馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

ブラックリストの解除は自力でできる?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ブラックリストに載ってしまうと、金融事故内容によって5年から10年間信用情報に登録が残ります。しかしインターネット上ではブラックリストは自力で解除できる、と集客しているサイトがあります。

解除できるものなら解除してほしい気持ちはわかりますが、ブラック情報を消しますと宣伝しているサイトは詐欺グループである可能性が高いです。ブラック情報を解除するからと言ってお金を振り込ませ、何もしないのに解除できました、と騙すのです。

ブラックリストは存在しない

最初に知ってほしいのは「ブラックリストは存在しない」ことです。

カードローンやクレジットカードの審査で落ちてしまうのは、申し込みを受けた金融機関が信用情報機関のブラックリストを参照しているからではありません。

信用情報機関が提供するのはあくまでもお金に関する取引履歴の情報だけで、この人はブラックリストに載っているから契約しない方がいいよ、と特別なリストを提供しているわけではないのです。

信用情報機関に登録されている情報を個人信用情報、または簡単に信用情報ということがありますが、いわゆるブラックリストというのは信用情報に金融事故情報が載っている状態のことを言います。

金融機関は必ず信用情報を照会し、過去または現在の他社取引履歴を取得し、取得した情報のなかに、いわゆるブラック情報が載っていると、契約するに値しないとして審査に落とすのです。

ブラックリストは誰かが作った造語です。

自己破産しちゃったからブラックリストに載っちゃったよ、というのは正確ではなく、自己破産情報が信用情報に載っちゃったよ、が正しい使い方ですね。

しかし金融事故情報やブラック情報よりもブラックリストと言った方がわかりやすいため、広く世間が使っているだけです。

今回の記事も、あえて「ブラックリスト」を使いますが、ブラックリストは存在しないことだけは認識しておいてください。

関連記事をチェック!

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

ブラックリストが登録される期間

ブラックリストが登録される期間は内容によって5年から10年です。一度登録されたブラックリストは消えることはありません。

どのような状態になるとブラックリストに登録されるのか主な代表例と、ブラックリストに登録される機関をご紹介しておきます。

・3カ月以上の長期返済滞納(滞納を解消してから5年間)
・特定調停や任意整理(合意文書を取り交わした後5年間)
・自己破産(免責決定日から10年間)
・個人再生(再生決定日から10年間)

ただし特定調停や任意整理の場合は、金融機関と借主の間で合意文書が取り交わされるまでの間に長期返済滞納を伴っていることが多いため、実際にブラックリストから消えるのは借金を支払い終わってから5年間と考えましょう。

つまり特定調停や任意整理によって軽減された借金を支払い終わるのに3年間かかったとすると、その後5年間ブラックリストに載るため合計8年間はブラックリストに登録されています。

また自己破産や個人再生については、基本的に免責決定日や再生決定日から10年間となりますが、金融機関によっては免責を知った日、または再生が決定したことを知った日から10年となる場合もあるため、必ずしも10年でブラックリストが消えるわけではありません。

5年や10年の期間はひとつの目安として考えておくのが良いですね。

関連記事をチェック!

信用情報CICの金融事故歴は何年残る?【弁護士でも削除は不可】

クレジットカードや各種ローンの支払いで金融事故を起こした場合、CICに何年金融事故情報が残るのでしょうか。金融事故情報が載っている限りお金に関する契約の審査に通ることはまずありません。 しかし金...

長期返済滞納は61日と3カ月の2種類があるのはなぜ?

長期返済滞納でブラックリストに載る滞納日数に、61日返済滞納と3カ月返済滞納の2種類が金融情報サイトで紹介されています。

返済滞納している人にとっては1カ月分の開きがあるため、どっちなの?と迷ってしまいますよね。

どうして61日と3カ月の2つの返済滞納期間があるのかと言うと、返済滞納とする起算日が違っているからです。

クレジットカード会社や信販会社、携帯電話料金を含んだ携帯料金などは基本的に期日が後払いとなるため、支払期日の翌日を返済滞納の起算日としています。

銀行カードローンや消費者金融は、利息の支払方法が前利息と後利息の2つが使われていた名残があるため、初回借入日の翌日を返済滞納の起算日、及び約定返済日の翌日を起算日としています。

カードローンでお金を借りて30日後に返済したとすると、その時点ですでに1カ月遅れの考えであることから、実は61日返済滞納と3カ月返済滞納とは同じ期間なのです。

携帯電話の分割払いは信用情報機関に登録される

関連記事をチェック!

信用情報機関に滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンやクレジットカードの支払い期限に間に合わなければ当然滞納となります。しかし遅延情報が登録されるのはもう少し後です。 もちろん支払い期日にきちんと支払うことが最も良いことです。でも急な...

携帯電話料金の支払い遅れもブラックリストに入る

最近ブラックリストに入る若者が急増しているといいます。その原因は携帯電話料金の支払い滞納です。

携帯電話料金の支払い滞納でブラックリストに入る?と驚くかもしれませんが、携帯端末機器代を携帯電話料金で分割払いしているのは、少額のショッピングローンと契約内容が変わらないのです。

ショッピングローンの返済を滞納すれば、返済滞納期間によってはブラックリスト入りするのと同じように、携帯電話料金の支払い滞納も十分注意しなければなりませんね。

もちろん携帯電話端末機器台を一括払いしている人は、携帯電話料金を滞納してもブラックリストに入ることはありませんが、分割払いしている人はとくに支払い滞納に気をつけてください。

たとえ実質0円の携帯端末も電話料金に加算して支払っていることには変わりはありませんよ。

もちろん1日支払いに遅れただけでブラックリスト入りすることはありませんが、信用情報機関CICに登録される支払い状況に、支払い延滞を示すマークがつけられてしまいます。

ローン会社によっては支払い延滞マークがついているだけで審査に落とす厳しい金融機関もあります。

たとえブラックリストに入るくらいの長期支払い滞納でなくても、支払い延滞マークはない方が審査には有利ですね。

参考までにご紹介すると大手通信キャリアでブラックリストに入る期間は、ドコモが90日支払い延滞、auとソフトバンクが180日支払い延滞です。

関連記事をチェック!

スマホ滞納!携帯の支払いに遅れた場合利用停止/ブラックになる?

スマホの支払いに遅れてしまった場合、どうなるのでしょうか。 督促状が送られてくるのはもちろんですが、そのまま滞納し続けていると利用停止になります。 たかがスマホといって舐めてはいけません。...

ブラック情報消しますの広告はウソ

インターネットで「ブラック情報を消します」とか、「ブラック情報を消す方法を教えます」と広告を出しているサイトがあります。

はっきり言ってそれらの業者は詐欺業者と考えましょう。

ブラック情報を消す代わりに手数料を支払ってください、などと現金を振り込ませ、その後にブラック情報が消えましたから安心ですよ、と念の入りようがすごいですね。

絶対引っかからないようにしましょう。

ブラックリストは自力で解除できない

残念ながらブラック情報は、誤った情報でない限り解除することはできません。

冒頭でもご説明してある通りブラック情報は内容によって5年から10年は登録されてしまいます。

しかし金融機関が登録する信用情報は必ずしも正確でない場合があるため、その際は直接信用情報機関に異議申し立てをすれば変更登録してくれます。

ただしすぐに情報を変更してくれるのではなく、誤った情報を入力した金融機関に確認した上で変更するため、日数がかかってしまい、その間ブラックリスト入りが続いてしまいます。

関連記事をチェック!

信用情報機関から記録を消す方法は存在する?

「私、ブラックリストに載っているからクレジットカードが作れないんだよね。」 某クレジットカード会社の営業時代に、筆者がよく聞いた言葉です。 ブラックリストとは、正確にはどのようなものなので...

ブラックリストに入っているかどうか確認する方法

信用情報に誤ったブラック情報が登録されることや、ブラックリストを消しますなどの詐欺に引っかからないためにも、自分の信用情報を確認する方法を知っておきましょう。

詳しい手順については信用情報機関のサイトを見てもらうとして、最も簡単に自分の信用情報を調べるには、インターネットから情報開示請求をすることですね。

手数料はクレジットカード決済できるため、必要事項を入力すると即時に自分の信用情報を見ることができます。

そこでブラックリストに入っているかどうか確認できます。CICはパソコンやスマホから、JICCはスマホから開示請求ができますよ。

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法~ブラックになる条件とは~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談