親和銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

長崎県佐瀬微視に本社を置く親和銀行は、九州を中心に展開しています。

おまとめローンとしても利用できるフリーローンが3つあり、それぞれ特徴が違うので自分に合うものを選べます。

親和銀行のフリーローン商品の特徴と、申込方法や審査について紹介します。

また、おまとめローンとして申し込むときに、何に気を付ければいいのかも見ていきましょう。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 親和銀行で借り換えを検討している人
  • カードローンの借り換えでフリーローンの利用を検討している人

親和銀行のフリーローン

この親和銀行では下記のような、3つのフリーローンを提供しています。

  • ナイスカバー
  • 住まいるローン
  • 住まいるローンワイド

これらのフリーローンは、いずれも特徴の異なる商品ですが、資金使途は自由となっていますので、おまとめローンとしても利用することができます。

おまとめローンと言えば、消費者金融をイメージする人も多いと思いますが、

消費者金融の場合は、銀行ローンやクレジットカードの利用代金分は、まとめることができないことが一般的です。

銀行のフリーローンの場合は、他の銀行のローンやクレジットカードの利用代金までもまとめることができますので、毎月の返済を軽くできます。

この記事では、親和銀行が提供する3つのフリーローンについて、審査基準や審査に通るためのポイントなどを紹介していきますので、おまとめローンとして利用する際の参考にしてください。

フリーローンは他のおまとめ商品より審査が厳しい

銀行のフリーローンは、消費者金融のおまとめローンよりも借り換えの対象が多いです。

銀行フリーローンの金利は消費者金融会社に比べて低く、月々の返済額を抑えられて便利ですが、

審査は消費者金融よりも厳しく、すべてをまとめられるだけの金額を借りることができないこともあります。

また、年収や勤続年数、特定の取引をしている人だけが利用できるなど、申込者を限定しているものもあり、基準に該当しなければ借りることができない場合もあります。

フリーローンは、まとまった資金を一括で借り、その後は返済のみとなる証書貸付という融資形態ですので、おまとめローンに適している商品であると言えましょう。

ですが、フリーローンでローンなどを借り換えする際には、これらのことに注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

637view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

親和銀行フリーローンの口コミ

ここで、親和銀行のフリーローンに対する口コミを紹介します。

  • 低金利で借りて消費者金融のローンを借り換えできた
  • 来店せずに融資を受けることができた
  • 申し込みに必要な書類が少なくて簡単

親和銀行のフリーローンに対する口コミでは、金利や申し込みのしやすさなど、商品性の高さについて高い評価となっています。

しかし、審査結果の連絡が来るまでの期間、融資を受けるまでの期間については、低い評価としている人も多いです。

口コミは、実際に利用した人の意見であり、非常に参考になりますが、投稿した時期などにより、現在とは異なる内容となっています。

また、自分と投稿した人との状況は必ずしも同じというわけではありませんので、飽くまでも参考として見るようにしましょう。

フリーローンの審査基準

異なる基準のフリーローンから、どれを選ぶと良いのかを考えるためには、まず申し込みの基準を確認しなければなりません。

さらに、利用できるフリーローンの金利や融資額はどのような内容となっているのか、ということも知る必要があります。

ここでは、親和銀行が提供する3つのフリーローンについて、商品の特徴や申込基準、借入の条件、また、口コミでは評価が低い、審査結果の連絡が来るまでの期間と融資を受けるまでの期間についても解説していきます。

ナイスカバー

「ナイスカバー」は、WEB完結にも対応している商品ですので、銀行へ来店することなく借りられます。

高額な融資もすることができますので、おまとめローンとしても安心して利用できます。

また、がん保障特約付きの団体信用生命保険にも加入することができますので、さらに安心して借りられます。

では、「ナイスカバー」の申込基準や、借入条件について紹介していきます。

利用対象者
  • 借入時の年齢が満20歳以上69歳以下の方で、収入がある方
    (アルバイト・パート・年金受給者の方も申込可能)
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以下(1万円単位)

※WEB完結申し込みの場合は10万円以上300万円以下(1万円単位)
融資期間6か月以上15年以内(6か月単位)
融資利率
  • WEBで申し込みをした場合
    固定金利 5.9%、9.9%、12.9%のいずれか
  • WEB以外で申し込みをした場合
    固定金利 7.0%、11.0%、14.0%のいずれか
返済方法元利均等毎月返済(融資額の50%以内でボーナス時の増額返済も可能)
担保・保証人不要
保証会社ふくぎん保証㈱、㈱クレディセゾンまたはSMBCコンシューマファイナンス㈱
団体信用生命保険任意加入

※加入の場合、融資利率に0.3%上乗せ

※対象商品合計1,000万円が上限

※WEB完結申し込みの場合は加入できません

住まいるローン

「住まいるローン」は、親和銀行で住宅ローンを利用中の方限定の商品であり、非常に低い金利で借りられます。

この商品もWeb完結に対応していますので、自宅にいながら契約までを行うことが可能です。

また、この商品でも団体信用生命保険への加入が可能であり、安心して利用できます。

では、「住まいるローン」の申込基準や、借入条件について紹介していきます。

利用対象者
  • 借入時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
  • 親和銀行にて住宅ローンを借入中(借入予定)の方
    ※親和銀行住宅ローンの仮審査(正式審査)が承認済みの方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以内(1万円単位)
融資期間6か月以上15年以内(6か月単位)
融資利率
  • WEBで申し込みの場合・・・変動金利 4.3%
  • WEB以外で申し込みの場合・・・変動金利 4.5%
返済方法元利均等毎月返済(融資額の50%以内でボーナス時の増額返済も可能)
担保・保証人不要
保証会社ふくぎん保証㈱または㈱ジャックス
団体信用生命保険任意加入

※加入の場合は融資利率に0.3%上乗せ

※対象商品合計1,000万円が上限

住まいるローンワイド

「住まいるローンワイド」は、親和銀行以外で住宅ローンを借入中の方限定の商品です。

金利は「住まいるローン」よりも高くなりますが、住宅ローンを借入中の方には有り難いフリーローンであると言えましょう。

また、この商品でも、任意で団体信用生命保険に加入することができます。

では、「住まいるローンワイド」の申込基準や借入条件について紹介していきます。

利用対象者
  • 借入時の年齢が満20歳以上69歳以下の方で、収入のある方(パート・アルバイトは除く)
  • 国内のいずれかの金融機関等で住宅ローンを借入中の方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上500以内(1万円単位)
融資期間6か月以上15年以内(6か月単位)
融資利率
  • WEB申し込みの場合・・・変動金利 4.5%
  • WEB申し込み以外の場合・・・変動金利 4.7%
返済方法元利均等毎月返済(融資額の50%以内でボーナス時の増額返済も可能)
担保・保証人不要
保証会社ふくぎん保証㈱または㈱セディナ
団体信用生命保険任意加入

※対象商品合計1,000万円が上限

借り換えに適したフリーローンは「ナイスカバー」

親和銀行には3つのフリーローン商品がありますが、借り換えに利用できるもので利用しやすいものは「ナイスカバー」と言えるでしょう。

その理由について見ていきましょう。

カードローンの借り換えにも使える

ナイスカバーは複数社から、借りているカードローンを一本化することもできます。

親和銀行のホームページには、ナイスカバーの使用用途で一番多いのはおまとめローンとあります。

ナイスカバーには複数の保証会社がある

ナイスカバーには「ふくぎん保証株式会社」、「株式会社クレディセゾン」、「SMBCコンシューマファイナンス」と、複数の保証会社があります。

審査ではこれらすべての保証会社の審査を通過しなければならないわけではなく、どれかひとつの保証会社の審査に通ればいいのです。

そのため、保証会社がひとつしかない商品よりは、審査に通りやすいと言えるかも知れません。

ただし、これまで利用してトラブルがあったところでは審査に落ちる可能性が高く、事前によく確かめておくことをおすすめします。

WEBを利用した場合の申し込み手続き

WEBで申し込みから借入れまでできる、「WEB完結申込み」をする流れは次のようになっています。

Step1.申込み
インターネットから申込みできる時間帯は決められているので、事前に確認しておきましょう。
平日:0:00~24:00(日祝日の翌日は7:00~24:00)
土曜日:0:00~21:00(日祝日の翌日は7:00~21:00)
日祝日:7:00~21:00
WEB完結では親和銀行に、普通口座のキャッシュカードを持っていないと申込できないので注意しましょう。

Step2.必要書類のアップロード
「0120-34-3456」または、「0032-069000」から携帯電話やスマホにショートメール(SMS)連絡があり、そこに記載されたURLから必要書類をアップロードします。

Step3.結果連絡・契約内容の確認
審査結果で審査に通らなかった場合には郵送で通知され、ときには必要書類のアップロードが不要となることもあります。

なお、審査に通過した場合は、審査結果や契約内容の確認は電話連絡で行われます。

Step4.融資
親和銀行の返済用口座に入金されます。

審査・融資スピード

親和銀行では、ナイスカバーを受け付けすると、審査の結果連絡は5日~7日程度で通知されますが、審査の状況によっては、連絡までに3週間程度かかることもあります。

審査スピードの速い銀行では、審査の結果連絡を最短即日や翌営業日としているところもありますので、親和銀行の審査スピードは遅いと言えます。

また、審査の結果連絡までに時間がかかるということは、たとえWEB完結であっても、2週間程度はかかりますので、融資スピードも遅いです。

中には、借り換え対象のローンの返済日までに借りたいという人もいると思いますので、申し込みはできるだけ早く行うことをおすすめします。

金利は審査によって決まる固定金利


ナイスカバーの金利は年5.8%~12.8%ですので、住まいるローンの年3.9%~4.1%に比べると少し高めと言えましょう。

「住まいるローン」と「住まいるローンワイド」に関しては、申し込み方法によって金利は異なるものの、一律の金利が設定されています。

「ナイスカバー」も、申し込み方法によって異なる金利が適用されるのですが、それぞれ段階的に金利が設定されています。

段階的に設定されている金利は、審査によってどの金利になるかが決まりますので、審査の結果連絡が来るまでは実際の金利がわかりません。

審査で金利が決まる場合、フリーローンを申し込みした時点の信用が鍵となり、信用が高い人ほど低金利で借りることができます。

フリーローンの金利次第では、借り換え対象ローンとの金利差がほとんどなく、多くのメリットを得ることができないこともあります。

したがって、フリーローンを申し込みする場合には、可能な限り信用を高くしたうえで行うといいでしょう。

特別金利キャンペーン期間がある

年に数回特別金利キャンペーン期間があり、ナイスカバーの金利が年5.8%~12.8%ほどになります。

ふだんからホームページを、確認しておくといいかも知れません。

金利で審査の通りやすさがわかる

フリーローンで借り換えを行うためには、必ず審査に通らなければなりません。

人によっては、低金利で借りることよりも、まとめることを重視している人もおり、できるだけ審査の通りやすいものに申し込みしたいと考えています。

では、どのようにして審査の通りやすさを、判断すればいいのでしょうか。

それは、できるだけ金利の高いものを選ぶと良いです。

金利には、保証会社へ支払う保証料が含まれており、これに比例して金利も高くなりますが、保証することができる人の範囲も広がるため、審査に通りやすくなります。

親和銀行の「ナイスカバー」は、通常の金利が14.0%と少し高めですので、審査は比較的通りやすいと言えます。

これは、インターネットで申し込みをした場合も同じであり、WEBでの手続きは、事務負担が少ないことから金利を割り引いているにすぎません。

ですので、審査に通るために、わざわざWEB以外の方法で申し込みする必要はないのです。

審査に通るためのポイント

ローンに審査がある以上、何よりも信用がなくては融資を受けられません。

また、保証してもらえるだけの信用があったとしても、保証ラインぎりぎりであれば、高い金利でしか借りることができなくなってしまいます。

フリーローンに申し込みをする際には、できるだけ信用を高くする必要があり、以下の2つのことが重要となります。

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは解約する

しかし、いくら信用を高めて申し込みをしたとしても、手続きの仕方によっては融資を断られてしまう場合もあります。

したがって、下記のことは非常に重要となります。

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

では、フリーローンの審査に通るため、より低金利で借りるためのポイントを、これからさらに詳しく解説していきます。

他のローンを延滞なく返済する

ローンを借りた場合、毎月返済日にきちんと返済していくことは、誰もが知っている基本的なことです。

ですが、ローンやクレジットカードのリボ払いなど、毎月支払っていかなくてはならないものを多く抱えていると、延滞することもあるでしょう。

しかし、延滞をしてしまうと、それがどんな事情であっても消えません。

過去に延滞がある場合には、審査によって返済能力が低い、または返済に対する意識が低いと判断されることで、審査に通りにくくなってしまいます。

特に、申し込みの直近6か月以内の延滞は、返済能力が回復せず、不良債権となるリスクが高いと判断されてしまいます。

延滞をすると、損害金が発生するだけでなく、新たな借入の際にも影響が出てしまいますので、毎月きちんと返済していかなくてはなりません。

少額のローンは完済する

フリーローンの審査では、申込金額が少なくなるほど通りやすくなります。

特に、カードローンやクレジットカードのキャッシングで、10万円程度の少額なものがある場合には、それを完済することでフリーローンの申込金額を少なくすることが可能です。

また、ローンは完済をすることで「完済実績」を作ることができ、信用を高くすることができます。

今現在借りているものをすべて借り換えしたいと考える人が多いのですが、審査に通るためには完済することも有効な方法となります。

ただし、カードローンやクレジットカードの場合は、解約をしなければ完済とはなりませんので、注意しなければなりません。

申し込みの内容を正確に記入する

審査を有利にすすめるために、申込書に記入する内容を偽る人もおり、実際よりも高い年収で申し込みをします。

ですが、実際の内容と申し込みの内容が違っていると、仮審査で通っていたとしても、保証の取消しなどで融資を断られることがあります。

また、申し込みをインターネットで行う場合には、内容を偽るつもりがないのに、入力ミスによって実際とは異なる内容で送信するケースもあるでしょう。

こうした入力ミスによる内容の相違も、保証の取消しとなる可能性があります。

このように、内容の相違は信用を失くしてしまう行為となりますので、わざと偽ることはもちろんのこと、入力ミスによる相違も絶対にしてはいけません。

返済計画をしっかりと立てる

親和銀行のフリーローンは、いずれも最長15年の長期返済が可能となっています。

ですので、毎月余裕を持って返済していくことができますが、金利がかかる期間も長くなります。

毎月の返済額を少なくさせることばかり考えていると、結果的に借り換えする前よりも返済の総額が多くなってしまいます。

こうしたことは、返済計画をしっかりと立てていれば防ぐことができることであり、保証会社はこのようなところもチェックしています。

審査に通りにくくなり、返済の総額も多くなってしまうことはデメリットでしかありませんので、シミュレーションをして返済計画をしっかりと立てるようにしましょう。

WEBを利用した場合の申し込み手続き

親和銀行のフリーローンは、WEBから申し込みをすると、低金利で借りることができますので、手続きはインターネットで行うといいでしょう。

ですが、WEBでの申し込みに不安がある、担当者と相談しながら申し込みたいという人は、窓口でも手続きすることができます。

また、平日は仕事で銀行へ行くことができないという場合でも、ローンセンターであれば休日でも申し込みすることができますので、こちらの利用をおすすめします。

親和銀行のフリーローンに関してよくある質問

親和銀行のフリーローンを検討している人が、気になる点をまとめて見ました。

Q.フリーローン「ナイスカバー」を途中解約すると違約金がかかりますか?

いつでも途中解約をすることはでき、違約金も発生しません。

途中解約するときは、カードの返却と貸越元利金を返済します。

貸越元利金は違約金とは異なります。

Q.プロミスやアイフル、アコムと比べて借り入れは難しいですか?

大手消費者金融会社からの借入れに比べると、親和銀行のフリーローンは難しいと言えます。

金利が低く設定されている分、審査が慎重に行われるからです。

Q.親和銀行のカードローンやフリーローンで変動金利の商品はありますか?

住まいるローンや、住まいるローンワイドは、変動金利型の商品です。

ナイスカバーは固定金利型商品ですので、間違えないようにしましょう。

Q.住宅ローンの固定特約期間終了後は住まいるローンの金利も変わりますか?

住宅ローンの固定の特約期間が終了すると、変動金利または固定金利のどちらかを選べますが、固定金利はその時点の金利となります。

Q.ハウスメーカーから親和銀行の住宅ローンをすすめられましたが他の銀行を利用しても良いですか?

ハウスメーカーからすすめられても、他行の住宅ローンを利用しても問題はありません。

ただし、提携しているなどの理由があれば、親和銀行を検討してもいいかも知れません。

場合によっては、優遇金利を受けられるかも知れません。

Q.住信SBIネット銀行やスルガ銀行と比べて審査は厳しいですか?

住信SBIネット銀行はネット専業の銀行で、スルガ銀行は親和銀行と同じ地方銀行です。

審査の基準はそれぞれ異なるため一概には言えませんが、ネット銀行の方が審査基準は低いと言えるかも知れません。

Q.バンクイックの事前審査で審査落ちしましたが親和銀行のカードローンは申し込めますか?

バンクイックの保証会社はアコム株式会社ですので、ナイスバーの保証会社とは違うので申込できます。

しかし、事前審査に落ちたと言うことであれば、金融事故や他社での借入れ状況に問題があると、申し込んでも審査に通るかわかりません。

Q.主人は銀行員をしていますが審査で有利になることはありますか?

銀行員をしているからと言って審査で有利となることはありませんが、信用度と返済能力を主に判断するので、銀行員でも信用度や返済能力が高い人は有利となると言われています。

Q.住宅ローンで三年間の期間変動金利を選択していましたが固定金利に変更できますか?

変動金利部分は、いつでも固定金利に変更できます。

ただし、変更後は切替え時より金利引下げは適用されません。

まとめ

親和銀行が提供するフリーローンのうち、多くの人が利用することになる「ナイスカバー」は、おまとめローンに適している商品であり、手続きもしやすいです。

また、他の金融機関で住宅ローンを借入中の人を対象とする、フリーローンは全国でも珍しいですので、「住まいるローンワイド」は非常におすすめの商品です。

親和銀行には非常に魅力的なフリーローンがありますので、有利な条件でローンなどを借り換えすることができます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談