信用情報を共有しているものもあります。

関連記事をチェック!

48726view

CIC、JICC、全国銀行協会(KSC)の違いを徹底解説

日本では、JICC、CIC、全国銀行協会という3つの個人情報機関があるのをご存知ですか? 個人信用情報機関の違いは以下2点です。 加盟している金融機関 登録されている情報の保管期...

審査落ちしたときの対応はどうすればいい?

信用度をあげよう

信用度が足りなくて審査に落ちたと考えられる人は、信用度をあげることに努めましょう。

信用度をあげる方法として、現在借入がある人は支払期日にきちんと返済することが大切です。

期日通りに支払ったという取引実績を残すことができるため、今後新たに借入するときにいい情報として見てもらうことができます。

また支払期日に遅れると分かった時点で、借入先へ連絡すると印象もよくなります。

ただし数日の遅れでも延滞となってしまうことを忘れないでください。

支払い延滞の記録は半年間残ります。

信用度をあげたい場合は、最低でも延滞せずに支払いを続けている記録を半年以上作ることが大切です。

安定した収入を得る

申込条件にもあるように、毎月安定した収入を得るようにしましょう。

同じ会社に1年以上勤めるように心がけ、理想は3年以上の勤続年数です。

また雇用形態をパートやアルバイトから、契約社員や正社員へと変えることもひとつの方法です。

再申込するときに気を付けたいポイント

申し込むタイミングに気を付けよう

一度スターフライヤーカードの審査に落ちてしまっても、再度申し込むことは可能です。

ただし申し込むタイミングに気を付けましょう。

同じカードに申し込むときは、個人信用情報機関に登録されている情報が消えるのを待つことが大切です。

個人信用情報機関に登録される期間は下記の通りです。

  • 申込情報は審査結果がでてから6か月間
  • 契約情報は契約解除から5年間
  • 金融事故情報は信用情報が「異動」となった日から5~10年間

上記の期間を過ぎてから申し込むことで、審査通過率があがることを覚えておきましょう。

キャッシング枠を0円に設定する

キャッシング枠とは、カードでお金を借りることができる金額です。

したがってキャッシング枠を0円にするとお金を借りられませんので、カードを発行するところからすると、リスクが少ないため審査に通りやすくなるのです。

再度申し込むときはキャッシング枠を0円、または低めの金額にしましょう。

審査に落ちたけどカードが欲しいときの対処法

スターフライヤーカードの審査に落ちてしまったけど、クレジットカードを作りたい人もいるでしょう。

高額な商品を購入予定で、クレジットカードで分割払いにしたい人もいます。

そのような場合は、スターフライヤーカードの審査基準と異なるカードに申し込むことで、審査に通過する可能性があります。

ただし多重申込みとならないように、スターフライヤーカードの審査結果がでてから半年後に申し込むようにしましょう。

まとめ

スターフライヤーカードに落ちる原因は、金融事故情報があった、多重申込をした、信用情報がなかったことなどがあげられます。

そして審査に落ちたときは、信用度をあげたり収入を安定させたりすることに努めましょう。

また再度申し込むときは6か月たってからにして、キャッシング枠を低めに設定することが大切です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談